2018年09月13日

こんな張り紙、久しぶりに目にした。
IMG_3261まだ実在するんだねぇ。
ご安心ください。
触りませんでしたよ
にしても、綺麗な赤だ。

赤くて久しぶりと言えば....カープ
ほんと久しぶりに勝ったね。
7連勝の後の6連敗。
それでもマジックは減ってくれていて「7」。
一応、最短は9/19(カープの試合はない)だが、友達の多くは、9/21, 22あたりではないかと予想している。
いずれもマツダスタジアム。
この後、28日までずっとズムスタなので、今年こそ本拠地胴上げは間違いなさそうだ。
ちなみに、今月の自分のライブは26日。
なので、この日以外であれば、僕はいつでもOK
普通に考えれば、優勝後の祝優勝ライブになると思うのだが、今回は又吉くんとのスペシャルライブなので、プチにお祝いしたいと思います

waits2 at 09:47コメント(0)出来事カープ 

2018年09月09日

やっと昨日、観ることができた

IMG_3254原題:「カメラを止めるな!」
監督/脚本/編集:上田慎一郎
劇場:吉祥寺オデヲン

プログラムには「完全ネタバレ仕様」と書かれているが、ご安心あれ。ネタバレはしません。

とにかく爆笑
ただ、最初は笑わない。
笑っている人がいるとすれば、それはきっとリピーター。
とにかく上手に観客を巻き込んでいく。
巧みだ。
きっと撮影現場、楽しかっただろう

waits2 at 10:48コメント(0)映画 

2018年09月07日

昨日は、お友達と一緒に軽井沢へドライブに出かけた。
まず最初に訪れたのは、RKガーデンというカフェレストラン。
IMG_3214IMG_3207

オシャレで、ヘルシーで、気持ちの良い、Rustic Kitchen(素朴なキッチン)でした。
続いては、10年以上振り?の「白糸の滝」からの旧三笠ホテル

IMG_3224IMG_3234

車を駐車場に停めた後、旧軽井沢銀座通りをぶらぶらし、そのまま歩いて万平ホテルへ

P9060042P9060044

IMG_324269DF7403-A8C2-4D93-B31C-5B92D57F7798

P9060048IMG_3247

まだ行ったことのない"ハルニレテラス"を訪れたかったのだが、ちょっと時間がなかったので、帰りしなに横川PAによって釜飯を買って帰るにとどめた。
都内は蒸し暑かっただろうに、快適で涼しい一日を過ごした。
楽しかった。
また行きたい。

waits2 at 20:16コメント(0)ドライブ友達 

2018年09月06日

昨日、新井が引退を表明した。
IMG_1901寂しいけれど、ベストのタイミングだと思う。
ボロボロまでやるのも一つの美学だか、チームや後輩たちのことを考えてユニホームを脱ぐというのもこれまた美しい。
大好きなカープを離れていた時期もあったが、戻って来て、優勝して、MVPまで獲得して、連覇までして、残るは日本一だけじゃね。
残りもう少し、チームのために頑張ってくだされ!

waits2 at 20:23コメント(0)カープニュース 

2018年09月05日

今月は秋のスペシャルライブです!

0926light9月26日(水)
会場:吉祥寺Manda-la2
開場:18:30〜
開演:19:30〜
チャージ:2,200円+drink

出演:
丸本達也(Vo&G)
竹内大輔(Pf)
又吉康人(Vo&G)


先月は広島凱旋ライブで大わらわでしたが、今月、早くも秋のスペシャルライブです!
さて、今回はどんなスペシャルなライブになるのでしょうか?
これから知恵を出して、少しでも"スペシャル"という言葉に相応しいライブにしたいと思っています。


waits2 at 05:04コメント(0)ライブ告知 

2018年09月04日

広島凱旋ライブ初日のLIVE JUKEの後の打ち上げは、翌日のライブ会場であるAntiqueで行いました。
僕の幼馴染みたちと美味しいお酒を飲み、デリバリーのお好み焼きもいただきました。
何より助かったのは、翌日、そこでライブをするので、ギター等の楽器や機材をその場に置いていくことができたこと。
ありがとうね、ナミちゃん!
IMG_3120翌日、Antiqueでのライブが終わった後、大ちゃんはそのまま新幹線で次なるステージが待っている神戸へと旅立ちました
僕も又吉くんも広島泊だったので、「さて、打ち上げはどこでしようかね?」ということになりました。
何気なく僕が、「まだ時間も早いし、"山賊"に行く?」と宇根くんに提案してみたところ、本当に行くことになりまし
広島県と山口県の方なら誰でも知っている「山賊」。
正式名称は、「いろり山賊」なのかな?
場所は、山口県の岩国市は玖珂町。
広島市からだと60キロ弱のところにあります。

IMG_3122IMG_3123

IMG_3128IMG_3130

IMG_3136IMG_3144

IMG_3150IMG_3164

昔の「山賊」のイメージとは随分と変わっていて、一大テーマパークのような施設になっていました。
注文を済ませた後、敷地内を散策し、席もなんとか確保した後、談笑しながら食事が来るのを待っていたのですが..........出て来ません。
ビールくらい先に出してくれても良さそうなのですが、それも来ません。
我慢できず自販機でビールを購入し、乾杯
それでも来ません。
なんやかんやで2時間くらい待って、ようやく出て来ました。

IMG_3155IMG_3156

IMG_3157IMG_3159

美味しかった。
「空腹は最大の調味料」という言葉がありますが、その通りでしたね

IMG_3193IMG_3190

IMG_3192IMG_3191

IMG_3181お土産にこちらの「たれ」を買って帰りました。
山賊の人気一番メニューである「山賊焼」(若鶏の炭火焼き)に使われている「たれ」だと思います。
いわゆる照り焼きソースに似ていると思うのですが、やはり独自のフレイバーがあり、そんじょそこらのソースとは違う!と褒めておきましょう
鶏肉だけじゃなく、豚肉でも牛肉でも野菜でも何でも美味しくなります!
買って帰ったけど、もしかしてネット販売してるのかな?と思ってサイトをチェックしてみたのですが、どうやら現地で買うしかないようです。
なるほど、そういう意味では、貴重!
買って帰って良かった
宇根くん、連れてってくれてありがとうね

waits2 at 00:02コメント(0)広島お店 

2018年09月03日

今回の広島凱旋で嬉しいものを見つけました!
広島三越の前を歩いていた時です!
IMG_3116あなご飯の「うえの」のイートイン&テイクアウトコーナーの看板が
お昼をどこで食べようか迷っていた時だったので、ほんと小躍りしながら地下へと走りました。
実を言うと、これまで「うえの」のあなご飯は、お弁当でしか食べたことがありません。
お弁当でも十分美味しいのですが、そうは言っても、やっぱり温かいのを食べてみたい!
もちろん、宮島口へ行けば食べられますが、なかなか遠いですし、常に行列が出来てると言うし...
しかしながら大ちゃんは、広島を訪れた時は、必ずと言って良いほど宮島口の「うえの本店」に行って食べとるんよね
今回も、岩国空港から入って、しっかり宮島口の本店で食して、LIVE JUKE入りしたようです。
もう、すっかり広島上級者ですよね。

IMG_3117IMG_3118

釜炊きも食べられたようですが、今回は普通のあなごめしの「上」にしておきました。
美味しかったぁ。
今度から気軽に食べられるのが嬉しい
市内在住の皆様、時々食べに行って、経営を応援してくださいね

waits2 at 16:19コメント(0)広島グルメ 

2018年09月02日

先月の20日に出演したマンダラ2のマンスリーライブのレポートをまだアップしていませんでした。
8月20日にご来場くださいましたお客様、ありがとうございました

セットリスト:
P8200066
1. グラデーション
2. メランコリック
3. Watching The Wheel(CS)
4. スーパーヒーロー
5. 羽黒トンボ
6. 環世界(新曲)
7. Ding-Dong
8. スランチェ


恒例のセルフ解説

P82000401. グラデーション
広島でも歌うことを想定して
元気よく歌いました。

2. メランコリック
夏らしい曲ということで、こちらのナンバーを
実はこの曲、ある部分が歌い難かったのですが、それがスムーズにいける感じになっていたので、密かに嬉しかったりしています。

3. Watching The Wheel
ジョン・レノンのラストアルバム「ダブルファンタジー」に入っているナンバー。
僕チョイスです。
ここのところCSは、大ちゃんのピアノ伴奏だけで、僕はギターを弾かないというのがほとんどだったのですが、今回は弾いてみました。
オリジナルの音源にギターは入っていなのいので、新鮮に感じることができましたね。
サビのベースは、どう聴いてもレゲエを意識したフレーズなので、思いっきりギターを裏に入れてみました。
楽しかった

P82000494. スーパーヒーロー
遂に、感涙することなく、歌えるようになりました
しかし気を抜いて映像を浮かべてしまうと、ダムが決壊してしまう可能性はまだまだあります。
広島でもしっかり歌えました

5. 羽黒トンボ
MCを挟まず、メドレーで。
実は密かな試みをしました。
それは、通常、2曲続けて歌う時、1曲目はおとなしめ、もしくはスローな曲を、そして2曲目にアップテンポ、もしくは迫力系の曲を持ってくるケースが多いのですが、今回は逆の並びにしたのです。
歌い終わった後、大きな拍手が欲しいのがパフォーマーの性。なので、より確実に拍手が得られるであろう元気の良い曲を2曲目に持って来たくなるのです。
しかし、スローな曲でも、しっかりといいのをやれば、前の賑やかな曲との落差で、よりしっとり染み込ませることができるのです!
この落差、演奏する側も”これまた楽し”です!

201808206. 環世界
今月の新曲です。
この曲の冒頭の歌詞:

 今日もラドンが気持ち良さそうに
 雲を縫って飛んでいる
 何も壊しやしない
 誰でも見えるわけじゃない

さて、フライヤーをご覧ください。
この写真は、ライブの数日前に友人が送ってくれた富士山頂からの御来光でございます。
ビックリしました。
ラドンが写っていたのです!
(合成です

環世界って何?
ラドンは何を象徴するの?
色々と謎が多いですが、その謎が楽しめるような曲に成長してくれればなぁと思っています!

P82000547. Ding-Dong
羽黒トンボにラドンと飛ぶ生き物が続きましたが、Ding-Dongも飛びはしませんが、生き物万歳的な空気があります。
アルバムLIFEの一曲目。
広島でも歌いました!

8. スランチェ
久しぶりのギター始まり。
広島のAntiqueで歌うことを想定してのセットリスト入り。
この日、僕のギターは、いつもよりノリが少しタテな感じでした。
意図的にではなく、正直、この日のノリですね。
本当に微妙な違いなのですが、大ちゃんの察知力は鋭く、すぐさまその特性を生かしたアプローチで弾いてくれました。
ブラボー

このライブの後、広島凱旋ライブという怒涛の日々に突入。
それも無事終わりました。
ふう、と思ったら、今月は秋のスペシャルライブです
また何かしら新しい局面が見せられたらなぁと思っています!
よろしくお願いします!!

waits2 at 07:26コメント(0)ライブ感想 

2018年08月30日

凱旋ライブ二日目は、3年前と5年前にお世話になった島の幼馴染ナミちゃんのお店Antique
14:30からのスタートということで、主に島在住の従兄弟&従姉妹の皆様が集結することとなりました。
宇品発の最終フェリーは21:35なので、前夜のJUKEでは最後まで観れないので、昼の部のAntiqueの方に集中するのもごもっとも。
そう言えば、野球もナイターは最後まで観れないから、デーゲームしか行かんかったもんなぁ。

8月25日(土)
セットリスト:

P82501191st Set
1.スランチェ(Antiqueのみ)
2.TOM(Antiqueのみ)
3.Ding-Dong
4.こゝろ
5.グラデーション(Antiqueのみ)
6.Mushup of Passanger & All You Need Is Love(Antiqueのみ)
7.C'EST LA VIE(Antiqueのみ)
8.LIMELIGHT
9.once

P82501392nd Set
1.Casa Familia (Solo Piano/Antiqueのみ)
2.羽黒トンボ(Antiqueのみ)
3.春
4.ティア(Antiqueのみ)
5.スーパーヒーロー
6.花を飾ろう
7.Bridge Over Troubled Water(Antiqueのみ)
8.またとない日(Antiqueのみ)

アンコール
1.まわっているのは
2.once(2nd take)

1st Set
1.スランチェ(Antiqueのみ)
歌い始める前に、まず「スランチェ」の意味を説明しました。
この曲の演奏後、再会を祝う乾杯をしたかったからです
P8250133僕は、大勢いる従兄弟&従姉妹の中で下から二番目に若く、子どもの頃は、ただ単にそこにいるだけのオマケのような存在でした。
あまりに親族が沢山いたので、僕には誰が誰で、僕とどういう関係の人なのか、まったく分かっていませんでした。
そのオマケの様な存在だった僕がこの日はホストとして会を進めなければなりません。
50年振りとまではいかないまでも、45年振りくらいに会う方もいらっしゃるので、となるとまずは乾杯でしょう!とこの曲を選びました。
歌い慣れた曲なのでまったく心配していなかったのですが、予想だにしない事が起こったのでした。
それは、去来
P8250132子どもの頃、ただそこにいただけの自分ですが、その方々が作り出す独特の空気のことは覚えていて、その頃の光景が頭の中にハッキリと浮かび始めたのです。
歌っている時、大抵の場合、僕はそういった頭の中の光景を見つめながら歌っているので、歌詞とその光景がシンクロしたりすると、思わず込み上げてくるものがあったりするのです。
スランチェが生まれた舞台はアラン島という島(イニシュマーン島)。
江田島より遙かに小さく、住民も200人くらいしかいないのですが、それでもちゃんとPUBが1件あり、そこを訪れたエピソードを基に僕はこの曲を作りました。
島民がPUBに集っているので、そりゃ重なる部分もたくさんあるわけで...。
アラン島での出来事を歌っていながら、頭の中では、幼い頃の様々な記憶が去来し、そりゃもう大変でした
ちなみに歌い終わった後、僕の飲み物を誰も用意してくれてなかったことに突っ込みを入れてしっかり笑いが取れたのは嬉しかったです

2.TOM(Antiqueのみ)
この曲から又吉くんに登場願いました!
乾杯の後、又吉くんを紹介&登場してもらったのですが、再会と新たなる出会いを祝おうということで乾杯前に紹介すべきでしたね
TOMとは、我が家で飼っていた犬の名前です。
LIFEの5曲目に収録している曲ですが、前日のJUKEでは歌いませんでした。
1曲目の「スランチェ」も歌っていません。
そう、この2daysライブは、両ステージを見てくださる方もいらっしゃるということで、異なるセットリストをご用意させていただきました。
(Antiqueのみ)と書いてある曲がJUKEではやらなかった曲です。
そう言えば、本物のTOMを見たことがある方々の前で歌うのは初めてかぁ。
嬉しいことに、イントロやつなぎで弾くギターフレーズとハモるフレーズを又吉くんが用意してくれたので、即採用させてもらいました

3.Ding-Dong
ユリアちゃんがアンケートに「1番すき」と書いてくれたのは、この日の演奏の後ですが、実は、前日のアンケートでは、
「すてきでした。
 しょうじきすべて1位です。
 どの曲もすばらしいです。」
と書いてくれていました。
全体的な感想です。
にもかかわらず、この日もう1回この曲を聴いて、「やっぱりDing-Dongが1番すき」と書いてくれたというのが嬉しかったりします

P82501344.こゝろ
前日と同じく、この曲が生まれたエピソードと、又吉くんとコラボをするようになった経緯をお話ししました。
ちなみに、宇根くんに囃子を一緒にどうかと打診したところ、「ノーギャラでは引き受けられない」と断られました(It's a joke)

5.グラデーション(Antiqueのみ)
5年前にお隣の山口県から家族でAntiqueにライブを見に来てくれた友人に捧げる曲。
歌う前にそのエピソードを話し、歌い終わった後、その友人が今日も来ていることを話しました。
嬉しいねぇ😊

6. Mushup of Passanger & All You Need Is Love(Antiqueのみ)
オリジナル曲の「パッセイジー」とビートルズの「愛こそはすべて」のマッシュアップ。
親戚の皆様が聞いて「何がなんやらわからん」と戸惑うだけで終わるか、それとも聞き覚えのある曲がチラリと現れるので面白いと思ってもらえるのか、正直、かけでした。
アンケートを見ると、「愛こそはすべて」をご存知の方は楽しんでいただけたようで、ちょっとホッとしました

P82501577.C'EST LA VIE(Antiqueのみ)
本来はこの曲、又吉くんはお休みのはずだったのですが、コール&レスポンスのお手本を歌ってもらうためにステイしてもらいました
全部、突然で、ごめんね&ありがとう又吉くん😊
そうそう、この曲のイントロで大ちゃんが遊んでくれました。
僕はもちろん、お客様も得した気分になりますよね👍
そのお陰か、皆さん、結構大きな声で"C'EST LA VIE"をレスポンスしてくれました

8.LIMELIGHT
チャップリンもキートンも、僕なんかよりご存知の方々に、釈迦に説法ではないですが、一応の説明をして歌いました

9.once
演奏前にしっかり歌唱指導をし、皆さんに歌ってもらいました。
しかし休憩中に親族からある不満が
「達也、暗くて歌詞が見えん
文字の大きさは大丈夫だったのですが、暗くて読めなかった模様。
この言葉に僕は「100%の力が出せなかった」という悔しい思いを抱いていることを感じ取ったのでした
そして、心の中で『アンコールでやるんで、その時はしっかり頼むでい!』と思ったのでした。

2nd Set
P82501701.Casa Familia (Solo Piano/Antiqueのみ)
休憩を挟んで、セカンドステージの1曲目。
大ちゃんの独奏ですが、やられました。
何にやられたって、まずは選曲
今回も選曲はお任せだったので「どの曲をやるのかな?」と思っていたら、”Casa Familia”じゃもん!
この日の邦題とするなら『一族の家』
ほぼ一族向けライブとなっていただけに、これ以上ない選曲。
やられました😁
ほんと、こんな機会でもなければ、こんな素晴らしいピアノの生演奏を聴くことはないと思うので、僕としては、鼻高々な気持ちでプレゼントさせてもらった気分でした
演奏後は「大ちゃーん」と言う歓声も
「あの子は誰の子なんかいの?」
となんとか親族の一人に加えようとする発言も
ありがとう大ちゃん!

P82501852.羽黒トンボ(Antiqueのみ)
子どもの頃の一夏の風景を歌った曲。
もしかして、2日連続でライブをしたのは今回が初めて?
1曲2曲ならあったのかもしれないですが、ワンマンライブを連日というのは長いシンガー生活の中でも初めてかもしれません。
実を言うと、ライブ自体は大丈夫なんですよ。
問題なのは、ライブの後の打ち上げで、調子に乗って喋りまくると、簡単に喉がやられてしまうのです。
その場合、僕にとって難曲となるのは、「羽黒トンボ」のような静かめの曲です。
とりあえず、この日の喉の調子は大丈夫だったものの、この曲に関してはちょっと不安でした。
ところが思いの外、いい感じで歌うことができました!
いやいや、いい感じどころか、これまででベストだったかもしれません
まさに歌わされた感があり、いつもなら気をつけて歌うべきとこも、スルリ&ふわりと描くことができ、自身が羽黒トンボになって、空間を俯瞰しているような感覚を覚えました。

3.春
ここから又吉くんに加わってもらいました。
登場の際には「またよしくーん」、もしくは「わたよしくーん」?という声が飛び交い、こちらも親族に引き込む勢い
恐るべし丸本ファミリー。
で、演奏はどうだったの?
もちろん、この曲はもはや鉄板ですね

P82501844.ティア(Antiqueのみ)
前日のJUKEでは「二人は」を歌ってもらいましたが、こちらのアットホームライブの方では「ティア」をお願いしました。
大正解でしたね
歌う前に、"ティア"が「叔母」と言う意味であることの説明もしっかりしてくれて、親族の皆様に又吉くんの歌が染み渡っていくのが僕にはハッキリと見えました。
又吉くん、ありがとうね!

5.スーパーヒーロー
少年に帰らせていただきました。
ちょっと残念だったのは、もしかすると、僕はギターのボリュームをゼロにしていたかもです
ま、ストロークなので、生音でもなんとかもったとは思うのですが
衣笠に捧げるこの歌と次の「花を飾ろう」の間にはMCを挟みませんでした。

6.花を飾ろう
心を込めてたっぷりと歌わせてもらいました

7.Bridge Over Troubled Water(Antiqueのみ)
ここで一曲ほどカバーを歌わせてもらいました
MCで話したのですが、子どもの頃、よく「よばれ」で本家の丸本のお宅にお邪魔していました。
「よばれ」って、当時も今もよく分かっていないのですが、一般的な法事にしては頻度が高かったので、月命日か何かだったのかなぁ?本当によく「お呼ばれ」されていました。
そんな風に「よばれ」で本家にお邪魔したある日、従兄弟の泰造兄ちゃんがピアノでこの曲を弾いてくれたのでした。(この日も来てくれていました!)
玄関を入って左手の和室にあったアップライトピアノで奏でられたあの前奏の美しさにとっても感動したのを今でも覚えていて、あの感動体験が音楽を始めるきっかけだったかもしれない、と言うイイ話をしたのに、親族たちはワイワイガヤガヤ😁
「ええ話をしよるのに、あんたら聞きんさいや!」
と切串弁で思いっ切り突っ込んで笑いを取らせてもらいました
そのエピソードを話したくて、セットリストにねじ込ませてもらったわけです。
今年3月の春のスペシャルライブで、大ちゃんがこの曲をセレクトしてくれて、そのお陰でこの日の直前リハだけで歌うことができました。
僕の中では、「ここに繋がっていたかぁ」という感慨が密かにありました。
ほんと、ありがとう、大ちゃん、又吉くん😁

mawa18.またとない日(Antiqueのみ)
本当に久し振りに歌いました。
この曲を選んだのは、まさにこの日が「またとない日」になるのではないかと思ったからです。
次回凱旋ライブがいつになるか分からないし、その時に今回のようにたくさんの親族が集合できるか分かりませんよね。
今回のライブ@Antiqueは、まるでライブfor親族の様子を見てもらうようなライブだったので、島民以外のお客様を別の意味で"お客さん"にならせてしまったかもしれないので申し訳ないような気がしたのですが、「貴重なライブに立ち会えた」と思っていただけたなら幸いでございます
色んな意味で「またとない日」として楽しんでいただけたことを願うばかりでございます。
それにしても大ちゃんのピアノソロ、カッコよかったよね!!
だからでしょう、アンケートでは、かなり人気がありました!
久し振りにやった甲斐がありましたね!

アンコール
mawa21.まわっているのは
この頃には親族の皆さんも、"もうすぐ終わりだ"と元気になってきていたと思います
「元気に?」
そう、ライブも楽しいけど、もっと楽しいのはライブの後のお喋りですからね
早くお喋りに突入したいと言う空気が溢れていました
だからと言うわけではありませんが、「まわっているのは」の赤いスカーフがまわるのが早い早い
回転が速いわけではなく、まわし始めるタイミングが超早くて😁
mawa3
普通、スカーフがまわってきても、周りの様子を見てそれに合わせようとしますが、やはり個性派集団の丸本ファミリーは違いますね。前奏の段階で全開で回り始めました😁
結構、真面目な曲なのに、僕はもう可笑しくて、笑いながら歌いました😁
皆さん、どんな気持ちでまわしていたのでしょう....
「なんかわからんが、まわせー言うけぇまわした」
のだと思うのですが、
mawa4
「面倒臭い」とか、「自分らしくないことはしたくない」とか、そんなことより、「達也を盛り上げちゃろうじゃないか」という気持ちが感じられ、そこはやはり身内の愛を感じたのでありました
ありがたや、ありがたや

2.once
一度目の"once"で燃え尽きることができなかったという方が多いだろうとの読みで、2回目をご用意しておりました。
暗くて歌詞が見えなかったという声を受け、ナミちゃんがちゃんと照明を明るくしてくれました!
これでもう言い訳はできませんよ
という事で、再度、onceを皆で歌いました。
歌詞をテーブルに置き、両手で手拍子を打ちながら、楽しそうに歌っている姿を見て、僕自身、とても幸せな気持ちになりました。
ありがとうございます

以上、ライブ@Antiqueでした。
まさにこの日、ここでしか体験できないライブになったかと思います。
今回、3月リリースの"once"と6月リリースの"LIFE"をひっさげて凱旋ライブに臨んだわけですが、それ以外にもたくさんのCDをご用意させていただきました。
しかしながら、あまりに多いと、どれを買って良いのかわからない。
で、今回ハッとしたのが、「達也が写ってるのがええ」と、ジャケットを決め手に買ってくださった方が多かったことです。
しかしながら、僕がジャケットに写っているCDなんかありません。
onceback....と思っていたら、"once"の裏ジャケットに3人が写っている写真を使っているではありませんか!!
なるほど、そういう判断もあるのかと、今回、勉強させてもらいました

ということで、この度、遠路遙々駆けつけてくれた山口夫妻、スーパーサポーターの「お」さん、台風を吹き飛ばしてくれたTaeちゃん、グラデーションを歌わせてくれた竜次、ボックスシートで背後から応援してくれた高校時代の友人唐っつあん&大室、とにかく盛り上げてくれた親族の皆々様、こちらの都合にすべて合わせてくれたAntiqueのナミちゃん、音響だけでなくお花の準備や撮影をしてくれた宇根ファミリー&浩、徹夜で一緒に準備をしてくれた妻、そして、素晴らしい演奏で僕の大切な皆さんをエンターテインしてくれた大ちゃん、又吉くん、本当にありがとうございました
この日、および前日のLIVE JUKEにお集まりいただいた皆様に、心より感謝申し上げます
"once"をリリースした今年3月のスペシャルライブの後、広島凱旋ライブを決めたわけですが、6月は"LIFE"リリースワンマンライブ、7月はボランティア帰省と怒濤の忙しさで、この凱旋ライブを乗り切る気力&体力が残っているのか不安でしたが、LIVE JUKEとAntiqueで見せてもらった皆様の笑顔が、僕に無限のエネルギーを与えてくれました。
次の凱旋ライブがいつになるのか、まったく分かりませんが、またの機会がありましたら、是非また、皆さんの素晴らしい笑顔を見せてください。
ありがとうございました

waits2 at 23:16コメント(2)ライブ感想広島 

2018年08月27日

Tatsuya 凱旋 LIVE 2days in Hiroshima 2018
とてつもなく楽しく、充実した、そして色々な意味で実りのある2daysでした。
ステージ以外に書き留めておきたいことがたくさんあるのですが、それはまた別の機会を設けることにして、まずはライブレポート

8月24日(金)
P8240015凱旋ライブ初日の会場は、今回初めてお世話になった"LIVE JUKE"
平和大通りに面したクリスタルプラザの19階にあるライブハウスで、店内の雰囲気も、窓から見える景色も、スタッフの皆さんも、素晴らしいお店でした。
ステージは、ビルの南側に面していて、はっきりと江田島が見えました。
ライブ本番の頃には、素晴らしい夜景と音楽が楽しめるというわけです。

さて、こちらがこの日のセットリスト:

P82400091st Set
1.Ding-Dong
2.絵描きじゃないけれど
3.フォトグラファー
4.歌が聴こえる
5.春
6.つかまえ手
7.ゆやゆよん
8.カエルのお嬢さん

P82400432nd Set
1.LIMELIGHT
2.こゝろ
3.二人は
4.Gare de Chasse-sur-Rhone(大ちゃんSolo Piano)
5.See The Light
6.ナイーヴ
7.花を飾ろう
8.Fifteen
9.once

アンコール
1.スーパーヒーロー
2.まわっているのは

アンコールを含めて19曲。
今回、広島初披露の曲が多かったので、ほとんどの曲の前にMCを挟むことにしました。

1st Set
1.Ding-Dong
6月にリリースしたニューアルバム"LIFE"の1曲目。
誰もが知っている学校の始業ベル(キーンコーンカーンコーン/ビッグベンのメロディ)をモチーフにした曲です。
IMG_3179この日と次の日のAntiqueの両方のライブを聴いてくれた、島の友人の娘ユリアちゃん(13歳)は、アンケートに「やっぱりDing-Dongが1番すきです。」と書いてくれてくれていました
ほう!
ライブ後、彼女にその理由を聞いたところ
「....なんだか、冒険してるみたいだから」と。
詩人じゃねぇ
嬉しいなぁ。
今後、この曲を演奏する時、頭の中で「ユリアちゃん、ただ今冒険中」と思いながら歌いそうですね

P82400102.絵描きじゃないけれど
2年前の6月にリリースしたアルバム「絵描きじゃないけれど」の1曲目。
3年振りの広島ライブなので、一応、こちらも初お披露目!と言いたいところですが、実はこの曲、3年前のAntiqueでギターレスのピアノ伴奏のみで歌っています。
調べたところ、この曲が完成(初披露)したのは2014年5月なので、前々作の"Utautai"のレコーディングが終わったばかりのタイミングだった模様
この曲と次のフォトグラファーはMCを挟まずメドリました

3.フォトグラファー
アルバム"絵描きじゃないけれど"の3曲目。
歌った後、どんな話をしたのだろう?
「サルガド」氏について話したりしたのかな?
まだ喉の調子を探りながら歌っていた段階なので、緊張していたのでしょう、よく覚えていません

4.歌が聴こえる
"LIFE"の2曲目。
歌い終わった印象としては、とても良い感触でした。
自分の歌とギターの絡みも、徐々にヒートアップしていく感じも、とても自然に出来たのではないかと思います。
大ちゃんのピアノ間奏も格好良かった
アンケートでベスト1に選んでくださった方もいらっしゃいましたよ!
お耳が肥えてますねぇ!

P82400765.春
主に又吉くんがリードボーカルをとる曲ということで、演奏前の説明も又吉くんがしてくれました
とてもいい感じで出来たと思います
アンケートでも、ベスト1に選んでくれた方が多かったかと
また、又吉くんの声が、LIVE JUKEという箱のサウンドにフィットする声でもあるようです
こりゃ、また来んといけんね、又吉くん!
この曲で又吉くんはとりあえず1st Setの出番は終了で、2nd Setに備えてもらいました。

IMG_31806.つかまえ手
この曲は、最後の最後に飛び込んできた曲です。
当初のセットリストには入れてなかったのですが、急きょ入れることに。
歌詞の中に

訳も分からず僕は
Aha? Aha? Aha?

という箇所があるのですが、この"Aha? Aha? Aha?"が大好きな友人が聴きに来てくれていたので、やはり入れて正解でした
もちろん、アンケートではベスト1に選んでくれていました

P82400617.ゆやゆよん
賑やかな曲が多い中、ひときわ大人しい曲。
徹夜明けの喉も少しずつ信頼出来る感じに仕上がって来たかなというところで、力の入れ具合、抜き具合が肝要なこの曲。
ちょっと不安定な場面もありましたが、なんとか
一応、ベスト3の1つに選んでくださった方もいて、ホッ

8.カエルのお嬢さん
どうしても"この曲をやってくれないと気が済まない"というお客様がこの日、見に来てくださるはずだったので、しっかりセットリストに入れておきました。
そして、そのお客様(犬丸さん)、この曲の数曲前から、客席にてライブを盛り上げてくださっていました
もちろん、この曲で大喜びしてくださり、やった甲斐ありでした。
大ちゃんのピアノも炸裂し、とても良い感じで1st Setを締めることができました

2nd Set
P82400451.LIMELIGHT
3月の"once"リリースライブで披露した、僕と又吉くんのアカペラで始まるバージョンも考えたりしたのですが、一応、アルバムバージョンでいきました
ブレイクとか、サビの入り方とか、意外に決まり事が多い曲なのですが、なかなかスムーズにいけた気がします。
大ちゃんが作ってくれたコード進行に、僕と又吉くんが歌詞とメロを付けて完成させた3人の共作。
3人の個性が等分で入ってるからか、アルバム"once"の音源で、最も飽きがこないのがこの曲なんですよねぇ。
又吉くん曰く「音源映えする曲」なのかもしれませんね。
"once"を購入してくださった皆様!アルバムをヘビロテで聴いていると、「なるほど、確かに飽きない!」と感じられると思いますので、お試しあれ!(←暗にヘビロテを勧めている

2.こゝろ
IMG_3109演奏前に、この曲が生まれたきっかけと、又吉くんとコラボをするようになった経緯をお話ししました。
2014年の6月にリリースしたアルバム"Utautai"に収録されている曲なので、3年前の凱旋ライブでもしっかり歌いましたが、その時は又吉くんはいませんでした。
今回、又吉くんの「囃子」を生でお聴かせできることができたので、僕自身、とても嬉しかったです。

3.二人は
又吉くんのオリジナル曲を、又吉くんがソロで。
この曲がセットリストに入っていることを又吉くんが知ったのは、この日の早朝6:20
(大ちゃんがこの日のセットリストを知ったのも同じ時間です
やると分かっていたら、事前に練習もできたのにねぇ
現地リハでほんのちょっとコード進行を確認した程度で本番。
大変申し訳なかったのですが、出来はバッチリでした
やはり又吉くんの声、この箱にとっても合うみたいですね
又吉くん、ありがとう

IMG_31104.Gare de Chasse-sur-Rhone(大ちゃんSolo Piano)
又吉くんに続いて大ちゃんのソロステージ。
どの曲をやるかは、いつも通り大ちゃんにお任せしていたのですが、又吉くんに「二人は」をお願いしたのはアルバム"once"の収録曲だからだろうということで、大ちゃんも同じく収録曲であるこの曲を選んでくれました。
JUKEのグランドピアノは、あのSteinway & Sonsで、いやー、素晴らしい音色でしたねぇ。
あの低音の鳴りは、刺激的でした。
広島で電車と言えば広電ですが、この曲は誰が聴いても、ヨーロッパを滑走する電車の姿が思い浮かびます。
なんとしても「世界の車窓から」で聴きたいものですね!

二人のソロ演奏を舞台袖から見ていたのですが、この日、会場に来てくださっていた皆様へ、僕からのプレゼントとして、又吉くんと大ちゃんを贈ることができたような気持ちになり、とても嬉しかったです
素晴らしい演奏をありがとう

5.See The Light
P8240063この曲から大ちゃんとのデュオ。
昨年ノーベル平和賞を受賞した「ICAN」を代表し、受賞スピーチをしたサーロー節子さんに捧げる曲。
受賞スピーチが行われたのが12月10日で、僕がこの曲を書き上げ&初披露したのが12月19日。
この初披露の日が"once"のレコーディングライブだったので、"once"に収録されている"See The Light"は、本当に出来上がったばかりのテイクです。
今年の1月に再度この曲を歌ったのが最後で、この日はそれ以来の3回目の演奏。
実は、現地リハで歌う予定だったのを忘れてしまったので、この演奏は7ヶ月以上振りのぶっつけ本番なのでした
内心、僕も大ちゃんもヒヤヒヤ
だって、歌っている場所は広島ですよ。
世界中のどこよりもこの曲の意味を理解できる方が多い場所。
歌っている間にプレッシャーがどんどん高まって来て、どうなることか不安だったのですが、これまた歌っている間に、どんどんと"歌わされてる感"が高まってきて、最後は身体が求める歌い方に任せることができました。
今、ちょいとこの日のライブ音源を聴いてみたのですが、思ったより良かったので安心しました
この曲を境に、どんどん気持ちが開放されていきました。

P82400876.ナイーヴ
アルバム"絵描きじゃないけれど"の4曲目。
この前後の「See The Light」と「花を飾ろう」の重さを緩和するためにこの位置に放り込みました。
僕の記憶では、最初をちょっと歌い間違ったような気がします。
おそらく、「See The Light」が無事終わりホッとしたからかもしれません
昨年のワンマンライブで自分の曲ベスト3の3位に選んだ曲なのに
でも、間違って以降、ちゃんと気持ちよく歌わせてもらいました

7.花を飾ろう
"LIFE"の4曲目。
完成&初披露は2016年の2月なので、前アルバムの"絵描き"(2016年6月リリース)に収録可能な曲ではあったのですが、選ばれませんでした。
今作のタイトル&コンセプトにピッタリで、また、今年4月に僕が大好きな衣笠祥雄さんが亡くなったということもあり、前作に入れず、今作に収録できたのは大正解だったと思います。
心を込めて歌いました。

IMG_31128.Fifteen
この日、カープファンの方々がたくさんいらっしゃってましたので、やはりこの曲で景気をつけなければならないでしょう!
この曲から又吉くんに再び登場してもらい、しっかり上のハモを歌ってもらいました。
3年前の凱旋ライブは、黒田が復活した2015年で、この曲をひっさげての凱旋でしたが、その時は又吉くんは不在だったので、ハモ有りをお届けできたのは初!
楽しく歌わせてもらいました
そして、しっかり「15」フラッグをご用意してくださった「お」さん、ありがとうございました

9.once
僕と又吉くんの初共作"once"
事前にしっかり歌唱指導をした甲斐があり、とっても良い合唱になったと思います!
思うに、この日、歌が得意なお客さんが多かったんじゃないかと思います!
歌わされてるって感じではなく、積極的に歌ってくださっていたような気がします。
よく言われるのが、広島と名古屋のお客さんは、心の扉を開くのが難しいと。
僕は全国ツアーとかしたことがないので比較対象は東京のお客さんしか知らないのですが、もしかすると、「歌う」ということ自体は、広島人のハードルは低いのかも!?と思いました。
そのくらい皆さん、大きな声で歌っていたような。
やはり自分も歌ったからか、多くの方がこの曲をベスト3以上に回答してくださっていました。
有り難い限りでございます。
P8240115一応、今回はライブ終了後、アンコールの拍手の中、ステージを降り、一旦楽屋へと下がりました。
本当のアンコールって感じで嬉しかったです
そして、ステージに戻ると、なんと花束のプレゼント
いやー、嬉しかったぁ。
ありがとうございます!

アンコール
1.スーパーヒーロー
遂にこの曲を歌う時が来ました。
アンコールの後ということもあり、本当に夢心地でマイクの前に立ち、歌いました。


P8240014あなたがあなたに生まれ良かった
いつだって僕のそばにいてくれた
一度も話したことなんてないけど
スーパーヒーローだから仕方がないのだ
誰よりもしなやかな身体と
お日様みたいな笑顔の
あなたを見ていると胸が熱くなる
少年は 今も

あなたみたいに強くなりたくて
みんなで競ってあなたのまねをした
カッコイイ走り方 転び方
立ち上がり方 痛くないような笑い方

幸せな毎日を追いかけていたんだ
夢の世界で

あなたが見せてくれたのは
呆れるような優しさだった
解けることのない魔法にかけられた
少年は 今も
あなたを見ていると胸が熱くなる
少年は 今も


P8240100少なくとも衣笠の現役時代を知っている方々の脳裏には、生き生きとした衣笠の姿が浮かんだのではないかと思います。
前奏と後奏に忍ばせた衣笠の応援歌のメロディー、ちゃんと気付いてくださいましたか?
また、間奏には、衣笠が大好きだったという"Smile"をあしらわせてもらいました
アルバム"LIFE"をお持ちの方、こちらも聴きまくってください

2.まわっているのはmawatte
アルバム"LIFE"の最後の曲です。
この曲は、アルバムでも、ライブでも、僕と大ちゃんのデュオでしたが、この日は、初めて又吉くんにギター&コーラスで参加してもらいました
当日リハで又吉くんが用意してくれたコーラスのラインを聴き、即採用
序盤のサビでは低いハモ、後半では高いハモを入れてくれて、とっても良い感じだったと思います!
大ちゃんのピアノも盛り上げてくれました
そして、客席の皆さん、しっかりまわしてくれました!
ありがとうございました!

IMG_3107以上、ライブ@LIVE JUKEでした。
ご来場くださいました皆様、心より感謝申し上げます!!
今回は、僕の友人より、もしかすると、姉貴の同僚や友人の方々の方が多かったのではないかと!?と。
そのくらい初めてお目にかかる方が沢山いらっしゃいました。
ライブを始める前は、そうなるかもしれないということで「感謝、感謝」と思っていたのですが、実際にステージに立つと、これは単に「感謝」するだけでは済まされないぞと感じたのでした。
時間を割いて足を運んでくださった皆様に、つまらないステージを見せてしまっては、姉貴のメンツは丸潰れ
「さすがにそれはいけんじゃろ!」そう思った瞬間、強烈な責任感がわいてきて、徹夜をして広島に乗り込んだ疲れなんかあっという間に吹き飛んだのでした
それ故に、大ちゃんや又吉くんがソロステージで素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたことが、嬉しくてたまりませんでした。
本当に二人には感謝しまくりです!
この日、会場にいらしてくれた皆さんの笑顔は、本当に宝物でございます。
不思議なもので、歌っていると、どのくらいその歌がお客様に届いているか、沁みているか、分かるものでございます。
肉体的にはボロボロでしたが、精神的には超ハッピーで、元気いっぱいなライブをすることができました。
広島県内外からご来場くださいました皆様、スタッフの皆様、大ちゃん、又吉くん、本当にありがとうございました!!
幸せな時間を多くの方々と過ごすことができて、とても幸せでした。
2daysライブの初日、大成功だったと思います。
ありがとうございました
(2日目はまた後日

waits2 at 23:19コメント(0)ライブ感想広島 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
秋のスペシャルライブ
9月26日(水)

10月24日(水)

11月22日(木)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ