2017年06月19日

ライブ感想の後編がまだ書けてないので、ちとこちらの話題を中継ぎに
IMG_0066今回、僕のオリジナル曲のタイトルを書いた名刺サイズのカードを、抽選カードとして皆さんに配布した。
僕と大ちゃんで演奏可能なオリジナルの曲数は、軽く80を超えるくらいあるが、そんなに沢山お客様が来ることは考えられない。
そこで、比較的演奏する頻度の高い曲、つまり僕のオリジナルの中でメジャーなものを40枚くらい用意しておいた。
どのカードが誰の手に渡ったのかを知りたいので、アンケート用紙の一番下に、ゲットしたカードの曲タイトルを書いてもらうスペースを用意しておいた。
 ほう!あの曲はあの方に!
 あの人はあの曲をゲット!
となかなか予想通りというか、イメージ通りだったりして楽しかった。
さて、気になるのは、カープファンにとって一番の大当たりといえる"Fifteen"を誰がケットしたのか!?
IMG_0061IMG_0062

な、な、なんと!
"Fifteen"、"泣いた赤鬼"、"グラデーション"と、超メジャー級のカード3枚は、誰にも引かれることなく手元に残っていた
"Fifteen"は、みんなのもの言うことじゃね

waits2 at 23:55コメント(0)トラックバック(0)ライブ感想 

2017年06月18日

先週の金曜日6月16日、吉祥寺マンダラ2にてワンマンライブを開催いたしました。
ご来場くださいました皆々様!ありがとうございました!!
"こゝろ"より、感謝申し上げます
今年は、僕と大ちゃんが共演するようになって10周年ということで、"Tatsuya & Daisuke 10th Anniversary LIVE"と銘打ち、各曲の懐かしいエピソード、あるいは初めて聞くエピソードを交えながら、とても楽しく幻のような時間を過ごすことができました。

セットリスト:
1st Set

First set
P61600381. 酔いどれ男
2. Ding-Dong
3. ワスレンサンナ(#3 by D)
4. ナイーヴ(#3 by T)
5. 絵描きじゃないけれど (#3 by Y)
6. こゝろ
7. フォトグラファー
8. 羽黒トンボ(#1 by Y/#2 by T)
9. 優しい人には敵わない(#2 by D)
10. CES’T LA VIE
11. 春

Second set
P61600871. The Day of The Black Keys (Solo Piano)
2. On The Way Home
3. パッセイジー&All You Need Is Love
4. トマトスープ
5. 何処かへ (新曲)
6. Drive My Car (The Beatles)
7. Fifteen
8. まわっているのは(#1 by D)
9. スランチェ(#1 by T/#2 by Y)
アンコール. once

セットリストハガキ今回、セットリストを考えるにあたり、大ちゃんが面白いアイデアを出してくれました。
まず、この10年間で演奏してきた僕のオリジナル曲の中から、それぞれのお気に入り「ベスト3」を挙げる。
それらがまったくかぶらなかった場合、その6曲を自動的にマスト曲として決定する。
全部かぶった場合3曲になるけど、それらを軸にセットリストを構成し、どの曲が誰の何位だったかを発表しながらライブを進行していく、というもの。
「ええじゃん!ええじゃん!」ということで、早速、互いのベスト3を考え、発表し合ったところ(先月のライブ当日、吉村というお蕎麦屋さんにて)、見事に1曲も重なることなく6曲が決まったのでした。
「だったら!」と、ゲストで出演することになっている又吉くんにもベスト3を聞いてみることに!(facebook経由で)
もちろん、先に出ていた僕たちの結果を教えることなく。
すると、又吉君の回答は、3曲の内2曲が僕とかぶったのでした
しかも、僕の1位が又吉くんの2位、又吉くんの1位が僕の2位という"ねじれ"がありました
なるほど、かぶる可能性は予想していたけど、"ねじれ"があるとは!?
いずれにしろこれで7曲が決定
これらを軸にセットリストを考えていきました。
上記セットリストの括弧内の"T"は僕、"D"は大ちゃん、"Y"は又吉(やすひと)くんを指します。

さて、10th Anniversary LIVEのはじまり、はじまり

1. 酔いどれ男
いつもはMCをはさむことなく演奏から始めますが、今回は各曲にまつわるエピソードを演奏前に話したいということで、1曲目を歌う前に話しをしました。
まずは、ご来場くださった皆様やマンダラ2スタッフの皆様に感謝の言葉を述べさせていただきました。そして、アンケート用紙や今月のフライヤー、そして、今回特別に用意した抽選カードについての説明。
それから「酔いどれ男」について。
そう、この曲は、2007年に僕と大ちゃんが一緒に初めてライブをやった時の1曲目の曲だったのです。
ちなみに、こちらが第1回目のライブのセットリストです:
36 1.酔いどれ男
 2.ハーフムーン
 3.ダメな男
 4.ワンダフル
 5.アラン島へゆこう
 6.レインボー
 7.まわっているのは
 8.手紙(新曲)
 9.Can't Sing Blues

もちろん、ライブでこのセットリストを紹介したわけではありませんが、ブログならではのご紹介ということで。
「酔いどれ男」は、僕がソロで弾き語りをしていた時から歌っていた曲で、「ピアノがあったらいいのになぁ」と思いながら歌っていました。
『なるほど、この曲から始まったのかぁ』という認識が共有された中で歌うと、響き方が違うんですよね。
僕自身も『ここからなんだよなぁ』という想いと共に、目の前にいらっしゃった陽気な"酔いどれ男たち"の様々な人生を勝手に妄想しながら歌いました

162. Ding-Dong
2007年に演奏した曲に続いて、2017年4月の新曲。
Ding-Dongとは「キンコンカンコン」。
あなたはどんな時に"ハレの鐘の音"が鳴りますか?
僕はこんなシーンに"ハレの鐘の音"を感じますよ、という歌です。

wasuren3. ワスレンサンナ(#3 by D)
さて、いよいよお気に入りベスト3の発表です。
この曲は、大ちゃんが第3位に選んでくれた曲です。
演奏前、大ちゃんに3位に選んだ理由を語ってもらいました
まず「ワスレンサンナ」という響きに『グサッと来た』と聞き、「へぇ」と思ったのでした。
また、構成としても「良く出来ている」という印象だったようです。
1番は「忘れないで」、2番は「ワスレンサンナ」となり、言葉の持つ独特な響きにハッとする効果があったようです。
僕も初めて聞く内容だったので、とても勉強になると共に、ある意味、その曲を褒めてもらった後なので、まさに有頂天の気持ちで歌いました
2012年1月の新曲であるこの曲。
大ちゃんのお気に入りベスト3であるにも関わらず、演奏回数はなんとわずか8回。
しかも、最後に演奏したのが2014年6月と、丸3年ぶりなのでした。
しかしながら、文句なしに今回がベストの演奏でした。
テンポといい、全体として終盤に向かって徐々に盛り上がっていく高揚感といい、事前に大ちゃんが説明してくれたこの曲の魅力を超具体的に示すことが出来た感じでした。
まるで、ピアノのレッスンで、先生に「こんな風に弾いてご覧なさい」と言われた通りに弾けた感じ(ピアノを習ったことないけど
この日、他の曲もなかなかハイクオリティな出来だったと思うのですが、雑念なく最も集中して歌えたのは、この曲だったんじゃないかと思います。
このベスト3を発表するという企画、お客様にとっても、とても興味深く楽しめたのではないかと思います。
常連様は「へーーーーー」と思えたことでしょう
また、この曲を演奏したことは、いつものワンマンと違う、10th Anniversaryらしさをより濃く打ち出せたんじゃないかと思われるので、このベスト3企画とこの曲を選んでくれた大ちゃんにあらためて「超ナイス!」と感謝したいところです。

244. ナイーヴ(#3 by T)
これは僕が第3位に選んだ曲でした。
理由はとてもシンプルで、"歌うのがとても楽しい"曲なのです。
結構、メロディラインも難しい曲なんじゃないかと思うのですが、何故か楽しいのです。
そして、Bメロで大ちゃんが繰り出してくるピアノが、毎回、絶対にカッコヨク、これまた楽しくなるのです。
客観的に良い曲、というより、主観的に楽しい曲、という感じでしょうか
この日も楽しく歌わせてもらいました

215. 絵描きじゃないけれど (#3 by Y)
ここで又吉くんに登場してもらいました。
そして、又吉くんにもベスト3を選んでもらっていたことをお客様に伝えました。
で、この曲こそが又吉くんの第3位。
アルバム「絵描きじゃないけれど」の1曲目に収録されているこの曲、最後のCメロ的なサビのコーラスは又吉くんに歌ってもらっているのですが、実はライブでコーラスをしてもらったのは今回が初めて。
もちろん、演奏前に又吉くんにも3位に選んでくれた理由を話してもらいました。


 絵描きじゃないけれど キャンバスを買ったことがあるよ
 好きな人もいないのに ラブレター 書いたことがあるよ
 偉くもないくせに 偉そうにしたことがあるよ


こんなフレーズからこの曲は始まるのですが、又吉くんは特に「好きな人もいないのに...」のくだりを聞いて『これは書けないなぁ』と思ったそうです。
でも、『遠からずなことを、みんなやってると思うんですね』と続け、お客さん(特に男性)には大ウケでした。『みんな多分あるんでしょ?』
「ある〜」「ありまーす」by酔いどれ男たち
又吉くんの上手な褒め言葉にのせられて、気持ち良く歌わせてもらいました。

この曲の後、第一回目の抽選会をさせてもらいました。
「抽選会?」
はい。
今回、先ほどから右手にアップしているカードを皆さんに配布させていただきました。
片面には僕のオリジナル曲のタイトルと歌詞の抜粋を、裏面にはその曲を初披露した時のフライヤー画像、またはゆかりの画像を印刷した名刺サイズのカードです。
5820170224

IMG_0059一緒に配布したアンケートや今回のセットリスト、および今月のフライヤーはすべて同じものですが、この抽選カードは、一枚々々すべて異なります。
これを使って第一回目の抽選を行いました。
賞品は、そのカードの曲が収録されているCD。
CDに収録されていない曲の場合は、お好きなCD。
CDは全部持っている!というお客様には、吉祥寺の美味しいパン屋(ダンディゾン)で買った朝食セット(勝手な命名)をご用意しました。
 「なぜ、そんなパン屋を?」
はい、「ダンディゾン」とは、フランス語で、「10年後」という意味らしいのです。
まさに、この日のために付けたのか!?という店名。
有効に活用させていただきました。

さて、第一回抽選は、又吉君に引いてもらいました。
果たして!又吉くんが引いてくれた曲は!
20160624「Heart of Gold」
当選者は、我が母校皆実高校の先輩でございました
もってますねぇ〜
この曲が収録されたアルバムはないので、自由にアルバムを選んでいただいただくことに。
実は既に3枚くらい買ってくださっていて、唯一持っていないのが"The Catcher"という大ちゃんとの初アルバムでしたので、こちらを贈呈させていただきました。
何故か興奮した僕は、CDをひっさげ客席へと降り、贈呈させていただきました
大いに盛り上がりました
皆さん、こういった抽選会、好きなようですね。
この企画、成功しそうだな!と実感したのでした

306. こゝろ
又吉くんとの共演はこの曲から始まったわけなので、これを歌わないわけにはいきません。
もちろん好きな曲ではあるのですが、変な話、自分が書いた曲なのに、教えられるところがあるように感じるのです。
「ワスレンサンナ」ではないですが、忘れてはいけないことが込められているのかもしれません。

217. フォトグラファー
又吉くんのハモ、バリバリで歌わせてもらいました。
サルガドの話もさせてもらいました。
これも気持ち良く歌わせてもらいました。

078. 羽黒トンボ(#1 by Y/#2 by T)
さて、今度は2位の発表ということで、この曲は僕の第2位でした。
と同時に又吉くんの1位でもありました。
ということで又吉くんに、1位に選んだ理由を話してもらいました。
かつて対バン出演していた時、この曲を又吉くんはステージ袖で聴いていて、思わずウルッときたそうなのです。
まぁ、なんと嬉しいことか!!
この曲を聴いていると、『田舎に帰りたくなるんです』とも。
「童謡を聴いてるのに近いというか、かといって決して子ども向けではないということろが、沁みるんですよね僕に」
と、嬉しい言葉のオンパレード。
僕としては、子どもの頃、川の近くで不器用な飛び方をする羽黒トンボをたくさん目にしていたのですが、こっちが見つめているものの、向こうの方もこっちを見つめている、それどころか「見守られている」という感覚を抱いていたような気がします。
この曲は、「言葉のいらない友達といた」というフレーズを、お風呂で湯船に入ろうとした時に突然、歌い始めたのが切っ掛けでした。
かといって、そこから広げていこうと作ったわけでなく、それこそ別の曲を作っていたような記憶があります。その中で、子どもの頃の感覚を象徴するような羽黒トンボが突然登場し、先に書いた「言葉のいらない...」というフレーズにもつながっていき、出来上がった時、とてもスッキリした気持ちになったのを覚えています。
たくさんのお褒めの言葉をいただいた後、気持ちよく歌わせてもらいました。
ちなみに、又吉くんは、この曲への参加はないので、フォトグラファーの後、この曲を1位に選んだ理由を述べてもらうためだけに、少し残ってもらったのでした
ありがとう

579. 優しい人には敵わない(#2 by D)
この曲は、大ちゃんが第2位に選んだ曲でした。
理由としては、それまでの曲は、コード進行に対して「おざなり」とまでは言わないまでも、それなりに弾いていけばOKというものだったのに、この曲は、しっかりとした「アレンジ」という意識を持って構成していかなければならないと感じた初の曲だったようです。
そういう意味では、大ちゃんに「お、やり甲斐のある曲を書いてくるではないか!」と思わせる曲だったのかもしれないですね。
大変光栄なことでございます
これまた気持ちよく歌わせてもらいました!

さて、ここで第2回目の抽選を行いました。
今回は大ちゃんに引いてもらいました。
果たして!大ちゃんが引いてくれた曲は!
「春」
でした
当選者は、毎回、観に来てくれる超常連様の山口夫妻の奥様
言うまでもなく、僕のCDはすべて持っていらっしゃいます。
まさにこのために用意しておいた「ダンディゾン」の朝食セット(勝手な命名)を贈呈させていただきました
20170327morning
いやー、持ってますねぇ。
このカードを使った抽選、実は、大ちゃんがウェディングパーティでやっていた形をそのまま真似させてもらったものなのですが、そのウェディングパーティでもこの奥様は当たりを引き当てたのでした
いや〜本当に強い。
持ってます

5710. CES’T LA VIE
お客様に楽しく参加していただきました。
この曲でお客様に歌ってもらうようになるまで、僕のライブはある意味、一方通行だったのかもしれないなぁ、と思ったのでした。
僕が心がけていたのは、「とにかく良いパフォーマンスをする!」というだけでしたが、それ以外に、もっと楽しませる方法というか、アイデアというか、そういうものはたくさんあるよ、ということに気付かせてくれた一曲でした。
そういう意味では、この曲でのコール&レスポンスを推奨してくれたまっちゃんに感謝ですね。
僕のライブに対する姿勢を変えてくれた一曲と言えるかもしれません。

4011. 春
ここで再び又吉くんに登場してもらいました。
今年3月、又吉くんと一緒にやった「春のSpecial Live」での新曲で、僕と又吉くんとの共作第2弾の曲です。
又吉くん、ソロでもこの曲を歌っているようです
これはとても嬉しいですねぇ
どんどん歌って、より多くの方に聞いてもらいたいです
僕との共演は今回が2回目ですが、1回目よりもかなり良かったのではないかと思います
きっと又吉くんの中でも、僕の中でも、曲の理解がより深まったからでしょう。

ということで、以上がファーストステージでした。
後編は、しばしお待ちを!
P6160105


waits2 at 18:18コメント(0)トラックバック(0)ライブ感想 

2017年06月17日

昨晩は、吉祥寺マンダラ2にて、Tatsuya & Daisuke 10th Anniversary LIVEでした。
IMG_0034素晴らしいお客様に囲まれて、とても幸せな時間を過ごすことができました!
感謝、感謝、感謝でございます。
大ちゃん、又吉君も、ありがとう!
マンダラ2スタッフの皆様も、ありがとうございました!!
たくさん書きたいこと、書かなきゃいけないことがあるのですが、今宵は書く時間がありませぬ。
僕はもう本当に楽しませてもらいました。
幸せ者です。
写真に写っているのは、大好きな方々です

waits2 at 01:36コメント(0)トラックバック(0)ライブ感想 

2017年06月16日

今日はライブです!
IMG_0023

waits2 at 18:30コメント(0)トラックバック(0)ライブ告知 

2017年06月15日

日付が15日に変わりました。
明日16日
吉祥寺Manda-la2にて
ワンマンライブを開催いたします

"Tatuya & Daisuke 10th Anniversary LIVE"
6月16日(金)
会場:吉祥寺Manda-la2
開場:18:30〜
開演:19:30〜
チャージ:2,200円+drink
出演:丸本達也(Vo&G)
:竹内大輔(Pf)
ゲスト:又吉康人(Vo&G)

0511納品用統合

新曲も無事、完成しました
お越しくださいましたお客様には、10周年を記念して、僕からの嬉しい、楽しい、豪華な?心ばかりのプレゼントが当たるかもしれません
是非、是非、遊びにいらしてください。
最上級のパフォーマンスでおもてなし致します


waits2 at 01:30コメント(0)トラックバック(0)ライブ告知 

2017年06月14日

IMG_0006先週末に仕上げるつもりだった新曲が、今日ようやく完成し、なんとか大ちゃんに音源を渡すことができた。
先月の新曲を渡したのがライブ当日だったことを思えば、今回はかなり早く仕上げることができたかな
と言っても、アレンジ的にはまだ漠然としているところが多いので、当日リハでの大ちゃんのアドバイス頼りのところが大きい
今回は、新曲以外に練習しておきたい曲がたくさんある。
なので、今日、明日は、みっちり歌い込む予定だ
その他、準備しなければならないことが山ほどあるのに、楽しいのはなんでじゃろうね?

waits2 at 01:09コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月13日

IMG_0003毎朝見かけてた鳥。
同じ奴かと思っていたら、二羽いた
兄弟なのか夫婦なのか知らないが、いずれにしろ、ロンリーな奴ではなかったようだ。

ところでこのリアルな鳥たち、背後にたくさんいるスワンに対して、同類意識、もしくは敵対意識のようなものはあるのかなぁ?

waits2 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月12日

IMG_0001可愛いカードがたくさん
どこかで見たことがある写真ですね
これもワンマンライブのための準備です。
新曲は、この週末に完成させたかったのですが、もうちょっとかかりそうです。
セットリストは、今、気持ちを鬼にして、減らす曲選びをしております。
む、む、難しい....
でも、楽しい

waits2 at 00:44コメント(0)トラックバック(0)ライブ告知 

2017年06月11日

IMG_9998「何じゃこれは?」
はい。
これは何かと申しますと、吉祥寺にある「ダンディゾン」というパン屋さんの紙袋です!
これがですね、今度のワンマンライブで、ちょっとだけ出番がある予定です。

どんな風に?
どんなタイミングで?
お楽しみに^^

waits2 at 00:49コメント(0)トラックバック(0)吉祥寺ショッピング 

2017年06月10日

IMG_9991昨日、このブログでぼやいた、例の怪文書扱いしていた「総理のご意向」文書について、松野博一文部科学相は、
「国民から『追加調査を行う必要がある』という声が多く寄せられている」
として追加調査する方針を表明したようだ。
日本中から
「ええ加減にせえ
という声が殺到したに違いない。
また、誰かが実名で名乗り出てしまう前に再調査を発表した方が良いだろうとの判断だろう。
ほんま、国民を馬鹿にし過ぎ!
どんな神経しとんや!
あれでなんとか逃げ切ろうとしていたことを、わしは忘れんけんの!
ちなみに、今回の功労者は、執拗に質問をして食い下がった記者たちじゃね

waits2 at 00:16コメント(0)トラックバック(0)ニュース 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年7月26日(水)
2017年8月24日(木)

秋のSpecial LIVE!
2017年9月14日(木)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ