2006年01月02日

初詣午前0時を過ぎ、さっそく近所の神社に初詣に出かけた。
上京してきて20年以上になるが、東京で年越しをしたのは今回で3回目。
結婚してからは初めてなので、その神社に行くのも初めて。
小さな神社なのに、意外にも行列ができている。
大した人出じゃないのに、どうしてこんな行列が?
見ると、皆さんきちんと鈴を振り二拝二拍手一拝でお参りしているではないか。
しかも鈴は二つしかないので、二人ずつしかできない。
『道理で時間がかかるわけだ』
最後尾に並んでいると、若いカップルが後ろについた。
正しい作法でお参りできるか、不安に思っているのは風太だけではない。
皆さん、前の方をお手本にしようと、キリンじゃなくて、レッサーパンダのごとく首を長く伸ばし前方を見つめている。
やがて社殿の様子がうかがえるところまで進んだ。
賽銭箱の左手に「二拝二拍手一拝」と書かれた立派な板が。
冠婚葬祭に疎い風太ではございますが、多少は漢字が読めたりするわけで。
と、背後から女性の声が!
「あ、あそこに『にはい にひょうし いちはい』って書いてあるよ」
吉本新喜劇なら全員ぶっ倒れるところですが、そこは我慢・・『にひょうし』て。
ま、これも致し方ないところがあります。
というのも、板に書かれた文字は草書体なので、「手」が「子」に見えなくもない。
列はさらに前に進み、今度は賽銭箱の右手にある板の文字が読めるところまで来た。
そこには、「千社札禁止」との文字が。
賢明なる皆様はご存知かと思いますが、千社札(せんじゃふだ)とは、千社詣での人が持参して社殿に貼り付ける紙札のこと。
なるほど、平成になって改築した新しい社殿なので、むやみに紙を貼られては困るということなのだろう。
と、背後からまた女性の声が・・・
「『せんえんさつきんし』だって」
必死に笑いをこらえる風太。
『新春我慢大会か!!』
さて、いよいよ風太夫妻の番がやってきた。
昨年はヘルニアで苦しんだことだし、お賽銭を奮発するか!
財布に入っていた小銭(どこが奮発や!)を全部賽銭箱に放り込む。
するとどうでしょう!
他の方々は、せいぜいチャリンという程度なのに、
風太夫妻の音はジャラジャラジャラジャラジャラジャラーと大音量。
は・ず・か・しー
そんな気合い入れてるように思われると恥ずかしくてたまらんわ。
しかし、きっと後ろのカップルは、『ほら、やっぱり千円札禁止だからだわ』と思ったに違いない。
それにしてもおかしかった。
元旦から滅茶苦茶面白かった。
世界はおかしみに満ちています。


waits2 at 00:01コメント(2)トラックバック(0)生活 

2006年01月01日

年賀状2006

waits2 at 00:07コメント(7)トラックバック(0)生活 

2005年12月31日

ミレナリオ大2005年
楽しい日々に感謝!
2006年
良い年にしまショイ!

waits2 at 03:14コメント(3)トラックバック(0)街散策 
カレッタさて、新幹線を見下ろしながら朝食をした後、まずは汐留界隈を散策しました。
汐留caretta内をチラッと見てから新橋駅へ行きました。
駅前には立派な機関車のモニュメントがありました。
看板を見ると心ない庄司という落書きが・・・。
それを見て妻は「でも、上手な字だね」・・・おいおい。
ここから有楽町まで歩くことにしました。
線路沿いの道を歩いていると、とんでもなくカッコイイ車と遭遇しました。
写真を撮っている時に、「それにしても低い車高」と風太がつぶやくと、すれ違いざまに見知らぬおじいさんが「ねぇ」と合いの手を入れてくれました。(一期一会m(_ _)m)
続いて「うず潮」という回転ずし屋さんを発見!
手が出せないくらい高速で回ってるのかなぁ?
さて、映画でも観るかということになったのですが、
妻は「三丁目の夕日」、風太は「キングコング」を観たいと意見がまっぷたつ。
以前「キングコングの動きが速すぎる」と文句を言っていた妻に、
「封切りされてもう大分経つから、コングも疲れて動きが遅くなってるよ。
 それに、三丁目の夕日はもう沈んでると思うよ」と説得。
渋々了承した妻の気が変わらない内にチケットを買い、始まるまで時間があったので、文房具のITOYAまで足をのばし、カレンダーを買いました。
さて、キングコングのはじまりはじまり〜。
いやー、はじめは寝そうでしたが(観たいと言っておきながら(^^ゞ)
島に渡ってからは滅茶苦茶なアクションに大笑い。
不要なシーンが多かったことは否めませんが、理屈抜きの娯楽作品ということで良しとしましょう。
マリオンで観たんだけど、エレベーターを下り、ビルの外に出て空を見上げると、
どこからかコングが落ちてきそうな気がしました。
さて、ちょうどいい感じに辺りは暗くなってくれていました。
何にちょうどいいかというと、ミレナリオ!
たしか今年が見納めらしいので、チラリでいいから見ておきたいな、と。
人だかりがしている方へ歩いて行くと、幾重にも重なった美しい光のアーチがありました!

waits2 at 03:12コメント(3)トラックバック(0)街散策 

2005年12月30日

じょんさん、コメントありがとうございます。
じょんさんのおっしゃる通りだと思います!
何がかと申しますと、おそらく、いやきっと、風太は寝屁をしたのではないかと思いますw
今日一日、新橋、有楽町あたりをブラブラしながらずっと考えていました。
そして、「きっとそうに違いない」という一つの答えのようなものにたどり着きました。
まずは、風太と一緒にエレベーターに乗った小さな女性について:
彼女は、健気に風太をマッサージしてくれた女性の想念、
あるいは江原氏が言うところの生き霊なのではないかと思いますw
目的は何か!?
それは、「謝まってください」という怒りに近いメッセージを風太に伝えることです。
何に対して謝って欲しいのか!?
もちろん、寝屁をしたことに対してですw
こんなに献身的にマッサージを施している私に、
この和産レッサーパンダめ、オナラをしやがって!!
あなたがたった今白人たちから被った屈辱感は、
とりもなおさずあなたに寝屁された私の屈辱感そのものよ!
眠っていたとはいえ、許せない、「あ・や・ま・れ」みたいなw
見事、彼女は風太に「ごめんなさい」という思いを抱かせることに成功していますよね!!
続いて、三人の白人は、「使者」です!
もしも、彼らが日本人のおっさん三人組だったならば、
風太は単に「とんでもない不幸に遭遇した」と思うだけで、
決して同乗していた女性(マッサージの女性)に対し「ごめんなさい」という思いを抱くことはない。
また、なぜ白人は三人だったかについてですが、
一人だった場合、放屁した本人が恥ずかしいと感じるだけで、
風太は屈辱的に感じることはない。
二人だった場合、一方がもう一方を笑いながら注意して出て行くだけで、
これまた残された者たちは滑稽なシーンに遭遇したと感じるだけで屈辱感は抱かない。
あの屈辱感は、絶対的な優位性を感じさせる三人以上の数でなければ生まれないのです。
また、妻が申すに、キリストの三賢人のように昔から使者は三人なのだそうです。
以上が三人の白人と小さな女性の象徴についての考察と解説と推定有罪になりますm(_ _)m
なんとか年内にレポートが書けました(^^ゞ

waits2 at 21:44コメント(1)トラックバック(0)旅行 
眺望予告編でお知らせしたように、汐留ロイヤルパークホテルに来ております。
写真は部屋からの眺望。
手前に見える公園のようなところは浜離宮です。
パソコンも充実!(あ、ノートは風太のです(^^ゞ)
さてさて、まずは今回のホテル宿泊のメインイベントであるスパ&マッサージへ行って来ました。
ジンジャーティーをいただきながら、スパ前のカウンセリング。
頸椎ヘルニアであることをしっかり伝え、マッサージで使用するオイルを選びました。
サウナ、ミストサウナ、ジャグジーを堪能した後、待合室で名前を呼ばれるのを待ちます。
タイ式マッサージということで、スタッフの皆さん、両手を合わせてのご挨拶。
焦げ茶色のバンブー調の部屋に真っ白なシーツがかけられたベッド。
顔をのぞかせる穴はベッドの頭部ではなく、ベッドの端に付け足した形でありました。
風太担当の女性はとても感じが良いのですが、どことなく現実味が薄く、村上春樹の小説の中に入り込んだような気分。
見知らぬ女性と二人きり・・・
『こんなところでオナラをしたらごまかせないぞぉ。
 消音したとしても臭いで一発でバレてしまう。
 心してかかれよ、風太!』
うつぶせになり穴から顔をのぞかせると、床には小さな花が。
『なるほど、接骨院とは違うわ』
オイルマッサージなんて、初めての体験。
とにかく言われるがまま、力を抜いてリラックス。
やがて恐れていたことが!そう、尿意ならぬ屁意が迫ってきたのです。
しかしここは気合いで我慢するしかない。
臀部の筋肉を総動員し、ひたすら我慢する風太。
どのくらい時間が経ったでしょう、ありがたいことに、屁意はどこかへ消え去りました。
不思議ですねぇ、あのオナラはどこへ行ったのでしょう。
さて、仰向けになり足を揉まれていたところまでは覚えているのですすが、やがて「お客様、終わりましたよ」という声が。
いつの間にか眠ってたようです。
『まさか、寝ている間に放屁してないようなぁ・・・・(^^ゞ』
妻はフェイシャルエステも受けるということで、一足先に部屋へ帰る風太。
ここで事件が起きた!
風太が乗ったエレベーターに屈強な3人の白人が乗り込んできた。
彼らの所作と英語の発音で、アメリカ人であることが風太にはすぐわかった。
風太以外にも日本人はたくさん乗っていたのに、アメリカ人はまったく遠慮せず大声でしゃべりまくり。
『もー!アメリカ産レッサーパンダってこんなにうるさいのか!』
ロビー階に到着すると、そのアメリカ産も客室用エレベータのところにやってくるではないか。
『あー、またこいつらかぁ、嫌だなぁ』
アメ産、風太、それととっても小柄な女性一人の5人がエレベーターに乗り込む。
アメ産は31階のボタンを、風太は32、女性は33のボタンを押した。
相変わらずうるさいアメ産。
エレベーターが31階に到着する直前、信じられないことが起こった!
アメリカ産レッサーパンダの1匹が、bububububuと大きな音をたてて放屁したのだ!
その音を聞き、その2、その3は大笑い。
Hey, you're disgusting! Ahahaha
(おい、お前、最低だぞ、ガハハハハ)
と、3人のオナラ軍団は笑いながらエレベーターをおり、風太とその小さな小さな女性の二人が置き去りにされました。臭いこそしなかったものの、そのエレベーターの中は屈辱感でいっぱいでした。
『戦後60年・・・これが敗戦ということなのでしょう』夜景思わずその小さな女性に「ごめんなさい」と謝りたい気持ちでした。
しかし、もし謝ったら「あのオナラは僕です」という意味に理解されたかも・・・(^^ゞ
ん!?もしかして!?
あのアメリカ産のオナラは、オイルマッサージの時に風太が我慢したオナラ?!
さて、夜も更けて参りました。

waits2 at 01:17コメント(5)トラックバック(0)旅行ドライブ 

2005年12月29日

97af03c0.JPG今日はロイヤルパーク汐留にお泊まりじゃホテルフロント

waits2 at 15:40コメント(0)トラックバック(0)旅行 
謎のドライバー今年は帰省しないので、年末年始を過ごすためにビデオでも借りておこうかなとTSUTAYAへ寄った。
駐車場に車を止め、ふと隣の車を見ると、随分と小柄な方が運転席に座ってらっしゃる。
光の加減でシルエットしか見えないが、子供よりも小さいぞ?!
健気な臭いがプンプン。
失礼とは思いつつ窓から覗いてみると、これまた可愛いドライバーがいらっしゃいました(^^ゞ

waits2 at 00:15コメント(4)トラックバック(0)ドライブ街散策 

2005年12月28日

てんとう虫1てんとう虫2ブログを書き始めてもう随分と経つが、不思議とネタに悩んだことがない。
なんというんだろう、ネタの方から飛び込んできてくれるのだ。
まさに昨日もネタの方から飛び込んできてくれた。
まずは左の写真を見ていただきたい。
我が家の廊下なのですが、中央にご注目!
黒い点が見えるだろうか。
ゴミではありません。
右の写真をご覧あれ。
そうです、てんとう虫です。
ふたほしてんとう?>じょんさん教えてねw
指先でつついてみたがまったく動かない。
どうやら死んでいるようなので、掃き捨てようと思ったのだが、ふと思いとどまった。
『どうして君はこんなところにいる。
 ここは縁側ではない。
 我が家の中央をはしる廊下だ。
 風に運ばれてここに来たとは言わせぬぞ。
 おぬし・・・死んだふりをしておるな〜』
ということで、真実を突き止めるために、しばらくそのままにしておくことにした。
20分くらいして廊下を見た時もてんとう虫は同じ場所にとどまってた。
ダンゴムシならとっくにしびれを切らし、逃げ去っているはずだ。
 なぜに君はそこにとどまる。
 そこに住み着く気か?
 食費を払う気はあるんだろうな!
 いや、やっぱり死んでいるだろう。
 しかし、死骸が風に運ばれてくるわけがない!だまされるな風太!
 いや、ここで力尽きたのかもしれない。やはり死骸だよ。
 そんなことはない、だまされるな風太!目を覚ませ!
 いや、目を覚ますのは僕じゃない、このてんとう虫の方だ!
何が何やら誰が誰やら何のためやらわからない自問自答を繰り返した後、もうしばらく放っておくことにした。
てんとう虫3やがて、てんとう虫のことなんかすっかり忘れさってしまった頃、側壁にしがみついた彼を発見した。
「おぬし、やっぱり生きておったな〜
 どんなに動きをとめて死んだふりをしても、
 壁にへばりついてるんだから『死んでいます』は通じんぞ〜!」と
今度は迷うことなく彼を側壁からはぎ取り、
我が家のベランダにある小さな日々草の園に放してあげました。
アディオス!

waits2 at 00:10コメント(6)トラックバック(0) 

2005年12月27日

艇庫やりました!
僕が大好きだったドラマ「がんばっていきまっしょい!」のDVD化が遂に決定しました!!
うれぴー(←いい歳なんだからこんな表現やめなさい!)
いやいやいや、本当に嬉しい。
といっても、僕が知らなかっただけでDVD化は大分前に決まっていたみたいですね。
こうなると気になるのは中田三郎役。
第三艇くらいまでNEWSのメンバーが演じていたが、例の飲酒スキャンダルで途中降板。
急遽、関ジャニ∞?のメンバーが代役を務めましたが、果たしてこの不自然な流れをDVDではどう対処したのか!?
ネット販売しているページをよく見るとこう書かれています。
「※本編DISCは、2005年7月5日〜9月13日(全10艇)まで放送された番組の内容通りに収録しています。」
なるほど、そのままにしたのねw了解しました。
ということで、さっそく予約したぞー!楽しみ〜!しょい!(^^/

waits2 at 00:02コメント(2)トラックバック(0)ドラマテレビ 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2月20日(火)

4月19日(木)


★春のSpecial LIVE★
3月22日(木)


Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ