2006年02月17日

個人競技での失敗は、大抵の場合、その被害を被るのは自分だけ。
故に、自分の気持ちを切り替えることができればそれで済む。
しかし団体競技での失敗はなかなかそうはいかない。
申し訳ないといういたたまれない思いをずっと抱くことになる。

新種目のスピードスケート女子団体追い抜き(パシュート)で大津広美選手が転倒した。
誰かとぶつかったわけでもない。
急に、不意に、嘘のように転んだ。
きっと、本人も何が起こったのかわからなかっただろう。
壁に激突し、それがもう取り戻せない事態であることに気付いた瞬間、泣き顔になった。
しかもこれに勝てばメダルというレースで・・・。
辛過ぎる。
可哀想過ぎる。
とはいえ、日本も対戦チームの転倒でここまで勝ち進んできた。
「それが勝負の世界というもの!」
たしかにその通りだが、転倒した本人はなかなかそんな風には開き直れない。

ここでふと思い出すのは、リレハンメルオリンピックの原田選手の失敗ジャンプ。
こちらは金を逃しただけで銀は獲得した。
しかし、皆の足を引っ張ってしまったという「心痛」は同じだろう。
原田は次の長野で見事、ジャンプ団体金メダル獲得に貢献した。

次回、大津選手が今回と全く同じメンバーでオリンピックに出場することは難しいだろう。
しかし、是非とも再び代表に選ばれて、皆を引っ張ってもらいたいものです。

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 20:49コメント(2)トラックバック(0)オリンピックスポーツ 
男子フィギュアスケート高橋選手の演技直前に目が覚めた。
『こりゃ縁起(演技?)がええぞ」(駄洒落かい!)
しかし、うーーーむ、表情が硬い。
明らかに緊張している(当たり前じゃ!)
最初の4回転で尻餅をついたことよりも、直後につまずいた事に本人は焦ったらしい。
4回転は単なる失敗だけど、その後のつまずきは、
『こりゃ、かなり緊張しとるわい』(広島弁かい!否、岡山弁w)
と自覚したからだろう。
ここで彼のデータを見てみようw

高橋データ


「勝負強さ」が極端に低い。
ステップとスピンは超一流。
(スピンはこれだと少し低くなっていますが、今はレベル4が出せます)
試合後のインタビュー、もちろん悔しがっていましたが、表情は明るかったですね。
今後の課題は「安定した4回転ジャンプ」、欲しいものは「オーラ」だそうです。
江原さんに相談だw
ちなみに、今回のトリノ代表を最後まで競った織田選手のデータ

織田


こちらは「勝負強さ」が突出している!
さすがは織田信長の末裔。
次回バンクーバーは二人で出場してもらいたいですね。

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 09:51コメント(0)トラックバック(0)オリンピックスポーツ 
ライブ@ハンギン・チャカ・アラウ、お疲れさまでした。
新しいピックアップを装着しての初ライブでしたが、
予想を遥かに上回るとても良い音でした!!!
マイクで拾うよりも、生音っぽい音なんですよ〜
本当に嬉しい限りです。
これでもう恐いものなし!(高所恐怖症だけど(^^ゞ)
よしこい!(←大丈夫?w)

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 02:28コメント(4)トラックバック(0)リアルライブ音楽 

2006年02月16日

本日は東小金井のハンギン・チャカ・アラウにてリアルライブです
お近くの方、お時間のある方、是非遊びに来てください

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:17コメント(0)トラックバック(0)リアルライブ音楽 

こんなものが届いた

小包
ポニーキャニオンショッピングクラブから・・・
ということは!?
外装
そう!
「がんばっていきまっしょい」
横箱
ん?裏にはこんなものが!?
箱裏
初回生産限定の松山第一高校校章&ボートオール付きストラップだw
さて、さっそく出してみましょう
CD出すところ
裏はこんな感じ
箱裏側
中には6枚のDVDがお行儀良く収められています
(1枚は特典DVD)
CD達
そして
平成十六年度
愛媛県立松山第一高等学校
卒業アルバム
卒業アルバム
中は悦ねぇたちの写真やロケ地マップ
アルバム内ロケ地マップ
こちらがストラップ
ストラップストラップ外

いやー、嬉しいですねぇ。
遂に届きました!
穴が空くくらい観ます

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!


waits2 at 00:15コメント(4)トラックバック(0)ドラマテレビ 

2006年02月15日

岡崎31回目で3位のタイムを出した岡崎(女子スピードスケート500m)。
さすがベテラン!貫禄だわ!
と大変感心していたのですが、2回目、下位選手がタイムを伸ばす中、岡崎は1回目と同タイムで4位に転落・・・惜しくもメダルに届かず
でも、朋美スマイルは健在でしたね。
次の1000メートルも頑張って欲しいものです。

昨晩、1回目は生で観戦したのだが、2回目は夢の中
目が覚めると男子フィギュアスケートが始まっていた。
高橋選手は一番最初の演技だったのでこれも見逃した
(ショートプログラム5位)

それにしても、メダルが遠い。
あのアテネのメダルラッシュはなんだったんだろう。
アスリートを育成強化する環境が整った成果だとか言われていたが、それはあくまで夏季選手だけ?!
否、そんなことはない。
日本のフィギュアスケート界は長い年月をかけて効果的な育成システムを構築し、その結果荒川静香を初めとする世界トップレベルの選手を次々と生み出している。
トリノ代表の3人は、いわばそのシステムの成果を確認するための第一派とも言われている。
ま、そんなことはいいから、とにかく頑張ってもらいたい。

ちなみに、我が家で一番頑張っているのは、テレビ
「こら!オン寝するな〜」と怒っていることだろうw
おっと、これを読まれると妻にも怒られる(^^ゞ
テレビはちゃんとオフタイマーにしてありましたm(_ _)m
オフタイマーになっていたのを明け方に起きてオンして、また寝ましたm(_ _)m

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 12:45コメント(2)トラックバック(0)オリンピックスポーツ 

中国代表

フィギュアスケート・ペアで中国代表ダン・ジャン&ハオ・ジャン組は4回転スロージャンプに失敗し、ハオ・ジャンは足を痛めてしまった。
途中棄権かと思いきや、しばし中断の後、演技を続行!
なんと銀メダルを獲得した!!
ガッツだねぇ。
去年の暮れ代々木競技場で生観戦したフィギュアスケート・グランプリファイナルにこのペアも出場していた。
男性の体格の良さが際立っていたのを覚えている。
そうそう、その時会場で「フィギュアスケート トリノ五輪完全ガイド」という特集雑誌を買ったのだが、この中に面白いデータが載っている。

中国代表データ


各選手の特徴を五角形で示す表なのだが、注目は項目。
「勝負強さ」「技術力」「ユニゾン」「表現力」はわかる。
いずれも勝負を左右する重要なエレメントだ。
なのに「服のセンス」??
別に採点には関係しないだろうに、堂々と一角をなしているw
ちなみにこのデータは銀メダルに輝いたダン・ジャン&ハオ・ジャンのものなのだが、この「服のセンス」が極端に低いw
代々木競技場で生観戦した時も少し「あれあれ?」というコスチュームではあったが、彼らが本領を発揮するのはエキシビジョン
たしか男性は半裸のターザンの様な格好だったと思う。
メダリストはエキシビジョンで滑るはずなのでお楽しみにw


ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:04コメント(3)トラックバック(0)オリンピックスポーツ 

2006年02月14日

及川選手の4位が最高位でしたね・・・残念。
1回目の順位は、及川4位、加藤11位、清水14位、長島15位。
全員が35秒台でまさに0コンマの世界。
世界記録保持者であっても勝てないのがオリンピックなのでしょうが、そう考えると、長野で当然のように勝った清水は本当に凄いですね。
ちなみに及川選手は所属クラブもないようなフリーの選手だそうですね。
その彼がこの大舞台で自己ベストを叩き出すとは!!
アッパレ!!!
もう一人、解説を務めていた堀井学さんにも「アッパレ!」をあげたいですね。
とっても感じが良かったです。

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 17:31コメント(1)トラックバック(0)オリンピックスポーツ 
女子ハーフパイプは3人が決勝に進出した!
メダルには届かなかったものの善戦でしょう!
感心、感心。
選手に感心したのはもちろんだが、アナウンサーにも感心した。
選手たちが繰り出す技の名前を次々に述べるではないか!
長野やソルトレークの頃に比べると格段に技の数や種類が豊富になっているのに、きっちり勉強しているのが感じられ好感が持てた。
採点競技だけに技の名前や解説はとても大切だ。
ただ、時々「スタイリッシュを前面に・・・」と言われると、ちょっぴり恥ずかしく感じるのは風太だけ?(^^ゞ

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:26コメント(4)トラックバック(0)オリンピックスポーツ 
「それでは高周波を当てますね」と言った直後だった。
「ギュルッーーーー」
『え!?さっそく?』と思った直後また
「ギュルルルルルーーーーー」
黙って目を閉じる風太。
幸い昨日は隣の席でおばあさんが治療を受けていて、その吸引音が鳴り響いていたので、聞こえない振りが自然にできた。
しかし、風太の耳はお嬢さんのお腹のすぐ前。
聴診器をしているがごとくよく聞こえる。
「グルルル・・・グルッルー」
続いて
「グルーーーッグルグル・・・」
『うそだろーー』←本気で驚く風太。
もう何も考えないで、数だけをカウントすることにした。
6・・・7・・・8・・・
「クルックルー」
9回!
ものの5分の間に9回も攻撃された。
最後の「クルックルー」は完全に一昨日の鳩の鳴き声だった。

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:20コメント(0)トラックバック(0)病院 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
5月23日(水)

7月27日(金)

★ワンマンライブ★
6月25日(月)


★広島凱旋ライブ2018★
8月24日(金)@LIVE JUKE

8月25日(土)@Antique


Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ