2005年06月03日

ffddb2a4.JPG吉祥寺東急の地下一階の食料品売り場で720mlの八海山に手を伸ばした時だった。
「あの、すみません、日本酒にお詳しいですか?」
「え!?ええ、まぁ(^^ゞ」(おいおい、自分で言うか!?)
「ちょっと教えていただきたいのですが・・・。
新庄のように白くて美しい歯。
妻夫木くんのように愛くるしい笑顔。
年の頃は二十歳ぐらいだろうか!?絵に描いたような好青年に話しかけられた。
「以前、先輩のところでこのお酒をごちそうになりまして・・・」
青年が指さしたのは麒麟山。新潟の美味しいお酒だ。
彼の話によると、以前その麒麟山をごちそうになった先輩のところに、今宵、
何人か集まるらしく、その先輩の舌を満足させる日本酒を用意したいのだが
果たしてどんなお酒がそれにふさわしいのかがわからない。
そこで、見知らぬ親切そうな人(本当は野蛮人であることを彼は知らない)に
アドバイスを求めたというわけだ。
「その麒麟山はとっても美味しいお酒ですから
 それに対抗するには、この一番上の段にあるお酒ですね」
さっき僕が手を伸ばしていた720mlの八海山をはじめ、
一升瓶の八海山(吟醸)や〆張鶴(純)が並んでいる。(いずれも新潟の酒)
「ちょっと値がはるけど、この八海山(吟醸)なら間違いないですよ」
「数人で割りますので大丈夫です!じゃ、これにします」(キッパリ)
「じゃ、僕もこれにしよう」と同じ八海山(吟醸)の一升瓶を手にする野蛮人。
「ありがとうございました」白い歯がキラリ☆
「いやー、爽やかな青年だった。男のわしが一瞬ときめいたわい」
「へー、そんなに格好良かったの?」野蛮人の妻。
「うん。しかし、高いのを薦めて悪かったかなぁ。
 で、もし、わしがレジを打ってたら、彼、驚くだろうなぁ」と越後屋(野蛮人)。
「逆に、彼がレジにいたらもっと驚くよね」越後屋の妻(おぬしも悪よのぉ)。
たしかに、720mlに手を伸ばした瞬間に話しかけ、一升瓶に変更させた彼の方が数段上手じゃ。

waits2 at 00:38コメント(0)トラックバック(0)私事 

2005年06月02日

昨日の「サブリミナル効果」話に正確でない部分があったようです。
ブログを読んだ妻が「違うよ」と。
コツコツと歩いていたのは「廊下」ではなく、
駅へと続くゆるやかな坂道だったらしい。
そして、視線を上げた先に見えたのは、リアルのハゲ頭ではなく、
会議室で自分の左斜め手前に座っていた『ハゲ頭』のフラッシュバックだったらしい。
いずれにしろ、サブリミナル!
「そのフラッシュバック映像が見えた時、何かきっかけがあっただろう!」刑事
「いえ、何も・・・」重要参考人
「そんなはずはない。よーく思い出すんだ!」刑事
「いえ、本当に何も・・・」重要参考人
「『ママ、あそこのベンチ、ペンキが「ハゲ」てるよー』と叫ぶ子供の声が聞こえたとか
 そんなようなことがあったんじゃないのか?!」刑事
「ありません!」重要参考人
「・・・・」刑事
「?」重要参考人
「zzzzz」刑事
「寝とんかい!」重要参考人

waits2 at 00:57コメント(0)トラックバック(0)私事 

2005年06月01日

賢明なる皆さんは「サブリミナル効果」という言葉をご存知ですよね?
辞書をめくると
「意識化に刺激を与えることで表れる効果。
 テレビやラジオなどに、知覚できない程度の速さや音量の広告を繰り返し挿入し、
 視聴者の購買意欲をますものなど」
とあります。
さて、この出来事は私の身の上に起こったものではありません。
私の妻の体験談?いや加害談?!です。
「定点撮影といっても、せっかくの桜並木の写真なのに、
 真冬の何も咲いていない『ハゲ坊主』の時期に撮影しているものがあったりと
 いい加減なものでして・・・」
上記は、とある会議における妻の発言である。
会議後、妻は妙な違和感を感じていた。
『花が咲いてない様子を伝えたいのなら、
 「寂しい」時期とか、もっと別の言い方もあるだろうに
 なんでまた『ハゲ坊主』なんて言葉を使ったのだろう・・・』
コツコツと廊下を歩く。
その日の会議はいつもの職場のものではない。
はじめてお会いする方ばかりだった。
『きっと緊張していたのだろう・・・』
と、視線を上げると目の前に『ハゲ頭』が揺れている。いや、歩いている。
どうやらその会議に出席していた人のようだ。
いや、それどころか、自分の目の前に座っていた人だ!!
滝のように流れ出る冷や汗。
「でもね、そんな人がいるなんてまったく知らなかったのよ。
 その人がいたのはわかってたけど、
 その人を『ハゲの人だな』なんて思ってもいなかったし・・・」
と笑いながら言い訳する妻。(僕に言い訳しても意味ないし)
間違いない!まさにサブリミナル効果!!

waits2 at 00:58コメント(0)トラックバック(0)私事 

2005年05月31日

まずは、「Net Radio」のページをのぞいて見てください。
もっとも、そちらを見ると、このブログが読めませんが(^^ゞ
どうですっ!
部屋に入るだけで音声が流れ(放送中のみ)るだけでなく、
チャット画面まで用意されいるではないか!!(自分で驚くな!)
しかもこのチャット画面、プリンさんとこと連動しているのです!(あちらに作った場合)
ォオオオオーーっ!(←どこへ走って行く?)
技術的にはイージーなことなのでしょうが、
やり方がわからない者にとってみれば、とてつもなく高いハードル!
というかというか、そもそもそんなことができるなんて・・・
いやー、それもこれも、mutiさんのご指導のおかげ!(オリゴではない)
ほんと感謝感謝感謝!
なお、Javaアプレットが不安定なのか、突然Explorerが終了することがあるようです。
現段階では対処のしようがありません。ご容赦ください(^^ゞ

waits2 at 00:58コメント(0)トラックバック(0)ネットライブ 

2005年05月30日

毎度毎度ご愛聴下さいまして、ありがとうございます。
今宵もまた楽しい時間を過ごすことができました。
来週も定刻通り行う予定ですので、よろしくお願いします。

waits2 at 00:59コメント(0)トラックバック(0)ネットライブ 

2005年05月29日

51dffcb4.JPG植え替えをした日日草。
いくつか育たなかったものもありますが、すくすくと育っています。
植え替えの際、良い土を加えたからか、新たに芽が出てきました。
同じ環境でも、育ち方は随分差があるものだ。
一番育っているのは、もしかして雑草なのでは?と少し怯えています(^^ゞ

waits2 at 00:08コメント(0)トラックバック(0)私事 
2127c28f.JPG吉祥寺の本屋ルーエ(ここのBGMはいつもビートルズ)で本を2冊買った。
こちらは旅する絵本作家サセック著によるThis is Irelandという絵本。
1964年に出版されたものが今回はじめて日本語翻訳出版されたものらしい。
他にもThis is New YorkやThis is LondonやThis is Parisなどが出版されている。
どうして他の本は「都市」なのに、アイルランドは「国」なの?
それだけ著するべき内容が少ないということか!?
ナンシー関さて、もう一冊はこちら。
「ナンシー関の記憶スケッチアカデミー2」
「2」からわかるようにこれは続編である。
この本の存在を教えてくれたのは、親子共々仲良くさせてもらっている○○家の方々。
「丸ちゃん、丸ちゃん、これ知ってる?」と言って一晩?一週間?(←えらい違いじゃ)
貸していただき、家に持ち帰って読んだのが最初で、いや、もう、笑った、笑った。
知らない方のためにどんな本なのか簡単に説明しよう。
編集・著は消しゴム版画で有名な故ナンシー関さん。
提示された「お題」の絵を記憶のみに頼って描くことを「記憶スケッチ」と定義し、
その作品を愛でながら「人間と記憶とは、そして絵心とは」などについて研究しているのが
「記憶スケッチアカデミー」で、その理事長を務めるのがナンシー関。
そして本書は、カタログ雑誌「通販生活」誌上で出された「お題」に対して投稿されてきた珠玉の作品群である。
僕は絵を描くのがとっても下手なので、
人様が描いた作品を見て笑う資格などこれっぽっちもないのだが、それでも笑ってしまう。
たとえば、「ニワトリ」というお題の場合、約2割が4本足だったそうです。
投稿者の年齢層は5歳から95歳と幅広い。
絵の下には作者の名前、年齢、職業が書かれているのだが、
作品を見ただけでは何歳の方の絵なのか推察できない。
そのぐらい凄い作品のオンパレードで、絵を見ただけで、ずっとひき笑いをしてしまう。
そしてまた作品に対するナンシー関のコメントが秀逸。
文章の上手さもさることながら、作品を鑑賞する視点の鋭さ、ユニークさに感服する。
買う前に本屋で立ち読みしてた時、彼女の文章のあまりの素晴らしさに、
「あははは、いやー、凄い、凄いわ!」と声に出して隣にいた妻に同意を求めたが、反応がない。
『あれ?』と思って横目で見ると、全然知らない人!!
何も言わずソーっと逃げていかれた(←丁寧語?受け身?)

waits2 at 00:04コメント(0)トラックバック(0)私事 

2005年05月28日

「私はずっとここにいたんだよ!」と看護師さんに詰め寄るおじいさん。
「2時間だよ、2時間。こんなに待たせられるのはおかしいよ」ともうカンカン。
今日はホルター心電図と超音波の検査結果を聞くために寄席に来た。
空の椅子を一つはさんで僕の隣に座る立腹じいさん。怒りで身体が震えている。
とそこに、『気持ちを楽にしましょう。話をしたり、動いたりしないでください・・・』という声が!
振り返ると鳥打ち帽子をかぶったおじいさんが血圧計に腕を突っ込でいる。
ゆったりとした電子ピアノのBGM。
声の正体は、自動血圧計の操作説明をするマシンの声だった。
『ダンディとはこういうものさ』と皮肉るかのように目を閉じている鳥打ち帽じいさん。
今度は笑いをこらえる僕の身体が震える。
他の患者さんを招き入れるアナウンスが聞こえるたびに立腹じいさんの眉間のしわが深くなる。
僕も不安になる。というのも、僕はたった今来たばかりだ。
万が一、立腹じいさんより先に呼ばれるようなことがあったら、立腹じいさん、発狂してしまうかもしれない。
「○○さん○○番にお入り下さい」というアナウンスの後、立腹じいさんが立ち上がる。
ホッとしたのも束の間、立腹じいさんが呼ばれたわけではないようだ。
テクテクと階段を下りて行く立腹じいさん。
『私はずっとここにいたんだよ!』という言葉が僕の頭の中でエコーする。
「おじいさん、あなた、ジッとしていませんからー!残念!」
さて、診断結果ですが、まったく問題がないらしく、原因不明・・・。
「じゃ、誘ってみるか」と呟く先生。
誘うとは、心臓に負荷を与えて、数値の変化を見るらしい。
ルームランナーのようなものの上で走るのだ。
あちゃー、ハツカネズミか・・・。
ちなみに、僕の予約は10時半で、診察が始まったのは12時30分過ぎだった。
あの立腹じいさん、8時半くらいから待っていたのか?!
もうちょっと我慢すれば良かったのに・・・やっぱり・・・残念!

waits2 at 00:10コメント(0)トラックバック(0)私事病院 

2005年05月27日

74cac9bd.JPG映画を観るために六本木ヒルズに出かけた。
吉祥寺でも上映しているけれど、今日は妻の誕生日、
「よーし、六本木ヒルズにでも行くか!」と車に飛び乗った。(ウソです)
お目当ての映画は「レモニー・スニケットの世にも不幸な物語
15時20分からの上映だ(ネットでチェック済み!)
が・・・ガーン・・やってない。
13時20分の回が本日の最終・・・(>_<)
「よーし、こうなったら森美術館に変更じゃ!」とエレベーターに飛び乗った。(怒られました←ウソです)
53階の展望フロアで東京を眺望
続いて報道ステーション(高知や島根では放送していない)のお天気お姉さん
市川さんがいないかと毛利庭園を散策(というほど広くない)
夕飯はトゥーランドット
お土産はロブションのケーキ
そういえば、美術館に行く前に突然こんな人が現れた!
やおら階段を駆け上ると手拍子を求めるボールマン
盛り上がったところで、でんぐり返りをはじめるボールマン(放浪記?or蒲田行進曲?)
とても日本人にはできない。
やっぱアメリカン?(外人といえばアメリカ人<田舎者の発想)
さて、帰りの車中でラジオを点けると、野球の実況アナが、「カウントはワンストライク、ツーボーレ」。
!!「ボール」を「ボーレ」と言うだけで、一気にヨーロピアンな香りが!
ボールマンもボーレマンだったかも?
それにしても、今日の「タイガー&ドラゴン」は面白かった!!

waits2 at 00:55コメント(0)トラックバック(0)街散策 

2005年05月26日

「内視鏡検査の時に申し上げたように、問題はないですね。
 後は循環器系の方の診断結果をお待ち下さい。
 ということで、消化器系は卒業ということですね」と先生。
「はい。ありがとうございました。あの・・卒業証書はいただけるんでしょうか?」
(^^ゞ

waits2 at 00:57コメント(0)トラックバック(0)私事病院 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年8月24日(木)

秋のSpecial LIVE!
2017年9月14日(木)

マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ