2006年01月27日

革ひもこんなものを見つけた。
家の中でである。
顔を近づけてよーく見てみると、革製のひもの切れ端の様だ。
なんでこんなものが?!
我が家にこんなものはない!
一体どこから紛れ込んできたのだ!
てんとう虫なら迷い込むこともあるかもしれないが、
こんな非生物がノコノコ歩いてくるわけがない!
一体何なんだ!?
いくら考えても分からないので放っておいた。
           
ところで、我が家は毎朝紅茶を飲む。
ティーサーバーを直接食卓の上には置けないので、ティーマットを敷く。
そのティーマットの下にさらに鍋敷きを敷く。
少しユニークな鍋敷きで、どんな鍋敷きかというと、こんなだ。
あれ?壊れてる。
革ひもが切れてしまったのだ。
革ひも?
これじゃん

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:07コメント(0)トラックバック(0)生活 

2006年01月26日

アイリッシュティ風太のアイルランド好きを知っている妻が吉祥寺ロンロンで買ってきてくれた。
アイリッシュ・ブレークファースト・ティ
へー、しかし、紅茶といえば、英国だろうに。
アイリッシュを前面に押し出すメリットはあるのか?
風太のようなアイルランド好きの日本人はそうはいないぞ??
ま、それはいいとして。
箱を見ると「この製品の情報サイトへアクセスしよう!!」とある。
さっそくトップページにアクセスし、「製造情報アクセス」のページへ。
箱に印刻さている固有の「製造コード」(買ったのは「N205 119 5」でした)を入力し、「ACCESS!!」をクリック。
すると、こんなページが現れた。
なるほど、よく野菜の包装紙に「私が作りました」と生産者の写真が載ってる、あれと同じだな。
『もしかして、どの製造コードを入力しても同じ人の写真が出るのでは?』
そう思った風太は、HPにサンプルとしてある「N206 119 5」と入力してみた。
すると、おんなじじゃん
ん?かろうじて製造ラインは異なる様だが、それはページにアクセスしなくても、製造コードを見ればわかるしw
試しに、適当な数値を入力してみた。
どうやらNからはじまる3桁はライン、中央の3桁は日付に連動しているようだ。
最後の「5」を「4」にすると、「現在使われておりません」と出た。
ふーむ、では、「N206 119 6」と入力してみた。
すると!!でた!「未来じゃん
未来であろうとおっちゃんは同じじゃ!
あ、ちなみに、今日の応援缶は、こちら(爆)

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 01:06コメント(4)トラックバック(0)生活応援缶 
85位81位←こちらは一昨日の夜中のランキング。
あちらは昨夜のランキング→
相変わらず後塵を拝しておりますw

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 01:03コメント(2)トラックバック(0)インターネット 

2006年01月25日

スターガール皆さんは「スターガール」という本をご存知でしょうか?
風太が読んだのは随分前なんだけど、ふとしたことで再び手に取りつらつらっと読むことになった。
スターつながりということで、以前行ったことのある「リトル・スター・レストラン」へ行って続きを読むことにした。
(このリトル・スター・レストランは、PC持ち込みOKで、無線LANも使えて、お願いすれば電源までサプライしてもらえる(ティタイムのみ)というのでずっと来たかったのだ)
やっぱり面白い!
リトル・スター・レストランじゃなくて、スターガールね。
ここ数年間で読んだヤングアダルト小説の中でピカイチだわ
イメージ抜粋
「あの子には、もう会った?」
舞台はマイカ・エリア・ハイスクール。
「あの子」とは、「スターガール・キャラウェイ」
靴まですっぽり隠れる生成の白のロングドレス。
髪は砂の色。肩にかかっている。
背中にはウクレレ。
彼女が歩くとランチルーム中が死んだように静かになった。
「あの子、一年生だってさ。今まで学校に来ないで、家で勉強をしてたらしい」
サンドイッチを食べ終わった彼女は、突然立ち上がり、テーブルの間をぬうように歩き、ときどきポーズをとったり、クルッと回ってみせたりしながら、ウクレレをかきならし歌い始める。
すごい美人というわけではない。そばかす顔で百人並だ。
ただし、ふたつの点でほかの子とぜんぜんちがっていた。
一つはまったく化粧をしていないこと。
もうひとつは、これまで見たことがないほど大きな瞳。
彼女はなんのジョークもないときに笑い、音楽のないときに踊った。
彼女は学校でいちばんフレンドリーな人間なのに、友だちはひとりもできなかった。
僕は、毎晩、月が窓を横切るのを見つめながら彼女のことを考えていた。

著者:ジェリー・スピネッリ(Jerry Spinelli)
訳:千葉茂樹
全米書店員が選ぶ「2000年いちばん好きだった小説」に輝いた。
映画化されると聞いたんだけど、まだなのかなぁ?
この原作を上回るということはあり得ないだろうけど、絶対観る!!

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:36コメント(2)トラックバック(0) 

2006年01月24日

缶組体操毎度、御愛聴いただき、ありがとうございました。
昨晩のネットライブは大いに盛り上がりましたね。
ご覧のように応援缶ピラミッドをご覧いただきながらの放送でした。
(ちゃっかり安藤美姫が1つ増えてるし(^^ゞ)
(2缶未開封(^^ゞ)
また、ネットラジオのページにブログランキング用のアイコンをご用意させていただきましたw
(ブログじゃないのに〜!)
ライブ中継開始時点でのランキングは104位。
約90分間の放送時間中、3回ほど順位が更新されました。
30分後、82位に急上昇!
60分後79位、
90分後78位に上昇しました〜
いやー、凄かったですねぇ。
一方、週間クリック数はというと、104位の時は230。
放送終了時は80増で310でした。
わずか90分で80クリック?!
一人1クリックしかカウントされないはずなのに、どうして80も??
ネットライブに参加してくださった人数は、せいぜい延べで40人くらいじゃないかと思うのですが、にもかかわらず80クリックも増えるとは・・・
ん?まさか利益環流システム?!
そういえば、ライバルが登場しましたねぇ。
「かめ日記」!
風太82位の時、「かめ日記」は81位。
放送時間中、凄まじいデッドヒートを繰り広げましたが(完全な独り相撲ですがw)、党からの裏切り者続出により、風太は常に「かめ日記」の後塵を拝することとなりました(爆)
来週もよろしくお願いします!
放送終了時のランキング↓
78位サムネイル付き

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:28コメント(0)トラックバック(0)ネットライブ応援缶 

2006年01月23日

説明書弱音器さて、左手の写真。
一体これは何でしょう?
ほう!わかったあなたは、弦楽器奏者に違いない!
そうです、これは弱音器です。
弱音器とは、主に弦楽器が発する音量を抑えるための器具です。
夜中でも生ギターを演奏できるよう購入した次第でございます。
525円ととても安価なものなので、その効果のほどに問題があったとしても痛手は少ないということで買ったのだが、やはり寂しい音がしました(^^ゞ
ま、それはともかく、実は見ていただきたいのは右の説明書の方。
まず、ギターを抱えている女性。
とてもギターを弾きそうには見えない。
弱音器だけに気の弱そうな女性を選んだのか?
そしてこちらはアップにしないと読めないのだが、「スターカット」と書いてある。
風太が知る限り「スタッカート」のはず。
ま、それも良しとして、もう1つ!
彼女が持っているギターをよーく見てもらいたい
いかがでしょう?
はい、赤どうぞ!
結構!(←児玉清風)
説明書裏そう、このギターにはサウンドホールが2つあるのです!!
サウンドホール?あ、穴ですね。
音を共鳴させるために本体にある穴のことです。
ね、2つあるでしょう。
説明書の裏を見ると、魅力的なうたい文句があった。
「ギターの穴は一つ。まだそう思っているなら、キミはそうとうオクレているギターの穴は二つ、もう常識だ」
スゲーッ、いつの時代か知らないが(おそらく70年代以前)、かなり進んでいる。
しかし、未だかつてWホールギターなんぞ風太はお見にかかったことはない。
かなりオクレてるようだ。

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:42コメント(5)トラックバック(0)音楽 
帽子またしても冬の落とし物。
今回は帽子。
宙に浮いているわけではない。
コンセントを覆う蓋を90度に起こし、その上に置かれていた。
全然汚れてないので切ない感じは皆無。
きっと持ち主がそっと持ち帰ることだろう。
しかしあんまりきれいだと、持ち主じゃない方が持ち去るかも?w

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:39コメント(0)トラックバック(0)生活 

2006年01月22日

小川昨日、東京は大雪に見舞われました。
のろのろ運転の車列の中、スタッドレスタイヤの風太は颯爽と床屋へ
さて、本日の話題、まずは天気:
「この冬、鹿児島まで雪が降ったらしいですから文句は言えませんよねぇ」
続いての話題は、茶道:
(長年通っているが、ご主人がお茶を習ってたとは!?)
「やはり利休は偉大な人ですねぇ」
続いては病気:
(数年前、奥さんは肘の辺りの神経を痛め手術をしたことがあるらしい)
「健康が一番ですよねぇ」
最後は行ってみたいところ:
(この冬、友人がオーロラを見に行くらしいんですよとふると)
「私はナイアガラの滝を見てみたいんですよ」と奥さん。
午後3時から切り始め、終わった頃には4時半を過ぎていた。
色を染めるわけでもなければ、パーマをかけるわけでもないのに優に1時間半以上。
普段は50分くらいで終わるのに、風太以外にお客がいないからか、ご主人と奥さんは風太を奪いあわんばかりに浮世床三昧。
粗忽者の風太は年にせいぜい3、4回しか床屋へは行かない。
しかしそこは10年以上のおつき合い。
外は雪でも、床屋の中はあったけぇ江戸人情が・・・かーっ嬉しいねぇ。
「どうもありがとうございました。丸山様」
「・・・丸本です

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:29コメント(3)トラックバック(0)生活 

2006年01月21日

1980ブルースハープネットサーフィンをしていたらこんなものを見つけた。
演劇集団「THE・ガジラ」が1991年に上演した「1980年のブルースハープ」という芝居のチラシだ。見つけたサイトはこちら
何を隠そう、このブルースハープを吹いているのは、若き日の風太である(^^ゞ
もっともどんなに目を凝らしても誰かわからないがw
どうして風太がこんなチラシのモデルになったかというと、実は「THE・ガジラ」の脚本家兼演出家である鐘下辰夫氏と風太は、当時アルバイト先が一緒で仕事の合間に将来の夢を語り合った仲なのでした。
彼は演劇、風太は音楽と、まさに「下北」という感じ。
風太は相変わらず鳴かず飛ばずの酔いどれ歌唄いに過ぎないが(^^ゞ、鐘下氏はというと、脚本家・演出家としてズンズングングン名を馳せてきている。
ちょうど今も「クラウディアからの手紙」という芝居を上演している様だ。
なになに出演者は・・・斉藤由貴、高橋恵子!?超メジャーじゃん、みたいな。
彼自身が表舞台に出る機会はあまりないかもしれないが、演劇界ではその人ありという存在になってきている様だ。
嬉しいねぇ。
風太も頑張らんといけんねぇ!ショイ!
最後に一緒に飲んだのは、かれこれ5年くらい前だろうか?
お互い飲み始めるとただの酔っぱらいの親父になるのだが、やはりジャンルは違えども同じ「創る」ことをする人間なので話すのがとても楽しい。
というか、別ジャンルだからこそ楽しかったのだろう。
またいつか飲みたいものだ。

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:48コメント(0)トラックバック(0)友達 
手袋昨年、靴下の落とし物を見つけたが、やはり冬の風物詩の本家本元は手袋!
しかも片方だけというのがポイント。
「せつなさ」がグッとアップする(笑)
そういえば、昔は子供用の手袋ってひもでつながっていたような・・・。
あれは、「無くさないように」との配慮だったんだろうなぁ。
もしくは、「どうせ無くすなら両方無くせ!」だったりして?w

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:43コメント(0)トラックバック(0)生活 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
秋のスペシャルライブ
9月26日(水)

10月24日(水)

11月22日(木)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ