2017年09月28日

友人から快気内祝が届いた

写真 2017-09-28 23 23 19写真 2017-09-28 23 23 19 (1)

八天堂
広島は三原のお菓子スイーツパンだ。
実はこの夏、広島に帰省した時、帰りの新幹線に乗る直前に駅構内で買って食べたのが初めてだった。
今回、いただいたのはプレミアムフローズンシリーズ(冷凍もの)で、常温ではなく冷蔵庫の中で24時間かけて解凍し、食すようだ。
こりゃ楽しみだ!
しんちゃん、ありがとう&おめでとう!

waits2 at 23:44コメント(0)プレゼント友達 

2017年09月27日

『蜂蜜と遠雷』を読了。
楽しく読ませていただいた。
honey恩田陸さんの作品で初めて読んだのは「夜のピクニック」。映画化もされ、作品として面白かったかったが、今回は作家としての文章力、表現力が圧巻だった。
舞台はとあるピアノコンクール。
個性豊かなピアニストたちの演奏を、これでもかとばかりに言葉で描写しまくっている。
こういった作品、つまり音楽を扱った作品は、漫画だと結構ある。
漫画の場合、奏でられている音楽がどんな風に素晴らしいかは、演奏者や観客の様子を描くことで伝えられる。
しかし、小説の場合、絵がなく本当に言葉だけなので、観客の驚愕の表情を描写したところでどんな音かは伝えられない。
では、どうやって?
それは読んでのお楽しみ?
なんとなく、すぐにでも映画化できそうな作品に思えるが、いやいや、逆に実際に音が鳴らせる映画の方が、この小説の中の演奏の素晴らしさを伝えることはできないだろう。
読者の頭の中で鳴り響いている音は、音階やメロディではなく、著者が言葉で描画した景色なので、これを超える実際の音源や演奏を用意することは不可能だ。
恩田さん、言葉の魔術師として、その実力を思う存分見せつけてくれてはいるのだが....ええっとですね....正直なことを申しますと.....ちょっと、恥ずかしいのです
「恥ずかしい?何が」
はい、何というか、少女漫画っぽい恥ずかしさ、があるのです
「これは少女漫画なのだ」と思って読めば、あっという間にその世界に浸れるでしょう!
(やっぱ漫画なのか

waits2 at 23:49コメント(0)音楽 

2017年09月26日

新潟の自分土産はこれ。
ツルノトモ「譴陵А廖
越乃寒梅がお手本にしたお酒だとか。
(嘘か本当か知らないが^^)
久しぶりに呑んだが、記憶より日本酒っぽい。
お燗した方が美味しいかも!?

waits2 at 00:16コメント(0)お酒新潟 

2017年09月25日

この前の土曜日に訪れた代々木上原の本屋さんで、「オール読物」を買った。
shrink-2特集が「向田邦子への憧憬」だったからだ。
本屋は出会いの場。
こっちとは関係のない秩序で本をアピールしてくれる。
ちょっと酔っていたせいもあるが、ブラッと入って速攻で勝った。
そうそう、今、朝ドラの「ひよっこ」に菅野美穂が川本世津子という女優役で出演しているが、これが向田邦子さんに良く似ているのだ。
以前から菅野美穂と似ているとは思っていたが、今回はNHKの演出家が意図的に似せようとしているんじゃないかと思うくらい似ている。
世津子という名前から、モデルは、原節子との噂もあるが、時代的にズレがあるし、岸惠子や八千草薫という説もあるが、我が家ではもっぱら"向田邦子モデル説"が幅を利かせている。
もっとも向田邦子さんは女優ではないが
shrink-1kanno

向田邦子さんが被っている帽子と良く似たものを先々週だかに菅野美穂が被っていた回があったのだが...
単にあの頃流行っていたからではなく、向田邦子さんが被っていたのと似ているものを用意したに違いない!と我が家ではもっぱら

waits2 at 00:06コメント(0)ドラマ 

2017年09月24日

今日はお友達の個展を見に行った。
会場は巣鴨にあるXYZ collectiveというギャラリー
sugamo2017-09-24 14 44 30sugamo2017-09-24 14 45 39

sugamo2017-09-24 14 45 45sugamo2017-09-24 14 46 06

sugamo2017-09-24 14 45 51sugamo2017-09-24 14 46 00

残念ながら、ご本人はいらっしゃいませんでした。
作品について、色々と解説をお聴きしたかったなぁ。
芸術って、大切だなと思う。
一瞬にして非日常に連れて行ってくれるのがいい。
言葉を使わない哲学というか、そういったものが人間には必要であり、そういったものが人という生き物を人間にしてくれる。

個展と言っても、ライブで言うところのワンマンではなく、他のアーティストの作品も展示されている対バンライブでした。
こういった機会でもなければ、まだ有名になる前のアーティストの方々の作品を目にすることはなかなかない。
どなたかの作品で、4枚の絵のそれぞれに次のような言葉が書かれているものがあった(「言葉を使わない哲学」とか言っておいて、言葉を使った作品について書くヤツ^^)

A good(1枚目)
man is(2枚目)
hard(3枚目)

ここまで読むと、4枚目にどんな言葉が来るのか、とても楽しみだ!
普通に考えると、

to live

とか、そういった言葉が浮かぶが、それでは面白くない。
さ、その作者は、どんな言葉を書いていたかと言うと!

to find.

でした
sugamo2017-09-24 14 32 34思わず僕は笑ってしまいました。
その作家さん、おそらく若い女性
そう、この"man"は「人間」ではなく「男」です
つまり、
「善人は....」
ではなく、
「イイ男って、いないよね」

おっと、若い女性とは限らないか。
ここ「おばあちゃんの原宿」と言われる巣鴨じゃもんね
それはそれで味わいあり

waits2 at 18:34コメント(0)美術友達 

2017年09月23日

久しぶりに代々木上原へ行った。
車で通過したり、乗り換えでホームへ降りたりすることはあるが、駅を降りて街を歩いたのは、本当に何年振りだろう。
yoyogiuehara-01yoyogiuehara-02

車ではなく、電車で行ったということは、お酒を飲むだろうから。
そう、夕飯をいただきに、駅の目の前にある「中戸川」というお店へ行った。
yoyogiuehara-10yoyogiuehara-11
yoyogiuehara-13yoyogiuehara-14
yoyogiuehara-16yoyogiuehara-17
yoyogiuehara-19yoyogiuehara-20
yoyogiuehara-21yoyogiuehara-22
yoyogiuehara-23yoyogiuehara-18

イタリアンと和食が楽しめるちょっと変わった趣向のお店。
人気店なので難しいだろうと思ったが、運良く予約が入れられた。
お客様の雰囲気を含め、代々木上原だった。
妻は30年前の上京したばかりの頃、代々木上原に住んでいた。
その頃からある駅前の本屋は今も健在だった。
ここは僕も知っている。
yoyogiuehara-26yoyogiuehara-27
1986年から1995年まで、僕が住んでいた下北沢駅で井の頭線に乗り換え帰宅。
ついこの前の気がしているが、随分昔なんだなぁ。

waits2 at 22:17コメント(0)お店グルメ 

2017年09月22日

自分は滅多に自分の衣服を買わない。
IMG_0706妻に言われたら買うだけで、自ら洋服店に入るようなことはまずない。
そんな僕だか、この前、新潟のビルボードプレイスという洋服のテナントが沢山入ったビルに行った時、妻と義母を先に車から降ろし、自分だけ車を駐車場に停めに行ったので、しばらく別行動になった。
その時、"OVERRIDE"という帽子屋が目に入り、なぜかブラリ入ってみると、お気に入りの帽子を見つけた。
しかしながら、ピッタリのサイズがなかったので諦めようと思ったら、感じの良い店員さんが、おでこにあたる部分に貼る着脱可能な調節ベルトを奨めてくれた。それを使うとピッタリになったので、買うことにした。
決断まで、ものの10分。
東京ではない出てこない積極性が、なぜか新潟だと出る。
何故?
きっと、店員さんが優しいんだと思う。

IMG_0718

waits2 at 23:20コメント(0)ショッピング新潟 

2017年09月21日

昨日のEd Sheeranの続き。
IMG_1848彼の曲に"Galway Girl"と言うのがある。
最新アルバム"Divide"に収録されているお気に入りの曲で、この前の新潟↔東京往復ドライブの時も聴きまくっていた。
エド・シーランは英国人ではあるものの、多分にアイリッシュの香りを感じていたので、この曲のタイトルを見た時、「やっぱり!」と思った。
"Galway"とは、アイルランドの西側にある市の名前で、ダブリンの次に大きな街だ。
たしか、「リンチにしたれい!」のリンチは、ゴールウェイの市長の名前。
写真は、元リンチ家の邸宅で、今は銀行となっている。
また、アラン島への玄関口でもあるので、2010年にアイルランドを訪れた時、この街にあるとても可愛いB&Bに宿泊した。この宿は、2007年から2010年までBest in Irelandの称号を連続して受賞し、アイルランドで一番美味しい朝食を提供する宿として、日本の「旅」という雑誌で紹介されていた。

IMG_1778IMG_1789

IMG_1772その記事を妻が読み、日本から予約をして宿泊したのだが、その雑誌がキッチンに置かれていた。
『これを見てここに決めたんですよ』と宿のオーナーとお話した
オーナーと言っても当時まだ30代そこそこの可愛い女性で、24歳くらいの時に『B&Bをやろう』と一念発起し、宿の評判を押し上げた朝食は、彼女が全て一人で作ってきた。
ここの朝食がなぜ高く評価されているかと言うと、美味しくて、見た目も美しいというのもあるが、とにかく献立がユニークで、簡単には真似できない品揃えだった。
一般的に英国やアイルランドの朝食と言えば「フルブレイクファースト」を思い浮かべるが彼女の朝食は全然違って、こんな感じなのだ。
IMG_1809IMG_1811

IMG_1812IMG_1810

IMG_1816IMG_1820

IMG_1818IMG_1821

IMG_1826IMG_1828

IMG_1819IMG_1815

独特ですよね。
朝の忙しい時間に、作っているところを見学させてもらい、迷惑をかけた^ ^
日々挑戦し続ける彼女は、毎週?いや毎日だったかな?何かしら新しい一品を提供していると言っていた記憶がある。
凄いよなぁ。

IMG_1776IMG_1764

IMG_1795P9131185
部屋の窓からの景色はこんな感じ。
P9141207この景色、覚えておいてくださいね
さて、先に触れたEd Sheeranの"Galway Girl"ですが、とても可愛くて、クールな曲です。
こちらがそのオフィシャルのミュージックビデオです!
お楽しみあれ!




どうでしたか?
最後、エド・シーランが目を覚まし、Galway Girlと一緒に窓から見渡した景色、見覚えがありませんか?
goalheron

そうなんです!
このロケ地、僕らが宿泊したB&Bだったのです!
僕らが宿泊した部屋は、最上階ではなくエドらがいた真下の部屋ですが、まさにあの宿でした!
このPVを見つけたのは妻で、何気なく見ていて、最後に映し出されたシーンに大興奮したらしく、僕に『兎に角観て!』と言うので僕も見て、大興奮でした!!
エドもあの美味しい朝食を食べたのかな?
いや、スタッフが大勢いただろうから、別の大きなホテルに宿泊したんだろうなぁ^ ^(Who knows?)
IMG_1788宿の名前は、"The Heron's Rest"
宿泊した部屋は左手の青い建物で、宿の受付と朝食を食べたのは、右隣の隣の薄い青い建物だった。
何気に、扉の左手と上に貼られているメダル(前出の写真)、僕が行った時からさらに増えています。
おそらく、毎年、受賞し続けているのではないかと!?
あー、懐かしいなぁ。
また、行きたいなぁ。

waits2 at 23:54コメント(0)愛蘭土旅行YouTube 

2017年09月20日

来月末にEd Sheeranがやって来る。
大阪城ホールと武道館でやるようだ。
エド・シーランのライブを初めて見たのは、2014年8月8日で会場は新木場にあるStudio Coastだった。
3年前でも既に世界では大スターだったエドだが、日本ではもう一つだったので、まだあの会場で大丈夫だったが、さすがに今では日本でも有名になったので、会場もメジャー級に格上げ。
今回、来日を知ったのが遅かったので、今だと、法外な代金のチケットしか手に入れられない。
例えば、こんな感じ:

IMG_0746IMG_0747

SS席は売り切れのようだ。
本来の価格はこちら:

IMG_07485万円のチケットなんて買う気はない。
可能性があるとしたらB席だが、これもねぇ、元々8千円と知ると、馬鹿みたいな気がしてくる。
というか、そもそも、これって違法行為じゃないの?
これとダフ屋の違いは何なの?
そもそも、「本当は行きたいんだけど、どうしても行けなくなったので、よろしければ買ってもらえませんか?」というケース以外、転売なんかしちゃいけんじゃろう
で、その転売価格は、原価以下でなければ法的に許されないようにすべき!
言うまでもなく、野球のチケットもね!
ほんと、法律を作っている方々、誰か本気で取り組んでみてーやねぇ。

waits2 at 23:52コメント(0)コンサート海外 

2017年09月19日

新潟から帰京する前の晩、義理の兄夫婦に焼き鳥屋さんに連れて行ってもらった。
「焼き鳥屋」というので、吉祥寺の「いせや」を想像していたら、とんでもなかった。
や、もう、オシャレな焼き鳥屋さんだった。
IMG_0719IMG_0720

IMG_0722IMG_0723

IMG_0724IMG_0725

IMG_0726IMG_0727

IMG_0728IMG_0729

IMG_0730IMG_0731

IMG_0733IMG_0732

IMG_0734IMG_0735

IMG_0736どれも本当に、とてつもなく美味しかった。
コースとは別にオーダーした「古田名物トリュフご飯」、これがまたとんでもなく美味しかった
お店の名前は、「古田」。
住所は中央区西堀前通8番町1515-2のデイアーズビル1F
ま、ま、また行きたい

waits2 at 23:12コメント(0)新潟お店 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)

年末Special LIVE!
2017年12月19日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ