2017年04月25日

昨晩は、吉祥寺Manda-la2にて、マンスリーライブでした!
ご来場くださいました皆様、ありがとうございました
早速、こちらが昨晩のセットリストです:

IMG_3383
1. まわっているのは
2. ゆやゆよん
3. 優しい人には敵わない
4.The Water Is Wide(CS)
5. トマトスープ
6. C’EST LA VIE
7. Ding-Dong(新曲)

恒例のセルフ解説

1. まわっているのは
一曲目にこの曲をやったのは、2014年の8月以来ですが、イントロが始まった直後、会場がザワつき始めました
この曲は、サビで赤いスカーフがクルクル回るのが恒例となっています。回すのは僕のお客様だけでなく、対バンのお客様も巻き込みます。つまり、お願いをするわけですが、これは大変勇気が要ります!と言っても、僕がお願いするわけではありません。常連様の「お」様です僕がこの曲を演奏するかどうか、「お」様は知りません。なので、毎回、スカーフをご持参してくださっているようですが、不発のことも多々ありますただ、この曲を演奏するのは、ライブの終盤が多いので、その頃にはお願いをする覚悟も固まり、またお願いされる対バンのお客様もそれに応じやすい空気が出来上がっていたりします。しかし、昨晩は一曲目だったので、大変戸惑ったようで、その動揺がステージにも伝わってきたのでした
『どうすべきか...』「お」様も自分だけでは判断しきれなかったようで、他の常連様と相談し、「今回は見送ろう」という結論に至ったようです
僕と大ちゃんはステージの上から、微笑ましいその動揺した空気を感じながら演奏を続けました
それにしても、昨晩の大ちゃんのピアノ、一曲目から素晴らしかったですね
もちろん、いつもいつも凄いのですが、さらにでした
大変気持ち良く歌わせてもらいました

2. ゆやゆよん
2月に初披露したこの曲。3月のスペシャルライブに続いて、今月も歌いました。
3回目ということで歌い慣れてきたのではないかと思いますが、正直、まだ、僕の中では初日が出ていません
と言っても、そこまで悪い出来ではなかったのですよ
ただ、もっともっとよくなるはずなので、貪欲にいきたいと思っています

3. 優しい人には敵わない
メドレーで
この曲は僕のミュートカッティングと大ちゃんのピアノの絡みが楽しい曲です。
昨晩は特に楽しかった
なので、前奏やブリッジを長めにやらせてもらいました
しかし!曲中、僕はコードを間違えまくってしまい猛省しております
サビで「それはもったいない!もったいない!」と歌うのですが、昨晩は完全に自分に向かって歌ってました

P42400244.The Water Is Wide(CS)
4回目を迎えるCover Songsコーナー。
今回はスコットランド民謡「悲しみの水辺」を大ちゃんが選んでくれました。
誰もが耳にしたことがある、美しい曲です。
で、ここで、正直な気持ちを言わせてもらうと:
「もっと、もっと、もっと、ええ感じで歌えるはずだったのにorz
原因は、"気負い"でしょう
自分でも分かっていたので、ピアノ間奏後の3番と4番はリラックスを心がけて歌いました。しかし、それでも、本来描こうとしていたものには及びませんでした
実はリハの時から、力みの兆候があったのは分かっていたので、心配だったのですが....
ここのところよく口ずさんでいて、メロディもしっかり自分の中で馴染んできていただけに、悔しい。
せっかく大ちゃんがこんな良い曲を選んでくれたのに、応えられなくて申し訳ない...いつかリベンジせねば!

5. トマトスープ
メドレーで
前の曲の自分の不甲斐なさを払拭するため、この曲はとにかく"入り込む"ことに専念しました。
入魂!
お陰様で、この曲はなんとか面目を果たすことができたのではないかと思います。

6. C’EST LA VIE
恒例のコール&レスポンスをいただきました
ありがたや、ありがたや
返す返すも、この曲の「コール&レスポンス」を提唱してくれたまっちゃんに感謝じゃね!

bigben7. Ding-Dong(新曲)
今月の新曲でございます。
"Ding-Dong"とは、もちろん、鐘の音です。
ジョージ・ハリスンの曲をはじめ、同名の曲は数多くあるだけに、このタイトルにするかどうか迷ったのですが、詞の内容からすると、どう考えてもこれしかないので素直にいきました。
ビッグベンが奏でる、誰もが知っているあのメロディ(学校のチャイムのキンコンカンコン)を前奏に使いました。
コード進行は新たに作ったものなので、初めて聴くと違和感を感じるかと思いますが、そこは狙い通りだったかと思います
アレンジで、ナイスなアイデアを大ちゃんがたくさん出してくれたので、とてもいい感じに仕上げることができました!
初披露の時は、通常、やり切ることで精一杯なのですが、今回は楽しんで演奏することができました
歌詞抜粋:

 窓の外は春時雨
 南風が運ぶよ
 絶滅危惧の生き物たち
 どこかで雨宿りしている
 Ding-Dong 鐘が鳴るよ 高らかに
 Ding-Dong 胸の鼓動 何度でも

この曲が生まれた背景には、知の巨人"南方熊楠"があります
彼は、英国に留学していたことがあるので、間違いなくビッグベンの音も耳にしていたことでしょう。
2番は、僕が学生の頃に知り合った、英国とコステロが大好きな友人を思って書きました。
彼との再会の予感をモチーフに、人との"出会い"を鐘の音に重ねました。
3番は、日常の中に隠れている奇跡の発見。気付いた瞬間、鐘が鳴ります。
ちゃんと気付ける力を持ちたいものです。
といった内容の曲でしたが、なかなか好評でした!
嬉しいなぁ
これから回を重ねるごとにさらに良くなっていくのではないかと思います
既に今から、次回演奏するのが楽しみです
以上、昨晩のセルフリポートでした。

さてさて、ここでお知らせがあります
IMG_0371来月5月はマンスリーの対バンライブですが、6月は毎年恒例となっているワンマンライブを開催いたします!
僕と大ちゃんで初めてワンマンライブをやったのは2012年の6月29日ですが(右の写真はその時のものです。昨晩と同じシャツ着てるし)、僕と大ちゃんが初めてライブをやったのは2007年でした。
そう、今からちょうど10年前になります。
ということで、今年のワンマンライブは、"10th Anniversary LIVE"として賑々しく開催させていただきたいと思っております
最初の頃は、年2、3回というスローなペースでしたが、2011年7月からはマンスリーでやるようになりました。
僕がソロでやっていた頃から"マンダラ2でやる時は必ず新曲を発表する!"と自らに課してきたノルマですがマンスリーでやるようになってからもずっと続けております!
それもこれも前日、いや、当日まで忍耐強く待ってくれて、秀逸なアイデアでもって曲を仕上げてくれる大ちゃんのお陰でございます
改めて、感謝&感謝
また、今までライブを続けてこられたのは、集客力がないにも関わらずこれまた忍耐強く毎月ブッキングしてくださったMandaーla2のスタッフの皆様のお陰でございます
そして何より、何度も会場に足を運んでくださった大変殊勝で、大変貴重なお客様のお陰でございます
ありがとうございます
永年にわたる皆々様のご愛顧にお応えできるような良い企画はないかと現在思案しております。
もし、何かしら良いアイデアがございましたら、是非ともご一報くださいませ!

ということで、次回ライブは
5月19日(金)
ワンマンライブは
6月16日(金)
です。
よろしくお願いします

waits2 at 19:57コメント(2)トラックバック(0)ライブ感想 

2017年04月24日

Man2   4月24日(月)
会場:吉祥寺Manda-la2
開場:18:30〜
開演:19:30〜
チャージ:2,200円+drink
出演:丸本達也(Vo&G)
  :竹内大輔(Pf)

今日はマンスリーの対バンライブです。
僕たちの出番は3番目なので、スタートは21時少し前くらいかと思われます。
新曲も、なんとか間に合わせました
また、大ちゃんが選んでくれた今月の"CS"(Cover Songsコーナー)も、自分の歌い方ができるようになりました
もちろん、まだ大ちゃんと合わせていませんが、とても楽しみです
先月は又吉くんとの"春のSpecial LIVE"で大いに盛り上がりましたが、マンスリーの対バンライブもこれまたならではの味わいがございます!
ご都合のよろしい方、悪い方是非、是非、遊びにいらしてください!

waits2 at 00:16コメント(0)トラックバック(0)ライブ告知 

2017年04月23日

IMG_9650吉祥寺の山野楽器ロックイン吉祥寺の2階が、アコースティックギターとウクレレ専門フロアに大改装されていた。
Gibson、Martinといった老舗ブランドの他、"Taylor"というメーカーのギターが多く並んでいた。
恥ずかしながら、僕はTaylorというメーカーを知らなかった
1974年創業の米国メーカーらしい。
なので、それほど老舗というわけではないようだが、今現在、アコースティックの米国内シェアは、Martin:40%, Taylor:40%, その他:20%なんだとか!?
実際はどうか知りませんよ
あくまで、Taylor社の方の説明らしいので
あ、そうそう、エレアコが多かったのも印象的だった。
見た目は完全にアコースティックだけど、サウンドホールのエッジにトーンとボリュームが隠れていた
なるほど、エレキギターと違って、曲の途中で調整することはあまりないからだろう。
色々進化してるんだなぁ。

waits2 at 23:24コメント(0)トラックバック(0)楽器吉祥寺 

2017年04月22日

IMG_9642天気は曇り、夕方から雨。
だからというわけではないが、今日はずっと一日家に籠もって曲作り。
メロディや構成はほぼ出来ているのだが、歌詞が、わずか数行が書けず、滞っている。
書いてみては没、歌ってみては没...
うーむ、いいのか浮かばない。
原因は?
カープの連敗のせいにはしたくない...

waits2 at 20:59コメント(0)トラックバック(0)音楽 

2017年04月21日

一年草の日々草だけど、今年もちょっと咲いてくれた。
IMG_9643IMG_9641

過去2、3年、元気がなかったジャスミンが咲いてくれた。
肥料が良かったみたい!

waits2 at 23:47コメント(0)トラックバック(0)生活四季 

2017年04月20日

昨晩は念願の"Coldplay"のライブを楽しんできた
会場は東京ドーム。
5万人は入るであろう客席は満員御礼だった
001cold25

席は、三塁側1階スタンド18列目。
予想よりよく見えて良かった
4058

2256

1736

50入場の際、観客全員にリストバンドが手渡され、開演までに装着するよう指示があった。
このリストバンドは、曲と完全にシンクロして赤、青、黄(七色?)と点灯&点滅し、会場全体を盛り上げる最大の演出装置となっていた。
華やかで、豪華なコンサートだった
彼らの曲の中で僕のお気に入りの3曲は:
"Charlie Brown"
"Fix You"
"Viva la Vida"
なのだが、無事、3曲ともやってくれた
感激
もっとも、今回のワールドツアーセットリストにこれらの曲が入ってることは知ってたけど

4611

アリーナ中央に花道があり、その花道の先にはサブステージが用意されていた。
クリス(ボーカル)はピアノを弾く時以外は、ほぼずっとステージや花道を走り回っていた
ある時、ちょっと長い暗転の後、メンバー全員がサブステージに現れ、演奏を始めた。
37大いに盛り上がったが、それからしばらく後、さらに長い暗転があった。
予想より長い暗転なので、どうしたのかなと思い始めた頃、サブステージよりさらに先あたりの1階スタンドがざわつき始めた。
歌舞伎のせり上がりではないが演出効果としてはそれと同じような印象で、突如4人がサブサブステージに現れた。
同じスタンド1階席でも、あそこは超お得じゃったね(別の価格が用意されてたか?
やはり、見る方向が変わると、飽きないという効果があるね。
で、
ボーカルのクリス、思ったよりちゃんと唄えてて、良かった
「おいおい、えらい上から目線の発言じゃな」
あ、はい、失礼しました
と言うのもですね、彼の歌、かなりピッチが怪しいライブバージョンを多く耳にしていたので
なので、『雰囲気が楽しめれば良しとしよう!』と覚悟して行っていたのだが、思ったより全然唄えていたので、嬉しかった
百戦錬磨で鍛え上げたんじゃね
2234

そうそう、今回、RADWIMPSが前前前座を務めた
自分は前前、じゃなくて全然ファンではないので、対バンを聴く感じで静観していた。
それでも、あの有名な前前前世は聴けるのかな?と思っていたのだが、やらなかった。
やらなかったことについて、ツイッターで賞賛の声が上がっていたりしたらしいが、残念ながら僕には、やらなかった意図も、賞賛の意味も、まったく分からない
ライブが終わり、ドームから水道橋駅まで歩いている時、後ろを歩いていたカップルが「あの曲(前前前世)をやらないで良いと判断した事務所は偉いと思うよ」と熱く語っていたが、おじさんにはよう分からんわ
ただ、前座の最中、会場はしらける感じはなかった。
心の中で『はいはい、もういいから』と思っていたお客さんもいたと思われるが、Coldplayのファンは、基本、お行儀が良いのだ

waits2 at 23:19コメント(0)トラックバック(0)コンサート 

2017年04月19日

昨日の菊池の凄すぎるプレー

ズムスタで生で観たかった

今夜は
東京ドームでこちらを生で楽しみます!


waits2 at 15:14コメント(0)トラックバック(0)カープコンサート 

2017年04月18日

マンスリーの対バンライブです

Man2   4月24日(月)
会場:吉祥寺Manda-la2
開場:18:30〜
開演:19:30〜
チャージ:2,200円+drink
出演:丸本達也(Vo&G)
  :竹内大輔(Pf)

この日の出演は3組で、僕たちの出番は3番目。
21時少し前くらいからのスタートかと思われます。
今年1月から始めた"CS"ことCover Songsコーナー
先月は僕チョイスで又吉くんと一緒にColdplayの"Fix You"を歌いました。
今月は大ちゃんが選んでくれた曲を歌います。
大変有名な曲なので知ってはいましたが、僕は一度も歌ったことも、口ずさんだことすらない曲です
が、いざ歌うということで真剣に聴いてみると、なんと素晴らしい曲
とっても楽しみです
「ほう、いいねぇ。で、新曲は?」

急いで作ります

waits2 at 00:20コメント(0)トラックバック(0)ライブ告知 

2017年04月17日

先日のダイソンの続き:
収納用ブラケットで気になることがあった。

IMG_9502IMG_9503

左右に1つずつ透明のプラスチックの装飾がある。
こんなもの必要ないだろうに、と思いながらその透明部分を触ってみると、ペコンと動いた。
もしや
と思い、付属のノズルを差し込んでみた...

IMG_9504IMG_9505

ビンゴ!

IMG_9507本来、ノズルは2つ。
もう2つはキャンペーンか何かのおまけなので、4つを差し込むようにはしていないようだ。
使用頻度が高そうな2つをセットすることに。
わざわざ箱から出していたのだが、少し楽になるかも
従来の掃除機だと、隙間ノズルくらいしか使わなかったが、今回はコードレスなので、短ホースとブラシ付きノズルを使用する機会が増えた!

ここで雑学:
一般的な掃除機の電源コードには、赤と黄のテープが貼られていますが、皆さんはあの意味をご存知ですか?
赤は「これ以上延びないですよ」
黄は「もうすぐ終了ですよ」
という意味だと思っていませんか?
赤の意味は正しいです
が、黄の意味は間違っています
黄は「ここまで電源コードを出してください!」という意味なんです
掃除機って、実は物凄く電力を使うんです。
故に、電源コードがあんなに太いわけです。
大抵の場合、くるくると本体内に巻いて収納されてますよね。
もしも黄色のテープのところまでコードを出さないで使用すると、本体内で重なっているコードが発熱し、故障の原因につながる可能性が高いので「ここまで出してね!」とお願いしているんです。
勉強になった?
そう考えると、コードレスクリーナーは、節電効果も高いと言うことじゃね。
うーむ、こんなに宣伝して、まるでダイソンの回し者みたいだ

waits2 at 21:28コメント(2)トラックバック(0)生活ショッピング 

2017年04月16日

IMG_9497コールドプレイ@東京ドーム
若者に混じって楽しみます
アリーナではなくスタンドなので、ずっと立ちっぱなしということはないと思うのだが、周りが立つとそうなってしまう可能性は十分ある
サイモン&ガーファンクル、ビリー・ジョエル、イーグルスはゆっくり座って鑑賞できたけど、3年前新木場Studio Coastで観たエド・シーランはずっとスタンディング...コールドプレイはどうなんじゃろう...
ま、どうであれ、生"Fix You"は楽しみだなぁ
何気に昨日のダイソンと英国つながりじゃね

waits2 at 21:55コメント(0)トラックバック(0)コンサート海外 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年7月26日(水)
2017年8月24日(木)

秋のSpecial LIVE!
2017年9月14日(木)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ