2017年12月22日

昨日の続き

2nd Set

10. You’ve Got A Friend(T,D,Y/CS)
PC190107今月のCS(カバーソング)です。
今年1月から始めたCSコーナー。
これまで僕と大ちゃんとで交替で曲を選んできたのですが、今回は又吉くんに選んでもらいました。
キャロルキングの名曲ですね。
又吉くんと相談し、キャロルの原曲キー(G#)でいくか、半音下げるか、はたまたオクターブ下で歌うか等、迷いましたが、原曲キーのまま、オクターブも下げないでそのままでいくことにしました。
この曲は本当に多くの方がカバーしているので、もはやどれが正解が分かりません
ある意味、全部正解とも言えるでしょう。
僕らの演奏もその1つになったと思っています

11. Gare de Chasse-sur-Rhone(D/Solo Piano)
PC190106大ちゃんのソロピアノコーナーその2。
セカンドセットに入って、会場の空気が少しずつ和んでいったのですが、その最大の功労は、大ちゃんのこの演奏だったと思います。
誰が聴いても列車が疾走するイメージを思い浮かべることができる楽曲&演奏って、どうよ!!
本当に走っているのが見えるのです
しかも、又吉くんがMCで言っていた通り、日本の電車とは違う、ヨーロッパの電車や車窓が浮かんでくるのです。
歌詞がなくても、音だけでこんな具体的な描写が出来るって、ほんと「どうなっとん?」って感じです。
お客様も大満足。
ありがとう大ちゃん!!!
先の“Monte Fiesole”は既にCD化されていますが、この曲のレコーディングは初だそうです。
抜群の出来だっただけに、とても楽しみですね

12. さざなみ(Y)
PC190111再び又吉くんのコーナー。
ヨーロッパの景色を楽しんだ後の又吉くん。
いい感じの緊張感と表現を楽しむスピリットの刺激を受けた演奏でした。

13. 花火(Y)
僕もコーラス参加可能なこの曲ですが、今回は又吉くんのソロで。
というのも、今回のレコーディングは、今後、色々なところで活用できるクオリティの音源になるので、きちんとした"又吉康人のサウンド"を録っておく良い機会ということで、すべてソロで収録することになりました。
客席にまわって僕も聴いていましたが、頭の中でしっかりハモってましたよ

14. ティア(Y)
僕が大好きな曲です。
これは、本当に抜群の出来でしたね
今回のレコーディングの2大目標は、"once"の皆様の歌声と、この曲の高音質の音源を入手することだったので、大大大満足の収穫だったと思います
他の曲も良かったですが、この曲のこのtakeは、本当に素晴らしかった
ありがとう又吉くん!

15. Fifteen(T,D,Y)
15"C’EST LA VIE"と同じくこの曲も既にCD音源がありますが、あの音源のコーラスは僕が歌っています。
そう、又吉くんのコーラスではありません。
また、ライブでは僕のギター弾き語りから始まり、途中からピアノとギターが加わってくる形が定番になっているので、その音も録っておきたいな、と。
そして何より、今年もカープはリーグ優勝を果たしましたしね
気持ち良く駆け抜けさせていただきました

16. See The Light(T,D/新曲)
今月の新曲です。
この曲は、楽器を使わず、歩きながら作りました。
「頼む、降りてきてくれい」と願いながら、iPhoneを口元に持っていくと、口が勝手に歌い始めました
20171219flyer
 明日の匂いが 立ち込めているよ
 小さな ともしび いくつも まぶしく

ここから先は言葉はなく"ラララ"ですが、Aメロ、Bメロ、サビまで一気に出来ました
なので、メロディに関しては、2分弱で完成!
ここからは作詞作業です。
浮かんできた言葉からすると、「クリスマスソングか?」と思ったりしたのですが、なんか違うような...,。
ただ、サビのメロディにピッタリくる言葉が待っている!そんな予感がありました。
日々の生活の中でしっかり見逃さなければ、この曲が歌うべきテーマは自ずから決まる!と感じていました。
seetheそれから2日後くらいだったでしょうか、ノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)を代表してサーロー節子さんの演説がありました。

Don't give up! Keep pushing!
See the light? Crawl towards it.

タイトルの"See The Light"はこちらからいただいたものです。(クエスチョンマークはあえて無しに)
また、最初に浮かんだ言葉(小さなともしび)も、2017年7月7日に核兵器禁止条約を採択した122か国のように感じられ、間違いなくこのテーマで曲を作りなさいという感じでした。
曲が完成し、音源を大ちゃんに提供できたのは、ライブ当日の数時間前。
この曲を仕上げる当日リハも30分くらいしかありませんでしたが、大ちゃんのアプローチは最初っから完璧。
出だしは、イントロなしで、僕が「明日の」の「あ」を歌った直後に大ちゃんのピアノが入ってくるようにお願いしました。
カウントもなしで^ ^
しかし、流石は大ちゃん、リハの時から、軽々とやってのけてくれました。
初披露がレコーディングというプレッシャーを微塵も感じることなく、僕も熱唱させてもらいました。
広島出身のお客様が多かったからでしょう、アンケートで高評価の声をたくさんいただきました

17. カエルのお嬢さん(T,D)
PC190078今回、前奏にちょっとだけ変更を加えて臨みました。
シャッフル系なので、毎回、毎回、ノリは微妙に異なるかと思いますが、今回のハネ具合はいかがだったでしょうか?
始まってすぐに入ってきたお客様の手拍子、嬉しかったのぉ。
ヘッドホンでのモニタだけに、ワイルドさを感じにくいところがあったので、正直、自分ではどのくらいイケイケに出来たのか分かりませんが、あの手拍子や演奏後にいただいた拍手の感じからすると、なかなか良いtakeだったのではないかと思います

18. 春(T,D,Y)
haruラストソングは又吉くんも加わっての3人で。
この曲は又吉くんと僕の共作第2弾として、今年3月の春のスペシャルライブで初披露した曲。
今回のレコーディングライブでCD化することを確定しているのは、先の"once"とこの"春"、そして、アンコールの"limelight"の3曲です。
この3曲を収録したCDを、今回、会場に来てくださったお客様には、3月の春のスペシャルライブで無料でプレゼントしたいと考えております
普通、こういったアナウンスは、より多くのお客様に来てもらえるよう、ライブ開催前にするものですが、僕がこれをお知らせしたのはこのライブのMCででした
もちろん、喜んでいただきましたが
この"春"も、それに相応しい出来の演奏だったと思います

アンコール
19. limelight(T,D,Y)
お約束のアンコールです
この曲は大ちゃんと僕、又吉くんの3人による初共作曲です。
大ちゃん発信のアイデアに、僕と又吉くんで歌詞とメロディを付けて仕上げました。
9月の秋のスペシャルライブで初披露して以来、今回で2回目の演奏ですが、細かな決めごとが結構あるので、僕はそれらを間違えないようにするだけで精一杯の感じ
しかし、今回サビ前にさらに新しいアレンジが加わり、複雑さが増したのですが、その分、格好良さもアップしました

20. once (Take2/T,D,Y)
anketeさて、アンコールの2曲目は、先述した通り、"once"アゲインですが、事前にお客様にお渡ししたアンケート兼セットリストは、2曲目のタイトルは空欄にしていました。
そう、お客様にとっては、サプライズです
1st takeの時、お客様にマイクの前に集まるよう声かけをしなかったのは、このアンコールで炸裂してもらうためでした。
結構、多くのお客様が、「どうして"once"を前半でやったのだろう?」と感じていらっしゃたようですが、これも狙い通り
間違いなくお客様、ムズムズしていたようです。
レコーディングという環境下、特にお願いもしていなかったのですが、皆さん、とっても静かに聴いてくださっていた上に、気持ちよさそうにステージで音を発し続けている僕たちをずっと見ていたので、絶対に自分たちも「音を発したい」という欲望が高まっているに違いない、と読んでいたのでした。
その状態で、"once"のtake2に挑めば、そりゃ、スパークしてしまいますよね!
が、その前に、take1の反省点も述べさせていただきました
take2最初のtakeも良かったのですが、最後の「こう」を繰り返し歌う箇所があることを伝え忘れていたので、そこもちゃんと歌ってもらうようお願いをしました。
そしてより大きな声を出してもらうため、皆さんに立って歌ってもらうことをお願いしました。
嬉しいことに、誰一人面倒くさがる方はいなくて、それどころか、まるで"陸王"の従業員の方々みたいに、皆さん、「いっちょやってやるか」とかなり積極的な姿勢を見せてくれました
結果、読み通り、狙い通り、迫力ある歌声を収録することができました
こちらが"once" (take2)でございます





素晴らしいです。
この音圧や色とりどりのトーンは、多重録音では出すことができない、リアルな人の数でしか再現できないものです。
嬉しい
何より嬉しかったのは、皆さんのあの積極的な姿勢。
自分たちが書いた曲を人様が歌ってるというだけでも嬉しいのに、それを楽しそうにというのは、ほんと天にも昇るような気分でした。
改めまして、ご来場くださいました皆様、マンダラ2スタッフの皆様、レコーディングの準備をしてくださった水谷さん、そして、又吉くん、大ちゃん、ありがとうございました
とても楽しく、実りのある2017年最後のライブとなりました。
良い年が迎えられそうです。
ありがとうございました

waits2 at 19:25コメント(4)ライブ感想リアルライブ 

2017年12月21日

それでは、あらためまして19日のライブの様子をお伝えしたいと思います。
と、その前に、こちらは現地リハの様子です。
PC190037今回のスペシャルライブは、"年末Special Recording LIVE"という名称の通り、公開レコーディングという仕様で臨みました。
メインボーカルのマイクには、ノイマンのコンデンサーマイクを用意していただきました。
全指向性のとてつもなく敏感なマイクなので、ヘッドホンでモニタリングしながらの演奏となります。
いかにも「レコーディング!」という雰囲気を出す意味でも効果的だったのではないかと思います。
ただ、このマイクはステージの外の音も余裕で拾うので、ハウリングしないようバランスを取るのにPAの方は大変苦労したようです。
感謝、感謝でございます

PC190053実は、僕、レコーディングの緊張感が大好きなんです。
自分がやるのも、他の方が演奏しているのを見るのも。
あの集中している感じがなんともたまらないのです。
ただ、スタジオでのレコーディングは何度もやり直しが出来ますが、今回はライブなので、時間の都合上、基本各曲1takeのみです。
となると、さらに緊張が高まるので、より楽しめるというわけです

さて、それではセルフ解説

1st Set
1. Falling Slowly(T,D,Y)(括弧内のT=Tatsuya(僕), D=Daisuke(大ちゃん), Y=Yasuto(又吉くん)です)
PC190062この曲を初めて又吉くんと一緒に演奏したのは、3年前の2014年12月29日。
以来、スペシャルライブでは必ずやってきたのですが「そろそろFalling Slowlyも卒業しようか..」という話もあったのですが、今回はレコーディングライブなので、「だったら録っておきたいね!」ということでやりました。
オープニングでお客様へのMCはせず、さてレコーディングを始めるか!的な雰囲気で調弦をし、ヘッドホンのチェックをし、おもむろにピアノのイントロ、イン
会場も、僕たちも緊張していましたが、とても心地よいテンションで始めることができました。

2. TOM(T,D,Y)
この曲は、今年3月の"春のスペシャルライブ"で又吉くんにメインボーカルとして歌ってもらった曲ですが、今回のレコーディングでは、コーラスとして歌ってもらいました。
1st takeは、イントロを4小節くらいやったところでストップをかけさせていただきました
「おいおい、各曲1takeのみじゃなかったのか?」
はい、こんな風に、"最初の数小節のミスはやり直しOK"というこの日のルールを説明するためでございます。
と、いかにも意図的な失敗と見せかけて、実際、ギターを弾き切れてなかったのでやり直させていただいたのでした

3. 風の子(T,D)
先月の新曲ですが、大抜擢でリスト入り
この曲、実は小さな悩みがありまして、最初のアルペジオは指で、途中からのストロークはピックで弾きたいのですが、上手いこと持ち替えることが出来ないので、ストロークも指でいきました。
PC190094あ、それと歌詞にマイナーチェンジを施しました。
2番のサビ、初披露の先月は

世界中の"枯れ葉"に埋もれた夢を探そう

と歌いましたが、今回は

世界中の"落ち葉"に埋もれた夢を探そう

に変更いたしました。
よろしく

4. C’EST LA VIE(T&D)
今回のレコーディングライブ、既にきちんとした音源があるもの、つまりは、CD化されている曲はセットリストから外そうと思っていたのですが、この曲はライブならではのコール&レスポンスがあるだけに、リストに入れさせてもらいました。
また、後で合唱してもらう"once"の発声練習にもなるかと!
常連様を中心に、とてもよいレスポンスをいただきました

5. Monte Fiesole(D/Solo Piano)
PC190096恒例の大ちゃんのソロピアノコーナー。
今回は大ちゃんのオリジナル曲を弾いてくれました。
レコーディングということもあり、客席は水を打ったような静けさ
普段ならグラスのぶつかる音や、椅子やテーブルがきしむ音が聞こえるのですが、まさにシーン。
その緊張した空気を味方に、大ちゃん集中しまくり。
弾き終わった後の拍手、喜びに満ちていましたね

6. 二人は (Y)
PC190099ここから3曲は又吉くんのコーナー。
僕の好きなナンバーです。
ノイマンのマイクが微妙な声の表現を拾ってくれるので、歌ってる本人、とっても気持ちよかったと思います
もちろん、客席にもそれが伝わっていました

7. Mr. falling(Y)
結構、早いパッセージがある曲なのですが、輪郭もきちんと聞こえて、とても良い出来だったのではないかと思います。
少なくとも僕が聴いた中では、ベストパフォーマンスだったと思います

8. Snow Melody (Y)
ゆっくりゆったりのこの曲、ギター一本であの空気感を最初から最後まで飽くことなくキープするのはとても大変。(とても僕には出来ない
そうして最後はとてつもない高音で持って行きます。
持って行ってくれましたね。

9. once (Take1/T,D,Y)
PC190066写真は本番前のリハの風景。
ステージ手前に立っているお二人はマンダラ2のスタッフさんです。
その二人の前に2本のマイクが立っているのが見えますでしょうか?
これらは客席の皆さんの歌声を拾うためのマイクです。
リハの時、マイクレベルの確認のため、お客様役としてお二人に"once"のコーラスをしてもらいました。
いやー、楽しかったなぁ。
ある意味、この時、僕はこの日のライブの成功を確信しました
というのも、こういったワクワクした楽しい空気を既視感的に持っていれば、後はそれを本番で再現すれば良いだけなので、何も恐れることなく臨むことが出来るからです。
さて、本番がやって参りました。
どんな様子だったか、途中からですが、"once" (take1)の様子をご覧ください。

これがtake1です。
そうなんです、この曲はアンコールでもう一度歌いました。
つまりtake2があるわけですが、今夜はここまでということで、後半をお楽しみに!

waits2 at 22:33コメント(0)ライブ感想リアルライブ 

2017年12月20日

昨晩は、吉祥寺Manda-la2にて"年末Special Recording LIVE 2017"を開催いたしました。
ご来場くださいました皆様、心より、感謝申し上げます
初めていらした方が結構多かったにもかかわらず、onceの大合唱は圧巻でしたね!!
ぶち嬉しい
恒例のセルフ解説をしたいところですが、今日はちょっと書く時間がないので、明日以降に
セットリストだけでもご紹介しておきたいと思います!

PC1900821st Set
1. Falling Slowly(T,D,Y)
2. TOM(T,D,Y)
3. 風の子(T,D)
4. C’EST LA VIE(T&D)
5. Monte Fiesole(D/Solo Piano)
6. 二人は (Y)
7. Mr. falling(Y)
8. Snow Melody (Y)
9. once (Take1/T,D,Y)

PC1900542nd Set
10. You’ve Got A Friend(T,D,Y/CS)
11. Gare de Chasse-sur-Rhone(D/Solo Piano)
12. さざなみ(Y)
13. 花火(Y)
14. ティア(Y)
15. Fifteen(T,D,Y)
16. See The Light(T,D/新曲)
17. カエルのお嬢さん(T,D)
18. 春(T,D,Y)

アンコール
19. limelight(T,D,Y)
20. once (Take2/T,D,Y)


PC190129大ちゃんの"Gare de Chasse-sur-Rhone"、又吉くんの「ティア」、抜群でしたね
早く聴きたい

waits2 at 23:59コメント(0)ライブ感想 

2017年12月19日

今日は吉祥寺Manda-la2にて、"年末Special Recording LIVE 2017"を開催します。
1219納品用統合light

12月19日(火)
会場:吉祥寺Manda-la2
開場:18:30〜
開演:19:30〜
チャージ:2,200円+drink
出演:丸本達也(Vo&G)
  :竹内大輔(Pf)
  :又吉康人(Vo&G)

毎年恒例の年末スペシャルライブですが、今夜は、いつもよりさらにスペシャルな"レコーディングライブ"を行います
僕たちのパフォーマンスと、皆様の歌声をしっかりと記録したいと思います。
新曲もなんとか間に合いました。
にしても初披露がレコーディングって、気合いが入ります
今年最後のライブ、是非、是非、歌いに来てください

waits2 at 09:48コメント(0)ライブ告知リアルライブ 

2017年12月18日

negaiサミットにあったクリスマスツリー。
七夕じゃないんだから、願い事ではなく、サンタさんにお願いしたいプレゼントを書くのだろうが、優しい妹さんじゃね。

waits2 at 23:07コメント(0)出来事四季 

2017年12月17日

matayoshi19日のライブに向け、又吉くんと二人でリハをしました。
しかしながら、まだ、セットリスト、完成しておりません
二人とも、まだ、数曲、悩んでおりまする。
あれにしようか、これにしようか....
当初は、レコーディングライブと言いながらも、ライブの意識の方が強かったのですが、ここにきて、公開"レコーディング"という意識の方が強くなって来ております。
ライブならではの楽しさと、レコーディングならではの集中力を発揮できたらと思っています!
楽しみじゃ!

waits2 at 23:57コメント(0)ライブ告知友達 

2017年12月16日

zootie洋服を買った。
19日のライブで初披露することになるであろうステージ衣装なり。
さて、ええ感じに決まるかね?

waits2 at 23:30コメント(0)ショッピング吉祥寺 

2017年12月15日

tokyotower単純に月と東京タワーを撮りたかっただけなのだが、カラスが2羽飛び込んできて、面白い写真になった。
狙っても撮れんよね。

waits2 at 22:43コメント(0)出来事 

2017年12月14日

先日書いたスーパー"サミット"のマイクパフォーマンス。
samit今回推していたのは「長崎産真あじフライ」だった。

本日、オススメの商品は、長崎産真あじフライでございます。
私、こちらの長崎産真あじフライをお昼にいただきました。
私、完全にハマッております。

思わず一枚買ってしまった。
上の「広島産びっくり!大粒かきフライ」もグラッときた。
たった1個で真あじフライ1枚と同額

waits2 at 21:35コメント(0)お店出来事 

2017年12月13日

ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさんの記念講演の記事。
多大な影響を受けたというミュージシャンの名前が連ねられていた。
カズオ-2カズオ-1

トム・ウェイツ、ボブ・ディラン、ニーナ・シモン、レイ・チャールズ、スプリングスティーン、おいおい、僕が好きなミュージシャンばかりじゃないか!
カズオ・イシグロさん、あなたとは絶対に気が合うわ

waits2 at 21:33コメント(0)ニュース海外 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2月20日(火)

4月19日(木)


★春のSpecial LIVE★
3月22日(木)


Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ