2011年11月27日

御岳山から奥多摩湖へ

すっかり秋も深まって参りました。もはや冬ですね
いえいえ、まだまだ秋!
その醍醐味が味わえるところはないかと検索してみたところ、奥多摩湖周辺の紅葉が見頃らしいということで、出かけました
もう少しで鳩ノ巣渓谷というところで、道路沿いの看板の「御岳山ケーブルカー」「関東一」といった文字が目に入った
先日、伊豆旅行で登った大室山のリフトが思いの外楽しかったこともあり、急遽予定を変更して登ることに(^^
PB252028お恥ずかしいことに、僕はこの御岳山(みたけやま)のことをまったく知りませんでした(^^
詳しくは、こちらをご覧くださいませ。
旅はハプニングをどれだけ楽しめるか!
え?ドライブは旅じゃないって?
たしかに、でも、近所のタバコ屋に行くのも旅だって言うじゃないですか!
どんな楽しみが待っているのか、ワクワクの旅気分で臨まねば

PB252032運転席(下り用)と同列の最後列は先客に占拠されていたけど、入口通路を挟んだ2列目に座れた!
ここなら上りながら徐々に広がる景色が楽しめる!よしよし。
このケーブルカーのユニークな点は、ペット用のエリアが確保されているところ
ペットを連れて登山?と思ったけど、乗客はハイカーだけではなく、生服姿の学生さんもいたので、通学通勤にも利用されている、つまり上に住んでらっしゃる方々がいるみたいなので、となるとペットもということなのだろうか。

PB252039天井を見ると、動物の絵が描かれていた。
「あ、モモンガ!」と妻が言ったのとほぼ同時に別の席から
「ムササビだ」
という声が
そこから妻とその女性が「モモンガ!」「ムササビよ!」と大もめで.....ウソですm(_ _)m
そんな面白いこと、そうそう起こりませんし、起こっても困ります(笑)
なお、どちらが正しいのかは不明ですが、きっといずれかの生息地なのでしょう

PB252034出発の時刻が迫ってきた。
ワクワクしていると、発車直前に大きな段ボールを抱えたおじさんが乗り込んできた。
おそらく、このおじさん、上の売店に補充する商品を運ぶいわゆる"強力"さんかと。
客ではないという意識があるからか、あるいは入口付近の乗り降りが楽だからか(おそらく後者)、ガラガラに空いているのに座席には座らず、通路に荷物を置いて、僕と向かい合う形でその場に立ち「よしよし」という顔をし始めるではないか。
おっさーーーん、おっさーーーーん(僕もおっさんだけど)、そこに立つと、僕が楽しみにしている景色が、見えんのじゃけどーーーー
おっさんにとっては日常かもしれんが、こっちはこれが最初で最後かもしれないのに〜

PB252037勇気を出して
「そこに立たれると見えないんですが」
と言えば、もしかすると
「これは失礼
と荷物の横に座ってくれる可能性もなきにしもあらずだが、そんな勇気あるわけもなく、下ではなく、横の窓に流れる景色を楽しむしかないのであった

PB252048ということで御岳山駅(下は滝本駅)に到着。
徐々に広がるこの景色を眺めたかった。
右上に写っているのは鏡で、映り込んでいる青い車両は、往きで乗ってきた「青空」号。

PB252059天気がいいと、もうそれだけでいい
♪寒くなればなるほど空気が澄んでいくのはなぜ?おじーさーん(ハイジ?)
いやー、登山が好きな人の気持ちが少しだけ分かった気がした(^^

PB252065御岳山駅からさらに上の展望台へ向かうリフトにも乗りました。
100円で安い!と思ったけど、それもそのはず、凄く短かった(^^

PB252071PB252073

PB252072驚いたことに、展望台の脇?下?に畑があり、作業をしている方がいらっしゃいました
あんまり驚くというのも失礼な話。
都会であくせく生きている方が驚きだ!(って田舎者には言われたくないか(^^)

PB252068PB252067

PB252077展望台から御岳山駅へは歩いて降りました。
御岳山駅は単に眺望を楽しむだけの場所ではありません。ハイキングコースがいくつもあり、何より御岳神社への玄関口でもあるのです。
しかしながら、10分20分で巡れるようなところではありません。
御岳神社まで片道25分ということは、往復50分、しかも山道。
陽が沈む前に奥多摩湖へ行きたい僕らにそんな時間はない。
ので、今回は(次回があるのか?)あきらめて、下山することに。
IMG_3340帰りの車内はとても混んでいました。
座席に座ることができなかったので、上りで"強力"のおじさんが立っていた場所に立つしかありませんでした。
後ろの座席の方々には申し訳ないのですが、往きで見ることができなかった景色を楽しませてもらうことに

PB252086と、そこにワンちゃんたちが乗って参りました。
僕が立っていた場所は本来ペットたちのスペース。
なんとなく彼らに対して申し訳ない気持ちになりました(^^
どうやらこのペットOKというのは上で生活している方々のためだけではないようです。
ペット同伴で登山が楽しめる場所なのでしょう
結構、たくさんのワンちゃんいました

PB252092ケーブルカーは、普通、一本のケーブルの両端に2台の車両がつながっている。
必然的に、動く時は両方一緒ということになる。
線路は一組(単線)しか必要ないが、車両がすれ違う中腹あたりは複線でなければならない。
こちらの写真は車両がすれ違う瞬間だ!(瞬間というほどあっという間ではないが)
向こうの車両は来る時に乗った青空号。
ちなみに、こちらは黄色の朝日号

秋の日はつるべ落とし。
当初予定していた鳩ノ巣渓谷も氷川渓谷もパスして奥多摩湖へ直行
どんなに急いでいても、道路は僕だけのものではありません。
思うようには走れないのは十分承知しております。
しかしながら、制限速度30キロの道を28キロくらいで走る大きなトラックの後ろをずっーと走っていると、誰かの陰謀ではないかと疑ってしました(陰謀だ〜陰謀だ〜井上順?)

IMG_3355IMG_3353IMG_3356

IMG_3352残念ながら奥多摩湖に到着した頃にはかなり陽は傾いていました。
真っ青な空と湖をキャンバスに映える鮮やかな黄と赤と緑を見たかったのですが...
まぁ、家を出たのが午後なんだから、仕方ない(^^
遊ぶ時は普段より早起きをするくらいじゃないとダメですね!(今頃!?(^^)
さて、ここからどうするか。
IMG_0234来た道を引き返すのでは芸が無い。
とりあえず奥多摩湖沿いのドライブを楽しんでから、山梨方面に抜け、大月あたりから中央高速に乗ることに!
こんな時、やはりナビは偉大だ。
どこにいようと「自宅」というボタンを押しさえすれば、勝手にナビゲートしてくれる。
いくつかルートの候補は挙げてはくれるんだけど、細かいことは気にせず出発!
しかし、途中で「?」と思う指示をしてきた。
大月インターに抜けるつもり(経路1)だったんだけど、どうやら上野原インター(経路2)に向かわそうとしているみたいなのだ。その方が走行距離が短いのだろう。
多少遠回りでも、大きい道の方が走り易いし、結果早かったりもする。悩むところだが、それほど狭い道でもなさそうなので、ナビの指示に従うことにした。
ところが、最初は狭くなかった道も、途中、対向車とすれ違えないくらい狭いところもあり、大変だった
それだけじゃなく、物凄く暗かった
まだ6時前だと言うのに、真っ暗。
街灯もなければ月明かりもなし。
頼りは車のヘッドライトだけ。
あまりに暗いのでハイビームにするも、たまに対向車が来るとローに切り替えなきゃいけないし、くねくね道でハンドル操作は大忙し...
暗闇の中には案山子なのか、人影なのか、謎の物体が見えたり、まったく明かりのないバス停に人?が立っていたりで、密かに怖かった(^^
いやー、物理的にも気分的にもアップダウンの激しいドライブでした
それにしても、人って、どこにでも住んでいる。
平家の落人の末裔なのか、こんな山中に!?というところに小さな集落が点々と。
ドラマ?映画?「トリック」の舞台になりそうな村は、いくらでもあるみたいです

waits2 at 11:30コメント(2)トラックバック(0)ドライブ | 四季 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by みるくパパ   2011年11月27日 12:44
神奈川に住んでいた頃、バイクのツーリングで
たまに奥多摩に行ってました。

#ツーリングは毎週末のように行ってたんですが
#神奈川からだと西方面の方が楽に行けるので
#箱根方面が多かった

当時、奥多摩にはいわゆる峠族が沢山いて、
無茶な乗り方をして事故るライダーが続出。
「救急車が来るまで4時間かかります」ってな看板があったのを覚えてます。
2. Posted by 風太   2011年12月04日 01:30
どうもです、みるくパパさん
そういえば、ライダー、いました。
確かにあんなところで事故ったら、救急車が来るの大変だと思います。
今でこそ携帯があるけど、バリバリに圏外っぽいです(^^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)

年末Special LIVE!
2017年12月19日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ