2012年09月24日

リュベロン〜ドライブ/前編

9月8日(土)
IMG_1057朝一番で中央市場に出かけた。
「世界ふれあい街歩き」で紹介していたパン屋さんもあり、あの時、映っていたご主人らしき方もいたのだが、まだ総菜パンの準備が整っていなかったので、他のパン屋さんでクロックムッシュとキッシュを買った。

IMG_1061IMG_1060IMG_1059

IMG_1065P9080226IMG_1075

P9080219ホテルに一番近い町のパン屋さんでもクロワッサンを買ったのだが、これが滅茶苦茶美味しかった
日頃、日本ではクロワッサンなんか食べないんだけど、あんなに美味しいクロワッサンなら、毎日でもOKだなぁ。

メモ:日本のクロワッサンと比べると、甘味より塩味の方が強いという印象。

この日の予定:
アヴィニョンセナンク修道院ゴルドボニュールールマランメネルブアヴィニョン

まずはセナンク修道院へ
この日は当初、アルル方面をドライブする予定だった。しかし、前の晩、ホテルのレストランで夕飯が食べられなかったので、この日の夜に予約を入れたのだが、その時間までに確実に戻れるプランが立て易いリュベロン地方の村々を巡ることにした。

P9080224P9080229よしよし、良い天気だ
このセナンク修道院までのドライブこそが、本格的な初ドライブ
高速でなくても幹線道路だと制限速度は90キロ
フランス人、飛ばす、飛ばす。
ちなみにカーナビ、こやつが大変気まぐれで、妙に細かく指示する時もあれば、大きな分かれ道があっても沈黙を決め込んだりする。英語の発音より、まずはこやつの性格を把握せねば

最初の目的地のセナンク修道院は、後で訪れる天空の村"ゴルド"(Gordes)の脇にある道路を通っていく。(ストリートビューでしっかり予習済み)
P9080236お、Gordesの文字が見えて来たぞ
「そろそろ、ゴルドが見えてくるから、撮影、頼んだぞ!」と絶景ポイントに差し掛かる2分くらい前に妻に伝えた。
この道路からゴルドを見上げる眺望は、言わばこの旅の最初のハイライト
日本にいる時から、ゆっくりと坂道を上りながら絶景を楽しむ自分をイメージしていたのに、後続車に滅茶苦茶煽られて、まったくゴルドの方を見ることが出来なかった
P9080239右側車線で右側に見えるので、右座席に座っている妻にとって、この上りこそが絶好の撮影チャンス
「もうすぐだ!来るぞ〜!よし、来た!頼むぞ〜」とは言ったものの、あくまでカン
「撮れた?」
「逆光だったので、暗かったかも
結果を確認する間もなく、とりあえず、まずはセナンク修道院へ

P9080243ゴルドから10分もかからないようなので、ちょろいと思っていたら、道が凄かった。
相変わらず後続車は煽るし
後続車を先に行かせようにも道幅が狭過ぎてそれもできない

P9080247P9080248左手に見えてきたのが修道院へのエントランス!ストリートビューで確認していたので、標識がなくても、間違って通り過ぎることはありませぬ

セナンク修道院(Abbeye de Senanque)
VideoC-0006 9:8:2012メモ:ゴルドから北西約4キロの谷間にひっそりと佇む、禁欲的な生活で知られるシトー会の修道院。17世紀末以来修道士はいなくなっていたが、1989年から活動を再開し、現在も祈りと労働だけという規則正しい修道生活が送られている。ここには美しいステンドグラスや聖人の彫像といったものはない。余計な装飾物は祈りを妨げるということらしい。この美しいロマネスク様式の建造物が最も輝く季節は7月上旬。紫色のラベンダー畑に浮かぶ修道院の姿は、絵ハガキそのものだ。

9月なのでラベンターは咲いていなかったけれど、ラベンダーに包まれた写真しか見たことがなかったので、かえって新鮮だったラベンダーが咲いている時期は金閣寺、咲いていない時期は銀閣寺を眺める気分で楽しむのがよろしいかと。
IMG_1097IMG_1081セナンク修道院がある場所は谷間なので朝は山陰で暗いけど、空を見上げるとこの快晴
こりゃ、ゴルドが楽しみだ!

IMG_1100修道院のエントランスへ戻り、元来た道を振り返ると、ご覧のように通行禁止。元来た道を戻ることはできないというわけだ。
ふふふ、そんなこと、調査済みまったくもって動揺することなく、カーナビでゴルドの中央広場辺りを目的地に設定し、GO
おそらく、別の尾根を伝ってゴルドへと下るのだろう。

IMG_1102P9080274間もなくゴルドというところで、高台に出た。
小さなテーブルが用意してあったので、眺めが良いのでは?と降りてみた。が、予想してたほどではなかった

それにしても、相当な高地なのにサイクリングしている人が多かった。もちろん、ママチャリではなく、ウェアから何から本気のサイクリストたち。なるほど、ツール・ド・フランスの国だわ
お、ゴルドらしい岩で作られた街並が見えて来たぞ。
P9080281P9080280P9080282

IMG_1110IMG_1109もう少し下るとゴルドの中央広場に出るはず。路上駐車が可能なエリアにはパーキングメーターが設置されているんだけど、土曜日だからか既にずらり止められていて、とても止められそうにない。
Googleマップの航空写真で中央広場付近に駐車場らしきものの存在は確認していたけれど、万が一、そこが一杯だったらどうしよう....と心配をしていたら、路上に一台分のスペースを発見日本では滅多にしない縦列駐車で
それにしても19時までで3ユーロって、安い。
ここからゴルドの中央の広場まで歩いて5分もかからないはず

ゴルド(Gordes)
IMG_1111IMG_1115IMG_1114

IMG_1117予想通り、5分もかからないで、ゴルドの中央広場と古城が見えてきた!途中、昼食を食べる候補にもなっていたレストランの場所も確認できた。

ゴルドはプロヴァンスでも一番の景勝地。ここからの眺めも奇麗だし、この村の佇まい自体が大変美しい。また、「天空の城ラピュタ」のモデルの村としても有名。お土産屋さんも充実しているので、午前中いっぱい村を散策して、お昼もここで取る予定だ。

ということで、ゴルドの散策風景を
IMG_1118IMG_1119IMG_1124

IMG_1132IMG_1126IMG_1135

IMG_1148IMG_1157IMG_1140
"Point de vue"はあちらというので、行って見ると
Gordes-Panorama
4枚分の写真をつないだパノラマ合成に成功!!まだまだ散策は続きます。
IMG_1158IMG_1160IMG_1165

IMG_1167いやー、この家には驚いた
断崖絶壁の上に窓が、部屋が、よく見るとおばあさんが、いらっしゃった。
先のパノラマ写真と同じ絶景を365日24時間楽しめる超一般の民家。
実はこのおばあさん、洗濯物を干していた。
地震がない国じゃないと、到底こんなところには住めまいて

IMG_1170IMG_1174IMG_1186

IMG_1189IMG_1190IMG_1191

P9080316P9080297P9080305

VideoC-0042 9:8:2012VideoC-0032 9:8:2012VideoC-0030 9:8:2012

P9080348P9080353大変立派な野外劇場があった。オペラや演劇を上演するらしい。

こちらは「崖の上のおばあさん」のお家を反対側から撮ったもの。

お昼は、事前にレストランを調べてたんだけど、何となくレストランの気分でなくなったので、カフェというかクレープリーのようなお店で食べることに
IMG_3177IMG_3179
P9080357P9080356

ニース風サラダとそば粉のガレットをいただいた。サラダといってもボリュームたっぷり。
後日訪れたパリのカフェでも、こういったサラダだけを食している方が結構多かった。
ピンク色のトイレットペーパーの山の写真は、こちらのお店で使わせてもらったトイレの中。ここだけではない、他のお店、プロヴァンスに限らずパリでも、予備のトイレットペーパーを山のように積んでいるお店が多かった。
メモ:フランスにおいてトイレットペーパーは絶対に切らしてはならないものらしい

VideoC-0038 9:8:2012フランスに旅立つ前に観た映画「プロバンスの贈り物」のロケ地で使われていたカフェもちゃんとありました

自分が外国人なので、他の観光客も外国人が多いような気がしていたけど、土曜日だったので、フランス国内からの観光客も多かったんだろうなぁ。
通常、観光地には何かしら名所となる景勝地や建造物がある。というか、そういった名所があって初めてその周辺が観光地となるのだが、ゴルドにはこれといった名所はなく、村全体が観光地。なので、普段使いの小径や階段を観光客が練り歩くことになる。これって住民にとっては相当迷惑のような気がするのだが、私有地以外、本当に自由に歩き回れた。まるでディズニーランドの敷地内を歩き回るような気分で一般民家の間を練り歩いて、よく考えるとかなり申し訳ないもっとも、住民たちはとっくの昔に慣れっ子になっているのでなんてことないって感じだったけど、観光地になりはじめの頃とか、色々と大変だったんだろうなぁ。勝手な想像だけど、相当強力な自治体があるに違いない
ほとんどが坂道や階段なので、体力的にはかなりきつかったけど、楽しかった。歩いて街並を見るだけなのに、本当に飽きなかった。最初っから計算して作ったものじゃなく、継ぎ足し継ぎ足しなので、常に予想外の景色が出てくるからかもしれない。
「迷ってなんぼ!」ということで、地図も何も持たずに歩き回ったんだけど、観光案内所に行けば観光マップみたいなのがあったのかもしれない。
次回は是非それを持って巡ってみたい!(次回って!?)

後編へ続く

waits2 at 23:26コメント(0)トラックバック(0)フランス旅行 | ドライブ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
年末Special Recording LIVE!
2017年12月19日(火)


マンスリーライブ
2018年1月12日(金)

2018年2月20日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ