2013年12月25日

初の広島凱旋ライブ@Antique

クリスマスイブイブの12月23日(月/祝日)僕の生まれ故郷である広島で初の凱旋ライブを行いました
あまりに盛り沢山で、何から書いたら良いか分からないのですが、とりあえず時系列に従って
001午前9時ちょっと前?:
大ちゃん、岩国錦帯橋空港へ向かって羽田から飛び立つ
「え?岩国?広島じゃないの?」
そう、この日のライブ会場は広島。
信じられないことだが、ここで大ちゃん、痛恨のミスを犯してしまったのだ!
002な、わけがない。
せっかく中国地方へ行くのだから、「ついでに行けるとこは、行くべし!」というのが大ちゃん主義
岩国錦帯橋空港自体、大ちゃんにとってチェックしておきたい場所の一つであり、こちらの錦帯橋もかねてから訪れたい場所だったらしい
IMG_2636一方、僕は9時50分の新幹線で広島へ
車窓からチラリとだけ見える東京タワーの撮影に成功し、心密かにガッツポーズ
『これで今日のライブ、大成功さ!』
と思いたいところだけど、この日のめざまし占い、水瓶座は最下位だった
僕も大ちゃんも水瓶座
うーむ、こうなったら、この日、運が良いか悪いかは、富士山の見え具合で決めよう!
IMG_2641どんより
裾野らしき雰囲気は感じるものの、富士山の姿はどこにも見えず
やはりこれが最下位の力か….
おいおい、ちょっと待て!
この新幹線の乗客全員が水瓶座なわけじゃないんだから….
というか、星座とか富士山に関係なく、ええライブをせんでどうすんな
003一方、大ちゃん、錦帯橋を満喫した後、
電車を乗り継ぎながら
岩国寿司を食べながら
車窓を楽しみながら
広島へ
ちなみに、岩国寿司
僕は食べたことがない。
既に僕より中国地方に詳しい
IMG_2638その頃僕は、まだ新幹線の中
写真下方の黒いチャックが見えますでしょうか?
これはギターケースのヘッド部分。
そう、こんな感じでギターを両足で挟んだ状態で座っていたので、密かに僕は下半身がガチガチになっていた。
午後2時ちょっと前に広島駅に到着。
ホテルのチェックインを済ませ、現地で待ち合わせする予定だった友人が近くに来ているというので乗せてもらい、一緒に現地入り
IMG_3933この日の会場は広島市内にあるアンティークというお店。
僕の幼馴染みのなみちゃんが経営しているバーで、ライブハウスではない。
なので、まずは音響機器の準備から始めていくことに、もちろん、テーブルの配置換えも。
すべてを僕の友人の宇根くんと浩くんがやってくれた。心から、感謝感謝
午後3時半、大ちゃんが到着。さっそく現地リハ開始
IMG_3939IMG_3940

なんとなくこんな感じかな?というサウンドチェックをした後、この日のメインのリハは、僕と大ちゃんのリハというより、幼馴染みの宇根くんのコーラスリハ。
IMG_3946このライブが決まってから、僕は密かに宇根くんにコーラスをしてもらうことを画策していた
僕は知っている:
『宇根は絶対に断らない』ことを
それどころか
『コーラスの依頼がある筈なんじゃが』と期待していることも
じゃないと、こんな機材を持ち込んでくれるわけがない
これでもし頼まんかったら、宇根くん"はぶてあげる"(=ふくれて&いじける)でぇ
現代人たる者、LINE越しでもこのくらいのことは感じ取れないといけんよねぇ
ただ、ここで重要なのは依頼するタイミング!
あまり早くに頼むと、本番を迎える頃に、宇根くんは練習し過ぎて、間違いなくその曲に飽きてしまっている
なので、ライブの2週間くらい前に僕は彼に依頼した。
おそらく正解だったかと

しばらくすると、姉と姉の次男(大学生)が手伝いに来てくれた
IMG_3955IMG_3957

IMG_3959皆でお好み焼きの夕飯を済ました後(姉貴、ごちそうさまでしたm(_ _)m)、コーラスリハを再開
今回、彼に依頼した曲は、「トマトスープ」と「レインボー」の2曲。
「レインボー」は出番が多いだけに、予想通り宇根くんは、しっかりと練習をしていた。
しかし、「トマトスープ」は歌う箇所が少ないだけに、あまり練習していないのが判明。
たしかに出番が少ないと、テンションをキープするのは難しい。
曲の一番最後に一発だけ鳴らすオーケストラのシンバル演奏者の気持ち?
しかし、「やっぱ、わしのコーラスは、レインボーだけでええと思うんじゃが」と宇根くんが進言することがないことも僕は知っている
可能な限り、出演機会を減らさないのが宇根くんの流儀
こっそり大ちゃんに音を教えてもらったりしながら、いつの間にかリハは終了。
というのも、大統領夫妻が到着したのだ
IMG_3962「大統領?」
失礼しました。
僕の、というか、僕たちの中学校時代の恩師夫妻でございます。
酔っぱらってへべれけになる前に、恩師夫妻と一緒にひとまず同級生(なみちゃん、浩、宇根)たちと記念撮影
この時、先生の頭の中は:
「達也、今日は、わしが詞を提供したあの曲をやるんじゃろうの!」
宇根くんの頭の中は:
「自分の出番は3セット目。とりあえず、それまではしっかりPAをやっちゃらんにゃの。」
僕の頭の中は:
「すべての希望&願いを感じとり、叶えんとはぶてあげられるでぇ」
IMG_3964IMG_3966

会場の準備と仕事の振り分けが決まったところで、開場。
何しろ、20〜30年振りくらいに会うような友人、恩人、恩師、先輩、後輩、親族、友人の友人、友人の家族といった方々が続々と集合してくるので、正直、歌うより話したい
IMG_3968会場のあちこちから、「おー、どしたん?」「えーっ、やっぱり?」と言った声が聞こえてくる。互いに知らない者同士と思って話していたら、それこそ20年以上前に、僕を介して知り合い一緒に遊んだ友人の友人であることに気付き、思わず上げてしまう歓声奇声
皆が僕のところに「あれは、あいつ?」「ほうよね?ほうよね?」とこっそり確認しに来たりするのだがかく言う自分も、姉貴の高校時代や大学時代の友人の方々となると、「この顔、知ってるぞ〜、知ってるぞ〜」と思うものの、名前は出てこなかったりする
そういった方々に囲まれてのライブなので、当たり前だが、完全ホーム
あまりにホーム過ぎて、かなり恥ずかしい
その恥ずかしさは大ちゃんにも十分伝わってたみたいで、なんだか分からないけど笑ってしまう感じ
IMG_3999なので選曲も苦労した。おふざけ系、ユーモア系の曲はまだしも、真剣なメッセージが入った曲はどうも気恥ずかしい。
しかし、聴く側はそんなこと思ってなくて、「ド真ん中にお前の直球を投げて来い!」という気持ちで受け止めようとしていたのが伝わってきたので、ある意味、ちょっと驚いた。
ありがたい。うれしい。しかし、恥ずかしい。と同時に、もしも間違って変なスイッチが入ってしまったら感涙してしまうかもしれないという恐怖もあり、非常に複雑な心理状態で開演

IMG_3935First set
1. 優しい人には敵わない
2. 酔いどれ男
3. なのだ
4. こゝろ
5. She
6. つかまえ手
7. 歌うたいの詩(うた)
8. Slainte

Second set
"Spain" by 大ちゃん
9. 羽黒トンボ
10. だから今この詞(うた)を
11. アヴァロン
12. Wake Up! Sammy
13. パッセイジー(Mushup with “All You Need Is Love”)
14. Lady Madonna
15. またとない日

Third set
16. スマイル
17. 好きなところへ
18. Happy X’mas
19. トマトスープ
20. レインボー
21. Ladybird
22. カエルのお嬢さん
23. まわっているのはIMG_3970

アンコール
24.ワンダフル
25.ワスレンサンナ
26.スランチェ


歌い過ぎ
初の凱旋ライブとは言え、ちと欲張り過ぎたかね
IMG_3992今回の特徴としては、各セットに1曲ずつカバー曲を組み込んだところでしょうか。
これは大ちゃんからのアドバイス
たしかに、ほとんどの方が僕のステージを初めて観る方々なので、オリジナルばかりだと疲れるかと。
耳に馴染みのあるカバー曲があれば、箸休めならぬ耳休めになるかと
このアイデアは本当大正解で、演奏する自分たちにとっても、良いメリハリになりました
もう一つのポイントは、大ちゃんのソロ!
IMG_4014IMG_4074

これまでも1曲目に大ちゃんだけがステージに上がり、プロローグ的に弾いてもらったことは何度かあったけど、今回は、『きっちり1曲弾いて欲しい』とお願いしたところ、なんと"Spain"を弾いてくれました
今回の遠征、ミュージックチャージだけでは足が出てしまうのは明白。
これを補うため「CDを買ってもらいましょう!」という作戦を企てたのだが、これを大いに応援してくれたのがお店のオーナーである幼馴染みのなみちゃん
僕も最初の3曲を歌い終わった後、MCで熱弁させてもらいました。
「今回、2,000円という低価格のチャージでこのライブを実現させてくれたのは「なみちゃん」のお陰!『お客様の財布の負担を軽くして、CDを買ってもらいましょう』と言ってくれた"なみちゃんのために"、CDをお買い上げください。そう、僕らのためでなく、なみちゃんのために!」
「自分のためでなく、誰かのため」という姿勢に広島人は弱いことを僕は知っている。(ほんまか?
この進言が功を奏したのか、売れました売れました
大ちゃんは、4種類のCDを持ち込んでいましたが、最新作『ReInterpret the passage』は売り切れという嬉しい悲鳴が上がりました。良かった、良かった。
IMG_4042マスト曲である恩師とのコラボ作品「だから今この詞」も無事歌い、否、少し歌い間違えた箇所もありましたすみません先生m(_ _)m。しかしながら、アンケートでベスト1に選んでくれていた方もいましたよ偏に歌詞の力かと!!ちなみに、僕自身、「愛されるためにではなく、愛するために歌いなさい」というフレーズは、歌う度に胸が熱くなります
そして、いよいよ、宇根くんの出番。
直前に歌ったカバー曲"Happy Christmas"のエンディングで「今日はサンタクロースが来てくれました」と紹介。
本人は密かに不服だったかと思いますが、父親は誰もがサンタクロースなんじゃけんええじゃろ!
ちなみに、宇根くんの代わりに、奥さんが赤い服を着てくれていました
IMG_4008IMG_4049

おそらくこの写真は「トマトスープ」の"君と〜"と言う一番最初のコーラス部分かと
IMG_4057そしてこちらは練習に練習を重ねてきたという「レインボー」かと。
やはり僕の予想は的中していたようで、コーラスをすることが決まってからというもの、宇根くんは車を運転する時とか、「レインボー」をヘビーローテーションで聴きながらハモリの練習をしていたらしく、奥さんのオレアはうんざりだったとかやっぱり、三日前くらいで十分だったかもしれない2週間もごめんね>オレア

IMG_4067歌い終わった直後、労いの言葉を受けながら宇根くんは高らかと「80点!」と自己採点
誰も訊いてなんかないのに
おそらく「トマトスープ」を歌ったことなどまったく覚えてないかと
「レインボー」を歌い終えた達成感に浸り切っておりました。
ちなみに、次の2枚の写真は、歌う前と歌った後。
IMG_4038IMG_4073

歌い終わった後は、機材を片付ける手順のことしか考えてないようでした
それにしても、歌いました。ちょっとやり過ぎるくらいにやりました。
IMG_4105IMG_4030
さすがの大ちゃんも「やりましたねぇ」
IMG_4111アンコールを含め全26曲。
あ、大ちゃんのソロを含めると27曲だ!
休憩を2回挟んだとはいえ、軽く3時間は超えていたかと。
正直、長過ぎ(笑)
ただ、今回は初の凱旋ライブと言うことで、ほとんどの皆さんが最後までお付き合いくださりました。
次回やるとすれば、もう少し短く、また、休日にやるのならば、もっと早い時間から始める方が、翌日への負担が減るのではないかと。
IMG_4107というのも、今回は、山口や鳥取といった広島県外から観に来てくださった方がいたのです。
もちろん、江田島からいらっしゃった方もいるので、最終フェリーの時間を考えると、8時くらいに終わる必要があったのに….
次回は、そういったところにも配慮しなければならないなと。
そうそう、中国地方だけでなく、毎月マンダラ2に観に来てくれるしんちゃんは、なんと東京から来てくれました!!
IMG_4115広島出身なので、帰省がてらとは言え、感謝感激雨霰。
演奏中、『この曲は手拍子で盛り上げるべし』とさりげなくお客さんをリードしてくれて、とてもやり易くしてくれました
ありがたや、ありがたや。
ちなみに、この翌日、大ちゃんは可部線に乗ってしんちゃんの実家を訪れていました
この二人のスタミナは信じられない

それにしても楽しかった!親しい顔、懐かしい顔に会えて、嬉しい限り!
IMG_3969IMG_4112

IMG_4109IMG_4110
また、楽しいだけでなく、とても勉強にもなるライブだった
IMG_3986正直、最初は照れくさい気持ちが強かったんだけど、ステージが進むに連れ、会場の雰囲気が単なる「知り合いの演奏会」を観に来たのではなく、いっぱしのアーティストとしてのパフォーマンスを、より高いクオリティのステージを、強く求めていることに気付かされたのでした。
いやー、素晴らしい。
そういった、人間がネイティブに持つ文化的欲求を刺激し高めてくれたのは、大ちゃんのピアノでしょう
感謝、感謝、感謝!
さて、このブログは帰りの新幹線の中で書いております。
まだまだ書きたいことが沢山あるのですが、まずはこのくらいにしておきましょう
ということで、昨晩、ご来場くださいました皆様、心よりありがとうございました
温かい拍手、手拍子、ありがとうございました。またの機会がございましたら、是非とも、是非とも、是非とも、またいらしてください
快く会場を使わせてくれたなみちゃん、機材からコーラスから楽しくサポートしてくれた宇根くん、開演中、予想以上に動き回ってアクティブにビデオ撮影し、「大ちゃんのCDを全部買うたでぇ!」と豪語し、珍しく最後まで酔いつぶれんかった浩くん、僕のかみさんと一緒に受付とカウンターのサポートで活躍してくれた姉貴親子、東京からお客さんとしてだけでなく、会場の準備、後片付けまで手伝ってくれたしんちゃん、そして言うまでもなく素晴らしいピアノで僕の大切な人々を魅了してくれた大ちゃん、ありがとうございました
是非また凱旋ライブ第2弾を実現できたらなと思います


waits2 at 19:44コメント(2)トラックバック(0)ライブ感想 | 広島 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by お   2013年12月25日 21:16
大盛況・大成功おめでとうございます。
大統領夫妻のお写真も拝見できうれしいです。お姉様は写っておられますか?どの方でしょうか、こっそり(?)教えてくださいませ。
ライブ開催の同じ時刻に、私は赤・青・緑のLIVECDを聴きまくり、あたかも行ってる気分を盛り上げてみてました(笑)。
次回開催が、いろいろなタイミングが合ったらぜひ参戦したいな…(そうですよね?「や」様)と勝手に観光プランを練るのも、また楽しみとしています。
すてきな時間を過ごせてほんとうに良かったですね。
2. Posted by Tatsuya   2013年12月26日 00:45
どうもありがとうございます「お」さん!
LIVE版拝聴いただき、ありがとうございます
たしかに、ホームならではの盛り上がりでした。
広島弁も100%通じるだけに、ポロリと出てもまったく問題ないので、とても楽でした
「言いたいな」、「伝えたいな」、と思ってたことの半分も話せなかったのですが、それでも構わない、まさにライブなライブでした。
姉、実は二人おりまして、僕はいわゆる末っ子長男でございます(^^
詳細につきましては、僕は構わないのですが、姉たちが迷惑がる可能性もあるので、別メディアでお知らせいたします(笑)
いやー、ほんと、是非、広島参戦、よろしくお願いします!
次回は、本文中にも書いていたように、休日の早い時刻で終わるようなタイムスケジュールでできたらなと思っておりますので、是非、是非、「や」さんと共に

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)

年末Special LIVE!
2017年12月19日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ