2016年07月25日

映画『ブルックリン』を観た!

昨日は映画『ブルックリン』を観た。
IMG_7300原題:BROOKLYN
邦題:ブルックリン
監督:ジョン・クローリー
原作:コルム・トビーン
劇場:日比谷シャンテ

内気で垢抜けないアイルランドの女の子が、たくましいニューヨーカーへと成長していく物語。
舞台は、1950年前後のアイルランドとニューヨーク(ブルックリン)。
ブルックリンは、僕が最初に住んだ外国の街であり、また、アイルランド好きな僕としては、「こりゃ観んと!」という作品。
アイルランド移民の話といえば、通常、大家族の次男 or 三男 or 四男 or 五男といった男性が主人公のものが多いが、この作品はエイリシュという二十歳そこそこの女性。
渡米直後はホームシックで泣いてばかりいた女の子が、トニーというイタリア系の男性との出会いをきっかけに、徐々にたくましく成長していく。
ブルックリンにあるアイルランド系女性専用寮のようなところに住んでいるのだが、そこでの夕飯時の会話や、トニーのお宅を訪れた時の、イタリア系らしい家族の雰囲気や会話がとても楽しい。
大声を出して笑ってしまうようなシーンもあるが、コメディではありません。
新天地での暮らしを楽しめ始めたエイリシュの元にアイルランドから訃報が届く。
母を慰めるため帰国を決心するエイリッシュ。
トニーとの未来は!?
IMG_7303小さなエピソードもすべてちゃんと意味があり、モヤッとするところがなかったのも良かった。
途中から、どんな方向に話しが進んでいくのか分からなくて不安になるが、納得がいく形で上手に締めてくれた。
当然のことながら、男性より、女性の方がより楽しめる映画かもしれなが、僕の場合、ブルックリンとアイルランドなので、それだけで十分楽しめた
さりげなく書いてるけど、かなり良い映画ですぞ

アイルランドといえば、「シング・ストリート 未来への歌」という映画が現在ロードショー中。
こちらも観たい!!

waits2 at 01:31コメント(0)トラックバック(0)映画 | 銀座 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年8月24日(木)

秋のSpecial LIVE!
2017年9月14日(木)

マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ