2016年08月13日

『羊と鋼の森』

『羊と鋼の森』を読了。
IMG_7400著者は宮下奈都さん。
読んだきっかけは、BS日テレの『久米書店』。
先週?先々週だったかな?に宮下さんがゲストで出ていた。
その週は店主(という設定)の久米宏がお休みで、店員(という設定)の壇蜜が一人で宮下さんをお迎えし、魅力を引き出していた。
正確な言葉は覚えてないが、『北海道の山奥で生まれ育った青年が、ピアノと出会い、調律師の道を歩み始める最初の一歩までを描いた作品』と紹介。
テレビ慣れしていない著者が一生懸命自著を説明したのだが、「こう説明するとちっとも面白くなさそうですね」と照れくさそうに話していたのに好感を抱いた。
で、読むと、説明通りの話だった
驚いたのは、色々あってピアノと出会う、あるいは調律師という職業を知る、のかなと思っていたら、始まってすぐに調律師への道を歩み始めるではないか。
「おいおい、最初の一歩もう済んだじゃん、ここから何を描くの?」と思いながら読んだのだが、ピアノと調律師、これらが極上のメタファーであることに気付かされる。
「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体...」これは、主人公が師と仰ぐ調律師に「目指す音」をたずねた時に答えてくれた言葉で、原民喜の文章の一節。「文体」を「音」に置き替えろと言うことだ。
きっと、著者が目指している文体だろう。
音と真っ正面から向き合う本ってなかなかないので、面白かった。
あ、今更ですが、「羊と鋼の森」とはピアノです

waits2 at 01:28コメント(0)トラックバック(0) | テレビ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年7月26日(水)
2017年8月24日(木)

秋のSpecial LIVE!
2017年9月14日(木)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ