2016年11月06日

予想を遙かに超える黒田!偉人の仲間入り!

昨日は物凄いものを見た
41年振りの優勝パレード

14937134_1221131301281941_920732176_n14937096_1221131544615250_1831851877_n

平和大通りに31万3千人のファンが集まった。

14937866_1221131584615246_1121860710_n14962244_1221131481281923_1230575395_n

笑顔の選手たち。
沿道のファンも、夢のような時間を過ごしたことでしょう

14962872_1221131694615235_1717301340_n14963093_1221131777948560_2039587363_n

僕もパレード開始1時間前から始まったケーブルテレビの生中継を楽しんだ

パレードに続き、午後はマツダスタジアムで優勝報告会&黒田博樹引退セレモニーが行われた。
こちらはケーブルテレビでの中継がなかったので、ネット配信を観ることに
緒方監督の挨拶の後、選手たちは優勝ペナントを持ってグランドを一周。

4103

1700

続いて、黒田博樹引退セレモニー。

1737

「世界一のカープファン」への挨拶の後、新井からの花束贈呈。
新井はマウンドの上で渡したかったようだが、黒田はそれを固辞。
マウンドの手前に新井を導き、そこで花束を受け取った。

5812

何気ないこのやり取り、実はこれから後に見せられる大感動シーンの予兆だった。

4708

記念写真を撮った後は、スタンドのファンにサインボールのプレゼント
黒田だけでなく、全選手がボールを投げ込んだ。

3600

4716

黒田は、120球も投げ込んだ。
新井の先導のもと、黒田の胴上げが始まった

4904

2326

優勝の時は涙だったが、この日は本当に幸せそうな笑顔

3442

背番号の数だけ宙を舞った。

4849

4835

3138

全選手と握手&抱擁した黒田は、一番最後に控えていたスラィリーともハグをしようとしたが、スラィリーは、恐れ多いとばかりに後ずさりし、黒田に対してひれ伏した。

4348

これを見て黒田は笑顔で振り返り、そのままマウンドから離れ、スタンドの観客に手を振りながらグラウンドを去るのかと思いきや、突然、マウンドの方へと振り返った。

その感動シーンは、あまりにも突然に訪れた

1010(4)

やおら片膝を着いたかと思うと、マウンドに対して祈りを捧げるようなポーズでうつむき、約30秒の間、去来するさまざまな記憶や想いに感涙する姿を、満員のスタンドと画面を見つめる全国のファンに惜しげも無く見せてくれた。

2022

あまりに突然で、あまりに素晴らし過ぎて、スタジオにいたアナウンサーも、山本浩二も、池谷も言葉を失っていた。
リーグ優勝での新井との抱擁シーンも突然だったが、今回も、予想を遙かに超える感動シーンを黒田は見せてくれた。

黒田は、なんとなく無骨で、ともすれば口下手な印象さえあるが、実はかなり雄弁。
雄弁というか、芯のある言葉を次々と繰り出してくる。
「40歳になりますし、あと何年野球ができるか分からないですし、カープで野球をすることの方が1球の重みを感じれる」、「選んだ道が「正解」となるように自分で努力することが大切」、「日本に帰るならカープ」、「最後はカープでユニホームを脱ぎたい」、「母親からもらった最も大切な信条 ー 信念を貫き通す」、「最後の一球」、「耐雪梅花麗」...。
ファンと自分の関係や、想いも、実に上手く言葉で表現する力を持っている。
昨年、今年と、黒田を取り上げたテレビ番組はたくさんあるが、これらが成立した理由は、黒田の真実の物語りが凄いからだけでなく、彼の言葉に力があるからだ。
しかし、最後の最後、言葉では到底表現できないものを、黒田は身体で見せてくれた。

1527(2)

生きる伝説。
友人の唐川が言うように、王も長島もとっくに越えた存在
どんなに野球が上手くても、どんなに素晴らしい記録を残しても、こんなに凄い感動を与えてくれる選手は、もう二度と現れないだろう。
黒田が僕らにくれたもの、見せてくれたものは、野球を越えたもの。
もはや、歴史上の人物(ガンジー?西郷隆盛?)クラスの偉人です

黒田は、セレモニーの最後、マウンドに敬意を示すことを決めていたに違いない。
花束贈呈をマウンドの上でしたがった新井を手前に呼び寄せたのは、後で敬意を示すつもりの聖なるマウンドをきれいにしておきたかったからだろう。
あの時、「どうして?」と思ったのだが、後で「なるほど!」と合点がいった。

それにしても、もの凄いものを見た。
現地ではないが、生中継で観られたのは、とても幸せだった。
この超劇的なシーンを、最も近くで見たのはスラィリーだった。
あまりに凄すぎて、立ち尽くすスラィリー。

IMG_8131

着ぐるみ姿なのに、中の方の動揺する気持ちが後ろ姿から伝わってくる
(この写真は、現地にいたカープ女子のうえむらちかさんがツイッターにアップしていた画像。ブログでの使用許可をお願いしたところ、快く承諾してくれました。ありがとうございます

本当に感動した。
さっきまで笑顔だった黒田が、突然の涙。
ここ数年で観たどんな映画よりも感動した。
密かにハリウッドあたりに映画化を目論んでいるプロデューサーがいるんじゃないだろうか?
黒田は、数値化できない人間の価値、魂の価値を、その行動で、生き様でもって表現できることを全世界に見せつけてくれた。
映画化するなら、この辺を感じさせるようなものじゃないとダメよ!

3435

黒田と同じ誕生日の人間として、恥ずかしくない生き方をしよう!と心に誓いました。
心からありがとう!黒田博樹投手!

waits2 at 03:13コメント(0)トラックバック(0)カープ | イベント 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年4月24日(月)
2017年5月19日(金)
ワンマンライブ!
2017年6月16日(金)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ