2016年12月21日

2nd Set & 今月の新曲は"once"

それでは、16日のライブレポートの続き。
セカンドセット
 Second Set
11. Amie(Y&T)
PC160317この曲は、ダミアン・ライスというアイルランドのシンガーの曲で、又吉くんが「これをやりましょう」と選んでくれました。
僕がダミアン・ライスを知ったのは、半年くらい前で、教えてくれたのは又吉くんでした。
この"Amie"という曲は、ダミアン・ライスの"O"というアルバムの6曲目に収録されている曲で、この歌詞の中に、"read me the story of "O"というフレーズが出てきます。
アルバムタイトルは、この"O"からきてるのですが、さすがはアイリッシュですねぇ。
「なんでアイリッシュなんだ?」
はい、僕がこの歌詞を読んだ瞬間に思い出したのは、エルビス・コステロです。
彼は英国人ですが、アイルランド系なので。
「なぜ、コステロを思い出したんだ?」
はい、コステロのファーストアルバムのタイトルは、"My Aim Is True"
このアルバムの5曲目に"Alison"という曲が収録されているのですが、その曲の歌詞の中に、"My Aim Is True"というフレーズが出てくるのです。
そう、同じ構造というわけです
ニクイねぇ、アイリッシュ
この曲、覚えるのに結構時間がかかりましたが語るように歌えるようになると、滅茶苦茶気持ちが良い曲です
気持ち良く歌えました

12. Spain (D Solo Piano)
PC160330大ちゃんの十八番中の十八番。
iPadのアプリに"Spain"と入力し、大ちゃんの方に見せると、ピアノを弾きながら「正解」とばかりにうなずいてくれました
それにしても、圧巻でしたね。
いつにもまして、湧き出るインプロビゼーションを楽しんでました。
大ちゃんのピアノの目の前の席に座っていた又吉くんのお友達らしきお客さんは、最初から最後まで、圧倒された感じで聴き入っていました

13. 二人は(Y)
14. Snow Melody(Y&T)
PC160325又吉くんのソロに続いて、三度、ギターコーラスで参加しました。
この曲は、今回、初めてお手伝いさせてもらいました。
僕が又吉くんに手伝ってもらってる曲はたくさんあるのですが、僕が又吉くんをサポートできる曲はこれまで2曲しかありませんでした。
これでは、今回のスペシャルライブをイーブンにすることができません。
「ならば!」と、もう2曲ほど、新たに覚えさせてもらいました。
又吉くんから、これといった注文はなかったので、それだけに、果敢に絡むべきか、余計なことはしない方が良いのか、迷うところです^^
迷った挙げ句、Cメロに、ちょっと難しいコーラスを付けさせてもらいました。
正直、又吉くんの曲は、結構、難しいんですよ。
僕が作るような単純な曲と違って、又吉くんが書くメロディは、コードに対して微妙な音を取ってるので、なかなか直感だけで、ハモを付けることが出来ないんですよ^^
でも、頑張りましたよ

PC16033715.スランチェ(T&D)
アイルランドのアラン島を訪れたことで生まれたこの曲、やはり歌わないといけないでしょう^^
この曲は、自分のその日の調子を確認することができる曲でもあります
ごめんなさいm(_ _)m
正直、この日、僕の喉の調子は絶好調とはほど遠い仕上がりでした。
原因は悪い発声で喋り過ぎたからではないかと
さらに、お酒までいただいていたので
深く反省
しかしながら、気持ちはいつもよりさらに入っていたと思いますので、ご容赦くださいませ^ ^

survery16. Merry Christmas Mr. Lawrence(戦場のメリークリスマス) (Solo Piano)
12月だというのに、クリスマスを感じる要素がまったくないではないかということで、この曲を大ちゃんが選んでくれました。
しかし、即座に何の曲か分からず、iPadを持ってボーッとしていた僕に又吉くんが、「『戦場のメリークリスマス』だと思います」と教えてくれました

17. ティア(Y)
僕が大好きな又吉くんのオリジナル。
これを歌う前のMCで、又吉くん、じゃなくて大ちゃんが大活躍^ ^
色んな話しが出た後、「"ティア"は、スペイン語で"おばさん"という意味」だということを又吉くんが説明してくれました。
僕がベタ褒めした後に歌わなければならなくて、ハードルを上げ過ぎて申し訳ない気持ちにちょっとなりかけましたが、そんな心配なんか吹き飛ばす見事なパフォーマンスを見せてくれました!
アンケートでも、又吉くんのソロでダントツ人気でした!

18. prism (Y&T/途中からTrio)
さて、この曲の番がまわってきました
この曲は、ある意味、この日、最も楽しみにしていた一曲でした
僕と大ちゃんが
又吉くんのオリジナルに僕がギターコーラスで参加するパターンの曲ですが、タイトル横のカッコ内を見てください(Y&T/途中からTrio)とあります。
そうなんです、途中から大ちゃんが加わってくれました。
しかし、間奏から大ちゃんが乱入することは、又吉くんには内緒でした
そう、サプライズだっのです
ライブの一週間くらい前に又吉くんとリハをしたのですが、それ以前から僕はこの曲の間奏を大ちゃんにサプライズで弾いてもらうことを目論んでいました^ ^
間奏で、僕と又吉くんはギターでコードを弾いてるだけだったので、もしかすると又吉くんが何か「こうしたい」というアイデアを出してくる可能性がありました。
ただ、僕としては、大ちゃんにたっぷり弾いてもらえるよう、この長さをしっかり確保しておきたかったので、僕はギターストロークに所々アクセントを加えるなどして「これで持つよね」とアピールしたのでした。
「だったら大丈夫かな」という風に又吉くんは間奏に特に言及することなく本番を迎えることに。
もちろん、僕は本番の数日前に大ちゃんに僕と又吉くんでこの曲をリハした音源とコード譜を送信し、「間奏から乱入して欲しい」旨を伝えました!!
さあ、間奏が近づいて来ました!
You can do everything from any day and any way.
You can do everything from every day and everywhere.
と僕と又吉くんが歌っているところで大ちゃんが立ち上がり、何も言わず、又吉くんとピアノの間をすり抜け、ピアノの前へ。
daichan1daichan2
GO!
言うまでもなく、リハは一切していませんでしたが、完璧な間奏を奏でてくれました
又吉くん、喜んでいましたねぇ。
しかしながら、又吉くん、サプライズ演出だと思わなかったようで、大ちゃんがふと思いついて乱入してきたと思ったようです。
たしかに、キーさえ知っていれば、大ちゃんならいくらでも弾けるので。
ただ、ブレイクとかがあるので、「あそこ、止まって欲しいんだけど、どうしよう」と心配そうな面持ちで大ちゃんの方を何度も見ていましたが、大ちゃんは、『任せなさい』とばかりに小粋なフレーズをたたき込み続けました^ ^
すべてのやり取りが愛らしく、僕は大満足でした
一方、お客様も、この大ちゃんの乱入は、又吉くんへのサプライズではなく、単にそういう演出だと捉えていたようでした。
そのくらい完璧な演奏だったということですね
いや〜楽しかった!
喜んでくれて、ありがとう!又吉くん!
そして、このアイデアに快く応じてくれた大ちゃん、ありがとう

19. フォトグラファー(DS/Guitarless Trio)
PC160353今月のDSです。
又吉くんのコーラスがある曲だけに、これ以上ない、最高の選曲をしてくれました!
流石!大ちゃん!
前奏なしで、最初のコードから二拍半?あたりで又吉くんと二人で飛び込みました。
ギターを抱えた二人が一切弾くことなく、大ちゃんのピアノ伴奏だけで、最初から最後まで心地良く歌いました。
僕も新鮮でしたが、又吉君はさらに新鮮に感じながら歌ったことでしょう。
アンケートでは、僕のオリジナル曲のトップ人気でした
kokoro20.こゝろ (Trio)
この曲のお陰で又吉くんと、このようなスペシャルライブをするようになったわけなので、感謝の気持ちを抱きながら歌いました。
それにしても又吉くん、他の曲はとても繊細な声なのに、この曲の合いの手の時はいきなり男らしさ全開になるんよねぇ。
不思議&カッコええわぁ!

21. once (Trio)
2016-12-16さあ来ましたよ、今月の新曲!
しかもこの新曲は、僕にとってだけでなく、又吉くんにとっても新曲なんです!
そう、この曲は、僕と又吉くんとの初の合作でございます。
この曲が生まれたのもほんと偶然で、又吉くんとのいせやでの打ち合わせをした日の午後、僕は家でギターをつま弾いておりました。
すると、あっという間に一番のAメロとザビが出来上がったのです!
しかも歌詞も一緒に!
onceKashiあの日に、あそこまで出来たので、又吉くんとの共作を思いついたのです!
あの時点で既に輪唱のプランはあったので、ライブでお客さんと歌うことも決めていました。
ちょっとだけ複雑なので、鬼コーチにならなければならないかもしれないが、赤鬼だろうが青鬼だろうが、何鬼にでもなる覚悟を持ってたので、迷いなく指導をすることができました
右の歌詞は、今回お配りしたアンケート用紙の裏に印刷したものです。
大きな文字のところをお客様に歌っていただきます。
たくさんあるんです。
そして、ポイントは、「こう」です
この部分だけは輪唱ではなく、メインのメロディとハモります
いやー、楽しかったなぁ。
嬉しかったなぁ。
アンケートでも、この新曲の"once"が人気ナンバーワンでした
この曲、今後僕のライブで、バンバン歌っていきたいところですが、残念ながら、又吉くんのパート、僕には歌えないのです
見事なファルセットで、しかもちょっと沖縄音階だったりするので、僕には到底歌えません
しかし、考えようによっては、スペシャルライブでしか聞けない、ならではのナンバーが出来たと思えば、それはそれでとても良かったのではないかと
こりゃ、このスペシャルライブの頻度を上げていかんといけんね
ちなみに、タイトルの"once"、はじめから決まってたわけではないのです。
英語のonceにはたくさんの意味があります。"一回"という意味もあれば、"かつて"、的なニュアンスもあったり、"一旦〜すれば"という節を作ったり、それから転じて、"でありさえすれば〜だったのに"から"本当なら〜なのになぁ"とちょっと負け惜しみ的なニュアンスもあるんだとか。なので、呑んだくれのアイリッシュが"once I ..."と言うと、「あーあ、またあいつのonceが始まったよ」と言われるようなニュアンスがある言葉のようです。
又吉くんとデータのやり取りをしていた時は別の仮題を使っていたのですが、又吉くんとのリハをしに出掛ける直前に、妻が映画のプログラムを見つけて、「"once"は?」と。
まさにあの映画のプログラムが目に入り、ピンときたわけです。
こんなにドンピシャなタイトル、他にはありません!
過去のニュアンスも未来のニュアンスも含んだ不思議な言葉。
縁もゆかりもあるし、歌詞の内容にもピッタリ!
もちろん、又吉くんも「異議無し!」でした。
PC160386PC160390
3人で待機席に座り、アンコールの拍手を堪能いたしました
 アンコール
24. Fifteen (Trio)
IMG_8402IMG_8399
「お」様"15"フラッグ、ありがとうございました!!これが最後かもしれないと思いながら、心を込めて歌いました。
IMG_8400PC160400
25. Mrs.Robinson (Trio)
サイモンとガーファンクルの名曲です。
僕と又吉くんのハモも、まずまずイケてるとは思うのですが、この曲は大ちゃんのピアノが最高にカッコエエんよねぇ。
Musicを堪能させてもらいました。
PC160408いやー、実に楽しい、本当に楽しいライブでした
今回、一番驚いたのは、その長さ。
前半は一時間くらいでほぼ予定通りだったのですが、後半、アンコールが終わったのが、なんと10:40くらいだったのです!
休憩を入れてほぼ3時間!
予定よりかなり長くなってしまったのですが、本当にあっという間だったのです!
出演者は短く感じても、お客様の方はダレてしまう可能性は十分ありますが、幸い、お客様も「あっという間」だったそうです。
これは何よりも嬉しいことでした!!
おそらく、次から次へとパフォーマーが入れ替わる演出と、待機席と、大ちゃん乱入サプライズの効果だと思います!!
改めまして、寒い中、ご来場くださり、嬉しいアンケートを書いてくださったお客様、ステージ席を快く用意してくださったマンダラ2のスタッフの皆様、"once"を素敵な曲に仕上げてくれた又吉くん、ピアノとMCで盛り上げてくれた大ちゃん、心よりありがとうございました
来月も、再来月もノーマルの対バンライブですが、できるだけ近くに、またこのスペシャルライブを開催したいと思いますので、その折りには、是非、是非、是非、また、歌いにいらしてください



waits2 at 19:12コメント(2)トラックバック(0)ライブ感想 | リアルライブ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by お   2016年12月22日 00:07
いや〜もうほんとうに楽しくて、実際の時間は長かったのに矢のようにライブ時間が過ぎましたよ!
アンケートの裏に"once"の歌詞が出ていたのですが「提出」してしまって読めないので、このブログで見て思い出しています。ていうか今にも唄えます(笑)。皆さんと一体化がすごくて楽しかったなあ。
そしてまたアンケートの回答方法が重層化(?)されていたので、私も周囲もめちゃくちゃ真剣に用紙とにらめっこ。回答するためにより深くライブに浸ったかもな効果が⁉

いろいろな趣向と変化球もあり、3人の熱気もとても感じて、今年の年末ライブもスペシャル充実でございました。
今年もいろいろとお世話になりました。
またの音楽との出会い、楽しみにしております♪
2. Posted by Tatsuya   2016年12月22日 08:26
「お」様 ありがとうございます!
楽しんでいただけて、何よりです!
後半を始めたのが21:15くらいで、全部終わって時計を見ると、10:48だったので、本当に驚きました!
後半だけで一時間半って、長過ぎ^ ^
お陰様で、皆さんにとっても、本当にあっという間だったようですが、さすがに終わった後、出演者もクタクタだったようです^ ^
やはり、皆さんも歌うと気分がスッキリするので、時間を忘れたのかもしれませんね^ ^
ありがとうございました!
また、来年もよろしくお願いします!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)

年末Special LIVE!
2017年12月19日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ