2017年02月27日

映画「ラ・ラ・ランド」を観た

IMG_8913映画「ラ・ラ・ランド」を観た。
原題:LA LA LAND
監督・脚本:デイミアン・チャゼル
主演:エマ・ストーン、ライアン・ゴズリング
劇場:TOHOシネマズ 府中

アカデミー賞13部門14ノミネートされている作品ということで、そりゃどうしても期待してしまうよね
えー、
大変僭越ながら
百点満点で
82点
といったところでしょうか
期待してなければ85点はいっていたかもしれませんが
冒頭の高速道路のシーン、ここが一番の見所ですね。
あの長回しは頑張りました
ストーリーには期待していなかったけど、予想通り、今一つだったかと
もう少しワクワクさせて欲しかったなぁ。
それと、主演の二人から、"この二人でなくてはならない感"があまり感じられなかった。
エマ・ストーンは、2012年に観た映画"The Help"の主演を務めた大好きな女優だが、あの時の彼女は素晴らしかった。
しかし、正直、今回のこの役は、彼女である必要がないように思われた。
あ、あのシーンは良かったけどね
良かったのは、やはり、音楽だろう。
曲が、というより、音が。
そう、音がとても「生」だった。
ハードディスクではなく、テープで録った音のように感じた。
ジャズ好きな監督だけに、十分考えられる。
IMG_8914そうそう、エンドロールに、"Japanese Folk Song"という文字が見えたので、"何?"と目をこらすと、Rentaro Takiの文字と、Catsleという単語がチラと見えたような。
ということは、荒城の月?どこで?と思っていたら、プログラムを見ると、セブ(男主人公)が何度もレコード針を落として練習していた曲が、セロニアス・モンクがカバーした「荒城の月」だったようだ。
まったく気付かなかった、お恥ずかしい

本作品、アカデミー賞をいくつ受賞するか分からないが、エマ・ストーン、それほどノリノリで出演していなかったんじゃないかと邪推している
本気なら、もうちょっとちゃんと踊ってたんじゃないかな、と
そうそう、エマちゃん、日本ではまだ公開されていないウディ・アレンの映画に2本くらい出演している模様。
これまた邪推だが、本作品のデイミアン・チャゼル監督はまだ若干32歳。
80オーバーのウディとの仕事に比べると、つまらなく感じてしまっていたのではないかと...
邪推です。あくまで、邪推ですよ

waits2 at 00:28コメント(0)トラックバック(0)映画  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年8月24日(木)

秋のSpecial LIVE!
2017年9月14日(木)

マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ