2017年03月28日

春のスペシャルライブ前編

昨晩は吉祥寺マンダラ2にて「春のスペシャルライブ」を開催いたしました。
予想以上の、想定以上の多数のお客様にご来場いただき、かなりテンションが上がりました
昨年12月に「年末スペシャルライブ」を開催しましたが、今回はその第2弾という感じ。
3人が入れ替わり、立ち替わりで演奏する方式は前回と同じですが、今回はさらに大きな演出を加えました。
それは、ピアノをステージから下ろして客席中央に配置し、歌い手2人がそのピアノを囲むようにして立ち、3人が向かい合って演奏するという超大胆なセッティング。
P3270063P3270015
このようなわがままなレイアウトが実現出来たのは、マンダラ2スタッフの皆さんのご協力のお陰でございます。
ありがとうございました
「ふむ。客席を占拠して、じゃ、お客さんはどこに座ったのだ?」
はい、僕たちを囲むようにして座っていただきました。
IMG_9367IMG_9368

IMG_9369IMG_9370

IMG_9371
P3270139

「おい、ちょっと待て、これはいつの写真だ?」
はい、昨晩の様子でございます。
「嘘を申すな!こんなにお客さんが入るわけないだろう!」
そうなんです。こんなに入るなんて、誰も予想をしていませんでした^^
ピアノで客席を占拠するというこの大胆なレイアウトは、我々の集客力のなさを逆手に取ってのアイデアだったのですがところがどっこい、予想以上のお客様が
そりゃ、張り切りますよねぇ

さて、改めまして、昨晩の出演者はこの3人です:
丸本達也(Vo&G)=T、竹内大輔(pf)=D、又吉康人(Vo&G)=Y
そして、こちらが昨晩のセットリスト:
 First Set
P32700491. Falling Slowly(Trio)
2. 絵描きじゃないけれど(T&D)
3. フォトグラファー(Trio)
4.ナイトフライト(Y&T)
5. Mr.fallin(Y)
6. Overjoyed (Solo Piano)
7. C'EST LA VIE(T&D)
8. 花火(Y&T)
9. ティア(Y)
10. こゝろ(Trio)

 Second Set
P327003811. Fix You(Trio)
12. MushUp(Trio)
13. Spain (Solo Piano)
14. 二人は(Y)
15. 声(Y&T)
16. ゆやゆよん(T&D)
17. スランチェ(T&D)
18. Snow Melody(Y&T)
19. TOM(Trio)
20. prism(Trio)
21. once(Trio)

アンコール
22. 春(Trio)

恒例のセルフ解説
 First Set
P32700121. Falling Slowly(Trio)
年末スペシャルライブ同様、又吉くんが用意してくれたSEが鳴り響く中、待機席にて三人で「スランチェ」した後、ステージへ。
お客様がたくさんいると、とっても嬉しいと同時に、やはり緊張するんよね
有り難い、まことに有り難いと感じながら歌いました。
歌い終わった後、この曲が映画「once」のテーマ曲であることやアンケートの説明もするはずだったのに、お客さんの多さにのぼせたのでしょう、完全に忘れてしまいました


IMG_30702. 絵描きじゃないけれど(T&D)
喉の調子はまずまずでした。
この日は、開店ギリギリまでリハをやらせてもらったので、喉の状態を維持したままだったので、2曲目にしては声が出ました。

3. フォトグラファー(Trio)
MCを挟まずにメドレーで。
待機席に座っていた又吉くんもタイミングよくスタンバってくれたのでスムーズにスタート!
僕が出したイントロギター、少しテンポが速かったかもしれないけれど、大ちゃんも又吉くんもガツン!と来てくれました。

P32700404.ナイトフライト(Y&T)
又吉くんのオリジナル曲にコーラスとして参加。
「うずいてる」とハモるところがあるのだが、ここが実は難しい^^
が、昨晩はかなり上手くいって、個人的に嬉しかった

5. Mr.fallin(Y)
又吉くんのソロ。
ほぼメドレーで突入。
僕は静かに待機席へ。
が、席に着いたと思ったら、歌詞本を落として静寂をけがしてしまったSorry
又吉くんの声の調子も徐々に上がって行くのが分かりました
自分にとっても良い刺激です

P32700456. Overjoyed (Solo Piano)
直前の又吉くんの"Mr. fallin"の曲調を確かめて、その場でこの曲を演奏することに決定
いつものごとく、ノープランで演奏開始
今、この時のライン音源を聴きながらこれを書いているのだが、こりゃええ塩梅じゃ
お客さんとして聴けたらさぞや満喫できたろうに、僕は次の曲をメドレーで入る予定なので、タイミングを見計らうのに必死
でも、知っている曲だったので、助かった


P32700467. C'EST LA VIE(T&D)
"Overjoyed"への拍手の中でちゃんとスタンバりました。
大ちゃんとアイコンタクトをとり、スムーズに前奏スタート。
ところが直前にチューニングのため、僕はギターの音量をゼロにしていたのをすっかり忘れていて、2小節くらいギターは生音だけでした
"C'EST LA VIE"のコール&レスポンスもいただき、ほんま、嬉しいわぁ。
お願いも、指示もないのに、当然のようにいただけて....まっちゃんに感謝じゃね

8. 花火(Y&T)
又吉くんのオリジナル曲にコーラスとして参加。
改めて言うと、僕と又吉くんの声質は全然違う。
又吉くんは綺麗な高音であるのに対し、僕はちょっと癖のあるハスキーなので、普通に考えると、この二人がコーラスをしてもあんまりいい感じのハーモニーになるとは想像し難い。
P3270055実際、最初の頃は、単にそれぞれがちゃんと歌うことで成立させるハモだったような気がするのだが、回を重ねてくると、混ざり具合の心地よさを、身体(喉や耳)が探りあてようとしていることに気付いた。
又吉くんが描くであろう波と同じ波を描こうとするのではなく、又吉くんとは別の波なのに、ぶつからない、消し合わない、それどころか、予期しない美しい波を、身体の方が作ろうとしているようなのだ。
インする場所がジャストでなくても成立させることができるバランスを身体が見つけ出してきているような気がする。
実のところ、コーラスやハモは、声質で合う、合わない、というより、その辺のバランスを理解している者同士であるかどうかの方がポイントのような気がする今日この頃である

IMG_93759. ティア(Y)
又吉くんのソロ
待機席にて、またしても感涙
この曲は早いことレコーディングしてもらいたいものじゃ。

10. こゝろ(Trio)
又吉くんとコラボをするきっかけとなった曲。
"ティア"を聴いた後だけに、純粋に"歌う"ことに没頭できたような気がします。

以上が前半のセットリスト。
右の画像は昨晩回収したアンケートです。
これを読むのがほんと楽しいんですよ!
ということで、今日はここまで。
後半は明日以降に

waits2 at 18:40コメント(0)トラックバック(0)ライブ感想  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年8月24日(木)

秋のSpecial LIVE!
2017年9月14日(木)

マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ