2017年03月29日

春のスペシャルライブ後編

昨日の続き
P3270083ファーストセットでのMCで、大ちゃんが席の移動交換を促した効果があり、休憩中、何人かのお客様が席を交換し、別角度からステージを楽しんでくださったようでした。
見えるアングルが異なるだけでなく、音の聞こえ方も全然違うので、お互い2倍に楽しめたのではないでしょうか!
僕と又吉くんは、マイク1とマイク2を曲によって入れ替えながら歌いました。
これは見た目の変化のためというより、ゼンハイザーマイクの方がやはり断然音が良いので、そちらをメインボーカルのマイク1として使うようにしたわけです。
マイク2も一応、コンデンサーマイクだったのですが、やはり繊細さ、パンチ力、共に劣るところがありまして、しかし、逆にコーラスには丁度良かったのではないかと思います

 Second Set

11. Fix You(Trio)
Coldplayのカバー曲。
今年からマンスリーライブで、DSの代わりにカバー曲を1曲演奏する"Covers"というコーナーを始めたのですが、今月のカバー曲がこの曲であることをMCで伝えるのを忘れてしまいました
1月は僕のチョイスでニーナ・シモンの"If You Knew/Let It Be me"、2月は大ちゃんチョイスで映画「バグダッドカフェ」のテーマ曲"Calling You"をカバーしたのですが、今月は僕チョイスでこの"Fix You"をカバーしてみました。
初めて聴いた時から大好きになった曲で、いつか歌ってみたいとは思っていたのですが、とても僕一人でこの曲を良い感じに仕上げる自信はなかったので、又吉くんと一緒に歌う今回、今月のカバーとして挑戦させてもらいました
幸い、又吉くんも大好きな曲でした
実はこの日、大ちゃんは名古屋から高速を飛ばして東京に戻ってくるというハードなスケジュールだったのですが、もしかするとリハに間に合わないかもしれない!?とのことでした。
なので、「もしかして最後は走って本番入りかも!?」と笑っていたのですが、もしそうなった場合、このPVみたく派手に決めてもらおう!と話していたのでした


先に「初めて聴いた時から大好きになった」と書きましたが、実は僕が初めてこの曲を聴いたのはオリジナルではなく、『ヤング@ハート』(Young@Heart)という長編ドキュメンタリー映画の中で、携帯用呼吸器を付けたご老人がナイスボイスで歌うこのシーンでした。


一人でもこんな風に歌えるくらいの声、いや、人生を持ちたいものです。

12. MushUp(Trio)
と書いていますが、これは、僕のオリジナル曲「パッセイジー」とビートルズの"All You Need Is Love"をミックスした曲です。
今回で4回目くらいの挑戦だと思いますが、そのすべてを聴いているしんちゃん曰く、「今までで一番の出来」だったようです。
実際その通りだったかと

P327009513. Spain (Solo Piano)
何度聴いても毎回異なるテイストで楽しませてくれます。
今回は大ちゃんを超間近で、真横から、真後ろから観れたので、皆さん、耳だけでなく、視覚的にも満喫したことと思います!!

14. 二人は(Y)
又吉くんのソロナンバー。
この曲、密かに僕のお気に入りです。
又吉くんの真後ろで楽しませてもらいました

P327010315. 声(Y&T)
この曲は又吉くんのオリジナル曲なのですが、僕がメインで歌わせてもらいました。
というのも、MCでもお話したように、僕は又吉くんに以前から歌ってもらいたかった僕のオリジナル曲があり、それを今回又吉くんに歌ってもらうことをお願いし、代わりに僕も又吉くんの曲を歌うことを提案したところ、「ま、この曲なら丸本さんでも歌えるでしょう」と又吉くんに見繕ってもらったのがこの曲です(そんな横柄な発言を又吉くんがするわけがない
ところが、当然のことながら、又吉くんのキーは高過ぎてとても僕には歌えません。かといって、下げると、今度は低いところの良い雰囲気が出し難い。
なので、キーはオリジナルのままで、2番の高音のところは又吉くんと入れ替わってもらい、僕は下のハモを作る、のではなく、主旋律と絡まるまったく別のメロディーを作ったのでした!
これがですね、自分で言うのもなんですが、なかなか良い感じのラインで、とても楽しく歌うことができました
越えねばならぬ山があると、人はなんとかするもんですね
ある意味、僕がとった作戦は、山を登らずトンネルを掘る!というものだったかと
中々の掘削力に、自分でも感心しました

P327011116. ゆやゆよん(T&D)
2月に初披露した曲。
なので、他の曲に比べると、かなり新参者色があったかと
しかし、よちよち歩きな曲だけに一番可愛くもあったりするのです。
超常連のお客様が先月のライブを観ることが出来なかったので、この曲は入れておかねば、と。
この日、最も地味な曲だったかもしれませんが、アンケートではいくつか丸があり、ホッとしたのでした

17. スランチェ(T&D)
大ちゃんのピアノのイントロにスッと心が揉みほぐされ、なんとなく情感だけに任せて歌うことをあの場にいらした方々から「構わないからいってみなさい」と促してもらったような気になり、甘えさせてもらいました
頭の中、最初はアラン島をはじめとするアイルランドの光景、やがて日常の景色が混じってきたかと思うと、ニュースか何かで見た様々な世界のシーンがコラージュのように交錯する様を見つめながら歌いました。

P327013318. Snow Melody(Y&T)
又吉くんの曲にコーラスで参加。
繊細な曲だけに、台無しにしてしまわないよう、僕も繊細にアプローチ
僕と又吉くんは、声質はもちろん、作る曲も異なるのですが、ダイナミックスを大切にしているところは共通しています。
ただ、又吉くんは、それをきちんと徹底できるのですが、僕はやはりムラがあるんよね^^
なので、最後まで気を抜かないようサポートしました

P327014119. TOM(Trio)
僕のオリジナル曲を又吉くんに歌ってもらいました!
先述した、僕が以前から又吉くんに歌ってもらいたかった曲とはこのTOMです。
ちなみに、TOMとは、子どもの頃、我が家で飼っていた犬の名前。
そう、猫ではなく犬
「可愛がってね」という僕のお願いに、又吉くんは見事に応えてくれました!
やはり、僕の見立ては間違っていなくって、アンケートでも、多くの方がこのTOMに高評価を与えてくれていました
嬉しい。

P327011720. prism(Trio)
又吉くんのオリジナル。
前回の「年末スペシャルライブ」では、又吉くんに内緒で、大ちゃんにサプライズ参加してもらいました。
今回は、最初から一緒に演奏
ライブ後半ということで、会場の皆さんから手拍子をいただきました

onceKashi21. once(Trio)
前回の年末ライブが初披露で、今回が2回目。
歌詞の中の大きい字のところをすべて歌ってもらいます。
そう、結構な量なんです。
なので、今回も、歌う前にしっかりと歌唱指導をさせてもらいました
実は今回、前回に比べてお客様の数が倍でした
なので、当然のことながら、お客様の音量も倍
ビックリするくらい、皆さん、大きな声で歌ってくれました
練習だけでなく、本番もしっかり
そして、驚いたのは、超自然発生的な手拍子
しかも、頭ではなく、ちゃんと2拍4拍で!
「どこかで練習してきたのか!?」というくらい、とても良い感じで、皆さんの楽しんでいるハートビートが伝わってきました。
嬉しかったなぁ。
今回で、多くの方がこの曲のコーラスパートを覚えてくださったのではないかと思います!
次回は、歌唱指導なしでもいけるんじゃないかと
量は多いけど、輪唱だし、メロも覚えやすいし。
最後の「こう」というハモは気持ち良いし
これを読んでいるあなたも、いつか是非!ですね!

アンコール
spring22. 春(Trio)
今回の新曲です。
アンコールの拍手がなくても突入する予定でした
"once"は僕発信で又吉くんに書き加えてもらいましたが、今回は又吉くん発信の曲に僕が書き加えて完成させました!
「春」というタイトルですが、又吉くんも僕も「春のスペシャルライブ」をまったく意識することなく曲を書き始め、書き上げていきました。
完成し、タイトルは何にしようかねという段階になって初めて、歌詞の中に「春」という言葉が入っていることに気付いたのでした
偶然のような必然
理想的な出来方と言えるでしょう
また、この曲をアレンジする時、大ちゃんがナイスなアイデアと適確な判断をしてくれて、曲のクオリティを一気に押し上げてくれました
もちろん、アンケートでも高評価をいただきました
"once"は自分発信で気が楽だったけど、受け手になると相当なプレッシャーがかかるだろうなぁと思っていたのですが、正直、メロはすぐに出来て、加筆の歌詞もかなり自信のある出来だったので、楽しかった
"once"と"春"、レコーディングするのもありかも!?

以上、後編のセルフ解説。

P3270149ということで、今回もとーーーーっても楽しいライブになりました
前回の年末ライブも本当に素晴らしかったのですが、今回はお客さんが倍でしたので、さらにさらにになりました。
今回も大ちゃんのマイクパフォーマンスは健在
酔拳のごとく、呑むほどに、ピアノも、リップも、滑らかになっていき「つなぎ」から「割り込み」から、誰よりも自由に、縦横無尽に、会場の空気を作り上げてくれました
又吉くんは、SEや照明アイデア、セットリストを決めてくれただけでなく、新曲、カバー、曲交換(TOM&声)と、僕のわがままを全部かなえてくれてくれました。
この二人には、本当、感謝、感謝でございます。
pianoそして、マンダラ2のスタッフの皆様にも、厚く御礼申し上げなければなりません!
今回のピアノレイアウトのアイデアをくださったのは店長で、これに積極的に取り組んでくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございました!
来月も、またよろしくお願いします
そして、
真冬の寒さの中、雨の日の月曜日であるにもかかわらずご来場くださいました皆々様、誠にありがとうございました
楽しんでいただけたでしょうか?
楽しませるつもりが、喜ばせるつもりが、楽しませて、喜ばせてもらってばかりで、本当に感謝感激でございます
今回も終わったのが10:30くらいでしたので、約3時間。
休憩を挟んでいたとしても、やはりちょっと長過ぎたかと
次回はもうちょっと曲数を減らして、クオリティをさらにアップして、臨みたいと思います!
また、是非、"once"を歌いに来てください!
ありがとうございました

waits2 at 19:13コメント(2)トラックバック(0)ライブ感想  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by お   2017年03月29日 20:55
お客様がてんこ盛りのマンダラ2にて、スペシャルレイアウトな華やかでかつ思いのこもったLIVE、ぎっしり詰まったお愉しみ時間に感謝です。
又吉さんと丸本さんのふたつの声質が、それはそれは良い感じに溶け合っていて、うれしくお聴きしました。
3人がステージで錯綜する様子も、この日だけのひとつのユニットのごとくで、ほんとうにこの構成は、作り甲斐もあるでしょうし面白いです。
TOMを歌い上げる又吉さん、素晴らしかったですね。「ゆやゆよん」もお聴きできて嬉しく、あらためてこの言葉の持つ力も感じておりました。
またいつか、"once"を歌いに行かせて下さいね!
2. Posted by Tatsuya   2017年03月30日 00:51
どうもです、「お」さん!
いつも、いつも、ありがとうございます!
「お」さんがTOM好きなことを知っていたので、今回、又吉くんのTOMを最も楽しんだのは、「お」さんと僕だと思っていました
期待通りの歌声を聞かせてくれた又吉くんに感謝ですよね^^
このスペシャルライブ、次回は秋を予定していますが、6月のワンマンライブに又吉くんが出演してくれることは決まっていますので、"once"も「春」も楽しめるはずでございます!
僕も今からとても楽しみです^^
その分、しっかりマンスリーのクオリティもアップしていきたいと思います!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年8月24日(木)

秋のSpecial LIVE!
2017年9月14日(木)

マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ