2017年08月25日

今月の新曲は「麦茶」

昨晩は、吉祥寺Manda-la2にてマンスリーライブでした。
(広島行きの新幹線の中で、これを書いております

昨晩のセットリスト:
P82400091. Ding-Dong
2. アヴァロン
3. ナイーヴ
4. Englishman in New York(CS)
5. トマトスープ
6. 麦茶(新曲)
7. スランチェ

恒例のセルフ解説
1. Ding-Dong
今年4月の新曲。
Ding-Dongとは、キーンコーン カーンコーン
前奏に、かのビッグ・ベンのメロディを拝借しております。
本家ビッグベンの大規模修理が始まり、この先4年間、あのメロディが聴けなくなるというので、代わりにお聴かせすることにしました

P82400162. アヴァロン
ギターの弾き語りから入り、Aメロの最後からピアノイン。
密かにどのタイミングで入ってくるか、毎回微妙に異なるので、楽しみなのです。

3. ナイーヴ
ちょいとブレイクを入れるという、プチアレンジを加えました。
それでも自分たちにとってはとても刺激的だったりします。
実を言うと、昨晩の自分の声、本来のものではありませんでした。
が、この曲は、いつもと同じ気持ちで楽しむことができました
密かにこの曲、「鉄板」に育て上げたいと思っております

P82400304. Englishman in New York(CS)
ご存知、スティングの大ヒットナンバー。
先月は僕チョイスの"New York State of Mind"を歌いましたが、今月は、New Yorkつながりでこの曲を大ちゃんが指定してくれました。
スティングだけに、キー変更が必要かと思いきや、なんとか原曲キーで歌えました。
まさに"語るように歌う"曲だけに、歌詞をきっちり覚えておくのがベストなのですが、日々、海馬の崩壊が続いている僕の脳に刻むことは難しく(自分の歌詞ですら覚えられない^^)「語る」、というより「読む」感じになってしまった不安あり
それにしても、このCSコーナー、想定以上の実りがある。
特に大ちゃんの指定曲は、自分では決して選ばない曲をズドンとくるので、楽しい!
と同時に、ほんと勉強になる。
もちろん、昨晩も大ちゃんのピアノ、炸裂してくれましたね。
本番はリハの2割増しのワンダフル演奏。
僕はリハより2割減の出来でした
悔しい。
もっといい声で、リベンジしたいわぁ。

5. トマトスープ
前曲とメドレーの予定だったのですが、僕は少し間を空けてしまいました。
実は単なるメドレーというより、前曲の後奏に重なる感じで入っていくイメージを抱いたのですが、咄嗟にそれをする勇気がなく、躊躇してしまったのでした。
実はこの時、大ちゃんもまったく同じことを考えていたらしく、「丸本さん、ここは重なる感じでギターインして〜!」と思っていたようです。
あそこで僕が勇気を持ち、ギターインしていたら、ライブ百戦錬磨の大ちゃんのこと、想定していなかったとしても、「よしよし!」と間違いなく対応してくれていたんだろうに...
意気地なしの自分を反省しております
(前日、5時間の大手術を戦った友人に捧げました)

6. 麦茶(新曲)
flyer0824ここで僕はカープファンの皆様に謝らなければなりません。
僕がこの曲を作ったばっかりに....
「ん?どうした?何が言いたいんだ?」
はい、今月の新曲「麦茶」。
夏らしい可愛い曲ではあるのですが....
こんな歌詞から始まります。

山遊び 誰よりも早く
 有頂天から 足を挫いた

珍しく、今回はライブ当日でも前日でもなく、3日くらい前に完成し、余裕を持って大ちゃんにデータを送信していました。
その翌日くらいでしょうか?
鈴木誠也が足を....
今シーズン、四番という重責を担い、ここまで走り続けた誠也ですが、別に有頂天ではなかったかもしれませんがやっちまいましたね
実は、それだけではないのです
大ちゃんの奥さんも、同じ頃に見知らぬ誰かに突き飛ばされ(意図的にではなく偶発的に)足を怪我してしまったらしいのです
自分ではなく、周りの皆様にご迷惑をかけてしまい、大変恐縮でございます
しかしながらこの曲、この負傷のお陰で、人間的に大きく成長できたというお話でございます。
誠也も「最強になって、またグランドに戻りたい」と言っておるようですし、未来に期待しましょう

P82400297. スランチェ
次回ライブの告知と最後のご挨拶をしているところで、大ちゃんが前奏を奏で始めました。
先の「トマトスープ」で逃してしまった流れを、ここではしっかり堰き止め、良い流れへと導くべし!と迷わず舵を切ったわけです。
流石、大ちゃん
しっかり、その舟に乗らせてもらいました

さて、先にちょっと触れましたが、実は今回、一曲目を歌い始めた瞬間、かなり驚きました
想定していた声と全然違っていたのです。
"想定していた声"とは、当然のことながら、リハで確認した声です。
想定より遙かに芯がなく、圧も、鳴りも、艶もない声で、かなり焦りました
これらを補おうと力むと、余計に声が出なくなってしまうという悪循環
本番中は「なんで?」と思いながらも、「ベストを尽くす」しかないわけで、終わった後、マンダラ2のスタッフの方と原因追及をするお話をしていて、「もしかして、冷え?」ということになったのでした。
「『冷え?』あんな熱い日に!?」
そうなんです。
IMG_0465現地リハの後、大ちゃんと食事をし、大ちゃんはいったん自宅へ、僕は喫茶店で時間をつぶすことに
で、その喫茶店が、キンキンキンキンキンキンに冷えていたのです。
もっとも、そのお店が冷えていたというより、僕が座った席が、冷気を直接浴びてしまう席だったのでした。
おそらく、あそこで僕は喉周りの筋肉を冷やしてしまい、寝起きに近いくらいのしょぼい声になってしまったのでしょう。
ほんと、相当な勢いで、猛省しております。
来月のスペシャルライブで同じ間違いを起こすことがないよう、体調管理には、きっちり気を配ることをここに誓います

ということで、来月14日は、秋のスペシャルライブ
又吉くんとのコラボです。
さて、どんな新曲が登場するのか!?
とっても、とっても、とっても、楽しみです!!!(←意味深な言葉ですねぇ)



waits2 at 16:34コメント(2)ライブ感想  

コメント一覧

1. Posted by お   2017年08月25日 23:33
お声の不調というのことに全く気付けない、脳天気なお客でした。
CSも新曲もじっくり味わいましたもの。
加えて、このブログを読まさせていただいて初めて竹内さん奥様のおけがを知り心からお見舞い申し上げます。
そうして、今までで一番「トマトスープ」が心に染み入る夜だったのです。
私の大切な客席の同志の皆様、お元気でまたいつものごとくお逢いしたいです。
思えばLIVEという場で、ごしっしょできるのは奇跡のごとく、幸せな時間だと感じます。
暑さにも残業にも負けず、次なるLIVEに向け、心のアンテナをみがきたいものです。
2. Posted by Tatsuya   2017年08月26日 09:00
どうも「お」さま!
「今までで一番「トマトスープ」が心に染み入る夜」。嬉しい&有り難いお言葉ありがとうございます。
歌は、上手い、下手ではなく、沁みるか否かですものね!^^
毎回、心を込めて、そこにいる人はもちろん、いない人へも届くよう、頑張っていきたいと思います!
いつも、いつも、ありがとうございます!!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)

年末Special LIVE!
2017年12月19日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ