2020年06月22日

Tatsuyaワンマンライブ2020生配信記

6月20日(土)吉祥寺Manda-la2にて開催した無観客生配信Tatsuyaワンマンライブ2020をご視聴くださいました皆様、ありがとうございました!!
写真 2020-06-20 18 09 433月の"春のスペシャルライブ"の生配信の映像とは、比べものにならないくらいキレイな映像でした!
それもこれも、スタッフの皆様のお陰でございます!!
ありがとうございました!!
当初はカメラ3台の予定でしたが、直前に4台にパワーアップ!!
しかも据え置きではなく、それぞれズームイン&アウトあり、曲の場面に応じてのスイッチングありで、ライブ終了後に撮りたての映像を見せてもらいましたが、その音と映像のクオリティの高さに驚きました
感謝感謝感謝!!
また、たとえ見逃したとしても、7月4日まで何度でも視聴できるというのも良いところ
あの映像を商用に使用することはできませんが、7月4日以降は、配信ライブのクオリティをお伝えするためのプレゼン素材等で使えるので、これもまた嬉しいところです
あー、見逃したどころか、買うのも忘れてた
という方でも、まだ大丈夫です!
こちらでアーカイブ購入ができます!
「事前購入」との表記になってますが、アーカイブですので、購入後、すぐ見ることができます。
7月4日23時59分まで視聴可能とのことですので、是非、是非、是非!

さて、こちらがセットリストです。

P62000231.まわっているのは
2.Ding-Dong
3.Here Comes The Sun
4.C'EST LA VIE
5.魚が跳ねても
6.フワリ
7.LIMELIGHT
8.いちゃりばちょーでー
9.ジュブナイル
P620005510.Redemption Song (Tatsuya solo)
11.Diary (Solo Piano)
12.パッセイジー&All You Need Is Love
13.秘密
14.花を飾ろう
15.スーパーヒーロー
16.ねがい(新曲)
17.スランチェ
18.春
19.once
20.僕らはここで
21.FUN


アンコールは用意しませんでした

1.まわっているのは
P6二人配信ライブならではの演出をしてみようということで、大ちゃんと又吉くんは板付き、僕は客席側で待機することに。
配信スタートと共に又吉くんが前奏開始。
いつも僕が弾くフレーズとは異なる前奏で、これに大ちゃんのピアノが加わっていきます。
僕は数小節後に客席側からステージに上り、置いてあったギターを抱え、いつもの前奏で加わりました。
多少はワクワクしていただけたでしょうか?
自宅でくるくるまわしてくれていた方もいらっしゃったようです

2.Ding-Dong
リズムとテンポを強引に変えるつなぎでメドレー
新鮮でした

通常、リハと本番ではステージの音の聞こえ方が変わります。
というのも、リハの時、モニター調整をするのですが、どうしても客席の音も一緒に聞こえてくるのです。
お客さんが入ると、人体が音を吸収するので部屋鳴りが減り、客席の音は小さくなり、ほぼモニターの音を頼りに演奏することになります。
しかし無観客なので、客席の鳴りは変わらないので、リハも本番もまったく同じはずなのに、やはり違うんですよねぇ、何かが....

3.Here Comes The Sun
先日見たNHKのドキュメンタリー番組で、NYの病院ではコロナ患者が退院する時、この曲を流してお祝いすることを知りました。
となると、歌いたくなるでしょう
P6200030
Here comes the sun,
Here comes the sun, It's all right
Little darling, it's been a long cold lonely winter
Little darling, it feels like years since it's been here
Little darling, the smile's returning to their faces
Little darling, it seems like years since it's been here

ジョージ、まさか今のために作ってくれていたのか!?

4.C'EST LA VIE
急遽、2番を又吉くんに歌ってもらうことに
その2番の「おかえり」だけを僕が歌う予定だったのに、僕はそれをすっかり忘れてしまっていたようで、又吉くん、僕の様子を見て『こりゃ歌わないな』と察知し、しっかり又吉くんが歌ってくれました
恐るべき洞察力&対応力。
申し訳ない&ありがとうございます

P62001575.魚が跳ねても
意外に?人気がある曲ということでセットリストイン。
ちと異色な曲だけに、どこで歌うかが難しいのですが、ここに潜り込ませました。

6.フワリ
MCでも話しましたが、ラグビーワールドカップ、昨年開催できて本当に良かった。
そう思いながら歌いました

7.LIMELIGHT
又吉くんカウントでイン
メインを又吉くんが担ってくれる分、僕はかなりリラックスして音を楽しむことができました
大ちゃん発の3人のコラボ作。
奇跡的な出来方で完成しました。
演奏するのが楽しい曲です

P62001778.いちゃりばちょーでー
この曲をスタジオリハで3人で演奏した時、何とも言えない幸せを感じました。
本番では、又吉くんの指笛もよく聞こえ、沖縄感がアップしていましたね
楽しいのにどこか切ない感じがあるとこも好きです。
この曲を初披露したのは昨年の年末ライブで、たしかライブ当日、大ちゃんは沖縄から東京に戻って来ての演奏だったかと

9.ジュブナイル
カウントではなく、息継ぎを合図に入りました。
この曲は喉への負担が大きいので、今回は「リハで張り切りすぎない!」を心がけていました。
本番、ちゃんと歌えていたと思います
又吉くん、初のコーラスでしたが、流石、良い感じでやってくれました

P6Ta10.Redemption Song (Tatsuya solo)
ボブ・マーリーの名曲を僕一人で弾き語りしました。
本当に久しぶりに歌いましたが、良い感じで歌えたと思います。
歌詞もコードも唇と身体が覚えているので、ある意味、最もフリーに表現できたのではないかと。
ただ、歌う前のMCで大きなミスをしてしまいました。
BLACK LIVES MATTERを「ブラックリブスマター」と言ってしまいました。
正しくは、「ブラック・ライブス・マター」。
「ライブス」とは、「ライフ」の複数形で「命」という名詞。
ちなみに、MATTERは名詞ではなく、"重要(大切)である"という動詞。
"今こそ歌うべき時!"ということで歌いました。

11.Diary (Solo Piano)
人気の大ちゃんソロピアノコーナー。
P6大ちゃんGW中に書いたDiaryと言う曲群(Day1-5)の中からDay1とDay5をアレンジしたものを弾いてくれました。
自粛明けならではの選曲ですね
そうそう、今回のライブ、「ピアノの印象が強く残った」という言葉がありました。
もちろん、大ちゃんのピアノは常に素晴らしいわけですが、今回特にそう感じられた理由としては、カメラのアングルが大きかったのではないかと思われます。
大ちゃんの右斜め後ろから少し見下ろすような角度で撮ったカメラは、客席からは見ることができない、鍵盤と大ちゃんの指の動きをしっかり映し出してくれていました。
ほんと、そうなんよね、ピアノを弾いている手や指の動きって、魔法みたい。

12.パッセイジー&All You Need Is Love
大ちゃんのソロピアノの最中、僕と又吉くんは客席の方に移動していたのですが、そろそろ終わるぞという頃に、カメラに映っていないところでステージに戻って、スタンバイ。
こういうことができるのは、配信ならではですね。
P6大ちゃん2ソロピアノの演奏が終わった後、大ちゃんは楽譜をスッとずらして、弾き始めたのはフランス国歌の前奏=All You Need Is Loveの前奏。
この様子をカメラはしっかり捉えていてくれて、さりげないけど緊張感があり、わくわくしました。(これは完全なる視聴後の僕の感想です
「パッセイジー」はフランス旅行(2012年)で遭遇したレイシストのタクシードライバー「アーノルド」を素材に作った曲です。
曲の後半、僕はアーノルドに心の中で話しかけます。
「恋人はいるかい?友達は本物かい?いつの日か気付くだろうこの街の美しさに」
人はつまらない偏見に振り回され、本当に価値あるものに気付かず生きています。
個人レベルなら、この程度の小さな気付きで世界はガラリと変わるのですが...
アーノルド、悪い奴じゃないんだけど、あまりにもおばかさんなんよねぇ。
「あまりにもおばかさん」といえば「フランシーヌ」が浮かんでしまうのは世代ということで

13.秘密
今年の1月に作った曲で、今回で3回目の演奏ですが、今までで最も出来が良かったのではないかと思います。
今後、さらに洗練させていきたいものです

14.花を飾ろう
15.スーパーヒーロー
今回、この2曲のために小物を用意しました。
お花と衣笠のユニホームです。
演奏中、チラッと映し出してもらうようお願いをしました。
衣笠ユニと自分の歌う姿がクロスオーバーするシーン、感激でした
P6200007kinugasa-1


16.ねがい(新曲)
今月の新曲です。
4月5月とライブがなくて、その間、自分は曲を書くのかな?どうなのかな?と思っていたのですが、書きませんでしたね
やはり、〆切りがないと書かないようですね
しかし、今回の自粛で、自分にとって曲を書くことの重要性を痛感しました。
やはり、吐露しないといけないようです。
精神衛生上、とても重要であると

P6MATAYOSHI17.スランチェ
急遽、又吉くんに1番を歌ってもらうことにしました
自分の曲を歌ってもらえるって、嬉しいんよねぇ。

18.春
今回も良かったですねぇ。
MCの突然のフリにも、良い言葉を次々と繰り出してくれた又吉くん、さすがです。
こういった即興MCこそライブで、その空気がそのまま歌に乗っていたと思います。
この曲のファンはとても多いので、画面の向こう側でしみじみ聴いている空気を感じました

19.once
3月の初配信ライブを見ていて、最も違和感を感じたのはこの曲だそうです。
というのも、この曲は聴く曲ではなく、一緒に歌う曲だからのようです。
早く一緒に歌えるようになりたいものです

20.僕らはここで
今月も、"たとえ誰もいなくても僕らはここで"歌っていました

21.FUN
今回もこの曲で締めさせてもらいました。
思い返せば、この曲は昨年のワンマンで発表した曲です。
本来ならこの曲が入った新譜をこの日リリースするはずだったのにぃ

以上、21曲、楽しく演奏させてもらいました。
P6200136美しい映像と音、ありがとうございました!
心よりスタッフの皆様に感謝申し上げます
自粛解除はされたものの、ライブハウスで従来通りの営業が出来るようになるには、もう少し時間がかかると思われます。
7月の出演は、まだ確定していませんが、あるとしても配信ライブ、もしくは超少人数限定&配信ライブという形になるのではないかと思われます。
それにしても、思いっきり歌えることがこんなに幸せだとは!!
僕だけではありません。
P6200201大ちゃんも、どれだけ弾いても弾き足りない気分だったと思います。
それが伝わってきて嬉しかったなぁ
又吉くんも、今回は僕のワンマンライブだったのでサポートに徹してくれましたが、その分、「歌いたい!」という気持ちはさらに強まったのではないかと思います!
次回は思い切りいってください!!
この二人、僕より随分と年下なのに、僕はとても尊敬しております。
尊敬できる人たちと一緒に何かが出来るということは、本当に幸せなことです。
ありがとうございました&またよろしくお願いします

今回の自粛は、僕たちの人生において音楽の重要性を再再再認識する機会になったと思います。
カメラを通して、僕らの喜びっぷりが伝わっていたなら幸いです
本来なら、僕らはより良い音を紡いでいくことのみに尽力すれば良いのでしょうが、今は、これをより多くの方々に伝えられるよう、知恵を絞る必要があるところです。
楽しみながら工夫できたらなぁと思います。
次回ライブが決まりましたら速攻でお知らせしますので、どうぞよろしくお願いします。
あ、そうそう、アンケートを送信してくださった皆様、ありがとうございました
皆様からのコメント、嬉しい言葉、盛り沢山でした
さらに、さらに、精進して参ります!
え?アンケートまだ送ってない?
大丈夫です!
いつでもこちらからどうぞ!

waits2 at 22:29コメント(2)ライブ感想  

コメント一覧

1. Posted by お   2020年06月23日 23:15
「僕らはここで」の歌詞でしたかしら、「迷った時はワクワクする方へ♪」というのがありました。その言葉をモットーに今後も活動を期待しておりますよ。
自分の操作がいけなかったのか、アーカイブが見られない状態になってしまいましたが、鮮やかな映像とともに配信LIVEを心に刻みました。先のことはわかりませんが、確かなのは音楽の重要性は永遠ていうことです。
2. Posted by Tatsuya   2020年06月25日 10:18
どうもで、「お」さん。
久しぶりのライブ、楽しくやらさせてもらいました!
仰る通り、音楽の重要性を痛感したライブになりました!
来月もやりますので、よろしくお願いします!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
LIVE Schedule


★吉祥寺Manda-la2★
2020年

夏のスペシャルライブ
7月24日(金)
"LIFE"収録曲
「花を飾ろう」MV

Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ