スポーツ

2009年10月18日

埼玉武蔵CC豊岡で行われた日本オープン最終日、いやー、凄い試合だった。
ゴルフ中継なんて、全英オープンやオーガスタくらいしか観ることないけど、この日本オープンは本当に見応えがあった。
小田龍一選手、今野靖春選手、石川遼くんの3人がプレーオフに進出し、優勝したのは小田龍一選手。
お見事!
つくづくゴルフって精神力の勝負だわ。
小田選手、初優勝おめでとう!
遼くん、17番のバーディ、素晴らしかったよ!!

waits2 at 16:48コメント(0) 

2009年08月18日

9.58秒かぁ。
ウサイン・ボルト、やるのぉ。
こんな簡単に世界新記録が出るなんて。
僕が子供の頃、男子100メートル競争の世界記録はたしか9.9で、長い間ずっと破られることがなかった気がする。
今、調べてみたら、1968年に初めて10秒を切る9.95秒という世界記録が誕生している。
で、この記録が破られたは1983年(9.93秒)で、実に19年間も更新されていなかった!
ほー、やはり記憶違いではなかった!
1991年に9秒86でカールルイスが初めて9.90を切り、以後、以下のようなペースで更新されている:
1994年 9秒85 リロイ・バレル( アメリカ合衆国)7月6日
1996年 9秒84 ドノバン・ベイリー(カナダ )7月27日
1999年 9秒79 モーリス・グリーン(アメリカ合衆国)6月16日
2005年 9秒77 アサファ・パウエル(ジャマイカ)6月14日
2007年 9秒74 アサファ・パウエル(ジャマイカ)9月9日
2008年 9秒72 ウサイン・ボルト(ジャマイカ)5月31日
2008年 9秒69 ウサイン・ボルト(ジャマイカ)8月16日
2009年 9秒58 ウサイン・ボルト(ジャマイカ)8月16日
ボルト凄いねぇ。
ちなみに10秒の壁を破ったことがあるのは黒人選手だけ。
まだ白人も黄色人種も9秒台を出した選手はいないという。
あれ?ベン・ジョンソンの名前がないぞ?!(←言うちゃいけんかった?(^^ゞ)

waits2 at 00:01コメント(0) 

2009年08月16日

世界陸上が始まった。
が、織田裕二のテンションが異常に低い。
どしたん?
あの無意味なハイテンションを「不愉快!」と感じていた方もたくさんいたと思うけど、僕は案外楽しんでいた(^^ゞ
あのハイテンションがないのなら、織田裕二が司会を務める意味がまったくないじゃん。
最後までこのローテンションなら今回が最後になるかもしれんねぇ。

waits2 at 00:02コメント(0) 

2009年08月12日

いらぶ悪い予感が的中しました。
如水館、負けてしまいましたね。
残念。
一方、見事に勝利した高知高校、如水館の分も頑張ってもらいたいものです。
そうそう、高知といえば、この方←
誰?
四国・九州アイランドリーグの高知への入団が決まった伊良部投手です。
人って変わるものですねぇ。
あの伊良部がこのようにはにかんだ笑顔を見せるようになるとは
純粋に野球を楽しんでもらいたいものです。

waits2 at 00:01コメント(2) 

2009年08月11日

広島県代表の如水館高校は、2日連続で雨天ノーゲーム。
いずれもリードしていただけに、残念。
しかし、もっと残念なのは、ずっと昔から知っているのに、いまだに「じょすいかん」なのか「にょすいかん」なのか、覚えられない(^^ゞ
今調べたら「じょすいかん」でしたw

waits2 at 00:02コメント(0) 

2009年07月28日

虹女子プロゴルファーの宮里藍ちゃんが、悲願の米ツアー初優勝!!
よかったね。
して、この写真は?
よーく見てください
かすかに虹が

waits2 at 00:01コメント(0) 

2009年07月26日

スタジアム初見参!@味の素スタジアム
2週間くらい前に駐車場の場所を確認するために下見をしておいたのに、その駐車場は関係者専用で入れませんでしたw
スタジアム周辺をぐるりとまわり、結局、歩いて20分くらいの距離にある公園の駐車場に止めることに。
開始前から無駄なエネルギーを使ってしまったが、一時間以上余裕を持って到着していたので、大丈夫。

この先このゲートはアウェイ専用なので、ホームであるFC東京のサポーターが入ることは禁じられている。
「ご遠慮ください」ではなく「通行はできません」と言い切っているのがおかしいw

入場選手入場。
紫色の旗に混じって、ブルガリア国旗がはためいている。
これは、広島サンフレッチェのディフェンダーであるストヤノフ選手がブルガリア出身だからだ。
さてさて、肝心の試合はというと、内容としては悪くはなかったのだが、決定的なチャンスを作ることができなかった。
結局、スコアレスドロー
うーーーん
同じドローでも1対1の方が良かったなぁ。
だって、やっぱりゴールの瞬間が見たい!

挨拶試合終了後、選手たちがスタンドのサポーターに挨拶にやってきた。
さっきまでスタンドの中段でブルガリアの国旗を振っていたサポーターが、気がつけば最前列まで駆け下りていた。
何やらストヤノフ選手と話していたかと思うと....

ユニフォームなんと!ストヤノフ選手からユニフォームをゲットしていた!
あまりにも汗だくだったので、僕らが座っていた前のシートに置き去りになっていた比較的きれいなビニール袋に入れていたw
みんな「良かったね」と声をかけていた。
うらやましい。
次回はブルガリア国旗を用意せんといけんわ

waits2 at 00:14コメント(0) 

2009年07月21日

昨晩、TBSで21時から放送していた「20世紀スポーツ名勝負 ライバル伝説…光と影」を観た。
江川と小林の因縁の関係は有名だが、江川と西本との間にもあんな確執があったとは、知らなかった。
ましてや小谷実可子と奥野史子の確執なんて、まったく知らなかった。
番組の提供は富士通。
いやー、なかなか面白かったよ!!>富士通(上から目線で失礼(^^ゞ)

waits2 at 00:34コメント(0) 

2009年07月20日

惜しかったなぁ。
ほんと、惜しかったトム・ワトソン
17番が終わった時点で2位のシュチュワート・シンクに1打差をつけてトップ。
最終18番をパーであがれば優勝だったのに、ここで痛恨のボギー。
4ホールのプレーオフに突入するも、さすがに力尽きた。
残念。
もしも59歳のトム・ワトソンが勝利していれば、全英オープンの最年長優勝記録46歳3ヶ月を大幅に更新していたのに。
ちなみにその記録は140年以上前の1867年
そんな昔から開催され続けている全英オープンの伝統の古さに驚愕。
ついでに調べてみたところ、今大会は第138回。
ん?140年以上前の記録があるのに?
そう、戦争で何度か中止になったのだ。
ちなみに、日本語では全英オープンと呼んでいるが、これは全米オープンとかと区別するために便宜上そう呼んでいるだけで、正式な英語名称はThe Open Championship
国名などどこにも入らない。
1860年の第一回大会が開催された時点で、この世に他の大会など存在しなかったので、他と区別すべき文言は必要なかったのだ。
このThe Openは毎年7月に開催されるのだが、場所はゴルフの聖地セント・アンドリュースをはじめとするシーサイドリンクスに限られているという。
シーサイドリンクスとは、海岸に隣接したコースのこと。
どうりでいつも強風に悩まされているわけだ。
日本の川奈もそれにあやかって作られたコースなのだろう。
それにしてもトム・ワトソンかぁ。
ほんと僕が子供の頃からプレイしている。
彼の名前を知ったのは、漫画の「プロゴルファー猿」だったような気がする。
その時には、新進気鋭のゴルファーとして紹介されていたが、今では大ベテラン。
きっと世界中がトム・ワトソンを応援していたんだろうなぁ。
プレーオフに勝利したシュチュワート・シンク、やりにくかったろうなぁ。

waits2 at 10:37コメント(2) 

2009年06月12日

昨日は歴史的大敗を喫した我らがカープ。
明日は西武ドームにてライオンズと対戦。
負け続けている広島3人男が応援に行きます。
絶対勝ちます!!

waits2 at 23:42コメント(0) 

2009年06月03日

7連勝って、凄っ!!>カープ
これで借金完済だ!
って、そんなに借金があったのか。
実は来る13日に西武ドームに西武戦を観に行く!
それまで勝ち続けてなくてもいいから、13日は勝ってね(^^ゞ



waits2 at 00:20コメント(0) 

2009年06月01日

チリに4対0で快勝!
フロックかと思いきや、ベルギーにも4対0で勝利...
チリもベルギーもベストメンバーじゃなかったらしいが、日本代表がこんなに点をとれるなんて!!
ほんまに強いん?!
なんか、信じられん。
信じられんといえば、昨日の試合で信じられんくらい可哀想な選手がいた。
それは、大久保。
何の活躍もできないまま、ゲームと何の関係もないところで怪我をして(させられて)、退場。
可哀想に。
本人が一番信じられんじゃろうて。

waits2 at 00:40コメント(0) 

2009年05月14日

キャッチ1まさか2夜連続のサヨナラ負けか?と悲観的な気持ちで10回裏の永川のピッチングを見守っていたら、阪神5番の新井が放った打球がフラフラ〜っと右方向に
「あちゃーポテンヒットか、これで同点かぁ」
と思いきや、
ライト広瀬が飛び込んだ〜
グラブを握りしめたまま一回転する廣瀬。
ボールは?
捕ったのか?
落としたのか?
キャッチ2捕った!
捕った!
捕っている!
ゲームセット!!
あー、良かった。
ふー、良かった。
それにしても、おい、永川!
自分で抑えたと思うなよ〜!
わしはいっこも信用しとらんけぇのぉ〜

waits2 at 00:02コメント(0) 

2009年05月10日

昨日の対JEF千葉戦、1対2と惜敗だった。
いや、惜敗というほど惜しくもなく、どうも全体的にピリッとしていなかった。
先制したのはサンフレッチェ
「こりゃ楽勝じゃん!」
と油断したのはサンフレッチェファンだけでなく選手もだったようだ。
あっという間に追いつかれ、前半終了間際にはあっさり勝ち越し点を奪われた。
ハーフタイム←こちら、初めて見るハーフタイムショー
負けてると楽しくないのぉ

結局、後半は両チームとも無得点に終わって1対2で敗退。
でも、後半、こんなシーンがあった!!
ハンド1見て!見て!見て!
どう見てもハンドでしょう!!
これじゃわからない?

ハンド2←これはどう?
前の写真の0.1秒後くらいの写真!
手がこんなに広がって、ボールが下に!

ハンド3ほらほら←
こちらはその0.05秒後!
手に当たらずして、ボールがこんな真下に落ちるか?
野茂のフォークじゃあるまいし!
ハンドに決まっとるじゃん!
もちろん主審にアピールしたけど認められなかった。
さえんよのぉ。

試合終了後、スタジアムは大いに盛り上がっていた。
「今シーズン、ホームでの初勝利〜!」
おいおい、そんな弱いチームに負けたんか〜

実を言うと、プロサッカーの公式戦を観戦するのはこれが初めて。
なかなか面白かった。
この正月に我が母校の広島皆実高校の準決勝、決勝を応援しに行ったが、その時はグラウンドがもっと広く見えた。
実際体格が大きいだけでなく、プロの選手は存在感が違うのだろう。
旗あ、そうそう、よく大きな旗のような布でスタンドを覆うシーンを見るが、あれを初体験した!
「旗で覆われたら観れんからつまらんじゃろうに」
と思っていたが、観れなくても、楽しかったw
ずっとなら困るがw

それにしても、先月のヤクルト戦といい、今回のJEF千葉戦といい、同じメンバーでの観戦で負けただけに、なんとなく責任を感じております。
次は交流戦の西武戦か!?
うーむ、なんとしても、連敗をストップせねば!


waits2 at 00:21コメント(0) 

2009年02月12日

しゅんすけうーん、ドローかぁ。
勝ち点3、欲しかったなぁ。
結構、ボールを支配してた感じなのに、黄色い壁は厚くて高かった。
オーストラリアのキーパー、がんばっとったなぁ。
にしても、W杯にはなんとしても出場してもらわんと、さみしいでよ。

waits2 at 00:08コメント(2)トラックバック(0) 

2008年12月29日

決勝先日買った「ザハイドジョン」じゃなくて「ザハイビジョン」をチェックしていたら、大晦日の午後にこんな重要な番組が!
「ごくせん」じゃないですよw
第87回全国高校サッカー選手権大会
「帝京×広島皆実」
広島皆実高等学校は、我が母校!!
これは応援せねば!
で、これって何回戦?
検索してみたところ...一回戦でしたw
帝京戦だから関東で放送があるのね。
もちろん、広島でもあるはずっ。
がんばれ〜
ちなみに、「皆実」は「みなみ」と読みます。
「みなみ高校」と口頭で伝えると、県外の方は絶対「南高校」と思っていると思いますw

waits2 at 00:23コメント(2)トラックバック(0) 

2008年09月24日

市民球場←一昨日の市民球場。
これはライトスタンドからの眺めだな。
広島の姉貴が珍しく市民球場に観戦に行ったらしく、写メを送ってきたのだ。
『ええのぉ』と思いながらこっちは家でテレビのチャンネルをひねったが、どっこもやってない!!!
巨人戦だというのに、地上波はもちろん、衛星もハイビジョンもケーブルテレビも、どっこもやってない!!(スカパーとかはやってたのかなぁ?)
昨日のデーゲームもやってなかった。
昨日は、埼玉で元パイレーツの桑田の引退試合もあったのに、こちらも中継がなかった。
気がきかんのぉ...
drawingしかし、陸上100メートルの朝原選手の引退試合は中継があった!!
オリンピック効果か、等々力陸上競技場のスタンドは観客であふれていた。
レース直後のインタビューに答える朝原選手、幸せそうだった。
インタビュー最後のBGMにスプリングスティーンの"Born to Run"が流れた。
これはなかなか気がきいていた♪

waits2 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月03日

昨日のNHK総合の「プロフェッショナル」は
北島康介(平泳ぎ)と中村礼子(背泳ぎ)に
金金銅メダルを獲らせた
平井コーチだった。
予想通り、100m平泳ぎ決勝の前に
この言葉↓が黒地に白抜き文字で映し出された。

勇気を持って

普段は♪ポーンという効果音が入るが、
より緊張感を高めるためか無音だったw
それにしても北島はコーチの言うことを聞く
本当に素直な子だわ。

しかし、この番組のクライマックスは北島ではなかった。
自己ベストを1秒以上も縮め銅メダルを獲得した中村礼子だった。
グッときたぜよ。

クライマックスといえば!
昨日の朝日新聞の朝刊↓

朝日

関東版の朝日新聞が
広島市民球場と新球場の話題を
こんなに大きく取り上げるとは!!
まだまだあきらめません
クライマックスシリーズ!
いや、
日本シリーズ!(^^/



waits2 at 00:50コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月01日

これに勝てばゲーム差なしで3位タイになる!という試合だったのに、負けてしまった。
あ、カープのことです(^^ゞ

もう一つ、
これに勝てばベスト16!という全米オープンテニスの3回戦で、錦織圭選手が世界ランク4位のダビド・フェレール(スペイン)に勝利した!!!
男子では71年ぶりの快挙らしいが、ピンとこない(^^ゞ
たおれた近い記憶でいけば、1995年にウィンブルドン大会でベスト8まで進んだ松岡修造以来の快進撃だ!
錦織圭選手は、1989年生まれの18歳。
世界ランクは126位
若い頃から(今も若いが)注目されていて、何かの番組で松岡の特訓を受けているシーンを観たことがある。
錦織選手はとても高い技術を持っているのだが、闘志を前面に出さないタイプなので、それを松岡に説教されていた(松岡あんたが前に出し過ぎw)。
昨日、久々に動いている錦織選手を観たが、打ち方が中国のマイケル・チャン(なつかしーw)に似ていた。
なんとなく軟式テニスっぽいというか、手首をこねる感じが・・

そういえば、1985年に僕は全米オープンテニスを観戦したことがある。
無名選手同士の一回戦か二回戦だったと思うが、楽しかった、というか「ほう」と感心した記憶がある。
それは、なが〜い、なが〜いラリーの最後だった。
左利きの選手が絶妙のコースに打ち、だれもが「決まった」と思ったボールを、相手選手が猛ダッシュで追いつき、これまた絶対に追いつけないコースに打ち返した。
次の瞬間、その左利きの選手は、そのボールを追いかけようともせず、自分のラケットをスタンドにポーンと投げ入れたw
両選手の見事なラリーとラケット投げ入れパフォーマンスに対し、スタンドからは惜しみない拍手がおくられた。
強いだけではなく、魅せるプレイをする。
『なるほど、これがプロというものか』と思った記憶がある。
魅せるプレイをしてくれ〜カープ(←結局、野球に戻るんかい!)

waits2 at 00:37コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月31日

イチロー、3,000本安打、おめでとう!
内藤大助、3度目の防衛、おめでとう!
それにしても、内藤大助の最後の一言
「サンデージャポン」
には笑ったw

waits2 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月28日

昨晩、北京五輪の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権2日目がテレビ中継されていたが、皆さんは観たでしょうか?
女子10,000メートル!
いや、凄かった。
ラスト5周に入ってからの渋井、赤羽、福士の3人のデッドヒートは壮絶だった。
序盤から中盤にかけては、ずっと渋井が先頭を走っていた。
終盤に入り、まず最初に動いたのは福士だった。
持ち前の思い切りの良いスパートでグングン他の選手を引き離した...
かと思いきや、渋井と赤羽はしっかりついてきていた。
ものの半周で追いつくと、そこからは3人が交互に先頭を奪い合う壮絶な戦いになった。
「あー、もうダメだ」
と思ったら
「まだまだ!」
と追いつく。
それを、3人が3人とも立場を入れ替えながら、目には見えない心理戦を繰り広げた。
ここまでもつれてくると、最後のスプリントが勝負になる。
そのスプリントに勝利したのは、渋井だった。
お見事!!
たしかに渋井はお見事だったが、僕としては3人ともがアッパレだった!
本当にいいレースだった。
こんなに興奮した1万メートル走は初めて見た。
感動した。
テレビでさえあんなに興奮したのだから、現場で観ていた観客はさぞや...
いつか世界レベルの陸上を生で観戦したいものだ。
ん?
東京オリンピック?
ほんまにやるんかぁ?w

waits2 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月04日

「バレーボールのワールドカップの開催地は未来永劫日本とする」と随分昔に聞いた記憶があるのだが・・・本当かどうかは不明。
ワールドカップに限らず、バレーボールの主要な大会のほとんどが日本で開催されている。
聞いた話では、バレーボールの人気は世界的に低いので、興行的に成立させることが相当厳しい。
そこで、高額な独占放映権をもらう代わりに、ジャニーズの若手を客寄せに使うフジテレビ演出に目をつむることにしているとか・・・
日本のバレーボール協会だけならともかく、これを世界が認めているというのが凄い。
そのくらい人気がないスポーツということなのか・・
サッカーみたいにホームアンドアウェイとかないみたいだから、日本は全試合ホームゲームということでしょ?
なのにそれほど強くないw
しかし、いいのかなぁ・・・興行的な理由があるとはいえ、これってかなり不公平・・・
これでもし審判が日本人だったら、ハンドボールの「中東の笛」どころじゃないぞw

waits2 at 00:01コメント(2)トラックバック(0) 

2008年05月25日

勝利父遂に勝ちました!琴欧州!
プレッシャーに弱いと言われ、膝のケガに悩まされ続け、ようやく手に入れた初優勝
国技館に応援に駆けつけていたお父さんも大喜びだ→

笑顔勝利者インタビューで見せた会心の笑顔
こんなにこやかな表情は、本当に久しぶり。
可愛らしいのぉ。
えかった、えかった。
来場所はいよいよ綱取りじゃ!!
しょい!

waits2 at 01:01コメント(2)トラックバック(0) 

2008年04月06日

天谷なんと我らがカープがサヨナラ勝ち
サヨナラヒットを打ったのは天谷選手←
なかなか面白いヒーローインタビューだった。
「昨日の晩の『速読』が効きました!」(←嘘ですm(_ _)m)

waits2 at 00:22コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月22日

浅田真央が念願の世界選手権で金メダルを獲得した!
最初のトリプルアクセルで失敗した時はどうなることかと思ったが、見事に立て直した。
以前はちょっと失敗しただけですぐに集中力が落ちていたのに、成長したもんだ。
一方、安藤美姫は途中棄権。
アスリートにケガは付き物というが、本当に可哀想。
来シーズンはゆっくり休むというわけにはいかんのかのぉ。
コーラス今回驚いたのは表彰式での国旗掲揚。
一位の選手の国歌に合わせて掲揚するのだが、その国歌の雰囲気がなんか違う。
なんと、開催地のスウェーデンのコーラス隊が「君が代」を唄っているではないか!
もちろん日本語w
聖歌隊っぽくて異国の人が唄うと「なるほど、こうなるかぁ」と感心した。
ところで、今回の出場選手は女子シングルだけで53人、出場国はざっと40ヶ国くらいはあるみたいだが、何ヶ国分の国歌を用意(練習)していたのかな?w

浜口それとこれはもう一昨日になるが、レスリングの浜口京子がアジア選手権で見事に優勝し、最後の最後に北京五輪のキップを手に入れた!
あー、良かった、良かった。
ほんと良かったのだが、なんかちと心配。
心配といっても浜口京子が心配なわけでなく、今度の五輪大会自体が心配。
なんだか嫌な予感がするのだ。
色んなところで、色んな場面で、選手たちが嫌な思いをしそうで・・・
「こんなんだったらボイコットした方が良かった」と思うようなことが多発しそうで・・・杞憂に終わって欲しいものじゃ。

waits2 at 01:03コメント(0)トラックバック(0) 

2008年01月31日

ハンドボール、残念でしたね。
でも、善戦しました!!
一時は6点差もついてたのに、2点差まで追いついたりで!!
良くやりました。
ナイスゲームでした。
ハンドボールがあんなにエキサイティングで面白いスポーツだとは知りませんでした。
「うんうん!」という方も多いと思います。
そういう意味でも、今回の再試合は意義が大きかったですね。
きっと視聴率も良かったことでしょう(BSでしたが)
さすがに昨日はサッカーよりハンドボールでしたね。
もちろん、ハンドボール終了後はサッカーを観戦しましたが(^^ゞ
オシム前監督も国立に来てましたね。
元気になって本当に良かった。
江田島カキそのサッカー中継も終わり、新聞のテレビ覧を見ていたら←
NHK教育の「きょうの料理」に「旬!広島江田島のかき料理」とあるではないか!!
「どうして『広島のかき』じゃなく、『江田島のかき』なの?」と思いながらチャンネルを合わせてみると、どうやら江田島ロケだったみたいです。
島内の公民館みたいなところでしたw
僕が見たのは、最後の2分くらいだったので、詳しいことは分かりませんが、「明日もここ江田島から〜」と言っていました
つまり、今日31日も江田島ロケの放送みたいです。
ヤフーのテレビ覧を見ると、「地元の味をいただきます・広島県江田島市・かきで新定番!」となっていました。
見よう!
覚えていたら(^^ゞ

waits2 at 01:21コメント(2)トラックバック(0) 

2008年01月28日

戸越ちょいと所用がございまして、戸越銀座へと参りました。
←「とごしぎんざ」です。
とご「く」ではありませんw
戸越銀座といえば、ギタリスト・チャーの出身地。
そこかしこにギターの匂いが漂っていました
全国各地に「○○銀座」はたくさんありますが、ここが元祖○○銀座だそうです。
古いと、当然、怪しいものがあります。

カエル多数←こんなものがありました。
わからない?


横カエルでは、これはどうでしょう→
まだわからない?

全貌をお見せしましょう↓

カエル全身←プラスチックではありません。
多分財布w

看板これだけユニークなものですから、テレビの取材も来てました→
オモシモ!!皮小物
オモシ「モ」??

このカエル、どう見ても鳥獣戯画ですよね。
鳥獣戯画といえば、やはり相撲!

仕切←昨日の千秋楽気合い十分
でも、まだ時間いっぱいではありません
その証拠に、土俵右手にまだ砂を掃いている方がいます
土俵の二人に無関心な感じで掃いているのが、昔からたまらなく好きです(^^ゞ
テンションのコントラストがいいw

上手投げ白鵬白鵬の見事な上手投げ。
本当にいい勝負でしたね。
いい顔してます→

waits2 at 00:31コメント(2)トラックバック(0) 

2008年01月03日

イチロー2008年最初の『プロフェッショナル』は、イチロー。
ほんとこいつは半端じゃないプロフェッショナルだ。
しかしお茶目な面もある。
たとえば、背面キャッチ。
ボールの落下点に入り、ボールが落下してくる直前に上半身を前に倒し、背中にグローブを回してボールをキャッチするあれだ。
しかし実はあれ遊びでもファンサービスでもなかった
背面キャッチは、ボールを捕る瞬間、目で見ることができない。
その状態、つまりボールを見ないで、ボールを捕球する練習だというのだ。
うひょー
でも、なんのため?
難しいボールを捕る時、野手がボールから目を離すことはまずない。
しかし凡フライを捕球する時、さすがのイチローでもつい油断して目を離してしまうことがあるらしい。
そんな時、落とさないでちゃんと捕るための練習だというのだ
やっ、驚いた、驚いた。
「人生に無駄はない」と言うが、イチローがグラウンドですることに無意味なことはないな。

waits2 at 00:33コメント(0)トラックバック(0) 

2007年12月17日

しょい「風林火山」が終わった。
何回か見逃した回はあったものの一年間楽しませてもらった。
思いの外、ガクトの上杉謙信が良かった。
来年は、「篤姫」
主演は宮崎あおい
なかなか好きな女優なのだが、予告編で見た日本髪姿は、お姫様というか町娘にしか見えなかったぞ・・・大丈夫かなぁ?
そうそう、音楽担当が「がんばっていきまっしょい」や「バッテリー」の吉俣良さんだった。
出世したなぁ。
大河のテーマ曲といえば、壮大なイメージがあるが、大丈夫なのかなぁ?
しょい!

話変わって、フィギュアスケート。
高橋大輔も真央ちゃんも銀でしたね。惜しかった。
フィギュアスケートといえば、ついこの前、電車の中で
目の前にいた2人の女性がフィギュアスケートの話をしていた

女性1「そういえば、最近、織田信長、見ないよね?どうしたのかな?」
女性2「ほんと、消えたよね」

『信長じゃない!信成!!w』(←僕の心の声)

ま、信長が消えたというのは嘘ではないがw
奇しくも昨晩は「本能寺の変」の特別番組があった・・・
さて、今日は17日。
「変」なことが起きなければ良いが

waits2 at 00:28コメント(0)トラックバック(0) 

2007年12月09日

手帳サンフレッチェ広島のJ2降格が決定した
Jリーグ発足以来、一度も観戦したことなどないが、広島県人として応援はしていたのだが・・・残念
カープも主力選手がいなくなったし、来年はさびしいのぉ
その来年のスケジュール帳を買った←
賑やかで&楽しい一年にせんといけんね。
っと、鬼が笑うかね?

waits2 at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 
LIVE Schedule


★吉祥寺Manda-la2★
2020年

夏のスペシャルライブ
7月24日(金)
"LIFE"収録曲
「花を飾ろう」MV

Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ