野球

2017年11月02日

game横浜対ソフトバンクの日本シリーズ第五戦。

楽しそう....


waits2 at 23:30コメント(0) 

2017年11月01日

日本シリーズ第4戦の解説は、佐々木(元横浜)、黒田(元カープ)、新井(現カープ)。
tvおそらく、カープが日本シリーズに出場していた場合、というか、ほぼ出場するであろうということで、黒田の出演は、随分前から決まっていたはず。
なので、急きょ出演が決まったのは、佐々木と新井だろう。(当たり前か)
カープのゲームでないにしても、やはり黒田に出演してもらう意味は大きい。
噂では、日本シリーズの視聴率があまりよくないらしいので、黒田が出演すると、カープファンも観てくれる
この読みは正解。
実際、僕も黒田が出るのなら!と観戦
その黒田のお陰だろう、横浜の濱口が好投し、横浜が一矢報いた。
良かったね。

waits2 at 23:00コメント(0) 

2017年10月17日

baseballCSファーストステージ、阪神が横浜に敗れた。
明日からのファイナルステージのカープの対戦相手は横浜ということになった。
阪神、情けないのぉ。
正直、阪神の方が与し易かったが、ま、こうなったらしょうがない。
マツダスタジアムで、圧勝したる!

waits2 at 23:55コメント(0) 

2017年10月12日

carpもう!いつになったらCS始まるの?
いくらなんでも、間が空きすぎ!
とっととやらんかい!

waits2 at 23:24コメント(0) 

2017年09月07日

IMG_1840ニ夜連続のサヨナラ勝ち!
昨晩のヒーローは、ライトオーバーのサヨナラ打を放った會澤だが、その前に二盗を決めた上本も大いに讃えたい!
ランナー2塁になったからこそ外野は前進守備を敷かざるを得なくなり、そのお陰でのライトオーバー!
画像、會澤と抱き合っているのは新井^ ^
9回裏からずっといつでもベンチから飛び出せるよう最前列で構えていた。
「このワシを飛び出させてくれ!」と言う猛烈なアピールが打たせたものかもしれんね^ ^
マジック10

waits2 at 07:07コメント(0) 

2017年09月06日

超劇的逆転サヨナラツーランホームランでマジック12を、安部が、再点灯させた
IMG_18389回表、福留に逆転ツーランを打たれた直後(7対6)、自分は風呂へ直行した。
追加点を入れられたのならそりゃもう仕方ない。
が、逆転勝利を見届けるなら、それこそ延長も視野に入れるとしたら、今しかないという判断だ。
まさに烏の行水であがったが、既に9回裏ワンアウトだった。
頭を乾かしながら野間の打席を見守る。
ショートゴロ
しかし、深い
流石は俊足野間!楽々セーフの内野安打だ
迎えるバッターは安部。
この日の安部はここまで4打数2安打3打点と大当たり。
「安部デー!にしてみい」と見守る自分。
「ホームラン打たんかなぁ」と妻がつぶやいた瞬間

逆転ツーランホームラン。
我が家大騒ぎ
実況アナウンサーが何やら大声で叫んでいたが聞こえない
7月7日の新井の逆転アーチ以来の大興奮
8対7の見事なルーズベルトゲーム。
これでマジック"12"が再点灯
現地観戦していた皆さんは、落胆した直後の大歓喜で、訳がわからんくらい狂喜したことでしょう
これで優勝決定じゃな。
さて、いつかなぁ?

waits2 at 02:46コメント(0) 

2017年08月23日

昨晩は、カープの中継(アプリ)をチラ見することなく、ライブに備えて猛練習
『ふぅ、したたか歌ったわい』と見ると
IMG_0456
サヨナラ負けしとるし
どうかいの。
しかも、普通のサヨナラじゃなかった。
IMG_0457

3連続ホームランって...
よく見りゃワンアウトも取れとらんじゃないか
どうなっとんな

一方、先発野村の後輩、中村くんは甲子園で新記録を樹立
カープに来んさい


waits2 at 00:02コメント(0) 

2017年08月20日

劇的な試合だった。
IMG_04488回4点差かぁ。

ところが、松山のこの日2本目のホームランで同点!!

IMG_0450そして、延長10回裏、エルドレッドのサヨナラエンタイトルツーベース

高校野球では、広陵高校が仙台育英をくだし、準決勝へ進出!
3番捕手の中村君、いい選手じゃね。
カープに入れんのかのぉ...

waits2 at 23:15コメント(0) 

2017年08月10日

IMG_0407着実にマジックを減らしていくはずが....

翌日には消え..

えーい!と再点灯させるはずが....

まさかのサヨナラ負け

うーむ

waits2 at 23:54コメント(0) 

2017年08月08日

遂にマジック点灯
IMG_1833そのナンバーは、菊池の背番号33
昨年のマジック点灯もかなり早かった印象だが、それでも8月24日。
引き算すると16日。
ゲーム数では15も早い!
なんちゅう強さ
ちなみに、昨年最初に点灯したマジックナンバーは20。
15試合の間に13消せば、昨年と同じということね
余裕じゃろう
昨年は、マジックが点灯してから、優勝まであっという間じゃったよね。
「減らんのぉ」と感じた記憶が一切ない。
今年もそれで行きましょう

waits2 at 22:52コメント(0) 

2017年08月04日

最初に見たのがこの状態

IMG_0382

ほう!
こりゃ、楽しみじゃん!

IMG_0383

おおお、ええじゃんか!

IMG_0384

よっしゃ!同点!
え?センター前ヒットで、一塁ランナーがホームイン!?
ニュースで見たら右中間じゃったんじゃね。
にしても、ナイスラン!野間!

どうせならサヨナラ勝ちしたかったね。


waits2 at 00:03コメント(0) 

2017年08月03日

IMG_0380勝てばマジックが出るという試合で、この負け方はいけんじゃろう。

waits2 at 00:17コメント(0) 

2017年07月08日

昨日の神宮劇場!
僕が到着したのは3回表のカープの攻撃で、無死1、2塁、バッター丸というシーンだった。
2点リードされていたカープにとって、追いつき、追い越す、絶好のチャンスだ!
IMG_0152IMG_0153
が、丸が放った打球はファーストライナーで、飛び出していた2塁ランナーの田中が戻れずダブルプレーチェンジ。
4回表に松山がソロホームランを放ち、1点差としたのもつかの間、その裏に2点を奪われ1対4とリードを広げられ、先発戸田を諦めるだろうと思いきや、5回裏も続投で、さらに3点を奪われ、1対7と大差を付けられた

席は昨年、新井の2000本安打を見届けた1塁側カメラ席隣の最前列。
左隣は、おそらく昨年と同じ方々で、とっても品の良い高齢のご夫婦。
もちろんヤクルトファン。
奥さんは、スコアブックを付けながら観戦する、静かだけど熱いファン。
その横で大騒ぎをするのは申し訳ない。
なので、応援姿勢は友達にもらった黒田の赤いタオルにとどめ、静かに観戦していた。
0jibun右隣は2つ空席の向こう側に小学校の高学年くらいのハーフっぽい可愛い男の子とそのおじいさん。
1塁側だけどカープファンのようで、赤いユニホームを着て遠慮がちに小さな声で応援していた。
松山がホームランを打った時におじいさんは席を離れていて、戻って来た時に「松山がホームランを打ったよ」ととっても嬉しそうに話していた。
そんな風に、僕も彼も場所をわきまえ、大人しく応援していた。(Photo by Shintakuさん
7回表、2アウト2、3塁のチャンスで菊池がレフトへタイムリーを放ち1、3塁(2対7)。
続く丸がライト前にタイムリーを放ち3対7としたものの、その裏に1点を奪われ3対8。
8回の表裏はジャクソンとルーキが互いに0で抑え最終回へ。
IMG_0171IMG_0184
ここでヤクルトはなんと小川がマウンドに登った。
その初球、6回からレフトに入っていたバティスタが、打った瞬間それとわかるホームランをレフトスタンドにぶち込んだ。(4対8)
IMG_0187IMG_0189
さすがに紳士観戦していた僕も立ち上がり、「ええどバティスタ〜」。
右隣のハーフの男の子と喜びを分かち合いたいところだったが、実は、8回表のカープの攻撃が終わった時、おじいさんと一緒に帰宅していた....残念。

続く田中はファーストゴロで1アウト。
あー、このまま負けるのか...
と思っていたら、続く菊池が2球目をレフトスタンドに放り込んだ!(5対8)
残念なだけのゲームかと思っていたが、最後に花火が2発も見れたんで『ええかの』と思っていたら丸が7球粘って四球を選んだ。
『おっ、強いカープを見せてくれる?!ピッチャーも替わったし、もしかして?!と期待
が、四番鈴木誠也はセンターフライで2アウト。
普通なら諦めておかしくないところだが、続く松山はこの日、当たりまくっていたので、期待して見ていたら、カウント1−2からセンターへタイムリーツーベースを放った!(6対8)
IMG_0194IMG_0197
で、実は、8回に帰ったハーフの男の子がいなくなった後、見知らぬ親子がその席に移動してきていた。
お父さんはヤクルトユニを着たヤクルトファン。
IMG_0186しかし、小学校2年生くらいの男の子はグリーンのシャツを着ているもののカープファンの模様。
周りの空気に関係なく、カープに大声援を送っていた
応援歌もしっかり覚えていて、お父さんも「仕方ない」と許していた

さて、続くは6番西川龍馬。
あっという間に2ストライクに追い込まれたが、なんとなくこのままでは終わらない雰囲気を感じていた。
なぜなら、ネクストバッターサークルに新井が出ていたからだ!!
IMG_0199IMG_0203
このまま終わるわけにはいかないという気迫が龍馬から感じられた。
5球目をたたき、セカンドゴロで万事休すという感じだったが、捕球体勢が良くなかったので、「龍馬なら内野安打になるはず!」と1塁塁審よりも熱い視線で1塁守の捕球と龍馬の走塁を見つめていたのだが、誰が見てもセーフのタイミングで龍馬が1塁キャンバスを駆け抜けてくれた
「馬」の名に恥じぬ見事な駈けっぷりだった

さあ、さあ、さあ、ここで代打新井。
00arai正直、こういう場面を見ることが出来ただけで十分だった。
新井に打席を回してくれただけで、「この試合は十分楽しんだ!」と思えた。
ただね、
限りないもの、それは欲望〜
「ここで一発出たら逆転!」と、そりゃ誰もが思うよね
思っても、そうそう出るもんじゃない。
それもわかっている。
が、期待するのは、自由。
と言うか、
こういった
"期待こそが野球の醍醐味"
じゃろ!!
そして、その期待がか叶えられた瞬間はね、
もうね、
何がどうなったのか、わかりませ〜ん
9回2アウト1、3塁カウント2−1、代打新井が振り抜いた打球は、カープファンの夢を乗せ、センターバックスクリーンを直撃(9対8)
どよめく神宮球場
もちろん自分も立ち上がり、誰よりもでかい声でおらびあげました
こんな、まさか、夢のような....
起こるんじゃねぇ。
これが七夕なんかねぇ

にしても、たった一振りで、こんなにたくさんの人を、こんなに幸せにできる野球って、ほんまええねぇ
そして、心から応援できるチームがあるって、ほんま幸せ
IMG_0208IMG_0211
実は試合中、後ろに座っていた男性二人の素人解説を聞かされていてイライラしていた
一方はちょっとカープのことを知っているが、基本、二人ともカープファンでも、ヤクルトファンでもなく別のチームのファンのようで、冷静に両チームに対して失礼な発言をずっとしていた。
しかも、まったく的を射ていない解説。
一番イライラしたのが、8回のジャクソンがマウンドに立った時だった:
 「ジャクソンって、もっと速いんじゃなかったけ?」
 「ああ、150kmは出ると思うんだけど、おかしいなぁ。134kmって、あれ表示がおかしいんだよ」
『あれは変化球じゃろうが!お前らが他の話題で笑って見てない時、150km以上のボールを投げとるのに、たまたま変化球を続けて投げたのを見て、『遅い』って、アホか!!真っ直ぐと変化球の違いもわからんようなもんが、偉そうに解説すな!』
とかなりイライラしていた
その男たち、新井の逆転ホームランを目撃し、驚喜するカープファンを見つめながら、
「すげえなぁカープ....」
「新井のユニホーム買おうかなぁ...」
茶化しでなく、心底羨ましく思った発言だった
それまでの失礼な発言の数々....許しちゃる
そのくらい凄かった。
カープの選手も、球場の雰囲気も
特にあの一塁側は、レフトスタンドからの応援を真っ正面で受けとめるとこなので、音圧とが凄いんよね。
最後なんて、あまりに声援が凄くて、トランペットはほとんど聞こえなかった。
ズムスタより狭い分、迫力は上かも
IMG_0222IMG_0225
右隣のグリーンTシャツのカープファンの男の子も、大喜びしていたのだろうが、実はこの子、後ろの席のヤクルトファンのおばさんとずっとバトルを繰り広げていた
その子がカープの選手の名前を叫ぶところで、おばさんはずっと「小川!」と声を被せるという大バトル。
ヤクルトファンなので、気色ばむ雰囲気ではなく笑いながらだが、子どもの方はムキになって応援する。
もちろん、僕は男の子の方を心の中で応援していたのだが、新井がホームランを放った瞬間は、そういった周りすべてを置き去りにして立ち上がり、誰よりも大きな声で周りがひくくらいの大声で狂喜乱舞した
左隣のご年配の夫婦には大変申し訳なかったが、許してつかぁーさい
だって、あんな瞬間、歴史的大逆転を目の当たりにして、興奮するなって無理でしょう
IMG_0230IMG_0234
そうそう、おかしかったのは、グリーンTシャツの男の子、カープファンだけど、山田哲人だけは好きらしく、最後の打席では、「ヤマーダテツト!」と大声援を送っていた
ええんよ、自分が好きなもんを、好きなだけ応援しんさい

それにしても、8回表が終わって帰ったハーフの男の子に、9回の攻撃を見せてあげたかったなぁ。
遠慮しながら小さい声でずっと応援して...最後、大声で叫ばせてあげたかったなぁ。
きっと、彼とハイタッチしてただろうなぁ。

ハイタッチと言えば!!
ゲームが終わり、新井のヒーローインタビューを近くで見るためネット裏に移動しようと向かっていたら、メガネをかけた女性が僕に向かって「良かったですね」とハイタッチを求めてきた。
お友達にそっくりだったので、「え!?観に来ていたの!?」と思いながら両手でハイタッチを交わしたのだが、全然知らない方だった
妻が「Akiさんかと思った」と言い、
「わしもそうじゃと思ったが違った」と笑った。
ま、あの場じゃもん、カープファンは全員仲間
皆、夢の中

7月7日に第7号逆転ホームランを放った新井。
"最終回5点差をひっくり返してくれんかのぉ"というカープファンの願いを叶えてくれた新井。
ヒーローインタビューも最高じゃった。
000arai0arai2
「いつも いつも いつもありがとうございます!」
こちらこそで、新井!
IMG_0262IMG_0264
IMG_0269ゲーム終了後、しばし球場で余韻に浸り、いつもは外苑前から地下鉄に乗るのだが、さらに余韻を楽しむため、ふわふわと表参道まで歩いた。
この試合を球場で観戦できたのは、本当に幸せだと思う。
あ〜、今もまだ夢の中

waits2 at 13:14コメント(0) 

2017年03月15日

IMG_9005こんな夜遅くのに、こんなものを食べている
祝杯代わりの祝チョコだ。
「何を祝って?」
WBC準決勝進出を全勝で決めたことを祝って
ここまで菊池は守備で大活躍
打つ方も今日は6回にタイムリーを放った
米国でも活躍してくれるに違いない
一方、セイヤはというと、久しぶりの先発出場でヒットを1本打ったもののタイムリーはなし。
8回裏、1死1、2塁で、コールドゲーム成立まであと3点という場面でバッターセイヤ。
あそこで本塁打を打ってれば、今季も「神ってる」って言ってもらえたかもしれないのに
ま、大活躍はカープでしてくれればいいから、普通の活躍くらいはしておいてくれ


waits2 at 23:24コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月14日

IMG_9002我が家には、今、同心がいる。
じゃなくて、岡っ引き?目明し?
「何の話だ?」
時代劇の捕り物シーンで笛のような音が鳴ってますよね。
あれを吹いてるのは、岡っ引きか同心かちょっと分かりませんが、最近、我が家であの音が良く鳴っている。
キッコーマンの「しぼりたて生しょうゆ」。
醤油を出す度に、ピューピュー鳴ります。
今夜東京ドームを鳴らしたのは山田哲人じゃったね
今日中に「カルテット」を見ることができました

waits2 at 23:43コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月13日

まさに死闘だった。
「何のこと?」
昨晩の日本対オランダ戦。
にしても、ここに来てよく調子を上げてきたなぁ、中田。
3試合連続本塁打と延長11回の2点タイムリーは本当にお見事だった
IMG_1855もちろん、7回裏の菊池の美技を忘れてもらっては困る!
あれが抜けていたら、1死1、3塁と大ピンチになっていたからね。
悔しかったのは菊池のグラブをかすめ、センター前へ抜けた9回裏の同点タイムリー安打。
あの打球を捕っていればゲームセットで、菊池の株はさらに上がっていたのに
打球がグラブに当たったにもかかわらず記録がヒットになったは、菊池だからグラブに当てられたのであって、本来ならばクリーンヒットという判断だろう
菊池が捕れなかったんだから仕方がない、皆がそう思った。
ただ、解説者の誰も言及していなかったので、菊池に代わって少し言い訳をしてあげたいのだが、実はあの時、2塁塁審がセカンドベースよりも前に立っていたので、ほんのわずかだが菊池とボールとの間に塁審が入り、打球が見えなくなった瞬間があったのだ
速い打球だったので、一瞬でもボールが消えると、飛び込むタイミングや勢いに狂いが生じてしまう。だから捕れなかったのだ!...悔しい...
ま、それにしても、よく勝った。


waits2 at 18:41コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月08日

WBC2戦目は対オーストラリア。
IMG_18502回に1点先制されたものの5回に松田の犠牲フライで追いつき、7回に中田のソロで勝ち越し、8回は筒香の2試合連続のツーランホームランで引き離し、4対1で勝利した。
2回に奪われた1点は2アウトから打たれたソロホームラン。
試合後のインタビューで菅野は、「2アウトからのホームランだったので、あそこは反省しないといけない」と答えていたが、そういう発言は、前の打者を一人も出さずに打ち取っていた場合に言うこと
ショート坂本の拙守で出塁させた走者を、菊池がダブルプレーで始末してくれたので、ソロホームランで終わったわけで、下手をすると3ランだった可能性があるんよ!
坂本と菅野を救ったのは菊池です
WBC、始まるまでは、「まぁ、頑張りんさい」ってな感じだったが、これがいざ始まると、「勝たにゃいけまぁ!」となってきている。
代表選手たちは、大ヒーローになれる可能性がある一方、致命的なエラーでもって大戦犯になる可能性もあるだけに、緊張するわなぁ。
ま、でも、エラーは仕方ない。怪我だけはせんようにね

waits2 at 23:57コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月07日

IMG_1847WBCが始まった。
日本の初戦はキューバ。
11対6で勝つには勝ったが、投手陣がピリッとせんかったね。
攻撃陣は青木、松田、筒香と多くの選手が活躍したが、勝利への最大の貢献者は何と言っても菊池でしょう!
初回のダブルプレーがこの試合、いや、それどころか、WBC全体の流れを引き寄せたかもしれない!
最初のプレー以降、球場中の観客が、セカンドに打球が飛ぶと、どんな風に裁くかを楽しみに観るようになっていた。
ふっふっふ
あれねぇ、カープの菊池っちゅうんよ。
羨ましいじゃろう

waits2 at 23:47コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月02日

2月に入り、春季キャンプが始まった。
先月30日に40歳になった新井貴浩選手、セイヤと張り合った挙げ句、今シーズン、"13割"打つらしい

waits2 at 00:34コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月29日

プロ野球年間表彰式が行われた。
2016年セントラルリーグのMVPを受賞したのは
広島東洋カープの新井貴浩選手だった。
IMG_1763
また、以下のカープの5選手がベストナインを受賞した
野村 祐輔投手
石原 慶幸捕手
新井 貴浩一塁手
鈴木 誠也外野手
丸 佳浩外野手

あれ?菊池 涼介選手は?
残念ながらベストナインは山田哲人二塁手。
ゴールデングラブ賞はどうやっても菊池なので^^

客席では、まるで父兄のようにリラックスした黒田が新井に拍手を送っていた
IMG_1764
カメラの切り替えがあまりに急だったので
画面下に新井のテロップが残ったままだった

黒田博樹投手はコミッショナー功労賞を受賞
IMG_1767
わし的には超MVP:黒田博樹ね


waits2 at 00:06コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月14日

こちらが広尾で買ったお箸。
IMG_8188IMG_8190

うどん用のお箸を買ったのは、タモリ倶楽部を見たからじゃありませんよ^^
縦に入ってる溝が掴みやすくしてくれるようです。
まだ試していませんが、楽しみ
こんなにたくさんお箸を買ったのは初めて。
大谷くんの認定二塁打。あんな打球を見たのも初めて
セイヤの満塁弾、良い年越しが出来そうなね

さて、新曲、ほぼほぼ出来てます。
もう少々お待ちを!>大ちゃん

waits2 at 00:10コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月09日

返す返すも残念でならない。
IMG_7712マジック4で広島に戻っての中日との3連戦。
カープが中日を3タテし、阪神が巨人に1勝してさえくれれば、マツダスタジアムで胴上げができる!
見事カープは中日に3連勝したというのに、阪神は巨人に3連敗
元カープの金本監督、これ以上ない絶好の恩返しの機会を、どうなん
カープユニを着込んで必勝態勢で応援してたのに...
人生にそう何度もない極上の歓喜の瞬間を奪われてからに...
阪神の弱さには呆れかえる。

昨晩のカープの勝利でマジックは1。
今日、カープは移動日で試合がない。
が、巨人は神宮で試合がある。
もし巨人が負けると、カープの優勝が決まってしまう。
おいおい、どこで、どうやって喜べばええんや
巨人よ、今日は勝ちなさい!
全力で勝ちなさい!
でないと、昨日の勝利は、単なる嫌がらせでしかないぞ!
黒田登板予定の土曜の直接対決で、堂々と決着をつけてあげるけん!
最後のバッターをレフトフライで打ち取ってあげるけん!
今日は勝ちんさい!

waits2 at 10:27コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月04日

昨日、球場に到着したのは、午後3時半過ぎ。
先に球場入りしていた新宅さんと11ゲート近くで落ち合い、イン
IMG_7637IMG_7638

バッティング練習では、堂林がポンポン、スタンドに放り込んでいた。
が、スタメンではなかった
この日の開始時刻は5時。
4時半過ぎくらいに、黒田がブルペンへ。
IMG_7642IMG_7641
「絶対抑える!」
という気迫が身体全体からにじみ出ていた。

初回のカープの攻撃。
2アウト後、丸がセンター前ヒットで出塁。
0−1から松山が右中間へタイムリー2ベースを放ち先制!
「宮島さん」を合唱し、気分は一気に天国
逆転のカープだけれど、この日の先発は黒田だけに、普通に勝って欲しい。
続くセイヤが三塁エラーで1、3塁とチャンスを広げたものの、エルドレッドは三振に終わり得点は1点のみ。
P9032360初回の黒田、先頭打者にレフト前ヒットを打たれた後、バントで送られたものの、山田を三振、バレンティン四球の後、鵜久森をセカンドゴロにしとめ、ゼロに抑えてくれた。
初回?2回?黒田の上に、虹がかかった。
これを見た時には、『絶対勝つ!』と思うたんじゃがねぇ...
続く3回裏、ノーアウト満塁のピンチでバレンティンを見逃し三振に切り取った時が、この試合、最もシビれたシーンだったね。
続く鵜久森をショートゴロに打ち取ったものの、バウンドが高かったため、ゲッツーが取れず1失点。
続く西浦にライト前へ勝ち越しタイムリーを打たれ1対2と逆転された。
逆転のカープだけに、最後の最後、代打西川がレフトフライに打ち取られるまで、諦めることなく応援し続けたけれど、残念ながら今シーズン42回目の逆転勝利とはならなかった。

P9032363新井が2000本安打を決めた4月以来の神宮で、今年初の生黒田観戦。
と、何気なく書いてるけど、今シーズン限りで引退する可能性もあるだけに、昨晩は、超本気で黒田を見つめてきました。
今シーズン、まだ8勝の黒田。
10勝しないと、引退を宣言する可能性がグンと高まってしまうだけに、勝たせたかった。
残り試合はまだまだあるので、2勝くらいできると思うけど、優勝が決まる前に10勝してないと、本人は納得しないのではないかと心配よね。

実は今、録画しておいた中継を見ながらこれを書いてるのだが、8回裏、2アウトまでとった一岡が、3連続四球で2アウト満塁にしてしまった。
と、この時、黒田がベンチ裏にいくところがテレビに映っていた。(球場ではこれは分からない)
これを見て解説の達川は、『何やってんのや!攻めろ!』という思いと、自分は途中降板してしまったので見るに見かねて『申し訳ない』という気持ちで後ろに行ったんでしょう、と説明していたが、どっちかは不明
このピンチ、最終的には空振り三振に打ち取って、2点差のまま最終回の攻撃を迎えることができた。
これが大切なんよね。
逆転の可能性が高ければ高いほど、諦めることなく最後まで応援できる!
今シーズン、カープはずっとこういう試合をやってくれて、実際41回も逆転してくれた
魅せるゲームをする、これぞプロ!
昨晩のゲーム、負けはしたものの、完全復活を感じさせる大瀬良のピッチングは大収穫だったのではないかと
正直、優勝は決まったも同然。
しかしながら、クライマックス、日本シリーズを勝ち抜くには、大瀬良の復活は必須!
昨年の最終戦で悔し涙を流した彼を思うと、この堂々たる姿はたまらんぜよ。
いくよ!いくよ!

waits2 at 04:20コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月03日

黒田先発ゲームを観戦するため、神宮に馳せ参じた。
IMG_7636IMG_7648

見上げれば虹。
まるで黒田の後光のようだった。
『こりゃ絶対勝つ!』
と思ったのに、結果は

広 1 0 0 0 0 0 0 0 0  1
ヤ 0 0 2 0 1 0 0 0 x  3

しかし、巨人が負けたので、マジックは1つ減って6

waits2 at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月25日

IMG_1640絵に描いたような逆転勝利

広 0 0 0 0 0 1 1 1 3  6
巨 0 0 4 0 0 0 0 0 0  4

気分爽快!
逆転タイムリーを打った丸もエライが、同点タイムリー内野安打を足で奪い取った菊池はもっとエライ!その前に、同点ランナーとして出塁した松山もエライし、ぬかりなく走った代走赤松もエライ。
2点差とするタイムリーを打った新井もエラければ、5回以降を無失点で抑えた大瀬良、藪田、一岡、中崎の投手陣もエライ!6回にはタイムリー、8回には本塁打を放ったセイヤもぶちぶちエライ!エライ奴ばっかりじゃ
今季のカープを象徴する見事な逆転劇
カープ最高
これでマジック18(マエケン元気でやっとるか?)


waits2 at 23:15コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月24日

IMG_3143遂に
遂に
遂に

広 0 0 0 0 1 4 0 2 0  7
巨 0 0 0 2 0 0 0 1 0  3

優勝マジック20が点灯した
点いたり消えたりすることからマジックと呼ぶらしいが...
ふふふ
今度消えるのは、優勝した時さ


waits2 at 23:42コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月16日

今日の「アメトーク」面白かったなぁ。
高校野球。
奇跡のようなドラマをたくさん紹介していた。
しかし、あれらも氷山の一角で、知らないところで、感動的なドラマがたくさんあったんだろうなぁ。
これからもたくさんあるんだろうなぁ。
夏じゃのぉ。

waits2 at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月14日

IMG_7069コリジョンルールにより、セーフ!
サヨナラタイムリーヒットを打った赤松選手、大喜びでしたね。
本来なら、勝利の瞬間、チームメートから手荒い祝福を受けて大はしゃぎをするはずだったのに、直後の判定はアウトだったので、ビデオ検証待ちで、随分と待たされた。
解説者の野村前監督は、完全に走路が妨害されていたので走塁妨害でセーフ、とかなり確信を持って言っていたのだが、その通りの結果となった。
野村前監督、監督としては残念だったが、解説者としては、意外にしっかり勉強している。
先に解説の仕事をして、ファンにある程度信頼を勝ち取ってから、監督になった方が良かったかもしれんね。
もっとも、監督をやったから今の解説が出来てるのかもしれないが...^^

さて、これでカープは2位に3ゲーム差をつけて首位をキープ。
優勝じゃね、もうこうなったら優勝あるのみ!
正直、優勝するとなると、クライマックスシリーズ、邪魔くさいね




waits2 at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月20日

我らが黒田が帰ってきた!
6回を投げ失点1。
IMG_6940
広 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 4
阪 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1

失点1で負け投手にするわけにはいかないと、9回表、先頭打者の丸は四球で出塁。
続く新井への4球目、暴投で丸は2塁へ。
新井セカンドゴロの間に丸は3塁へ。
続くエルドレッドのセンター犠牲フライで、同点
このように、無安打でも点は入るのじゃ!
黒田の負けが消えたのは嬉しいが、やはり、どうせなら勝ちたい!
今日のヒーローは誰がなるんや?!
天谷?セイヤ?丸?永川?(どうやって?)
まさかの磯村でした
この日2本目のヒットは、なんとプロ初打点
昨日はサヨナラ勝ち、今日は延長逆転勝ち
ええじゃん、ええじゃん!


waits2 at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月19日

IMG_6711延長12回表、1アウト満塁で4番新井が勝ち越しタイムリーを放った。
一番打って欲しいところで、一番打って欲しい人が打って、勝った
連敗していただけに、嬉しい。
ちなみに、新井、2000本安打まで、あと7本。
どうせなら26日に達成してもらいたい
この日、神宮観戦予定なので

waits2 at 23:45コメント(0)トラックバック(0) 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年11月21日(火)


年末Special Recording LIVE!
2017年12月19日(火)


マンスリーライブ
2018年1月12日(金)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ