ニュース

2016年11月09日

米大統領選挙。
史上最低の泥試合とか言われてるらしいが、どうなるのだろう...

一方、日本では、博多駅前で大陥没事故が発生!
IMG_1761怪我人が出なかったのが不幸中の幸い。
しかし、穴の近くのビルも建て直す必要があるんじゃないのかなぁ。

関係ないが、福岡市長がえらい若いので、驚いた。

waits2 at 00:03コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月08日

ここのところカープのことばかり書いている。
もうそろそろ"黒田ロス"から脱出しなければならない。
ということで、最後に優勝パレード&引退セレモニーの前日に行われた引退会見の感想を書いて、黒田ロスを離脱し、次のライブ「ありがとう黒田、ありがとうCarp!」に集中しようと思う(どこが離脱や

広島では生中継されてたみたいだけど、僕はJ-sportsで再放送されたものを見た。
IMG_1750引退会見の黒田、本当にすがすがしい顔をしていた。
様々な重圧から解放されたわけだから、当然と言えば当然なのだが、それにしても別人のように晴れ晴れとしていた。
日常の生活では、肉体的なケアが必要なくなったのでかなり解放されただろう。
しかし、この会見で感じられたすがすがしさは、きっと、もう何も隠す必要がなくなったからではないだろうか。

IMG_1749これまで黒田は、野球という舞台で、ずっと戦ってきた。
戦う限りは、勝たなければならない。
勝つためには、隠さなければならない情報が沢山ある。
自分の弱点はもちろん、チームの弱点も。
引退を決めた今でもチームに不利な情報は漏らしてはいけないだろうが、少なくとも自分自身の事に関しては、もう何も隠す必要がなくなった。
正直な自分でいられるようになったので、あんなにいい顔、素直な顔になったんじゃないかと。
勝負師を引退した黒田。
素の顔は、こういう顔だったんだね。

インタビューの後半、とても面白いシーンがあった。
IMG_1748後輩たちについて、
「新井選手には、今後どんな期待をされますか?」
とインタビュアーが尋ねた。
すると、黒田は
「さっき、この後、FA宣言の会見をするって言ってたんで、もしそうならちょっと、僕もそちら側(記者席)で聞きたいなと思います」
と会場を笑わせた
別室でこの会見を見ていたはずの新井、きっと椅子から転げ落ちたことだろう

しばらくは野球から離れるみたいですね。
ちょっと離れて、ゆっくり休んで、野球が恋しくなったら、またカープのユニホームを着てください^^

waits2 at 00:17コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月31日

黒田博樹投手の背番号「15」が永久欠番になる
既に本人にも伝えられているという。
当然と言えば当然だけど、ええねぇ!!
15番が永久欠番になった理由を知らない世代に話す時、これがまた幸せな時間になるんじゃろう
成績やタイトルだけでは伝わらない、伝説のヒーローemoji:pikapika>
ぶちカッコエエ

By the way
IMG_8088ノーベル文学賞の選考委員会は、ディランから
 「受賞したことを知り言葉を失った。この栄誉に感謝します」
という連絡があったことを明らかにしたらしい。
ほらね
沈黙には色んな事情があるんよ。
「ディランを傲慢だ」と怒っていたペル・ワストベルイ氏だっけ?
SNSの一つでもやってみればいい。
既読スルーにも、色んな事情があるってことを学べるよ

waits2 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月25日

広島東洋カープのクリス・ジョンソン投手が沢村賞を受賞した。
外国人選手の受賞は1964年のバッキー(阪神)以来、52年ぶりだそうだ。
昨季はマエケン(現・ドジャース)が受賞したので、2年連続でカープの選手が受賞した
IMG_8031改めて選考基準を調べてみた
選考対象:先発完投型の投手
登板試合数:25試合以上
完投試合数:10試合以上
勝利数:15勝以上
勝率 :6割以上
投球回数:200イニング以上
奪三振:150個以上
防御率:2.50以下
これらはあくまで参考で絶対条件ではない。

恥ずかしいことに、今でもこの賞はスポーツ記者クラブの投票で決められているのだと思っていたとっくの昔(1982年)に変わってたんだね。今は受賞経験者等で構成された選考委員(原則5名)の投票で決められているそうな。西本投手が受賞したのが1981年で、翌年から変わったということは....ふむふむ。
今季で黒田が引退するけれど.....黒田博樹賞とか作ったらどうかね?
成績に関係なく、別の感動をもたらした選手に授与する。
選考委員は....うーん...各自
全プロ野球ファンが、それぞれ選ぶ
「今年の黒田賞は○○じゃろ!」と話すだけ
注意)ディランを選んでも無視されます

waits2 at 00:25コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月23日

ボブ・ディランのノーベル賞受賞について
ネット情報によると、ディランの受賞に対して文学界から批判的な声も上がっているんだとか。
ふむ。
一方、受賞決定後もディランが沈黙を続けていることについて、スウェーデン・アカデミー(選考委員会)の一員(ペル・ワストベルイ氏)が「ディランを傲慢だ」と非難したとも。
ふむ。
IMG_8033ディランは何もしてないのに、批判、非難を受けて、いい迷惑だ。
"沈黙"ったって、批判があることに対して、何かしら思うことがあってかもしれないのに、いきなり非難して、どっちが傲慢なんや。
迷惑ばっかかけといて、なんやその態度
言っておくが、ノーベル賞なんかより、ディランの方がよっぽど上よ。
ノーベル賞が権威を失いたくないのなら、ペル・ワストベルイ氏とやらを選考委員から外した方がええんじゃないん?
もっとも、この意見も、所詮はネット情報に基づいてのものでしかなくて、真相は全然違うところにあるんかもしれんけどね。

waits2 at 02:37コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月14日

2016年ノーベル文学賞は、ボブ・ディランに授与されることとなった
以前から候補者の一人として名前は挙げられていたが、本当に受賞するとは
選考委員会もやるねぇ
またしても村...もう触れないことにしましょう

さて、CSファイナルステージ第2戦

横 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0
広 1 0 1 0 0 0 0 1 X  3

初回の1点は丸のタイムリー、3回の1点は丸の犠牲フライ、8回の1点はコウスケの本塁打。
一方、投手陣。
先発のノムスケは6回を3安打無失点。
7回は今村、8回はジャクソン、9回は中崎が無失点に抑える、見事な完封リレー!
これで日本シリーズ進出へ王手じゃ
IMG_1713IMG_1714

IMG_1716それにしても、強い。
コウスケに至っては、CSの打率が.833
一方、セイヤは未だ無安打だけど
昨日、次のような内容の記事を読んだ。
一昨日のゲーム前、ロッカー室近くの会見室にカープの選手たちが集められた。巨大スクリーンにサプライズで映し出されたのは約7分のビデオ。優勝の瞬間から、厳しいキャンプの練習、好プレー、死球シーン、涙するファン...
こんなん見たら、そりゃテンション上がりまくるじゃろう
どうりで
一昨日、グランドに立つカープの選手たちが、妙に輝いていたので、「どしたん!やる気満々じゃん!こりゃ絶対勝つわ!」と思ったのだが、なるほど、そういう理由だったのね。
そう考えると、一番単ちゃん(単細胞^^)は、コウスケということになるのかな?
セイヤは、"神ってる"の再現に力が入り過ぎたか?
ええんよ。今、打てなくても、日本シリーズで大暴れしてくれれば
発案者は黒田。ヤンキース時代にチームが作成したものを見た経験があったらしい。
やるのぉ。(その記事はこちら
今日は、その黒田が先発だ。
で、
もしも日本シリーズの3戦目を黒田が投げるとしたら、球場は敵地ということになる。
そして、もしも黒田が今シーズンで引退することになったりしたら、マツダスタジアムで黒田が投げるのは今日が最後となる可能性がある(おいおい、心の整理がつかんぞ)
となると、今日はもの凄く重要な試合になる。
何が何でも今日勝って、マツダスタジアムで勝利を祝わんと!
現地の皆さん、応援よろしく!

waits2 at 00:23コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月14日

IMG_1676いよいよiPhone7が発売されるらしいが、迷っていることがある。
iPhone7にすべきか、iPhone Plusにすべきか...
写真のGhanaチョコレート、どうやら、iPhone Plusの大きさとほぼ同じらしい。
手に持って感覚を確かめてみたところ、そこまで操作するのは難しくないように感じた。
でも実は、操作性より、収納性の方が問題なんだろうなぁ。
胸ポケットはまず無理だけど、ズボンのポケットも難しいかと。

waits2 at 23:17コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月11日

広 0 0 1 2 2 0 0 1 0  6
巨 2 0 0 0 1 0 0 1 0  4
IMG_1672カープ
優勝しました。
抱き合っているのは、黒田と新井です。
まさに男泣き
よかった、本当によかった
黒田は「今日で終わりでもいいと思っていた」そうです。
いえいえ、CS、日本シリーズ、もう少しやってもらいます!
今度は満員のマツダスタジアムで胴上げしてもらってください!

waits2 at 00:11コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月26日

世の中があんまり騒ぐものだから、インストールしてみた。
IMG_7307ポケモンとか、全然知らないのに
ポケモンを集めたくなる気持ち、まったく理解できないわけではない。
が、そうは言っても、色んな意味で、勿体ない
時間も、頭の中が支配されることも、外界を見ているようで見ていないし...
ま、でも、まったく外に出ない人たちが、外出するきっかけになるのは良いのかも。

写真は昨日の朝の井の頭公園。
いつもなら「森をゆくのだ つまづきながら」と頭の中で歌いながら歩いてるところで「ズバット?」と遭遇。
とりあえず捕まえた。
と、別の黒い物体がヒラヒラと僕の目の前を横切った
おーー、あれは!!
IMG_7311見えますでしょうか?
中央に見える黒いシルエット。
そう、羽黒トンボです!!!
こんなところで遭遇するとは!!!
どのポケモンより、レアかと!!


waits2 at 01:12コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月24日

遂に我らが黒田が日米通算200勝を達成した
IMG_1571神 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0
広 3 0 4 0 0 0 0 0 x  7
7回
115球
5被安打
9奪三振
3四死球
失点0
絶好調じゃなくても7回を無失点で抑えたのは流石!
ポイントは初回だった。
2アウト1、2塁のピンチでゴメスをショートゴロに打ち取って無失点で切り抜けたのだが、実はその前の福留を四球覚悟で徹底的にボールでしか勝負しなかったのが大正解だったかと
200勝を達成した後の黒田は、本当にホッとした顔になっていた。
黒田のことだ、200勝をチームメイトに意識させてしまってきたことを、申し訳ないと思っていたに違いない。
明日からは、何のプレッシャーもない、目の前の一勝のみにこだわる試合が出来るね。
本当は新井の300号本塁打で花を添えて欲しかったところだが、それはまた別の日にファンを喜ばせてくれ。
IMG_7292昨日は久しぶりに家でお好み焼きを焼き、ギネス(黒つながりということで^^)を飲みながら応援した。
前の晩の"Fifteen"が絶好調だったので、今日の勝利は間違いないと思っていたが、ここまで気持ちが良い勝ち方をしてくれるとは!!
嬉しいのぉ。
心から「おめでとう」と言いたい。

さて、ここで一つカープファンとして提言したいことがある。
「肝心な試合に弱い」という暗示を払拭すべきは、選手ではなく、実はファンの方だ!と
それを"念"と呼ぶか、"気"と呼ぶか知らないが、そういう力は実在する。
特に、一所に多くの人が集まるような場所には、物理的にと言っていいくらい顕在化する。
なので、多くのファンがマイナスなイメージ(どうせ打てない)を持っていると、選手に伝播してしまうのだ。
とするならば、これまで肝心な試合を負けてしまっていたのは、悪い波動を送ってきたファンのせいだと言えるのではなかろうか
今後は、「負けるわけがない!」と信じて応援しませう

waits2 at 03:27コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月12日

今朝、中村メイコさんがラジオで話していた。
IMG_7198彼女が神津善行と結婚することを永六輔に伝えたところ、永六輔がかなり落ち込んだらしい(永六輔に悪いのでこう表現しただけで、本当は泣き崩れていた可能性あり)。
あんまり落ち込んでるので、なんとか励まそうと
「こんな時はどんな言葉をかけてあげればいいの?」
と父親の中村正常に電話で相談したところ、
「では、彼に、そんな時は、上を向いて歩きなさい。涙がこぼれないように」
or
「涙がこぼれないように上を向いて歩きなさい」
と言ったらしい。
その言葉を永六輔に伝えたところ、4年後くらいに「上を向いて歩こう」が誕生したのだとか。
R.I.P. Mr. Rokusuke Ei

waits2 at 23:44コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月03日

IMG_7024今朝もイイ天気だった
フルートだけでなく、今朝はブラスバンドの音が聞こえたような気がしたが、これは気のせいだった
「気のせい」と言えば、子どもの頃「樹の妖精」を略して「きのせい」と言うのかと思っていた。
『え!?妖精って、そんな堂々と認められた存在なの!?』と不思議に思いながら、しっかり勘違いしていた。
アホじゃ^^
同じ子どもでも、北海道の7歳の子は、しっかり身を守っていた。
事実は想像を超えるなぁ。

waits2 at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月27日

IMG_6998今日は妻の誕生日ということで、お祝いをしました。
以前から行きたかった吉祥寺にあるパン屋でもあり、レストランでもあるお店で夕飯をいただきました。
美味しかったわぁ。
今日はオバマ大統領が広島を訪れるという、歴史的な一日でもあった。
こんな日は絶対勝たないといけなかったのに、もちろん、ちゃんとそれを意識して黒田はマウンドに立っていたと思うが、残念ながら負けてしまった。
長いペナントレース、負ける日があるのは仕方がない。
ただ、連敗はしちゃーいけんのよね。
明日は勝つ!

waits2 at 23:22コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月24日

IMG_666724日午後10時27分ごろ、鹿児島県十島村の諏訪之瀬島で震度4の揺れを観測する地震があったそうだ。
このほか、鹿児島県の中之島と悪石島で震度2の揺れを観測。
気象庁の観測によると、震源地はトカラ列島近海で、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.2と推定。
それでも、川内原発止めないの?

安全性どうのこうのの問題じゃない。
人間性に問題あり。

waits2 at 23:29コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月16日

全国で唯一稼働している鹿児島県薩摩川内市にある川内原発1、2号機。
異常は確認されてないということで、運転を続けているという。IMG_6290
「停止しない方が安全性のアピールになる」
との判断だろうが、ダメじゃね。
こういう時は、
「絶対安全ですが、念のために停止します」
と、何よりも安全を最優先する企業姿勢を見せるべき時じゃろ。
こんな時でも、安全性のアピールしか考えてないということは、
「いざと言う時のためのことなんか、何も考えてない企業です!」
とアピールしているようなもの。
安全最優先の姿勢が、地域を、しいては自社を守ることにつながる、そういう判断ができる人物が上層部にいないということを露呈した。

今からでも止めるべきだろうに...
目先の利益を優先して....ほんとダメ。
これでは、信用のしようがない。

waits2 at 10:13コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月03日

今朝、「ゆかりペンスタイル」のニュースを読んだ。
IMG_6393IMG_6394

三島食品って、広島の企業じゃったんじゃね^^
「スパイのようにさりげなくかけられる」
を読んで笑ってしもうた
「ゆかり」、たしか銀座のアンテナショップTAUでも売ってたらしいけど、今は品切れだろう。
「ゆかり」といえば、こちらのエピソードが忘れられない。


waits2 at 23:36コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月03日

IMG_6121いつの頃からか、関東にも恵方巻の文化が広まってきている。
それほど、思い入れはないのだが、一応、我が家も買って食べている。
恵方巻といえば、ザガースキー。
元気でやっとるんかのぉ。

それにしても、清原....

waits2 at 22:45コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月07日

今朝撮った写真
IMG_5535太陽が2つ写っている
1つは空に、1つは水面に。
こんな曇り空なのに、しっかりと。
でも、実際に太陽が2つあったら大変そう。
太陽は2つ要らないけど、月が2つあったら楽しいかも
倍くらいの大きさの月がいいなぁ
あー、なんて平和な空想だ。
この脳天気な平和をぶち壊すニュースが飛び込んできた
「水爆実験に成功!?」
嘘か本当か定かではないが、とんでもない話だ
よいよ、まこと、冗談じゃないでほんまぁ

waits2 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月13日

IMG_5327問題発言を連発しているドナルド・トランプ氏。
「すべてのイスラム教徒のアメリカ入国を拒否すべきだ」というコメントで、世界中から大ブーイングを受けていたはずなのに、それでもまだ共和党内の支持率は1位なんだとか?
それってどうなん...
自国を出たことがない米国民って、ほんと世間知らず、というか、世界知らず。
もっとも、日本にも、品のない発言を連発しても一定の人気を維持している政治家、おるもんなぁ.......一緒か...
ほいでもよ、
そもそも、トランプ氏の発言は米国建国の理念に背くもんじゃろ!
日本で言えば、憲法に背くようなもので.......一緒か...
....
と、自らを落として、「これじゃいかんじゃろ!」と喝を入れるのが日本流じゃった気がするのだが、最近、自国を堂々と持ち上げるテレビ番組が多いような気がする。
あれって、かっこ悪い行為じゃないん?
それとも、欧米化?
わからんことが多い。


waits2 at 00:23コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月10日

bicycle1原油安の影響で、ガソリン価格が下がり続けている。
原油安の原因は?
世界最大の石油消費国だった米国が、自給どころか、エネルギー産出国になりそうなため原油がだぶついているのだそうだ。
従来なら、減産して価格調整をするところだが、今回は減産しても価格が戻らず、産油国の収入だけが減少するかもしれないという最悪の事態を恐れて、サウジアラビアもOPEC(世界石油輸出国機構)も減産しないことにしたらしい。
そりゃ下落は止まらんわなぁ。
もう少ししたら、水と空気だけで走る車が登場するだろうから、その頃には、水の価格の方が高くなってるかもね。


waits2 at 00:03コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月27日

一つ目:
恋愛禁止を破ったアイドルグループのメンバーだった女性(17)やその親に対し、所属事務所などが総額約500万円の損害賠償を求めた裁判で、「交際発覚はアイドルに多大なイメージの悪化をもたらす」として、東京地裁は、女性に65万円の支払いを命じたという。
******
恋愛禁止って人権侵害だろうに、法的には正当な契約ということになったということか。
「恋愛禁止的文言が契約書に書かれていること自体が問題!」と考える世間であって欲しいなぁ。
ビジネスのルールの方が、人権を上回ってどうする。
司法がこういう判断をするって...
つくづく"遅れてる"国だなぁ。

もう一つ、フォルクスワーゲンの排ガス不正問題も驚いた。
あんな子どもだましのようなことをVWが、ドイツがするなんて!?
思ったより"遅れてる"ということか?

waits2 at 12:23コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月30日

昨晩、ライブ会場に来てくださいました皆様!
ありがとうございました!!!!
お陰様で、ぶーーーーーーーーーち、ええライブをすることができました!
ここ最近では、ずば抜けて良いライブだったと思います!!!!
僕だけでなく、又吉くんも、大ちゃんも、いつもに増して良かったんじゃないかと思います

さて、それでは、どんな様子だったのか、ちょいと振り返りたいと思います。
昨晩は、名目では、又吉くんと、僕&大ちゃんの2マンライブということでしたが、大ちゃんだけのミニステージもあったりしたので、実質は3マンライブ
互いのオリジナルやカバーをコラボしたりと、盛り沢山の内容で盛り上がりました。

こちらが又吉くんのセットリストです:
IMG_49371.falling slowly
2.泪雨
3.ocean
4.声
5.sense
6.ナイトフライト
7.花火
8.prism
9.call my name

一部は、一応、又吉くんのステージということでしたが、スペシャルイベントっぽさを出すため、一曲目に三人で演奏する"Falling Slowly"を持って来ました。
"Falling Slowly"とは、アイルランドの映画"Once"(先日観たミュージカルでもあります)のテーマ曲で、以前、又吉くんがカバーしていたので、「だったら是非、一緒にやりませう!」ということで挑戦しました
結果、なかなか好評で「オリジナルより良かった」との声も聞けました
考えてみれば、大ちゃんのピアノと又吉くんのボーカルが、この女の子のピアノとボーカルより良いのは当たり前の話で、あとは僕がGlen Hansardのパートをきちんとやりさえすれば、良くなるのは当然なんよね。
もちろん、僕らが演奏する時、オリジナルより良くしようぜ!というような意識は皆無で、とにかく楽曲が持つ良さを各々がきちんと表現し、楽しみたいという気持ちだけ。
まるで高校の文化祭のようなピュアさがあったかと^^

IMG_4955この一曲をパフォームした後、僕と大ちゃんは一先ずステージを降りてお客さんとなり、又吉くんのステージを客席から応援しました
又吉くん、かなり緊張していたようですが、その緊張や気合いが空回りすることなく、ハッとするような素晴らしい瞬間を何度も見せてくれました。
僕がこれまで観たライブの中で、一番熱いステージだったと思います
特に3曲目の「ocean」という曲のパフォーマンスは秀逸でした
楽曲自体の力もさることながら、いい"気"が出ていて、ぞくぞくする瞬間(英語で言うところの"moment")が何度もありました。
あのモーメントを感じた瞬間、今回のイベントの成功を僕は確信しました
「ええねぇ、又吉くん!」と感心していると、僕の出番がやってきました。

img25.ナイトフライト
6.花火
この2曲に、僕はギターとコーラスで参加させていただきました。
又吉くんの歌の邪魔にならぬよう、しかし、ちゃんと自分らしさも出せるよう、頑張ったつもりです^^
感触としては、当日何回かやったリハより、かなり良いハーモニーが出せたんじゃないかと思います
僕の場合、洋楽のカバーをすることはあっても、邦楽をカバーする機会は滅多にないだけに、とても勉強になりました。
「ほー、こんな譜割りで歌ってるのか」と何度も感心しました。
こういった機会でもなければ体験できなかっただけに、その意味でもやった甲斐ありでした

この5、6曲目の後、再び会場から又吉くんのステージを応援。
いやー、本当に良かったわぁ。
又吉くんのハートが客席に染み渡っていくのが感じられ、おそらく本人もそれが実感できていたんじゃないかと思います。
きっと、本人も幸せな瞬間をたくさん感じていたんじゃないかと思います

続いては、大ちゃんのソロピアノステージ
IMG_4978セットリスト
1.Overseas(オリジナル)
2.HaguroTombo(カバー)
3.Spain(カバー)
わずか3曲、15分くらいのステージだったのですが、充実の内容でした!!
まずは、名刺代わりのOverseasで、ただ者じゃない感を存分に発揮。
誰かと合わせる必要のない、自らを刺激しながらの演奏。
歌ものの音楽しかあまり聴かない方々にも、インストゥルメンタルの魅力が、ピアノという楽器が持つ魅力が、存分に伝わったのではないかと思います。
『さて、次は何を演奏するのかな?』
とMCに耳を傾けていると、
「次は、カバー曲をやりたいと思います。丸本さんのオリジナル曲、スタンダード曲と言って良いのかな?"羽黒トンボ"を演奏したいと思います」
と大ちゃん。
思わず僕は「うぉーーーー」と感激の声を上げてしまいました。
言うまでもなく、涙ちょちょ切れの感動の演奏でした。
まさかここで僕の曲を演奏するとは!!
嬉しい。
黒田カープ復帰クラスの喜びでした!!
それにしても、大ちゃん、「お、そうだ、丸本さんのオリジナルをやろう」というアイデアを、いつ思い付いたのだろう?
この感激は、サプライズでバースデーパーティをやってもらった感覚に近いんじゃないかと思う(そんな経験、これまで一度もないけど)
こういったサプライズをサラリとやる大ちゃん。
かっこええ。
江戸っ子の"粋"を感じました。
IMG_4979そして、最後のSpain、これは大ちゃんのステージではお馴染みのナンバーですが、今回は、演奏前に大ちゃんからコーラスのお願いを依頼されました。
あ、僕にではありません、会場のお客様、全員に対してです
エンディングで奏でる和音を、お客さんのコーラスで飾ろうというもので、「丸本さん以外の男性はこの音、女性の方はこの音」、「丸本さんだけは、この音」と男女の間の音を僕一人が担当することになりました
こりゃ責任重大ということで、自分が担当する音をしっかり頭に叩き込み、いざ大ちゃんの演奏が始まりました。
"Spain"の演奏が素晴らしいのは言うまでもないのですが、僕を含め、会場の皆さんは、最後に任された音をきちんと出せるかどうかで頭がいっぱい
やがて後半に突入したかと思うと、おもむろに大ちゃんはマイクに手を伸ばしました。
「え?中断したのか?」
いいえ。片手でしっかり演奏しながらのマイクパフォーマンスです。
エンディングが近づいてきたので、それを知らせるためかと思っていたら、"コール&レスポンス"ならぬ、"プレイ&レスポンス"の指示が飛んで来ました
大ちゃんが弾く通りのメロディ(プレイ)を、お客さんに歌って返してもらおう(レスポンス)というもの。
IMG_4974最初は簡単なメロディだったので、僕もボーカリストとしてのプライドをかけ、大きな声で歌いました(返しました)。
ところが、徐々に音域的にも、リズム的にも難易度が高まっていき、仕舞いには、メロディに和音が含まれたりして、「どの音で返すん?」みたいな苦笑を巻き起こすという、楽しんでるような、遊ばれてるようなパフォーマンスで盛り上がりました。
いやー、お見事
でもって、このプレイ&レスポンスが結構長かったので、最初に覚えた音なんか完全に僕の脳裏から消え去ってしまっていたので、いざ、エンディングの和音を求められた時、僕は音を出すことができませんでした
始める前は、あんなに威勢良くレスポンスしたのに....恥ずかしい
しかしながら、最後に再び、大ちゃんがピアノで音を示してくれたので、なんとか我々は和音を返し、エンディングを迎えることができました
わずか3曲の中に起承転結が感じられる、素晴らしいステージでした。
やっぱ百戦錬磨じゃね
さて、最後が僕のステージです。
セットリスト:
IMG_49821.You Are So Beautiful(カバー)
2.優しい人には敵わない
3.Time is NOT money(DS)
4.Wake Up! Sammy
5.マイノリティ(新曲)
6.まわっているのは
7.パッセイジー(mushup with All You Need Is Love)
8.こゝろ
9.またとない日
アンコール:No Woman No Cry (カバー)

恒例のセルフ解説
1.You Are So Beautiful
やはり、これを歌わないわけにはいかないでしょう。
ジョーコッカーに捧げました。

2.優しい人には敵わない
6月のワンマンで歌わなかったので、今回の2マンでは歌おう!とリストに入れました。
軽快に歌っていた時です。
どうも自分の声が二重に聴こえてくるのです。
『まさか、セルフコーラス機能でもついたのか?』
とアホなことを考えながらその声に耳を傾けると、どうも自分の声ではなく、1オクターブ上の子どもの声なのです
そう、その正体は、この日、静岡から家族4人で来てくださったYさん一家の長男の歌声だったのです。
つまり、これって、"日頃から、聴いてくださっている!"という証拠ですよね
うれしねーーーーー
いやー、日本の未来は明るいぞ!
そうそう、この曲にはブレイクがあるので、そこでプチなご挨拶を入れるのが恒例となっているのですが、今回も入れさせてもらいました。
今回のご挨拶は
「2015年、我等が広島カープに黒田が帰ってきます!」
このコメントに続き、
「それはもったいない!もったいない!」と歌い上げました
いやー、カープの未来も明るいぞ!

3.Time is NOT money(DS)
今月のDSこと"大ちゃんセレクション"
実は今回、この曲はセットリスト入りを確定していた曲でした。
もしかすると、セットリストが確定していた曲がDSに指定されたのは、今回が初めてかもしれません。
そのくらい大ちゃんは予想外の曲を選んでくるのです!
さて、出来はと言うと、とても軽快に楽しく歌うことができました。
自然発生の手拍子も生まれたし(このコメントを読んで笑うことができるのは、昨晩会場にいらしたお客様ですね)

4.Wake Up! Sammy
ひとしきり拍手をいただいた後、MCを挟まず、この曲を始めました。
この曲もワンマンで歌わなかったので、かなり久々の演奏だったかと思うのですが、これが、かなり良い出来だったと感じています。
とても大きな拍手がいただけました。

5.マイノリティ(新曲)
thedoor今月の新曲です。
ど頭、こんな歌詞から始まります。
♩トランク一つぶら下げて 時の扉を開けたなら♩
寅さん、もしくはWalting Matildaが思い浮かぶような一文で、タイムトリップへと誘います。
「時の扉」ということで、今回のフライヤーには、パリで撮影したこちらの画像を使用しました。
この写真を撮った時の主用対象物は、扉ではなく、手前の階段。
というのも、この場所は、2012年に公開されたウディ・アレンの映画「ミッドナイトインパリ」のロケ地なのです。
作家志望の主人公が、1920年代のパリにタイムスリップするというお話で、主人公がこの石段に座っていたところに、パリ黄金期の巨匠たちが乗った車が現れ....
もしかして、ウディ・アレン監督がこの場をロケ地に選んだ理由は、この扉に"時の扉"的なイメージを抱いたからなのでは!?と妄想してしまいます^^
この写真を撮った2年後、"時の扉"がキーとなるような曲を自分が書くとは夢にも思わず、単にウレシで撮影したわけですが、それがフライヤーに活用できるなんて、嬉しい限りです。ウレシ万歳じゃね^^
2番の歌詞の頭はこう始まります:
♩マイノリティでありたいな 深くて強い愛を持つ♩
この"マイノリティ"という言葉に、マイナスなイメージは一切ありません。
それどころか、"しっかりと考えている人たち"というイメージを僕は持っていて、それを広げたいという思いがあります。
そして、同時に"マジョリティは深く考えようとしない無責任な人たち"というシニカルなメッセージを読み取ってもらいたいようです。
ま、それはともかく、
実は、最後から2行目のフレーズを歌い間違ってしまい、ちと意味不明な印象にしてしまったので、それが悔しくて、悔しくて....ううう、これは雪辱せねば。
初披露だけに、僕の歌い方はまだ固まっていないのですが、大ちゃんが弾いてくれたピアノのイメージは、完璧でした。
僕が伝えたいイメージを、大ちゃんは正しく受け取り、それをきちんと表現できているというのに、作った本人の僕がうまく表現できてないなんて....これまた悔しい...
精進あるのみ。
ライブ後、しんちゃんの奥さんがこの曲の詞にとても興味を抱いてくれたみたいで、歌詞をまじまじと読んでくれていました。
嬉しい限りです。
言外にあるイメージがしっかり伝わるようなパフォーマンスをしたいものです!

6.まわっているのは
"マイノリティ"に続いてメドレーでこの曲のイントロを弾き始めました。
すると、妙に場内が落ち着かない、わさわさした雰囲気になったのです。
気のせいではありません。
何かの準備を始めているようなのです。
「準備?何の準備だ?」
はい、「くるくるまわる」というか「くるくるまわす」準備です。
この曲はサビで
♩まわっているのは くるくるまわっているのは♩
というフレーズを何度も繰り返すのですが、ここで会場のお客様がハンカチ(当初)をくるくるまわすというパフォーマンスがいつの頃からか、流行り始めたのです
もちろん、最初は一人でした。
やがてそれが二人になり、三人になり...(いえ、これ以上は増えません。なぜなら、そんなに常連様はいないので)、ところが昨晩は、Yさん一家が深紅のハンカチ?を家族で用意し、会場の一角を赤く染めマツダスタジアムに変えたのでした
歌っている僕は、おかしいやら、嬉しいやら
ありがたい限りでございます。
そして、「まわっているのは」をセットリストに入れていたことに、ホッと胸をなでおろしたのでした。
だって、あんなに用意してきてくださったのに、歌ってなかったら、申し訳ないどころの話じゃないですよね
「で、演奏の出来はどうだったんだ?」
いやー、それが、良かったですわぁ。
プチな歌い間違いもあったりしましたが^^
それをのぞけば、相当上級な「まわっているのは」だったんじゃないかと思います!
IMG_4992
7.パッセイジー(mushup with All You Need Is Love)
ここから最後の曲まで、又吉くんに参加してもらいました
6月のワンマンでもやったムッシュアップ(マッシュアップ)。
前回は2番のAメロで僕はミスってしまったので、今回は絶対に間違わないぞ!と心に誓い臨んだのに、ほぼ同じようなところで、似た様なミスをしてしまいました
大ちゃん、又吉くんには、申し訳ない限りです。
6月のワンマンでは、又吉くんはコーラスだけの参加でしたが、今回はギターも弾いてくれました。
サウンドもコーラスも、前回を上回る出来だったと思います!

8.こゝろ
又吉くんにコーラスをしてもらうきっかけとなった曲。
それだけに、三人共が、最もキリッとした気持ちで臨んだ曲だったんじゃないかと思います。
この曲が生まれたきっかけは、昨年6月の沖縄慰霊の日の式典で、当時、与那国島の小学一年生だった安里有生(あさとゆうき)くんが朗読した「へいわってすてきだね」という詩。
この詩のあまりの素晴らしさに、僕はこの曲を書いたわけですが、彼の詩に感銘を受けたのは僕だけではありません。
IMG_4162彼の詩に、絵本作家の長谷川義史氏が絵をつけた絵本が今年の6月に出版されたのは僕も知っていたのですが、その作品が「絵本屋さん大賞」の一位を獲得したそうです。
きっと、多くの方々が彼の詩に胸を打たれたんだと思います。
"多い"といっても、"誰もが知っている"と言えるほどのマジョリティではありません。
まだまだマイノリティです
マイノリティだからこそ、その大切さを強く知っていると自負したいものです

9.またとない日
この曲にはサプライズを用意しました。
そのサプライズとは、1番のメインボーカルを又吉くんに歌ってもらうことです!!!!!
僕のライブの数少ない常連様は、さぞや驚いたのではないかと思います
この素敵なマイノリティ様たちに喜んでいただくために、又吉くんにお願いしました。
でもって、又吉くんが歌う「またとない日」、えかったなぁ。
この曲もしっかりギターを弾いてくれました。
僕や常連様にとって、最も刺激的な一曲だったかもしれません!
実を言うと、この曲は、昨晩のステージの一曲目に演奏しようと思っていました。
が、当日のリハで、「やはり最後でしょう」と大ちゃんが賢明なるアドバイスをしてくれて、それに従い最後に持ってきたのですが、大正解だったと思います
代わりに1曲目にやった"Falling Slowly"も、独特の雰囲気を作り出すことができたし、良かったなと
ここでも大ちゃんに感謝じゃね^^
IMG_4997
アンコール:No Woman No Cry
なぜ、この曲!?というところの理由がうまく説明できないのですが^^
Everything's gonna be all = なんくるないさ、というところもあるし、なんというかこの曲には、年末的な雰囲気があるし....そんなことないか^^
僕は、昔、この曲をよく歌っていたので、気楽なものでしたが、又吉くんにとっては、このジャンルの曲のカバーは初挑戦だったみたいなので、大変手間をとらせてしまったようで、申し訳なかったなぁとm(_ _)m
又吉くんの負担を出来るだけ軽くするため、1番は僕、2番は又吉くん、間奏の後、2番と同じ歌詞の3番は又吉くんがメインで歌い、僕がフェイクでからむ感じでいきますね!ということになっていたのに、大ちゃんのピアノ間奏があまりに素晴らしかったので、ついつい3番のメインを僕が歌い始めてしまったのでした....又吉くん、ごめんね....申し訳ないm(_ _)m
本番前のリハでは、色々、細々としたことを決めるのですが、それを忘れてしまうのは、大概、言い出しっぺの僕だったりするので、本当に申し訳ないやら、情けないやら...
そんな僕を寛大に許してくれる大ちゃん、又吉くんには、感謝感謝しか言えませんm(_ _)m
これに懲りず、またよろしくお願いします

IMG_5016ということで、ざっと振り返ってみましたが、ここに書いた文章はあくまで記録でしかなく、昨晩の演奏の素晴らしさの1000分の1も伝えられておりません。
まさに自画自賛になってしまいますが、昨晩は、本当に良いライブだったと思います。
僕自身、かなりイメージ通りの声が出せたので、久々に歌う喜びを噛み締めていたのですが、又吉くんも、大ちゃんも、かなり調子が良かったと思います!
三人共が調子良いなんて、もうラッキーとしか言えないですよね。
ワンマンのように最初から最後までずっと演奏するのは、もちろん楽しく、遣り甲斐があることですが、昨晩のように、最初にちょっと出て、途中でちょっと出て、また最後に出てというせわしないステージも、これはこれでとても楽しかったのです
また、僕としては、この"イベント"を企画した責任があるだけに、"盛り上げねば!"という気持ちを強く抱いていました。
なので、聴く側にまわった時は、会場の空気をしっかり温めよう、火を灯そうと思っていたのですが、火を点けられたのは自分の方で、昨晩の又吉くんと大ちゃんのパフォーマンスは本当に素晴らしかったのです!!
技術的に良かっただけでなく、スピリット的にも、ビンビン伝わってくるものがあり、これぞライブ!という良さが溢れていたと思います。
今年最後のライブをこんな気持ち良く締めくくることができて、心から幸せに感じております。
このスペシャルライブ、企画としても、内容としても、大成功だったと思います。
最初から最後まで盛り沢山の内容で、ほとんどのお客様が、予想以上、期待以上の時間を過せたのではないかと思います。
ありがたや、ありがたや。
改めまして、昨晩、ご来場くださいました皆様、マンダラ2スタッフの皆様、そして、又吉くん、大ちゃん、ありがとうございました!
来年もまた、よろしくお願いします!

waits2 at 11:58コメント(6)トラックバック(0) 

2014年12月28日

2015年、カープの15番が帰ってくる。
IMG_4157報道では、パドレスは1800万ドル(約21億6000万円)を用意していたという。
使い物にならなくなって帰って来るのではない。
"カープに恩返し"をするために帰って来るのだ。
おいおい、泣かせるのぉほんま。
もう、この時点で歴史的快挙じゃろ。
NHK「英雄たちの選択」もんじゃろ。
たしか、メジャーに渡る前も、カープのために何年か残ったりしたよね。
また、ここ数年は、いつでも戻れるよう「複数年契約」を結んでなかったよね。
もう、どんだけわしらを喜ばすんや
「ピッチャー黒田背番後15」
カープのユニホームを着てマウンドに立つ姿を想像するだけで、目頭が熱くなる。

黒田のコメントが発表された:
「来季については、野球人として、たくさんの時間を熟考に費やしました。悩み抜いた末、野球人生の最後の決断として、プロ野球人生をスタートさせたカープで、もう一度プレーさせていただくことを決めました。今後も、また日々新たなチャレンジをしていきたいと思います」
カープファンは一生あなたの味方!
ん?もしかして、カープ初のFA獲得選手!?
ええねぇ、なんもかもええねぇ。

さて、明日はライブ!
今年を締めくくります!

waits2 at 12:52コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月12日

マララさんのノーベル平和賞受賞演説を聞いて(読んで)、胸が熱くなった。
心から尊敬する、本当に、凄い子だ。
たしかマララさんは、昨年、最有力候補者だったが、"襲われる危険性を高めてしまう可能性がある"ということから授与を見送ったという話があったような....
IMG_3829今年は、"憲法九条を守り続けている日本国民"が最有力候補との話もあったりしたが、とんでもないね。
日本国民は、マララさんのような立派な行動も、勇気ある行動も、まったくとっていない。
もっとも「日本国民」というのは便宜的なもので、狙いは憲法九条を守るためなんだろうけど、それにしたって間違っている。
正直言うと、最初は僕もそのアイデアに「ほう!」と感心し、共感した。しかし、冷静に考えると、やっぱりおかしい。
例えば、ノーベル賞を決める委員会の方々が、以前から憲法九条に着目していたというのならまだしも、日本国民が自ら著名を集め、自らを推薦するなんて、本来かなりカッコ悪い話だ。
それに、下手をすれば、「ノーベル平和賞って、所詮、その程度の賞ですよね」と馬鹿にした行為と受け取られかねない。
自国の政府の暴走を止めるためにノーベル平和賞という権威を"利用"しようという発想は、外圧を利用して国民に圧政を強いるどこかの国のやり口と似ていて、どうも虫が好かない。

やっぱり、変な小細工なんかしないで、"憲法九条は自分たちの力で守るべし"と考えるべきだと思う。
IMG_3830いつかノーベル賞の委員会が、"その守ってきた人たちに与えたい!"となった時、それに値する方々が受賞すればいい。
「憲法に関心がなかった人たちに九条を再確認させるという意味では意義がある」という意見もあるのかもしれないが、それこそ話題性を高めるための"利用"でしかない。
"目的達成のためなら、手段は選ばなくていい"という考え方には、僕は賛成できない。
だったら、"テロも正しい"になる。
"利用"は失礼だし、あざとい。
「何を言いよるんなら!とっとと改憲せんとどうすんな!」という方々もいるだろう。
もちろん、そういった意見を主張するのは自由だし、心の自由は尊重すべきだ。というのも、これまでそう主張したかった方々は、かなり長い間、精神的苦痛を味わってきたんじゃないかと思われるので。
どこまでも、言論の自由は奪ってはならない。
ただ、ヘイトスピーチはいけん。
あれは、暴力だ。
いかなる言論も自由であるべきだけど、暴力はいけん。

マララさんの演説の部分引用:
I had two options, one was to remain silent and wait to be killed. And the second was to speak up and then be killed. i chose the second one. I decided to speak up.
朝日新聞の訳:
「私には二つの選択肢がありました。一つは何も言わずに、殺されるのを待つこと。二つ目は声を上げ、そして殺されること。私は二つ目を選びました。声を上げようと決めたのです。」

どんだけ偉いん!
便宜的であっても、日本国民にノーベル平和賞なんて、あり得ない。
憲法九条もだが、マララさんもしっかり守らんといけんわ。

waits2 at 10:53コメント(0)トラックバック(0) 

2014年06月23日

6月23日は、慰霊の日。
昨年の追悼式典で、与那国町立久部良小学校一年生だった安里有生君が、自作の詩「へいわってすてきだね」を朗読する映像を見て、僕は「こゝろ」を作り、7月のライブで発表した。
当たり前だが、彼の詩に感動したのは、僕だけではなかった。
IMG_3405絵本作家の長谷川義史さんは、昨年9月に与那国島を訪れ、安里君と対面している。
記事によると、「恥ずかしがり屋の安里君とは二言三言しか言葉は交わさなかった。でも、平和であってほしいという願いは『話さずとも感じ合えた』」とある。が、二重カッコ以外は記者の補足で、安里君は単に戸惑ってただけだろう
それにしても、長谷川さんのような大物絵本作家が、同じ様に心振るわされていたのは、なんだか嬉しい。
あのくらいの年齢の子どもにしか書けない、まっすぐな言葉に感動し、「ありがとう」という気持ちで、僕は「こゝろ」を書いた。
そして、そこから先は大人の責任だと思っている。

戦後、憲法九条は、我々国民を守ってきてくれた。
しかし、今は、我々が憲法九条を守らなければならない事態に陥っている。
大昔から、「自らを守るため」、これを言い訳に、戦争は始められてきた。
集団的自衛権?
どれだけ戦争がしたいん?
ほんま、信じられん。

waits2 at 23:21コメント(0)トラックバック(0) 

2013年09月08日

2020年のオリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決まった。
「福島の問題等々、きちんとやれよ!」というメッセージを世界から受けたと考えなければならない。
海外メディアの方々には、厳しい目で見続けていただきたい。

waits2 at 22:38コメント(0)トラックバック(0) 

2013年08月06日

今日は広島の原爆の日。
平和はそこにあるものではなく、
誰かに与えられるものでもなく、
作るもの。

waits2 at 10:18コメント(0)トラックバック(0) 

2013年04月16日

IMG_0977米国マサチューセッツ州ボストン市で現地時間4月15日午後2時50分頃、開催中のボストンマラソンのゴール付近の観客エリアで2度にわたる爆発が起きた。
3人が死亡、100人以上が怪我をしたという(同日夜までの情報)。
人為的爆破、つまり、テロの疑いが強いという。
爆発が起きたのは、開始4時間後というから、ゴール付近に一番人が多い頃を狙ったのかもしれない。
卑劣だ。

世界には善良な人たちがたくさんいる。
その人たちが寄ってたかって頑張っても世界はなかなか良くならないのに、悪意のある人は、ほんの数人で、いやたった一人でも、簡単に世界を不幸にすることができる。
悲し過ぎる。

waits2 at 20:36コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月14日

今度の選挙、都知事選は、宇都宮健児氏を応援している!
彼に勝ってもらわないと、都民は、堕民だらけということになってしまう。

IMG_0307総選挙は、とにかく、自民、民主、維新の数をどれだけ少なく抑えられるか
これらの党は、選挙後、連立する可能性が高い。
対立しているように見せかけながら、互いが受け皿になるようにしている。
「3党じゃなくて4党じゃないの?」
「いや、5党なのでは?」
そうですね、いずれにせよ、選挙後の連立を頭に入れて選ぶのが肝要かと。
というのも、比例代表はともかく、選挙区によっては、投票したい政党の候補者がいないところもあるので、そんな選挙区では、上記の党と連携しそうな党以外の候補者に投票するのがよろしいかと
TPP、憲法改悪、消費増税、国防軍と、いくつも争点が挙げられているけど、本当の争点は、脱・卒原発か否か、これ一本で良いと思う。
だって、「生命」を最優先しない党が何を言っても信用できないでしょう。
選挙は、本来、既得権益者の手下たちを消滅させる絶好のチャンスなのだから、前向きに考えて投票したい。

waits2 at 02:38コメント(0)トラックバック(0) 

2012年06月16日

IMG_2659先のブログ、まだまだ続きがあったんだけど、今日は肝心な日なので、途中で切り上げて、官邸に行って来た。
しかし、出かけるのが遅過ぎたみたいで、ほとんどの皆さんが帰られていた
昨日は1万1千人の方が集まったらしいけど、今日は何人集まったのだろう?
ちなみに、昨日も今日もデモではないらしい。
デモは、予め申請する必要があるようだ。今回のは単なる抗議集会。
違いは、車道を行進するかしないかのようだ。なるほど、たしかに、車道を練り歩く場合は申請が必要だわな。
ので、昨日も今日も、基本は歩道の上。
故に、大規模な横断幕とかも、注意されることがあるかもしれないので小振りのもののみらしい。法的にどうこうではなく、通行の邪魔になるという判断なのだろう。

IMG_2655昨晩、帰宅後、テレビのニュースをできるだけチェックしたが、この集会のことに触れた報道はまったくなかった。一体、何万人集まればニュースになるのだろう。
少し失礼な例えかもしれないが、野球観戦とちょっと似ているところを感じた。家で横になってテレビで応援するのと、実際に球場で応援するのとでは全然違うみたいに、実際に集会に参加すると、生の人間が持つ力を感じ、格好良さも滑稽さも、可愛さも、全部ダイレクトに感じ、何というか、変に聞こえるかもしれないが責任感が湧いて来た。
とは言うものの、集会に集まっている方たちは、行為そのものの効果を信用しているわけではない。何かをしないではいられないから来ている。今回はこの規模だったけど、これがやがて大きなものになることを信じる。これまた例えが悪いが、今は集客5人くらいのバンドだけど、いつかはスタジアムライブが出来るようになることを信じて毎回ステージに立つみたいな(^^
ただ、遠方から一人で参加し、「間違っている!」と伝えに来ている方たちの顔はとても良い。そういう方たちのリアルな顔を見るだけでも意義があるように感じた。
お隣にいる方と意見を交わすようなことはないんだけど、ある意味、そんな必要はまったく感じない。まったくの個人的な意思でその場に来ている者同士、それだけでいいのだ。
以前、オノヨーコさんが、「善人同士は手を結ぶのが難しい。微妙な主義主張の違いがそれを困難にするので。一方、悪人同士は簡単に手を結べる。細かいことより、共通の利益さえあれば良いから」みたいなことを言っていたが、本当にそうだと思う。
しかし、この集会は、細かなことより、とにかく「再稼働反対」というワンポリシーと感じたので僕は参加し易かった。
消費税より遥かに大きな問題なはずなのに、あんな安易に再稼働っておかしいでしょう!
ここで行動しないのは、未来の方々に申し訳ないという気持ち。
IMG_0264僕の真ん前に立っていた若者は、草食系男子の代表のような、とてもひ弱そうな男性だった。しかしながら、その方からも内なる信念を感じた。そう、正直、僕は皆さんに対してずっと恥ずかしい気持ちだった。
だって、貧乏暇無しとはまさに僕のことで、ここのところつまらぬことでずっと忙しかったんじゃもん。CDのデータの入稿と新曲作りで何しろ今回はジャケットのデザインも全部自分でやったので、物凄く大変だったのだ。社会的にはまったくつまらないことだけど、個人的には何よりも優先しなきゃいけないことなので、ご容赦くだされ(^^
で、データの入稿も完了し、新曲もなんとか完成したので!昨日、参加させていただいたというわけだ。
来週の金曜日も同じ時間帯に集会があるみたいなので、特に用事が発生しなければ来週も参加しようと思う。
ここで一気に10万人超えとかしないかなぁ。それでもテレビは報道しないのかなぁ。もしそうなったら、ある意味、犯罪だよね。
ちなみに、再来週の29日は参加しない。
だって、自分のワンマンライブなんじゃもん(←まさかの告知!?)



waits2 at 17:13コメント(0)トラックバック(0) 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)

年末Special LIVE!
2017年12月19日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ