広島

2017年07月20日

IMG_0324久しぶりに「萩の月」を食べた。
やっぱ美味しい。
似たような商品はいくつもあるんだろうけど、やはり本家本元が強いんだろうなぁ。
そこいくと、広島の紅葉まんじゅうの元祖ってどこなんだ?
にしき堂?
やまだ屋?
気になったので調べてみた
すると、

momiji高津堂の「もみぢ饅頭」らしい。
し、し、知らんかった^^
ちょっと食べてみたい気がする。

waits2 at 23:56コメント(0) 

2017年07月15日

30ついさっき、テレビで見たニュース。
広島の安佐動物公園にいるクロサイの「ハナ」が今日、51サイの誕生日を迎えたという。
長寿世界記録を更新中だとか。
お祝いに訪れていた地元の園児の女の子がインタビューを受けていた。
お母さんに「着て行きなさい」と言われたという、その女の子が着ていたのは、真っ赤なカープのユニホーム。
鈴木誠也のユニホーム。
背番号51
そう、サイの年齢に合わせてのチョイスだ
広島のこんなローカルニュースをなぜ?と笑った後、検索してみると、安佐動物公園の公式ツイッターがイベントの様子をツイートしていた。
見ると、赤いユニホームを着た女の子が写っている
さっきの子だ

waits2 at 18:19コメント(0) 

2017年04月12日

昨日、「こころ旅」が広島に入ったことを書いて楽しみにしていたら、なんと一番最初に映し出されたのは、我が故郷江田島と宇品を結ぶフェリーだった
IMG_1867IMG_1868

IMG_1869宣伝しといたからサービスしてくれたんかね?

フェリーの横に「第十きりくし」と書かれているのが読める方は、島出身者くらいか
自分が高校まで乗っていたのは「第六?第七?」
カープは八連勝だけどね

waits2 at 00:09コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月11日

火野正平さんの「にっぽん縦断こころたび」(NHKBSプレミアム)が広島に入った。
32「月曜版」を観たところ、元宇品口あたりを自転車に乗って走る正平さんの姿が映っていた。
市内電車、比治山(多分)、どこかの島らしき海岸線、牡蠣棚、お好み焼き、Carpタクシー、さらには新幹線から臨むマツダスタジアム...楽しみだ。
視聴者から送られてきたお手紙に書かれた「こころの風景」を火野正平さんが自転車で訪れるという極めてシンプルな番組なのだが、面白いんよね。
まず、お手紙がとても良い
というか、良いお手紙が採用されているだけなのだが
「良いお手紙とは?」
なんてことない風景だけど、その方にとっては特別な場所であることがジーンと伝わってくるようなお手紙
この番組は絶景を訪れるわけではない。その風景を見て楽しむことができるのは依頼者だけ。故に、他の視聴者にとっては、エピソード自体が主役だ。
番組の様子からすると、どのお手紙を採用するかに、正平さんは関わってないようだ。
番組が選んだお手紙を正平さんがその場で読み、地図を広げて場所を確認し、訪れる。
47朝版は、そのお手紙の朗読と、出発して到着するまでの半分くらいの行程ととうちゃこ版(夜版)の予告。
とうちゃこ版は、朝のお手紙を朗読するところをなぞる形で放送し、お昼を食べるシーンや途上のハプニングを盛り込み、目的地に到着(とうちゃこ)したら、その風景をバックに再び正平さんがお手紙を朗読する。
おそらく、余計な感情移入をしない正平さんのスタンスが良いのだろう。
以前、江田島を走った回もあったようだが、その時はまだこの番組を知らなかった。
再放送があったら録画したいものだ。

waits2 at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月26日

フライヤーの背景画像について。
yuyayuyon今回は、ウィキペディアコモンズにあったこちらの写真を背景画像に使わせてもらいました。
夜の海の写真ですが、青白く光っているものが何だかわかりますか?
これは、夜光虫です。
「夜光虫をなぜ?」
はい、今回の新曲「ゆやゆよん」の2番に夜光虫が出てくるからです。
子どもの頃ですが、夜の海で泳いだことが何回かあります。
水を激しくかくと、青白く光るんです。
いつでも、どこでも、というわけではないのですが、かなり明るく光る時があります。
ただ、それは一瞬なので、この写真のように見事な瞬間を捉えるのはかなり難しいかと。
数ある夜光虫のフリー画像の中でこちらを選んだ理由は、島の江関(この字でえかった?)の前にあった小さな浜辺から市内の方を見た光景に似ていたからです。
峠島はありませんが
ただ、今はもうあの浜辺はないんよね。

waits2 at 02:26コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月06日

IMG_1813やっと届いた

広島に忘れてたiPhoneが

PCメールもSNSもiPadがあるので問題なし!と思っていたのだが、そうだった、携帯メールは転送設定とかしてないので、どうにもならんかった

返事遅くなってすみません


waits2 at 00:02コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月02日

年末年始を広島で過ごし、無事、東京に戻ってきたのだが、広島より東京の方が暑いのはなぜ?
IMG_1795IMG_1814
IMG_1815短い滞在期間でしたが、友人たちと楽しい時間を過ごし、お土産までいただいたりして

吉祥寺に到着し、丸井の中にある三浦屋でお茶を買っていたら、どこかで見たことがあるような方が...仲本工事?
体操着姿ならともかく、普通のジャケット姿なので、見極めるのはかなり難しいけど、かなりの確率で本人ではないかと
物凄く普通の老紳士なんだけど、なんというか、「全員集合!」っていう雰囲気が全身からにじみ出ていました
そういえば、広島駅の近くで、高校時代の友人と遭遇したし、今年は不思議な出会いがたくさんある年になるのかも!?

waits2 at 22:14コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月31日

昨日は広島市内で飲み上げた。
IMG_8599IMG_8598
IMG_8600IMG_8601
IMG_8602IMG_8603
IMG_8604IMG_8605
IMG_8606IMG_8607
IMG_8608IMG_8609
IMG_8610IMG_8613
よーけ笑うたわ。
来年もええ年になりますように。

waits2 at 08:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月29日

今日は色々と忙しい。
まずはこちら
IMG_3346高校の東京在住の方々の同窓会に出席する。
単に出席するだけでなく、ゲストとして15分くらいのミニライブに出演する
大ちゃんのスケジュールの都合がつかなかったので、久々に僕一人での弾き語りだ。
出席者は100人以上で、ほとんどが自分より大先輩の方々。
僕にお声をかけてくださった方のためにも、いいパフォーマンスを見せんといけんわ
頑張るぞ
こちがが終わるのが午後3時半過ぎ。
その後は、義理の甥っ子が学園祭で演奏デビューするというので、そちらを観に行く。
ドラマーらしいのだが、初めて聴くので楽しみだ。
そして、夜は日本シリーズ第6戦が待ち受けている。
試合開始までに帰宅はできないと思われるので、前半は車の中で中継を聴くことになるだろう。
必勝!
でだ。
日ハムの先発は大谷ではなかった。
まさかの抑え!?
いや、最終戦で黒田対大谷という超魅力的な対戦を栗山監督が演出したのだろう。
ほう!
でも、これってある意味「第6戦は差し上げます」というメッセージ!?
有り難くいただきたいところだが、にも関わらず負けたりしたらぶちかっこ悪い!
益々、絶対に勝たんといけん!

waits2 at 01:16コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月31日

広島のレンタカー屋さんに置かれていたマツダスタジアムのガイドパンフレット。
IMG_7572IMG_7575

IMG_7573IMG_7574

色んなシートがあることは知っていたが、ここまでバラエティに富んでるとは知らなかった。
IMG_7577IMG_7578カープの本拠地だからというのもあるが、そうでなくても球場として魅力的!
市民球場も、あれはあれで魅力的だったね

横 0 0 0 1 0 1 0 0 0  2
広 0 2 0 0 1 0 5 0 x  8
マジック12

ここまであっという間!
今はこのまま超ハイペースでいいけど、一桁になったらファンの方が戸惑いそう。
正直、心の準備がまだできていない^^

waits2 at 00:02コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月30日

そうそう、釜飯酔心本店を訪れたのは今回が初めてでした。
IMG_7145IMG_7147
そして、広島県人なら誰でも知っているあのCMソングが、超大御所の方々の手によるものであることも、今回初めて知りました。
といっても、唄えるのは、
ここはここは酔心
ここはここは酔心
というサビのとこだけですが
で、ふと思ったのが、この曲、どこかで聞いたことがある...
よく知っている曲...
わかった!
Tom Waitsの"Ol' 55"!
「どこが?」
そう突っ込みたくなるのもごもっとも!
メロディもコードも全然違うのに...
しかし、何かを感じる....
なぜ??
まずは聴いてみた。
そして、試してみた。
40秒くらいから始まるサビで、トムの歌に少し遅れて輪唱の要領でここは ここは 酔心と歌ってみると、きれいにはまるのだ
コードを無視して、酔心のメロディをねじ込むと、"酔心"のところをトムが開けて待ってくれるのだ。
そこがたまらん
特に2回目の"酔心"では不思議な幸せを感じる
その後は、ラララで自由にトムと戯れればよし
"Ol' 55"に不思議な郷愁を感じる広島人の方々!
どうやら理由は酔心のようです

waits2 at 13:47コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月29日

IMG_7525IMG_7526
ここ最近、天応からフェリーで渡ることが多かったが、今回は、呉から音戸大橋、早瀬大橋と渡って江田島に渡り、世上口(第一術科学校(旧海軍兵学校跡地)を少し小用側に上ったところ)から青年の家への方へと抜け、江田島の西岸の海岸線を通って、差須浜、大須、幸ノ浦、江関、鷹ノ巣、切串へと入った。(読める人、ルートが頭に浮かべられる人が何人いるやら^^)
IMG_7527IMG_7528

IMG_7531IMG_7535

IMG_7536IMG_7538

遅いお墓参りをすませた後、桟橋へ。フェリー待ちの列に並んでた前の車。「水曜どうでしょう」のシールのごとくCARPシールが貼られていてもまった驚かないが、島の桟橋の待合室にFREE Wi-Fiのサインが貼ってあったのには驚いた本当にそうなのか、単に貼ってみただけなのか、試してないので分からない

夜は、母の傘寿の祝いで酔心へ
IMG_7541IMG_7542

IMG_7543IMG_7544

IMG_7545IMG_7546

IMG_7547IMG_7548

IMG_7549お腹いっぱい。
写真撮影のサービスもあり、ありがたや、ありがたや。
お店に着いた頃、ポツリポツリだった雨が、帰る頃には大雨に。
車のワイパーを最速にしても追いつかないくらいだった
以上が昨日。

一夜明け、今日。
新幹線まで少し時間があったので、お茶をすることに。
海が見えるプリンスホテルが良かろうと宇品方面へ向かっていたが、「新規開拓をしよう!」と妻がネットで検索。インテリアショップACTUS(アクタス)のカフェが海岸通りにあるということで行ってみた
IMG_1660IMG_1659

IMG_7552 ACTUSは都内にもたくさんあるが、この宇品のACTUSが一番ええわ(全部行ったことあるんか!^^)

レンタカーを返し、お土産を買って、帰路へ

IMG_1662IMG_1663

駅弁は、恒例のうえのの穴子弁当。
高いけど、やっぱり美味い
IMG_7568一眠りした後、このブログを書いていたら、色んなところからシャッター音が
そう、富士山だ
もちろん僕も撮影
それでは、撮りたての富士をどうぞ
カープが日本一になるのももうすぐだ!

waits2 at 18:19コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月28日

昨日は草津沼田道路の近くにあるZona Italiaというお店へ行った。
IMG_7510IMG_7509

IMG_1655土曜日のランチタイムということもあって、ほぼ満席だったのだが、お茶だけなのに、いや、お茶だけならば、ということで予約なしで入ることができた。
天気も良く、瀬戸を見下ろす眺望が堪能できた。
夜景も綺麗らしいので、いつかディナーに行ってみたいものだ。

IMG_7520中国自動車道のサービスエリアで見つけたカントリーマアム。
カープ坊やとペコちゃんのコラボ。
こう見ると、ペコちゃんってかわいい。
ポイントは、カープ坊やの舌もペロッとなっているところ
これで打つのは、非常に危ない

waits2 at 10:44コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月27日

昨晩は友人が鉄板焼きのお店に連れていってくれた
さすがは広島、玄関マットがカープ坊や。
IMG_7491IMG_7494
踏んでもええん?^^
強いからいいんです^^
店内の壁面には、たくさんのサイン
IMG_7495IMG_7496

IMG_7498IMG_7499

IMG_7500IMG_7501

IMG_7502IMG_7503

IMG_7504IMG_7505

IMG_7506IMG_7507

IMG_7497いやー、食べた食べた。
どれも抜群に美味しかったわぁ。
〆のお好み焼き。
パルメザンをかける分、ソースひかえめで大丈夫
個室だったので、iPadを取り出し、カープを応援!
見事、昨晩も逆転勝利
これで39回目?
ぶち強い
Gが負けたので、マジック16。
超満腹のええ夜じゃったわ。
ご馳走様!

waits2 at 09:01コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月26日

IMG_4084遅い帰省。
さすがは広島。
駅に着くなり、カープ坊やがマジックを教えてくれた。
月曜に帰京する予定だけど、それまでにいくつ減ってるか楽しみだ


waits2 at 18:55コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月05日

昨日の深夜のドラマ、初日から江田島ロケの映像が流れたね。
IMG_1533IMG_1534

住所的には大須2丁目、懐かしいエリア名でいくと、差須浜。
そういえば中学の時、遠足でここから少し南下したところあたりまで行ったよね。
誰かが水筒のキャップを海に落としたんで、先生が取りに石垣を降りて行った記憶が^^
よく考えたら、差須浜在住の生徒にしてみれば、遠足でもなんでもなく、庭先
しかし、あそこらの海はいつも綺麗だったなぁ。
IMG_1535IMG_1532

そうそう、「広島県呉市のみなさん」というテロップはあったが、「江田島町のみなさん」はなかった
ふう。
カープ、サヨナラ勝ち
首位返り咲き

waits2 at 18:34コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月04日

今夜11:40から「朝が来る」というドラマが始まる。「あさが来た」ではない^^
お話しはよく知らないが、江田島で撮影があったという。
江田島を舞台に話を繰り広げるというわけではなく、ロケ地の一つなのかな?
4月くらいに撮影があったようで、番組のホームページにアクセスしてみたところ、海の画像があった。
3019

間違いあるまい。
これは江田島の西側、今の住所で言うと大須2丁目のあたりから見た夕陽かと。
ガードレールの方も、同じようなところからさらに南下したところからのアングルかと。
ドラマが面白いかどうかはまったく不明だが、景色は見る価値ありじゃろ^^

waits2 at 15:09コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月14日

大切な用事があり、この土日、広島に帰省していた。
懐かしい友だちとも再会でき、とても良い時間を過ごせた。
imageただ、絶対に笑ってはいけないシチュエーションで、僕は大変なミスを犯してしまったのだった。
友人と横に並んならんで座っていたのだが、ふと友人の足元を見ると、どうも見なれない靴を履いている。

それは靴ではなく、靴下だった。
友人だけではない。自分以外、全員、靴下だった
土足厳禁
ヒー
既に御焼香が始まっている。
こうなったら「靴に見えますが、上履きです!」という顔をして御焼香するしかない!
問題は、笑い上戸の喪主、およびご家族が気付かないでいてくれるかどうか
『気付かないで!』心から願った。
後で、喪主に話したところ、本人も、同じく笑い上戸のお姉さんも気付かなかったのだが、奥さんは気付いたらしく、一人驚き&笑いを堪えていたらしい。
悪い事をした。

良い事もした。
IMG_6248広島へ向かう新幹線での出来事。
千鳥足のおっちゃんが、僕の横を通り過ぎる時、お尻のポケットから何かを落とした。
白いプラスチックのような物で、結構大きな音がしたのに、おっちゃんは気付かず、ずんずん進んでいく。
気付かなかったことに驚いた僕は、思ったより大きな声で「あっ」と声を発した後(恥ずかしい^^)、席を立ち、その白い物体を拾って、おっちゃんに手渡した。(最近、よく拾い物をしてる)
その白い物体は、歯ブラシだった。
正直、持ちたくなかった
おっちゃんは、感謝しながら洗面所の方へ、相変わらずの千鳥足で歩いて行った。

しばらくしておっちゃんが戻ってきた。
何かを探してる風だったが、分からない。
で、ようやく気付いたのが、そのおっちゃん、僕の真後ろに座っていた方で、東京駅で乗った時から友人三人でお酒を飲んでくったちゃべってた、うるさい御一行の一人だったのだ。
やがて、「さっき歯ブラシを拾ってくれました?」とおっちゃんが僕に話しかけてきた。
どうやら、おっちゃん、誰が歯ブラシを拾ってくれた人かを探していたようなのだ。
「あ、はい」と言うと、「御礼に」と缶コーヒーを差し出してきた。
自分が飲んでた缶コーヒーよりひと回り大きい缶コーヒーだった。
僕は「いえいえ、飲んでるのがありますので」と丁重に断った。
悪い人ではないのだ。
『缶コーヒーをくれる代わりに、静かにしてください』と言いたかったが、さすがに言えなかった

IMG_6252IMG_6265

広島滞在中は、友人にすっかりお世話になった。
IMG_6256IMG_6258

サンキュー、浩

waits2 at 23:18コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月13日

広島に帰っている。
明日、すぐ東京に戻るけど。
image

waits2 at 23:51コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月04日

早速、届いた
IMG_5526広島駅のお土産売り場で見つけたお酒
今回の帰省で友達に教えてもらった醸造元が呉市の「雨後の月」。
3種類くらい並んでいて、その中で『当店限定』というシールが貼られていたこの「雨後の月 純米吟醸 SPECIAL」にした。
一升瓶を持ち帰る元気はなかったので、宅急便で送ってもらったというわけだ。
IMG_5529
昨日の夜中、映画「天地明察」、夜はドラマ「坊ちゃん」を観たが、どっちも面白かったなぁ。
お酒も届いて、なかなか正月気分が抜けない


waits2 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月02日

お正月ということで、今年も綺麗な江田島が見える広島プリンスでランチをしました。
IMG_5495IMG_5496
メニューは昨年と全然変えてました。

IMG_5497IMG_5498

IMG_5499IMG_5501

IMG_5502IMG_5504

IMG_5505IMG_5507

美しい島並を楽しんだ後、護国神社へ
今年は暖かい。
だからか、昨年より随分混んでいた。
IMG_5511IMG_5515

今年も大吉だった
IMG_5513IMG_5517帰路に着いたのが、5時少し前くらい。
実は、この日、夕方5時から大ちゃん属するTRI4TH(トライフォース)がJ-Waveに出演すると聞いていた。
広島でJ-Waveは聞けないが、YouTubeで生配信されるらしいので、妻がiPhoneでアクセスし、見ることができた
もっとも、僕はハンドルを握っていたので、見ることはできないが、聴くことはできた
TRI4THのPVは観たことあるけど、生で聴くのは初めて。
流石、勢いのある演奏だった
ベースが聞こえてたらもっと良かっただろうに!
iPhoneをBluetoothでカーステレオとペアリングしたのだが、YouTubeの音声は再生してくれなかったのだ残念。

IMG_5503
この後、軽自動車と危うく接触事故を起こしそうになったが、すんでの所で免れることができた。
ふー。
「大吉」様々じゃわ。

それにしても、自分が子どもの頃より、遙かに綺麗なんよね、海


waits2 at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月31日

昨日、広島に帰省。
IMG_5442IMG_5445

市内のホテルからの夕焼けが、どうかいのいうくらい綺麗だった。
エレベーターから出て来た白いバスローブ姿の謎の外国人に呆然としながらも(絶対に笑ってはいけないホテルか?)、江田島の幼なじみたちと立町にある和食のお店で夕飯
ナマコを久しぶりに、「雨後の月」という呉のお酒を初めて、いただいた。
IMG_5446IMG_5447

なるほど、「雨後の月」、美味でした。
その後、島の後輩のお店で、飲んで、歌って、息ができんくらい笑って、翌朝、アンデルセンでブランチ
IMG_5478老朽化のため、建て替えられるらしいので、今回が最後かと。さみしい。
そうそう、友達が一昨日、餅つきをしたらしく、お裾分けをいただいた。
普通のお餅と、あん入りと、よもぎ餅。
IMG_5481

高校サッカー広島皆実は、國學院久我山に0-1で破れ一回戦で敗退。残念。
さて、後は紅白を見て、今年も終わりじゃね。
2015年、毎月のライブに加えて、広島ライブ、新潟ライブも実現し、お陰様で、とても良い年だったと思います。
来年も引き続き、良い年になるよう、頑張ります!
皆様も良いお年を!

waits2 at 17:08コメント(0)トラックバック(0) 

2015年05月25日

ライブのお知らせ!
恒例のマンスリーライブ
5月28日(木)歌います!
mandala2mapFixed場所:吉祥寺Manda-la2
開場:18:30
開演:19:30
チャージ:2,200円+drink
出演:丸本達也(Vo&G)
  :竹内大輔(Pf)

この日の僕たちの出番は3番目ですので、僕たちは21時ちょっと前くらいからのスタートかと思われます。
もちろん、新曲もご用意しております!
是非、是非、遊びにいらしてください!

そして、
来月6月26日(金)
ワンマンライブでございます
こちらも、是非、是非、是非、いらしてください!

そうして、もう一つ、広島方面の方々にお知らせがございます!
来る7月18日(土)
第2回広島凱旋ライブを開催いたします
Antique出演:丸本達也(Vo&G)
  :竹内大輔(Pf)
時間:15:30〜17:30
チャージ:2,000円+drink
場所:Antique(アンティーク)
広島市中区堀川町1-30QUONKビル5F(胡通り)
TEL : 082-248-7345

上記の通り、今回のライブ開始時刻は、午後3時半を予定しています。
一昨年の暮れに開催した第1回凱旋ライブは、午後7時半スタートだったのですが、「もっと早い時間からなら行けるのに!」という方が多くいらっしゃいましたので、その声にお応えすることといたしました!!
また、この日はマツダスタジアムにて、オールスターゲームが開催されます。「どちらも観たい!」というダブルヘッダーご希望の方も、十分間に合うかと
なお、今回の席数は30席ですので、あっという間に満員御礼となってしまう可能性があります。
ご来場ご希望の方は、facebook、メール、もしくは、こちらのコメントにて、お知らせください。
他府県からのお客さまは、優先的にお席をご用意したいと思いますので、お早目にお知らせください。
満席になってしまった場合、僕の親しい友人、および、開演ギリギリご来場の皆さまは、スタンディングになるかもしれませんので、ご了承くださいませm(_ _)m

当日は、昨年6月にリリースした僕の4thアルバム"Utautai"と、今年4月にリリースした竹内大輔ピアノトリオ4thアルバム『Voyaging』を販売する予定です!
UtautaiVoyaging

こちらも、お楽しみに

waits2 at 00:13コメント(3)トラックバック(0) 

2015年05月16日

昨日(5月15日)、右くるぶし外側上部の腱付近の炎症で出場選手登録を抹消していた黒田が、5月1日以来のマウンドに立った。
IMG_1233対横浜5回4失点。
横000130020 6
広300002000 5
6回に一旦逆転してくれたので、黒田に負けこそつかなかったが、らしくない投球内容だった。
うーん、きっと、右足は全快していないんだろうなぁ...ゆっくり治した方が良いような...

それにしても、酷い誤審だった。
5回裏1アウトランナー2塁でバッターは石川。
カウント2−2で石川がバットを振り、ファールチップしたボールを會澤がちゃんとノーバウンドでキャッチしたのに、主審はワンバンドキャッチと判定。
緒方監督が抗議をしたが、判定は覆らなかった。
結局、石川は四球となり、その後、3点を奪われた
タラレバを話しても仕方がないのだが、悔しい。
ちなみに、昨日の主審は真鍋。
2006年5月7日の広島 - 中日戦で、カープのマイク・ロマノ投手を暴言による退場処分したことに抗議し、ブラウン監督が一塁ベースを投げた時の審判だ。(もちろん、ブラウン監督も退場処分)
激情家で、執念深いことでも有名な方らしいので、監督も抗議をほどほどにしたのかもしれない。

IMG_1234ま、誤審よりも、初回のダブルスチール失敗(作戦自体のミス)や、6回に逆転した後、菊池のレフト前ヒットで、2塁ランナーの田中がホームに突入しようとした時、さっきまで右腕をぐるぐる回していた石井コーチが『しっかり指示は伝わった』と判断し、回すのを止め、そのまま"GO"とホームを指差した瞬間に田中がコーチをチラ見し、指先は"GO"なのに右手が回っていなかったのでストップと誤解して、3塁に戻って追加点が奪えなかったり、と拙攻が多かった。
また、調子が良かったザガースキーを一岡に交替したのもねぇ。7回裏に打順が回って代打を出していたのならともかく、しかも左打者が2人続くとこだっただけにねぇ。
7回裏が終わったとこで、修学旅行生らしき子どもらが球場を去るところが映っていた。彼ら彼女らは、あれからカープが逆転負けするなんて思いもよらなかったろう。いや、もしかすると、あの子らが帰ってしまったから逆転されたのかもしれない。応援の力はあなどれないのだ。
応援といえば、本日5月16日は、『常車魂〜RED RIDING〜』というイベントが開催されるらしい。
東京駅から新幹線片道1便をカープ球団が貸し切り、新横浜、名古屋、新大阪、新神戸でカープファンを拾いながら計1,300名を広島駅まで運ぶという。
さて、その試合がそろそろ始まる。
今日の先発はジョンソン。
勝つぞ!

waits2 at 14:01コメント(0)トラックバック(0) 

2015年01月04日

12月30日12:13東京駅初の新幹線で帰省。
ライブの翌日だっただけに、さすがに疲れた。
0fuji

富士山を撮影しようと何度もシャッターを切ったが、そのほとんどに電柱等の障害物が映り込んだり、上り新幹線がブロックしたりで、ようやく撮れた一葉
IMG_4193夕陽に映えるマツダスタジアム。
今シーズンは、ここのマウンドに黒田が立つ。
駅からホテルまで乗ったタクシーの運ちゃんに黒田復帰の話題をふったところ、優勝への期待は抱いているものの、そんなことより市民球場の跡地が何になるかの方が気になっているようだった。
本人としては、サッカー場にしてもらいたい模様。
理由は、タクシーの利用者が増えるだろうと

夕飯は比治山近くのイタリアンで姉貴にごちそうになった
IMG_4194IMG_4195
IMG_4196IMG_4197
IMG_4198IMG_4199
これだけ料理をアップしといて、こんなことを言うのは申し訳ないが、最後にいただいたコーヒーがあまりに美味しくて、驚いた

大晦日は高宮で
元日の朝は、一面の雪景色。
IMG_5034IMG_5035

しかし、市内は快晴。
当初、別のお店を予約していたが、やはり海が見たいので、グランドプリンスホテル広島のなだ万(20F)に変更したところ、大正解だった。
IMG_5043

IMG_5048IMG_5049
IMG_5047IMG_5050
IMG_5053IMG_5054
IMG_5055IMG_5056
IMG_5057IMG_5061
IMG_5062IMG_5064
IMG_5069IMG_5070

初詣は護国神社へ
偶然通りがかった臨時駐車場が空いていて待つことなく簡単に入れられてラッキーだった。
IMG_5071IMG_5077
IMG_4227IMG_4230

IMG_5079帰りは凄い雪だった。
高速はまだしも、下の道は街灯がないので、大変だった。

翌二日は、パルコでお買い物。
IMG_4237IMG_4238

「うえの」のあなご飯を求めて三越の地下へ行ったが売り切れていた。
IMG_4240IMG_4242むさしの山賊むすびと「うえの」ではないあなご飯を新幹線の中で食べたのだが、やはり、あなご飯はちょっと残念だった。
往きも復りもグリーン車しか取れなかったので、仕方なく乗ったのだが、助かった。
というか、それでも疲れた。
座ってるだけなのに、移動って、疲れるんよねぇ。

さて、おみくじも大吉だったし、今年も良い年になりますように!

waits2 at 11:24コメント(0)トラックバック(0) 

2014年09月05日

今回の帰省(8月30日〜9月2日)、小さな初めてなことが沢山あったので、書き留めておこうかなと
いつもは新幹線だけど、今回は珍しく苦手な飛行機
羽田空港でLadureeのワゴンを発見パリのお店に行ったことがある!ただそれだけで自分の店のような親近感を抱いてしまう田舎者
IMG_3648IMG_3756

いやー、便利だわタッチアンドゴー
事前にiPhoneのPassbookに登録しておけば、チェックインの2時間くらい前から、「いつでもワンタッチで呼び出せますぜ」状態でスタンバっていてくれる。荷物を預ける時も、手荷物検査の時も、搭乗する時も、画面をスライド表示して2次元バーコードをスキャンするだけOK
もしも使用前の2次元バーコードをこんな風にアップしたら、誰でも成り済ましで乗れてしまうのだろう

それにしても、飛行機は速い。広島までの所要時間は、一応、1時間20分となっているが、実際に飛んでる時間は50分くらいじゃないのかなぁ。

ホテルのチェックインまで少し時間があったので、荷物だけ預けて、茶の環へ
IMG_3656IMG_3657

茶の環でお土産を買ったことは何度もあるけど、2階の喫茶に入ったのは初めて。美味しかった
これらの写真、僕はiPhoneでパチリだけど、妻の隣の席にいた男性は、一眼レフの凄いカメラで超真剣な面持ちで撮っていた
原爆ドームに近いからか、異様に外国人客が多かった。だからというわけではないが、久しぶりに原爆ドームを見に行くことに
IMG_3673本通りのアーケードを抜けたらすぐの記憶だったけど、見当たらない。『いや、すぐそこにあるはず』と思って歩くと、記憶通り、すぐそこにあった。手前にあった樹木の葉が元気良く生い茂っていて見えなかっただけだった。
原爆ドームって、いつも「あれ?思ってたより小さい」という印象がある。が、近づいていくと、予想より大きい感じがする。(そんなこと思うの自分だけか^^)
高校の時、名前は忘れたが、酔っぱらってドームの中に入って大の字に寝たことがあるという武勇伝?を授業中、余談で話してくれた社会(政経?)の先生がいた。「原爆ドームは正円じゃなくて楕円なんよ」と妙に熱く語っていたが、なるほど、たしかに楕円だ。

IMG_4784

そうそう、木定楽器、本通りの北側と記憶してたんだけど、南側だった。僕の記憶違い?それとも、移転したのかな??
IMG_3675IMG_3677

IMG_3679ホテルに戻る途中、袋町小学校の平和資料館を覗いてみた。これまで何度も前を通り過ぎていたけど、入ったのは初めて。
ホテルにチェックインし、前日のライブのブログをアップして、しばし休息。
ちなみに、上のビルが並んだ写真は、平和大通りから南側の市内の景色。なので、向こうに見える山々は、瀬戸内海に浮かぶ島々。どれが似島で、どれが江田島か、分かるのは島の者だけか
この日の夕飯は、稲荷町にあるこちらの中華屋
姉貴と姉貴の次男と僕と妻の4人でたらふく食べて.....いくらだったんだろうごちそうになったので分かりませんが美味しかった。どうも、ごちそうさまでしたこの翌日、姉貴と次男は土砂災害のボランティアに行き、ここで摂取したカロリーをすべて汗にかえたはず。自分はすべて脂肪に....申し訳ないm(_ _)m

この後、いったんホテルに戻り、島の幼馴染みの浩や宇根くんの家族と合流してカラオケへ
IMG_3680IMG_3687
IMG_3698羽田から乗った飛行機の中で♩ありのままで〜♩という子どもらの歌声が聴こえていたが、予想通り、この子たちも熱唱
大人たちは大人の話しで盛り上がっているのだが、歌い終わったらちゃんと拍手をしないといけないので、意外に忙しい子どもたちは気まぐれなので、時に大人たちにマイクを回したりする。
「達也、ビリー・ジョエルの"This Night"を歌うてや」とのリクエスト(子どもらからではない)を受け、歌ったところ、なんと100点をゲット!
下の子のリョウマは、これまで何度も会ったことがあるのに、2年振りくらいだったからか、僕のことをまったく覚えていなかった。なので「今夜は忘れられない夜にしちゃるで」と言いながら中央通りの横断歩道を一緒に渡ったのだが、ここぞとばかり、「どうじゃリョウマ〜!100点とったおじさんで〜、忘れんさんなよ!」(「マスヤ味噌よ」とは言わなかった)と、忘れられない夜にしてやった
子どもたちが帰った後、今度は島の同級生のお店"Antique"へ
IMG_3703IMG_3707-1
IMG_3704そう、ここは、昨年の暮、大ちゃんと一緒に広島凱旋ライブをやったお店!と言いたいところだけど、実は今年に入って場所を移転していたので、僕がここを訪れるのは初めて。満員御礼状態だったので僕らはバルコニー席で歓談。
閉店間際にようやく人が少なくなったところで店内をパチリ見え難いけど、上の写真の右手の中央あたりに大ちゃんも弾いたあのアップライトピアノも健在です
この後は、これまた島の後輩が経営しているお店へ移動し、結局、朝まで前日ライブだっただけに、ホテルに戻ったらバタン

翌朝(31日)アンデルセンでブランチ
本通りで「ひつじ」の文字を見つけたので、つい(8月の新曲「羊飼い」がまだ僕の頭の中で鳴っている)
IMG_3713IMG_3714

IMG_3711IMG_3716レンタカーを借りるため路面電車に乗って広島駅へ
カープ電車だからだったのかな?優先席の案内や忘れ物をしないよう注意を促す車内アナウンスが、カープの堂林やマエケンだった

IMG_3764そうそう、駅に行く前、丸善で時間をつぶしていた時、妻が「かがくのとも」のバックナンバー「はぐろとんぼ」の特集を発見!前から探してて、吉祥寺の本屋では「取り寄せになる」と言わたんだけど、さすがは丸善!
この後、母が住む安芸高田市へ移動したのだが、そこのコンビニの店内にいきなり羽黒トンボが飛び込んできたその時、店内に居合わせた子どもらが「わ!なんだ?」「捕まえろ!」「殺せ!」とか言ってて、ビックリした子どもなので「捕まえろ!」は分かるが、「殺せ!」はないだろう
IMG_4798←こちらの本物の羽黒トンボは、翌朝(1日)母の家の庭で撮ったもの。
夏を演出してくれました。

さて、この日は江田島へお墓参り。
30日に飲んだ宇根くん夫妻と宇品で合流し、まずは昼食31号線沿いにあるてんぷら屋さんへ行ったのだが混んでいたので、そのまま江田島を右手に見ながら南下し、呉市内へ。
宇根くんが「ここの冷麺が美味しいんよ」と連れて行ってくれたのが珍来軒
IMG_3722IMG_3719

誰もが知ってる超有名店みたいだけど、僕は初めて。いや〜、美味しかった
『冷麺?きっとあんな感じなんだろうな』と予想してたのと全然違う、平打ち麺とピリッと辛味が効いたオリジナルの「呉冷麺」だった盛りは大と小があるのだが、小でも十分な量。
なんでも、珍来軒の先代が「冷麺に中華そばの麺を使うと、それは冷麺ではなく単なる冷やし中華そば」だったら!と作り上げたのがこの「平打ち麺」なんだとか冬でも楽しめるこの冷麺が誕生したのは1955年だそうだ。10分くらい並んだけど、これは並ぶ価値あり!ほんと、美味しかった
IMG_4800IMG_4801

呉らしい景色を眺めながら、第二音戸大橋へ
今調べてみたところ、この橋が開通したの2013年3月だった。ということは、去年も通れたということ!?去年も見えたけど建設中だと思ってた...ということで初。
IMG_3723IMG_3727

BlogPaintこの橋の凄いところは、呉市内からのアプローチ!元祖音戸大橋(向こうに見える赤い橋)は、橋までの道がとにかく狭く、盆正月は必ず大渋滞が出来る。橋にたどり着いても、橋の上までぐるぐるのろのろ回転しながら登らなければならないので、これまた渋滞の原因となっていた。
しかしこの第二音戸大橋は、トンネルを抜けて山の上まで一気に登るバイパスでアプローチできるので、本当にあっという間に渡ることができるのだ
ま、平清盛がこの瀬戸を開かなきゃ、こんな苦労することもなかったのだが

さて、これで江田島に渡ったのかというと、そうではない。ここはまだ倉橋島ここからさらにもう一つ早瀬大橋という橋を渡って江田島へ。
IMG_3730IMG_4813
天気が良ければ橋の上からの景色、奇麗なんだけどなぁ。この日は大潮だったのか、水位が高く、海面が道路のすぐそこにあった。IMG_4814

IMG_4815IMG_4822

IMG_0850この日走ったルートは、大体こんな感じ(青線)。
海岸線を呉まで南下し、第二音戸大橋を渡って倉橋島へ。そこから早瀬大橋を渡って江田島に入るのだが、僕が生まれ育った切串があるのは島の最北端なので、渋滞なしで順調に走っても1時間半くらいはかかる。広島市内の宇品港へはフェリーで25分(高校はこれで通学)だけど、車だとちょっとしたドライブじゃもんね。
お墓参りをした後、宇根くん宅を訪れた。中学生の頃、毎日の様に入り浸っていた家に、何十年振りかで入って感激今リフォーム中なので、完成したらまた皆で集まりたいのぉ。
宇根くんのお母さんと僕の母親も超久しぶりに再会。母親同士ならではの懐かしい話しをすることができたみたいで、少しだけ親孝行が出来たような気がしたが、それもこれも全部宇根くんのお陰^^
帰りは広島市内ではなく天応へ渡るフェリーに乗った。
所要時間は15分くらいで車両運賃は1800円くらいなのかな?まさに時間をお金で買う感じ。
この後、宇根くんの子どもらと合流したのだが、その時、リョウマは、「100点のおじさん!」としっかり覚えていてくれたま、一昨日会ったばっかりなので、忘れる方が難しかろう
いやー、楽しくて有意義な一日をありがとう>宇根くん夫妻

翌日(2日)、広島空港へ行く途中、小谷サービスエリアで呉冷麺を発見!
新発売という文字に釣られ、自宅用のお土産として購入。夕飯で食べたけど、かなりお店に近い味が再現されていたかと
ちなみに、〆は、広島空港でお好み焼き。
IMG_3739IMG_3742

IMG_3751写真は飛行機からの富士山。
そうそう、8月30日に広島へ向かう機内では、離着陸時、電子機器はすべて使用禁止だったが、9月1日からスマホの使用制限が緩和されるというニュースの通り、この日は「機内モードなら使用できます」というアナウンスが流れていた。
いやー、何度も帰省しているけど、今回の帰省は、初めての事が多かった。
書かなかったけど、羽田空港近くのパーキングを使ったのも初だったし、Laduree、茶の環の喫茶フロア、袋町小学校、老四川、カラオケ100点、Antique新店舗、Carp電車、日産レンタカー、珍来軒、第二音戸大橋、機内モードOK等々、プチ初が盛り沢山な帰省だった。

waits2 at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 

2014年08月30日

お疲れさま!
昨晩は、吉祥寺マンダラ2でのライブでした
ご来場くださいました皆様、心より、ありがとうございました!

IMG_4750セットリスト:
1. まわっているのは
2. You Can Never Hold Back Spring(カバー)
3. メランコリック
4. 羽黒トンボ
5. グラデーション(DS)
6. 羊飼い(新曲)
7. つかまえ手

今回の一曲目は「まわっているのは」。
ひと月半ぶりということで、はやる気持ちをこの曲でなだめようという作戦です
2曲目は、トムウェイツのカバー。
広島の姉から「今こそこの歌を広島に贈れ」との指令があり、従いました。
僕の場合、歌に没頭すれば良いだけのことですが、大変だったのは大ちゃん。
楽譜がなかったので、音源から譜面を起こさなければならなかったようです。
随分前に一度この曲を合わせたことがあったので(人前ではやっていない)、その時の楽譜をきっと持っているだろうと思っていたんだけど、どうやら見つけられなかったみたいで、ゼロから起こしたみたい。
譜面起こしという作業自体は大ちゃんにとっては難しいことではないだろうけど、それにかかる時間が...というのも、タイ旅行から帰国してから、日中はリハ、夜は本番という日々が続いていて、昨晩も僕とのライブの後、渋谷で別のライブに出演するという超タイトなスケジュール。さらに、翌日、つまり今日は香港でのお仕事。その荷造りをする暇もないくらい忙しかったので、この譜面起こしは、だったのではないかと(^^
そうとは知らず、恐縮ですm(_ _)m
しかし、その分、たっぷりと、気持ち良く、歌わせていただきました
ありがとうございました!
IMG_4751先月の新曲「メランコリック」と「羽黒トンボ」で夏の終わりを味わいました。
で、今回、DSこと"大ちゃんセレクション"で大ちゃんが選んでくれたのは、「グラデーション」。
これまた予想外の曲でしたが、この日のセットリストがギターがアルペジオの曲が多かったので、全体の構成として少しアグレッシブなのが欲しかっただけに、まさにうってつけの曲でした
前奏なし、一拍目のピアノワンコードの直後に歌が入るという、なかなか過激なアレンジで、カッコ良かったのではないかと!!
いやー、気持ち良かった。
ギターレスなのに、ギターがある時よりビートが感じられたような
やっぱり、DS、勉強になる。

続いては、今月の新曲「羊飼い」。
冒頭の歌詞はこんな感じ:
flyer 2014-08-29
生まれ変わるなら 羊飼いになるがいい
雲を見上げて 草笛吹いて
雲に乗りたくなったら パイロットになればいい
機内アナウンスで 笑わせてやれ

今回は歌う前に「何についての歌か考えながら聴いていただければ」と問題?を出して歌いました
残念ながら、ほとんどの方が「何の歌?」という感じだったみたいですが(^^
「何について」ではなく、「誰のことを歌った歌でしょう?」と言うべきだったと反省しております。
で、誰のことを歌ったかというと、ロビン・ウィリアムス氏です。
彼に捧げる曲でございます。
"Good morning!"や"You're free! Genie"といったフレーズも入れさせてもらいました(^^
で、以下は、歌い終わった後のMCでもお話ししたことなのですが:
何故「羊飼い」なのか.....自分でも不思議でした。
この曲は、ある日、お風呂に入ろうと扉を開けた時に、生まれ変わるなら羊飼いになるがいいと歌い始めたかと思うと、一気に.......笑わせてやれまで、詞とメロディがそのままセットで降りて来たのです。
なので、「何故羊飼い?」と言われても、「うーーーん」って感じ。
ただ、自分としては、羊に囲まれたロビンがぼんやりと雲を見上げ、「あの上は気持ち良さそうだな」と思ったので、パイロットになったものの、やたら機内アナウンスが面白いので、皆に「お前の天職は別にある!」と言われ、結局、コメディアンに...。つまり、何度生まれ変わっても、ロビンウィリアムスは、ロビンウィリアムスにしかならない、ということが言いたかったのかなと。で、その「おしゃべり」の対極として「羊飼い」なのかなと思っていました。
ところがどっこい!この曲がほぼ完成した翌日のことです。
NHKのBSプレミアムで映画「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」が放送されていたので、17年ぶりくらいに観ました。(この作品でロビン・ウィリアムス(ショーン役)は助演男優賞を受賞。主演はマット・デイモン(ウィル))
大まかな筋は憶えていたけど、細かなところはすっかり忘れていました。
で、こんなシーンがあったのです。
ショーンとウィルは、セラピストとその患者という関係で、二人きりで話すシーンが何度もあるんだけど、映画のかなり後半で、ショーンが声をあらげてウィルにこう訊いた:

"What do you really wanna do?"「一体お前は何をやりたいんだ」
すると、ウィルが、
"I wanna be a shepherd"「羊飼い」

IMG_3677ええええええええ(←まっちゃん風)
前述したように、この時、既に「羊飼い」は完成していたので、「生まれ変わるなら羊飼いになるがいい」というメロディが僕の頭の中でヘビーローテンションしている日々を送っていただけに、いやー驚きました。
また、このシーンの前にも、二人が少し打ち解けるきっかけとなるジョークをウィルが話すシーンがあり、そのジョークというのが、機内放送後、マイクのスイッチを切り忘れた機長と副操縦士の卑猥な会話が機内にだだ漏れだった、というものなのです。
この機内放送エピソードに驚き、とどめが「羊飼い」でした。
つまり、この新曲の冒頭は、「グッドウィルハンティング」がベースにあった可能性が非常に高いのではないかと思われます。
全然覚えてなかったのに、無意識下の記憶として存在していたのかもしれませんね。
タイトルも、もっと相応しい言葉がいくらでもあるのに、なぜか「羊飼い」と決めていました。
こういった必然性のようなものが強く感じられるのは、とても嬉しいです。
あ、そうそう、曲のエンディングで大ちゃんに弾いてもらったメロディ、"Whole New World"だったことに気付いてくださいましたでしょうか?(^^
ということで、昨晩、ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!
来月もまたよろしくお願いします!
なお、写真は、香港じゃなくて、広島です

waits2 at 20:16コメント(6)トラックバック(0) 

2014年01月22日

お疲れ様!!
昨晩は、吉祥寺マンダラ2にて、今年一発目のライブでした
IMG_4130セットリスト:
1.Slainte(English ver)
2.アヴァロン
3.つかまえ手
4.Birthday(English ver)
5.レインボー
6.Wake Up! Sammy(DS)
7.グラデーション(新曲)

"English ver"とは英語バージョン、"DS"とは大ちゃんセレクション、"新曲"とは今月の新曲(当たり前
「え?Birthdayって英語バージョンがあるのか?」
IMG_2766そうなんです!
実は、密かに半年以上前に英語バージョンを作ってたんだけど、今回、初披露となりました
昨年1月にダイアンバーチのお父様が亡くなり、悲しみに暮れていた彼女のために作った曲。
この曲をBGMに、彼女とお父さんの写真を使ってスライドショーを作成し、YouTubeにアップして彼女に贈ったところ、とても喜んでいただけたようでした。
日本語の歌詞なので、スライドショーには英語の字幕を付けたんだけど、この時の訳は直訳的なもの。今回歌った英語の歌詞は、メロディを変えないで歌えるよう言葉数も整え、出来るだけ韻も踏むようにして作り直しました。
ただ、変な英語より日本語だったから彼女も素直に聴くことができたのかもしれないなぁ...
ちなみに、こちらが去年贈った日本語版"Birthday"


改めて聴いてみると、決して上手くはないんだけど、心はこもっとるわ。
昨晩のパフォーマンスは、悪くはなかったと思うけど、"Birthday"という既存の曲を丁寧に歌ったという印象で、"想い"の部分では、やはり作りたての時には敵わないような気がする。
やっぱ、歌って、ハートだなぁ。(今更?

今回の大ちゃんセレクションは、"Wake Up! Sammy"
これまた、まったくノーマークの曲でした。
いやー、あのSammyには勿体無いくらい、良かった
もちろん、大ちゃんのアプローチ&ディレクションのお陰でね
「ストーリー性がある曲なので、場面場面をしっかり描く感じで」という大ちゃんのディレクションは大正解でした!
また、大ちゃんのピアノが、"歌うたい"のハートに火を点けてくれました
IMG_4162様々なシーンを頭の中に思い浮かべながら、まさにその情景を描くような気持ちで歌いました。
ほんと、気持ち良く歌えたわ。
DSの良いところは、こういった新しい発見が出来るところじゃね。
ギターを弾きながら歌う時は、「こんな風に歌いたい」ということを実現させながら進んで行く感じだけど、DSは、全体のぼんやりとしたイメージを持って歌い始め、後はピアノの表情と対話&呼応しながら、瞬間瞬間の自分のひらめきや情感に、「へー、そんな風に歌いたいのかぁ」と新発見をし続けながら歌うので、滅茶苦茶新鮮で楽しい。
ストーリーの結末は決まっているものの、どんな気持ちでその結末を迎えるのか、自分でも不明なので、面白くてしょうがない!
そういった僕の情感に、これまた滅茶苦茶敏感に反応してくれる大ちゃんの感性にも感心できるし、いやー、ほんと楽しめたわ。

13最後は、今月の新曲「グラデーション」。
密かに僕はこの曲が書けたことが嬉しくてたまらない。
「書きたいなぁ、でも難しいだろうな」と思っていたことが、ちょっとしたアイデアでとっても素直に描くことができ、自分でも驚いた。あ、これは歌詞の話ね^ ^
パフォーマンス的には、コードミスしたところや、目指していたビート感が出せなかったりと不満は残るものの、「広島凱旋ライブをした甲斐があった!」と思える曲を書く事ができたので、とても嬉しい。もう何回か演奏すれば、絶対いい感じになると思う!
広島と言えば、昨晩は対バン出演者の方のご主人様が広島出身の方らしく、そのよしみでしょうか?僕らの演奏を客席から大いに盛り上げて下さいました!
広島の話をする前から、イントネーションで、僕が広島人であることを見破っていたようです。
ライブ後、少しお話しすることができ、「広島の星じゃね」と、大層なお褒めの言葉をいただきました
ありがたや、ありがたや。
是非、また遊びにいらしてください!
次回のライブは2月14日(金)。
ここのところ忙しくて、2月に入ると、さらに忙しくなることが分かっているだけに、早いとこ新曲作りに取りかからんといけんわ。
ということで、昨晩、ご来場くださいました皆様、マンダラ2スタッフの皆様、そしてもちろん大ちゃん、ありがとうございました。
今年も、よろしくお願いいたします!!

waits2 at 23:15コメント(2)トラックバック(0) 

2013年12月26日

今回の凱旋ライブにあたり、細々と準備したものを紹介しておきたいと思います。
フライヤーの代わりに、今回はこういった「CDのご案内」を配布しました
CDinfoT


CDinfoD


これらはインクジェットプリンタ用のハガキの表裏に印刷したもので、縦書きのDaisukeは、郵便番号の枠内に、日付は、切手を貼る場所を示す四角の枠内に入るようデザインしました

また、ライブ会場等の案内として、こちらのような特設サイトを事前に用意しておりました
ここに埋め込んだ大ちゃんのビデオが"Spain"を演奏しているものだったので、また、最新作のカバーアルバム『ReInterpret the passage』に収録されているということで、大ちゃんは"Spain"を演奏してくれたのでしょう
ちなみに、この特設サイトの情報や日頃から僕のブログを読んで親しみを覚えていたからか、大ちゃんの方はお客さんを全然知らないけど、お客さんの方は、ほぼ全員が大ちゃんのことを認識済で、初対面なのに皆が「大ちゃん」と親しげに呼んでいました
広島人のソーシャルディスタンスの違いに、大ちゃん、戸惑ったかも?
IMG_2669IMG_2670
また、当然!アンケートも実施させていただきました
quetionnaireいつものように、セットリストを記載した用紙に「あなたのベスト3」を記入してもらう方式。
曲を聴いた直後に「これが2番じゃね」と決められる人は誰もいませんそんなことが出来る人は、本気で回答する気がない人だけ
なので、「あ、これいいかも」という曲に◎を付けておいて、全曲聴いた後にその◎の中に1から3の番号を書き入れるのが良いでしょう」と説明しておきました。
一応、カバー曲は「お楽しみ」ということで「Cover」とだけ表記し、伏せておくことに。
密かに、アンコールもタイトルは書かないで、カッコだけ用意しておきました
しかし、これらのカッコの数がちょうど3つだったため、多くの方がここを回答欄と勘違いし、カッコ内にベスト3の番号を記入していました
アンコール曲は対象外と判断された模様
きっちり正しく3曲選んでくださった方もいれば、3つに絞れないのでベスト4、あるいは5を選んだ方、3セットそれぞれのベスト3を選んでくれた方もいらっしゃいました。さらに全曲採点してくれた方もま、そんなことができるのは、全曲知っているしんちゃんしかいませんが

なお、こちらのアンケート用紙はライブ終了後、回収させてもらうので、この日どんな曲を聴いたのか分からなくなってしまう。それでは申し訳ないということで、お帰りの際、お土産として皆さんにこちらのセットリストをお渡ししました
setlist1223

こちらには、カバー曲とアンコール曲のタイトルをきちんと明記残念ながら、セカンドセットの1曲目に弾いた大ちゃんのピアノソロ"Spain"は、僕も当日のお楽しみ状態だったので記載されていません

IMG_2665アンケートはまだ集計していませんが、皆さんが書いてくださった感想は、どれも嬉しかった&楽しかった

それにしても今回のセットリストは、本当に悩んだ。悩みに悩んだ挙げ句、結局、絞り込めず、26曲も演奏してしまうことに
友人に「長かった?」と訊くと
「いや、そんな長くはなかったよ。ま、これが毎月あるとなると長いじゃろうが」。
確かに
今回は初凱旋ということでご容赦いただきたいと思いますm(_ _)m

今回、最後までセットリストに入れるかどうか悩んだ曲は、「歌うたいの詩」と「Wake Up! Sammy」。
別にこの2曲が苦手だとか、そういったことは一切ありません。
IMG_2649曲って、その曲の前にどんな曲が来るかによって、全然印象が異なってくるので、出来るだけ互いを際立たせられる様、曲調やテンポが異なる曲を並べるようにするのですが、その結果、とても入れ辛い曲が「歌うたいの詩」と「Wake Up! Sammy」だったのです。
特に「歌うたいの詩」は、どの曲の後に入れるのが良いのか最後まで悩みました。最終的に「つかまえ手」の後が良かろう!ということで、テンポ的にもテンション的にも落差があり、とても良い並びになったんじゃないかと思います。
こんな風に悩んだ曲って、不思議と「良かった」という感想が多かったりするんよね
おそらく、ボツにならずに演奏されたということは、ピッタリな場所が見つかったからで、故に票が多く入るのかもしれません。
ま、こういった影響もあったのかもしれませんが、今回客席から感じた印象は、前にも書いたように、「ど真ん中に投げ込んで来い!」。
正直、こちらとしては、シリアス系は歌い難いというところがあったのですが、なんというか客席からは、「楽しい」より「琴線に触れてくれ」という空気が強く感じられたのです。
それだけに、「歌うたいの詩」をセットリストに組み込んでおいて、本当に良かったなと
「泣けた」という感想を読むと、嬉しいと同時に、『やっぱ、凱旋とはいえ、いつなんどきも、本気で投げ込まんといけんわ』と心を引き締めました。
そうなんよね。楽しませてくれるだけのパフォーマーなら世の中に沢山いるわけだし、そうじゃないものを提供できる"歌うたい"でないといけんわなぁ、と改めて思うのでした。

IMG_2673こんな嬉しい感想もあった:
「(上のリストに)◎をつけた曲がアルバムに入っていないのは納得できない。本人が自分の良さを理解していないのでは?
というコメント
どんな曲に◎が付けられていたかというと:
「またとない日」
「歌うたいの詩」
「アヴァロン」
なるほど!
納得&嬉しい
というのも、今回持って行った"The Catcher"と"Slainte"は、それぞれ2010年10月と2012年6月にリリースしたもの。
そして、彼が◎を付けた3曲は:
「またとない日」2012年6月
「歌うたいの詩」2013年5月
「アヴァロン」2013年11月
と、いずれも"Slainte"をリリースした後に作った新曲たちなのだ。
故に、収録されていないのも仕方がない。
このご意見は、「次のアルバムに入れるべし!」というメッセージとして受け止めたいと思います
実を言うと、次のアルバム、既に考えてはいます
nari曲は、毎月作っているので、数はあります
ただ、どの曲を入れるかは、まだ一切決まっていません
レコーディングのスケジュールもまだ全然決まっていませんが、「よし!これとこれとこれだ」と決めた途端、「わっ、これも入れたい」という曲が出来上がったりしそうな気がしています
事実、「トマトスープ」は2012年の4月に初披露した曲ですが、その月の29日にレコーディングし、6月リリースの"Slainte"に堂々収録されています
いずれにしろ、楽しみ〜!
次回の凱旋ライブには、必ずや新作を引っさげて乗り込まねばと思っております

waits2 at 23:12コメント(0)トラックバック(0) 

2013年12月25日

クリスマスイブイブの12月23日(月/祝日)僕の生まれ故郷である広島で初の凱旋ライブを行いました
あまりに盛り沢山で、何から書いたら良いか分からないのですが、とりあえず時系列に従って
001午前9時ちょっと前?:
大ちゃん、岩国錦帯橋空港へ向かって羽田から飛び立つ
「え?岩国?広島じゃないの?」
そう、この日のライブ会場は広島。
信じられないことだが、ここで大ちゃん、痛恨のミスを犯してしまったのだ!
002な、わけがない。
せっかく中国地方へ行くのだから、「ついでに行けるとこは、行くべし!」というのが大ちゃん主義
岩国錦帯橋空港自体、大ちゃんにとってチェックしておきたい場所の一つであり、こちらの錦帯橋もかねてから訪れたい場所だったらしい
IMG_2636一方、僕は9時50分の新幹線で広島へ
車窓からチラリとだけ見える東京タワーの撮影に成功し、心密かにガッツポーズ
『これで今日のライブ、大成功さ!』
と思いたいところだけど、この日のめざまし占い、水瓶座は最下位だった
僕も大ちゃんも水瓶座
うーむ、こうなったら、この日、運が良いか悪いかは、富士山の見え具合で決めよう!
IMG_2641どんより
裾野らしき雰囲気は感じるものの、富士山の姿はどこにも見えず
やはりこれが最下位の力か….
おいおい、ちょっと待て!
この新幹線の乗客全員が水瓶座なわけじゃないんだから….
というか、星座とか富士山に関係なく、ええライブをせんでどうすんな
003一方、大ちゃん、錦帯橋を満喫した後、
電車を乗り継ぎながら
岩国寿司を食べながら
車窓を楽しみながら
広島へ
ちなみに、岩国寿司
僕は食べたことがない。
既に僕より中国地方に詳しい
IMG_2638その頃僕は、まだ新幹線の中
写真下方の黒いチャックが見えますでしょうか?
これはギターケースのヘッド部分。
そう、こんな感じでギターを両足で挟んだ状態で座っていたので、密かに僕は下半身がガチガチになっていた。
午後2時ちょっと前に広島駅に到着。
ホテルのチェックインを済ませ、現地で待ち合わせする予定だった友人が近くに来ているというので乗せてもらい、一緒に現地入り
IMG_3933この日の会場は広島市内にあるアンティークというお店。
僕の幼馴染みのなみちゃんが経営しているバーで、ライブハウスではない。
なので、まずは音響機器の準備から始めていくことに、もちろん、テーブルの配置換えも。
すべてを僕の友人の宇根くんと浩くんがやってくれた。心から、感謝感謝
午後3時半、大ちゃんが到着。さっそく現地リハ開始
IMG_3939IMG_3940

なんとなくこんな感じかな?というサウンドチェックをした後、この日のメインのリハは、僕と大ちゃんのリハというより、幼馴染みの宇根くんのコーラスリハ。
IMG_3946このライブが決まってから、僕は密かに宇根くんにコーラスをしてもらうことを画策していた
僕は知っている:
『宇根は絶対に断らない』ことを
それどころか
『コーラスの依頼がある筈なんじゃが』と期待していることも
じゃないと、こんな機材を持ち込んでくれるわけがない
これでもし頼まんかったら、宇根くん"はぶてあげる"(=ふくれて&いじける)でぇ
現代人たる者、LINE越しでもこのくらいのことは感じ取れないといけんよねぇ
ただ、ここで重要なのは依頼するタイミング!
あまり早くに頼むと、本番を迎える頃に、宇根くんは練習し過ぎて、間違いなくその曲に飽きてしまっている
なので、ライブの2週間くらい前に僕は彼に依頼した。
おそらく正解だったかと

しばらくすると、姉と姉の次男(大学生)が手伝いに来てくれた
IMG_3955IMG_3957

IMG_3959皆でお好み焼きの夕飯を済ました後(姉貴、ごちそうさまでしたm(_ _)m)、コーラスリハを再開
今回、彼に依頼した曲は、「トマトスープ」と「レインボー」の2曲。
「レインボー」は出番が多いだけに、予想通り宇根くんは、しっかりと練習をしていた。
しかし、「トマトスープ」は歌う箇所が少ないだけに、あまり練習していないのが判明。
たしかに出番が少ないと、テンションをキープするのは難しい。
曲の一番最後に一発だけ鳴らすオーケストラのシンバル演奏者の気持ち?
しかし、「やっぱ、わしのコーラスは、レインボーだけでええと思うんじゃが」と宇根くんが進言することがないことも僕は知っている
可能な限り、出演機会を減らさないのが宇根くんの流儀
こっそり大ちゃんに音を教えてもらったりしながら、いつの間にかリハは終了。
というのも、大統領夫妻が到着したのだ
IMG_3962「大統領?」
失礼しました。
僕の、というか、僕たちの中学校時代の恩師夫妻でございます。
酔っぱらってへべれけになる前に、恩師夫妻と一緒にひとまず同級生(なみちゃん、浩、宇根)たちと記念撮影
この時、先生の頭の中は:
「達也、今日は、わしが詞を提供したあの曲をやるんじゃろうの!」
宇根くんの頭の中は:
「自分の出番は3セット目。とりあえず、それまではしっかりPAをやっちゃらんにゃの。」
僕の頭の中は:
「すべての希望&願いを感じとり、叶えんとはぶてあげられるでぇ」
IMG_3964IMG_3966

会場の準備と仕事の振り分けが決まったところで、開場。
何しろ、20〜30年振りくらいに会うような友人、恩人、恩師、先輩、後輩、親族、友人の友人、友人の家族といった方々が続々と集合してくるので、正直、歌うより話したい
IMG_3968会場のあちこちから、「おー、どしたん?」「えーっ、やっぱり?」と言った声が聞こえてくる。互いに知らない者同士と思って話していたら、それこそ20年以上前に、僕を介して知り合い一緒に遊んだ友人の友人であることに気付き、思わず上げてしまう歓声奇声
皆が僕のところに「あれは、あいつ?」「ほうよね?ほうよね?」とこっそり確認しに来たりするのだがかく言う自分も、姉貴の高校時代や大学時代の友人の方々となると、「この顔、知ってるぞ〜、知ってるぞ〜」と思うものの、名前は出てこなかったりする
そういった方々に囲まれてのライブなので、当たり前だが、完全ホーム
あまりにホーム過ぎて、かなり恥ずかしい
その恥ずかしさは大ちゃんにも十分伝わってたみたいで、なんだか分からないけど笑ってしまう感じ
IMG_3999なので選曲も苦労した。おふざけ系、ユーモア系の曲はまだしも、真剣なメッセージが入った曲はどうも気恥ずかしい。
しかし、聴く側はそんなこと思ってなくて、「ド真ん中にお前の直球を投げて来い!」という気持ちで受け止めようとしていたのが伝わってきたので、ある意味、ちょっと驚いた。
ありがたい。うれしい。しかし、恥ずかしい。と同時に、もしも間違って変なスイッチが入ってしまったら感涙してしまうかもしれないという恐怖もあり、非常に複雑な心理状態で開演

IMG_3935First set
1. 優しい人には敵わない
2. 酔いどれ男
3. なのだ
4. こゝろ
5. She
6. つかまえ手
7. 歌うたいの詩(うた)
8. Slainte

Second set
"Spain" by 大ちゃん
9. 羽黒トンボ
10. だから今この詞(うた)を
11. アヴァロン
12. Wake Up! Sammy
13. パッセイジー(Mushup with “All You Need Is Love”)
14. Lady Madonna
15. またとない日

Third set
16. スマイル
17. 好きなところへ
18. Happy X’mas
19. トマトスープ
20. レインボー
21. Ladybird
22. カエルのお嬢さん
23. まわっているのはIMG_3970

アンコール
24.ワンダフル
25.ワスレンサンナ
26.スランチェ


歌い過ぎ
初の凱旋ライブとは言え、ちと欲張り過ぎたかね
IMG_3992今回の特徴としては、各セットに1曲ずつカバー曲を組み込んだところでしょうか。
これは大ちゃんからのアドバイス
たしかに、ほとんどの方が僕のステージを初めて観る方々なので、オリジナルばかりだと疲れるかと。
耳に馴染みのあるカバー曲があれば、箸休めならぬ耳休めになるかと
このアイデアは本当大正解で、演奏する自分たちにとっても、良いメリハリになりました
もう一つのポイントは、大ちゃんのソロ!
IMG_4014IMG_4074

これまでも1曲目に大ちゃんだけがステージに上がり、プロローグ的に弾いてもらったことは何度かあったけど、今回は、『きっちり1曲弾いて欲しい』とお願いしたところ、なんと"Spain"を弾いてくれました
今回の遠征、ミュージックチャージだけでは足が出てしまうのは明白。
これを補うため「CDを買ってもらいましょう!」という作戦を企てたのだが、これを大いに応援してくれたのがお店のオーナーである幼馴染みのなみちゃん
僕も最初の3曲を歌い終わった後、MCで熱弁させてもらいました。
「今回、2,000円という低価格のチャージでこのライブを実現させてくれたのは「なみちゃん」のお陰!『お客様の財布の負担を軽くして、CDを買ってもらいましょう』と言ってくれた"なみちゃんのために"、CDをお買い上げください。そう、僕らのためでなく、なみちゃんのために!」
「自分のためでなく、誰かのため」という姿勢に広島人は弱いことを僕は知っている。(ほんまか?
この進言が功を奏したのか、売れました売れました
大ちゃんは、4種類のCDを持ち込んでいましたが、最新作『ReInterpret the passage』は売り切れという嬉しい悲鳴が上がりました。良かった、良かった。
IMG_4042マスト曲である恩師とのコラボ作品「だから今この詞」も無事歌い、否、少し歌い間違えた箇所もありましたすみません先生m(_ _)m。しかしながら、アンケートでベスト1に選んでくれていた方もいましたよ偏に歌詞の力かと!!ちなみに、僕自身、「愛されるためにではなく、愛するために歌いなさい」というフレーズは、歌う度に胸が熱くなります
そして、いよいよ、宇根くんの出番。
直前に歌ったカバー曲"Happy Christmas"のエンディングで「今日はサンタクロースが来てくれました」と紹介。
本人は密かに不服だったかと思いますが、父親は誰もがサンタクロースなんじゃけんええじゃろ!
ちなみに、宇根くんの代わりに、奥さんが赤い服を着てくれていました
IMG_4008IMG_4049

おそらくこの写真は「トマトスープ」の"君と〜"と言う一番最初のコーラス部分かと
IMG_4057そしてこちらは練習に練習を重ねてきたという「レインボー」かと。
やはり僕の予想は的中していたようで、コーラスをすることが決まってからというもの、宇根くんは車を運転する時とか、「レインボー」をヘビーローテーションで聴きながらハモリの練習をしていたらしく、奥さんのオレアはうんざりだったとかやっぱり、三日前くらいで十分だったかもしれない2週間もごめんね>オレア

IMG_4067歌い終わった直後、労いの言葉を受けながら宇根くんは高らかと「80点!」と自己採点
誰も訊いてなんかないのに
おそらく「トマトスープ」を歌ったことなどまったく覚えてないかと
「レインボー」を歌い終えた達成感に浸り切っておりました。
ちなみに、次の2枚の写真は、歌う前と歌った後。
IMG_4038IMG_4073

歌い終わった後は、機材を片付ける手順のことしか考えてないようでした
それにしても、歌いました。ちょっとやり過ぎるくらいにやりました。
IMG_4105IMG_4030
さすがの大ちゃんも「やりましたねぇ」
IMG_4111アンコールを含め全26曲。
あ、大ちゃんのソロを含めると27曲だ!
休憩を2回挟んだとはいえ、軽く3時間は超えていたかと。
正直、長過ぎ(笑)
ただ、今回は初の凱旋ライブと言うことで、ほとんどの皆さんが最後までお付き合いくださりました。
次回やるとすれば、もう少し短く、また、休日にやるのならば、もっと早い時間から始める方が、翌日への負担が減るのではないかと。
IMG_4107というのも、今回は、山口や鳥取といった広島県外から観に来てくださった方がいたのです。
もちろん、江田島からいらっしゃった方もいるので、最終フェリーの時間を考えると、8時くらいに終わる必要があったのに….
次回は、そういったところにも配慮しなければならないなと。
そうそう、中国地方だけでなく、毎月マンダラ2に観に来てくれるしんちゃんは、なんと東京から来てくれました!!
IMG_4115広島出身なので、帰省がてらとは言え、感謝感激雨霰。
演奏中、『この曲は手拍子で盛り上げるべし』とさりげなくお客さんをリードしてくれて、とてもやり易くしてくれました
ありがたや、ありがたや。
ちなみに、この翌日、大ちゃんは可部線に乗ってしんちゃんの実家を訪れていました
この二人のスタミナは信じられない

それにしても楽しかった!親しい顔、懐かしい顔に会えて、嬉しい限り!
IMG_3969IMG_4112

IMG_4109IMG_4110
また、楽しいだけでなく、とても勉強にもなるライブだった
IMG_3986正直、最初は照れくさい気持ちが強かったんだけど、ステージが進むに連れ、会場の雰囲気が単なる「知り合いの演奏会」を観に来たのではなく、いっぱしのアーティストとしてのパフォーマンスを、より高いクオリティのステージを、強く求めていることに気付かされたのでした。
いやー、素晴らしい。
そういった、人間がネイティブに持つ文化的欲求を刺激し高めてくれたのは、大ちゃんのピアノでしょう
感謝、感謝、感謝!
さて、このブログは帰りの新幹線の中で書いております。
まだまだ書きたいことが沢山あるのですが、まずはこのくらいにしておきましょう
ということで、昨晩、ご来場くださいました皆様、心よりありがとうございました
温かい拍手、手拍子、ありがとうございました。またの機会がございましたら、是非とも、是非とも、是非とも、またいらしてください
快く会場を使わせてくれたなみちゃん、機材からコーラスから楽しくサポートしてくれた宇根くん、開演中、予想以上に動き回ってアクティブにビデオ撮影し、「大ちゃんのCDを全部買うたでぇ!」と豪語し、珍しく最後まで酔いつぶれんかった浩くん、僕のかみさんと一緒に受付とカウンターのサポートで活躍してくれた姉貴親子、東京からお客さんとしてだけでなく、会場の準備、後片付けまで手伝ってくれたしんちゃん、そして言うまでもなく素晴らしいピアノで僕の大切な人々を魅了してくれた大ちゃん、ありがとうございました
是非また凱旋ライブ第2弾を実現できたらなと思います


waits2 at 19:44コメント(2)トラックバック(0) 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年8月24日(木)

秋のSpecial LIVE!
2017年9月14日(木)

マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ