海外

2017年09月20日

来月末にEd Sheeranがやって来る。
大阪城ホールと武道館でやるようだ。
エド・シーランのライブを初めて見たのは、2014年8月8日で会場は新木場にあるStudio Coastだった。
3年前でも既に世界では大スターだったエドだが、日本ではもう一つだったので、まだあの会場で大丈夫だったが、さすがに今では日本でも有名になったので、会場もメジャー級に格上げ。
今回、来日を知ったのが遅かったので、今だと、法外な代金のチケットしか手に入れられない。
例えば、こんな感じ:

IMG_0746IMG_0747

SS席は売り切れのようだ。
本来の価格はこちら:

IMG_07485万円のチケットなんて買う気はない。
可能性があるとしたらB席だが、これもねぇ、元々8千円と知ると、馬鹿みたいな気がしてくる。
というか、そもそも、これって違法行為じゃないの?
これとダフ屋の違いは何なの?
そもそも、「本当は行きたいんだけど、どうしても行けなくなったので、よろしければ買ってもらえませんか?」というケース以外、転売なんかしちゃいけんじゃろう
で、その転売価格は、原価以下でなければ法的に許されないようにすべき!
言うまでもなく、野球のチケットもね!
ほんと、法律を作っている方々、誰か本気で取り組んでみてーやねぇ。

waits2 at 23:52コメント(0) 

2017年09月05日

9月4日、キャサリン妃が第3子を妊娠していることを、英王室は発表した。
キャサリン、やるなぁ。
彼女は本当に堂々としている。
ウィリアム王子に対して、「王子様」なんて気持ちなんか微塵も感じない。
本当に"仕方なく結婚してやった"感じがする。
一切の媚びを感じない。
気持ちいい。


waits2 at 00:55コメント(0) 

2017年08月15日

IMG_0504英国ロンドンにある国会議事堂の大時計、通称「ビッグベン」が、大規模改修工事のため今月21日の正午を最後に、2021年までの4年間停止するという。
あらあら、それは寂しいですねぇ。
今年の4月、"Ding-Dong"という曲を書きましたが、このタイトルは、この大時計の鐘の音で、前奏等に、あのメロも使わせてもらっています。
なので、この曲を歌っている時、頭の中ではこの写真を撮った時の光景が浮かんでいることが多いのです。
人って、目を開けたまま、全然違うものを見ることが出来るんよね

waits2 at 23:55コメント(0) 

2017年07月05日

昨日の大ちゃんのfacebook
11いよいよ、フランスへと旅だったようだ。
フランスはヴィエンヌで開催されるジャズフェスティバルに出演するためだ
かっこええ
こちらのサイトに、大ちゃん属する"Tri4th"が紹介されている。
フランスでの演奏はこのフェスティバルだけだが、実は今回、デンマークはコペンハーゲンでも演奏するようだ:
☆TRI4TH、ヨーロッパ・ツアー
・7月5日(水)Club de minuit(France:Vienne)
Start…24:00〜、Charge…Free

・7月8日(土)Jazzhouse(Denmark:Copenhagen)
Start…23:00〜、Charge…Free

・7月9日(日)Kongens Have(Denmark:Copenhagen)
Start…14:00〜、Charge…Free

ヨーロッパ、楽しんできてもらいたいね。
Bon voyage!

waits2 at 00:01コメント(0) 

2017年06月07日

ボブ・ディランがノーベル文学賞の受賞講演の音声をネットで公開したようだ。
一応、全文掲載。
なんかグッときた、最後の方の青と赤の文字のとこだけ訳してみた。



When I first received this Nobel Prize for Literature, I got to wondering exactly how my songs related to literature. I wanted to reflect on it and see where the connection was. I'm going to try to articulate that to you. And most likely it will go in a roundabout way, but I hope what I say will be worthwhile and purposeful.

If I was to go back to the dawning of it all, I guess I'd have to start with Buddy Holly. Buddy died when I was about eighteen and he was twenty-two. From the moment I first heard him, I felt akin. I felt related, like he was an older brother. I even thought I resembled him. Buddy played the music that I loved – the music I grew up on: country western, rock ‘n' roll, and rhythm and blues. Three separate strands of music that he intertwined and infused into one genre. One brand. And Buddy wrote songs – songs that had beautiful melodies and imaginative verses. And he sang great – sang in more than a few voices. He was the archetype. Everything I wasn't and wanted to be. I saw him only but once, and that was a few days before he was gone. I had to travel a hundred miles to get to see him play, and I wasn't disappointed.

He was powerful and electrifying and had a commanding presence. I was only six feet away. He was mesmerizing. I watched his face, his hands, the way he tapped his foot, his big black glasses, the eyes behind the glasses, the way he held his guitar, the way he stood, his neat suit. Everything about him. He looked older than twenty-two. Something about him seemed permanent, and he filled me with conviction. Then, out of the blue, the most uncanny thing happened. He looked me right straight dead in the eye, and he transmitted something. Something I didn't know what. And it gave me the chills.

I think it was a day or two after that that his plane went down. And somebody – somebody I'd never seen before – handed me a Leadbelly record with the song "Cottonfields" on it. And that record changed my life right then and there. Transported me into a world I'd never known. It was like an explosion went off. Like I'd been walking in darkness and all of the sudden the darkness was illuminated. It was like somebody laid hands on me. I must have played that record a hundred times.

It was on a label I'd never heard of with a booklet inside with advertisements for other artists on the label: Sonny Terry and Brownie McGhee, the New Lost City Ramblers, Jean Ritchie, string bands. I'd never heard of any of them. But I reckoned if they were on this label with Leadbelly, they had to be good, so I needed to hear them. I wanted to know all about it and play that kind of music. I still had a feeling for the music I'd grown up with, but for right now, I forgot about it. Didn't even think about it. For the time being, it was long gone.

I hadn't left home yet, but I couldn't wait to. I wanted to learn this music and meet the people who played it. Eventually, I did leave, and I did learn to play those songs. They were different than the radio songs that I'd been listening to all along. They were more vibrant and truthful to life. With radio songs, a performer might get a hit with a roll of the dice or a fall of the cards, but that didn't matter in the folk world. Everything was a hit. All you had to do was be well versed and be able to play the melody. Some of these songs were easy, some not. I had a natural feeling for the ancient ballads and country blues, but everything else I had to learn from scratch. I was playing for small crowds, sometimes no more than four or five people in a room or on a street corner. You had to have a wide repertoire, and you had to know what to play and when. Some songs were intimate, some you had to shout to be heard.

By listening to all the early folk artists and singing the songs yourself, you pick up the vernacular. You internalize it. You sing it in the ragtime blues, work songs, Georgia sea shanties, Appalachian ballads and cowboy songs. You hear all the finer points, and you learn the details.

You know what it's all about. Takin' the pistol out and puttin' it back in your pocket. Whippin' your way through traffic, talkin' in the dark. You know that Stagger Lee was a bad man and that Frankie was a good girl. You know that Washington is a bourgeois town and you've heard the deep-pitched voice of John the Revelator and you saw the Titanic sink in a boggy creek. And you're pals with the wild Irish rover and the wild colonial boy. You heard the muffled drums and the fifes that played lowly. You've seen the lusty Lord Donald stick a knife in his wife, and a lot of your comrades have been wrapped in white linen.

I had all the vernacular all down. I knew the rhetoric. None of it went over my head – the devices, the techniques, the secrets, the mysteries – and I knew all the deserted roads that it traveled on, too. I could make it all connect and move with the current of the day. When I started writing my own songs, the folk lingo was the only vocabulary that I knew, and I used it.

But I had something else as well. I had principals and sensibilities and an informed view of the world. And I had had that for a while. Learned it all in grammar school. Don Quixote, Ivanhoe, Robinson Crusoe, Gulliver's Travels, Tale of Two Cities, all the rest – typical grammar school reading that gave you a way of looking at life, an understanding of human nature, and a standard to measure things by. I took all that with me when I started composing lyrics. And the themes from those books worked their way into many of my songs, either knowingly or unintentionally. I wanted to write songs unlike anything anybody ever heard, and these themes were fundamental.

Specific books that have stuck with me ever since I read them way back in grammar school – I want to tell you about three of them: Moby Dick, All Quiet on the Western Front and The Odyssey.


Moby Dick is a fascinating book, a book that's filled with scenes of high drama and dramatic dialogue. The book makes demands on you. The plot is straightforward. The mysterious Captain Ahab – captain of a ship called the Pequod – an egomaniac with a peg leg pursuing his nemesis, the great white whale Moby Dick who took his leg. And he pursues him all the way from the Atlantic around the tip of Africa and into the Indian Ocean. He pursues the whale around both sides of the earth. It's an abstract goal, nothing concrete or definite. He calls Moby the emperor, sees him as the embodiment of evil. Ahab's got a wife and child back in Nantucket that he reminisces about now and again. You can anticipate what will happen.

The ship's crew is made up of men of different races, and any one of them who sights the whale will be given the reward of a gold coin. A lot of Zodiac symbols, religious allegory, stereotypes. Ahab encounters other whaling vessels, presses the captains for details about Moby. Have they seen him? There's a crazy prophet, Gabriel, on one of the vessels, and he predicts Ahab's doom. Says Moby is the incarnate of a Shaker god, and that any dealings with him will lead to disaster. He says that to Captain Ahab. Another ship's captain – Captain Boomer – he lost an arm to Moby. But he tolerates that, and he's happy to have survived. He can't accept Ahab's lust for vengeance.

This book tells how different men react in different ways to the same experience. A lot of Old Testament, biblical allegory: Gabriel, Rachel, Jeroboam, Bildah, Elijah. Pagan names as well: Tashtego, Flask, Daggoo, Fleece, Starbuck, Stubb, Martha's Vineyard. The Pagans are idol worshippers. Some worship little wax figures, some wooden figures. Some worship fire. The Pequod is the name of an Indian tribe.

Moby Dick is a seafaring tale. One of the men, the narrator, says, "Call me Ishmael." Somebody asks him where he's from, and he says, "It's not down on any map. True places never are." Stubb gives no significance to anything, says everything is predestined. Ishmael's been on a sailing ship his entire life. Calls the sailing ships his Harvard and Yale. He keeps his distance from people.

A typhoon hits the Pequod. Captain Ahab thinks it's a good omen. Starbuck thinks it's a bad omen, considers killing Ahab. As soon as the storm ends, a crewmember falls from the ship's mast and drowns, foreshadowing what's to come. A Quaker pacifist priest, who is actually a bloodthirsty businessman, tells Flask, "Some men who receive injuries are led to God, others are led to bitterness."

Everything is mixed in. All the myths: the Judeo Christian bible, Hindu myths, British legends, Saint George, Perseus, Hercules – they're all whalers. Greek mythology, the gory business of cutting up a whale. Lots of facts in this book, geographical knowledge, whale oil – good for coronation of royalty – noble families in the whaling industry. Whale oil is used to anoint the kings. History of the whale, phrenology, classical philosophy, pseudo-scientific theories, justification for discrimination – everything thrown in and none of it hardly rational. Highbrow, lowbrow, chasing illusion, chasing death, the great white whale, white as polar bear, white as a white man, the emperor, the nemesis, the embodiment of evil. The demented captain who actually lost his leg years ago trying to attack Moby with a knife.

We see only the surface of things. We can interpret what lies below any way we see fit. Crewmen walk around on deck listening for mermaids, and sharks and vultures follow the ship. Reading skulls and faces like you read a book. Here's a face. I'll put it in front of you. Read it if you can.

Tashtego says that he died and was reborn. His extra days are a gift. He wasn't saved by Christ, though, he says he was saved by a fellow man and a non-Christian at that. He parodies the resurrection.

When Starbuck tells Ahab that he should let bygones be bygones, the angry captain snaps back, "Speak not to me of blasphemy, man, I'd strike the sun if it insulted me." Ahab, too, is a poet of eloquence. He says, "The path to my fixed purpose is laid with iron rails whereon my soul is grooved to run." Or these lines, "All visible objects are but pasteboard masks." Quotable poetic phrases that can't be beat.

Finally, Ahab spots Moby, and the harpoons come out. Boats are lowered. Ahab's harpoon has been baptized in blood. Moby attacks Ahab's boat and destroys it. Next day, he sights Moby again. Boats are lowered again. Moby attacks Ahab's boat again. On the third day, another boat goes in. More religious allegory. He has risen. Moby attacks one more time, ramming the Pequod and sinking it. Ahab gets tangled up in the harpoon lines and is thrown out of his boat into a watery grave.

Ishmael survives. He's in the sea floating on a coffin. And that's about it. That's the whole story. That theme and all that it implies would work its way into more than a few of my songs.


All Quiet on the Western Front was another book that did. All Quiet on the Western Front is a horror story. This is a book where you lose your childhood, your faith in a meaningful world, and your concern for individuals. You're stuck in a nightmare. Sucked up into a mysterious whirlpool of death and pain. You're defending yourself from elimination. You're being wiped off the face of the map. Once upon a time you were an innocent youth with big dreams about being a concert pianist. Once you loved life and the world, and now you're shooting it to pieces.

Day after day, the hornets bite you and worms lap your blood. You're a cornered animal. You don't fit anywhere. The falling rain is monotonous. There's endless assaults, poison gas, nerve gas, morphine, burning streams of gasoline, scavenging and scabbing for food, influenza, typhus, dysentery. Life is breaking down all around you, and the shells are whistling. This is the lower region of hell. Mud, barbed wire, rat-filled trenches, rats eating the intestines of dead men, trenches filled with filth and excrement. Someone shouts, "Hey, you there. Stand and fight."

Who knows how long this mess will go on? Warfare has no limits. You're being annihilated, and that leg of yours is bleeding too much. You killed a man yesterday, and you spoke to his corpse. You told him after this is over, you'll spend the rest of your life looking after his family. Who's profiting here? The leaders and the generals gain fame, and many others profit financially. But you're doing the dirty work. One of your comrades says, "Wait a minute, where are you going?" And you say, "Leave me alone, I'll be back in a minute." Then you walk out into the woods of death hunting for a piece of sausage. You can't see how anybody in civilian life has any kind of purpose at all. All their worries, all their desires – you can't comprehend it.

More machine guns rattle, more parts of bodies hanging from wires, more pieces of arms and legs and skulls where butterflies perch on teeth, more hideous wounds, pus coming out of every pore, lung wounds, wounds too big for the body, gas-blowing cadavers, and dead bodies making retching noises. Death is everywhere. Nothing else is possible. Someone will kill you and use your dead body for target practice. Boots, too. They're your prized possession. But soon they'll be on somebody else's feet.

There's Froggies coming through the trees. Merciless bastards. Your shells are running out. "It's not fair to come at us again so soon," you say. One of your companions is laying in the dirt, and you want to take him to the field hospital. Someone else says, "You might save yourself a trip." "What do you mean?" "Turn him over, you'll see what I mean."

You wait to hear the news. You don't understand why the war isn't over. The army is so strapped for replacement troops that they're drafting young boys who are of little military use, but they're draftin' ‘em anyway because they're running out of men. Sickness and humiliation have broken your heart. You were betrayed by your parents, your schoolmasters, your ministers, and even your own government.

The general with the slowly smoked cigar betrayed you too – turned you into a thug and a murderer. If you could, you'd put a bullet in his face. The commander as well. You fantasize that if you had the money, you'd put up a reward for any man who would take his life by any means necessary. And if he should lose his life by doing that, then let the money go to his heirs. The colonel, too, with his caviar and his coffee – he's another one. Spends all his time in the officers' brothel. You'd like to see him stoned dead too. More Tommies and Johnnies with their whack fo' me daddy-o and their whiskey in the jars. You kill twenty of ‘em and twenty more will spring up in their place. It just stinks in your nostrils.

You've come to despise that older generation that sent you out into this madness, into this torture chamber. All around you, your comrades are dying. Dying from abdominal wounds, double amputations, shattered hipbones, and you think, "I'm only twenty years old, but I'm capable of killing anybody. Even my father if he came at me."

Yesterday, you tried to save a wounded messenger dog, and somebody shouted, "Don't be a fool." One Froggy is laying gurgling at your feet. You stuck him with a dagger in his stomach, but the man still lives. You know you should finish the job, but you can't. You're on the real iron cross, and a Roman soldier's putting a sponge of vinegar to your lips.

Months pass by. You go home on leave. You can't communicate with your father. He said, "You'd be a coward if you don't enlist." Your mother, too, on your way back out the door, she says, "You be careful of those French girls now." More madness. You fight for a week or a month, and you gain ten yards. And then the next month it gets taken back.

All that culture from a thousand years ago, that philosophy, that wisdom – Plato, Aristotle, Socrates – what happened to it? It should have prevented this. Your thoughts turn homeward. And once again you're a schoolboy walking through the tall poplar trees. It's a pleasant memory. More bombs dropping on you from blimps. You got to get it together now. You can't even look at anybody for fear of some miscalculable thing that might happen. The common grave. There are no other possibilities.

Then you notice the cherry blossoms, and you see that nature is unaffected by all this. Poplar trees, the red butterflies, the fragile beauty of flowers, the sun – you see how nature is indifferent to it all. All the violence and suffering of all mankind. Nature doesn't even notice it.

You're so alone. Then a piece of shrapnel hits the side of your head and you're dead.
You've been ruled out, crossed out. You've been exterminated. I put this book down and closed it up. I never wanted to read another war novel again, and I never did.

Charlie Poole from North Carolina had a song that connected to all this. It's called "You Ain't Talkin' to Me," and the lyrics go like this:

I saw a sign in a window walking up town one day.
Join the army, see the world is what it had to say.
You'll see exciting places with a jolly crew,
You'll meet interesting people, and learn to kill them too.
Oh you ain't talkin' to me, you ain't talking to me.
I may be crazy and all that, but I got good sense you see.
You ain't talkin' to me, you ain't talkin' to me.
Killin' with a gun don't sound like fun.
You ain't talkin' to me.


The Odyssey is a great book whose themes have worked its way into the ballads of a lot of songwriters: "Homeward Bound, "Green, Green Grass of Home," "Home on the Range," and my songs as well.

The Odyssey is a strange, adventurous tale of a grown man trying to get home after fighting in a war. He's on that long journey home, and it's filled with traps and pitfalls. He's cursed to wander. He's always getting carried out to sea, always having close calls. Huge chunks of boulders rock his boat. He angers people he shouldn't. There's troublemakers in his crew. Treachery. His men are turned into pigs and then are turned back into younger, more handsome men. He's always trying to rescue somebody. He's a travelin' man, but he's making a lot of stops.

He's stranded on a desert island. He finds deserted caves, and he hides in them. He meets giants that say, "I'll eat you last." And he escapes from giants. He's trying to get back home, but he's tossed and turned by the winds. Restless winds, chilly winds, unfriendly winds. He travels far, and then he gets blown back.

He's always being warned of things to come. Touching things he's told not to. There's two roads to take, and they're both bad. Both hazardous. On one you could drown and on the other you could starve. He goes into the narrow straits with foaming whirlpools that swallow him. Meets six-headed monsters with sharp fangs. Thunderbolts strike at him. Overhanging branches that he makes a leap to reach for to save himself from a raging river. Goddesses and gods protect him, but some others want to kill him. He changes identities. He's exhausted. He falls asleep, and he's woken up by the sound of laughter. He tells his story to strangers. He's been gone twenty years. He was carried off somewhere and left there. Drugs have been dropped into his wine. It's been a hard road to travel.

In a lot of ways, some of these same things have happened to you. You too have had drugs dropped into your wine. You too have shared a bed with the wrong woman. You too have been spellbound by magical voices, sweet voices with strange melodies. You too have come so far and have been so far blown back. And you've had close calls as well. You have angered people you should not have. And you too have rambled this country all around. And you've also felt that ill wind, the one that blows you no good. And that's still not all of it.

When he gets back home, things aren't any better. Scoundrels have moved in and are taking advantage of his wife's hospitality. And there's too many of ‘em. And though he's greater than them all and the best at everything – best carpenter, best hunter, best expert on animals, best seaman – his courage won't save him, but his trickery will.

All these stragglers will have to pay for desecrating his palace. He'll disguise himself as a filthy beggar, and a lowly servant kicks him down the steps with arrogance and stupidity. The servant's arrogance revolts him, but he controls his anger. He's one against a hundred, but they'll all fall, even the strongest. He was nobody. And when it's all said and done, when he's home at last, he sits with his wife, and he tells her the stories.


So what does it all mean? Myself and a lot of other songwriters have been influenced by these very same themes. And they can mean a lot of different things. If a song moves you, that's all that's important. I don't have to know what a song means. I've written all kinds of things into my songs. And I'm not going to worry about it – what it all means. When Melville put all his old testament, biblical references, scientific theories, Protestant doctrines, and all that knowledge of the sea and sailing ships and whales into one story, I don't think he would have worried about it either – what it all means.

John Donne as well, the poet-priest who lived in the time of Shakespeare, wrote these words, "The Sestos and Abydos of her breasts. Not of two lovers, but two loves, the nests." I don't know what it means, either. But it sounds good. And you want your songs to sound good.

When Odysseus in The Odyssey visits the famed warrior Achilles in the underworld – Achilles, who traded a long life full of peace and contentment for a short one full of honor and glory – tells Odysseus it was all a mistake. "I just died, that's all." There was no honor. No immortality. And that if he could, he would choose to go back and be a lowly slave to a tenant farmer on Earth rather than be what he is – a king in the land of the dead – that whatever his struggles of life were, they were preferable to being here in this dead place.

That's what songs are too. Our songs are alive in the land of the living. But songs are unlike literature. They're meant to be sung, not read. The words in Shakespeare's plays were meant to be acted on the stage. Just as lyrics in songs are meant to be sung, not read on a page. And I hope some of you get the chance to listen to these lyrics the way they were intended to be heard: in concert or on record or however people are listening to songs these days. I return once again to Homer, who says, "Sing in me, oh Muse, and through me tell the story."

青:
歌は聴く者を感動させることができるかどうか、それが一番重要なんだ。歌の意味なんて、僕は知らなくていいんだ。

赤:
しかしながら、歌と文学は違う。歌は、読まれることではなく、歌われることを想定している。シェイクスピア演劇の言葉は、舞台の上で演じられることを想定している。それは、曲の歌詞が紙上で読まれることではなく、歌われることを想定しているのと同じように。僕としては、歌詞を本来の意図した形で聴く機会を持ってもらいたい。コンサートでも、レコードでも、今時の聴き方でもなんでも。

青いとこと赤いとこを訳してみた。
密かに、on the stageとon a pageで韻を踏んでいるのがニクイね
ということで、ディランが言うとります。
「ライブを観に来んさい」と
皆さん、6月16日(金)にワンマンライブがありますよ!
是非、聴きにいらしてください

waits2 at 01:05コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月05日

IMG_1874一昨日一軍デビューし、初打席でホームランを放ったバティスタ選手を、昨日、ここで褒めたばかりだが、どうやらあの程度の褒め方では足りなかったようだ。
なんと、昨日も6回2死1塁という場面で代打で登場し、な、な、なんと!ホームランを放ったのだ!
恐るべしバティスタ!
2打席連続ホームラン。
ホームラン打率10割
噂では、守備はサッパリだという
なので、火曜日から始まる日ハム戦でDHとして出場するに違いない。
さて、打順は何番になるのかな?
何番でも怖い存在だ!
いやー、それにしても、楽しみ
もちろん、クレートもね

waits2 at 00:26コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月04日

昨日一軍デビューしたカープのバティスタ選手。
クレート初打席でホームランって、これ以上ないスタートじゃね。
一振りでヒーローインタビューって、嬉しいねぇ。
もう一つ嬉しいことがあった。
それは、スペイン語通訳のクレートさん。
バティスタと同じくカープアカデミー出身でブルペン捕手兼通訳らしい。
通訳と言いながら、日本語はかなり怪しく、彼の日本語を通訳する通訳が要りそう
しかし、一生懸命盛り上げたいという気持ちは十二分に伝わってきて、超好感度
クレートさんの出番を多くするためにも、バティスタ、頑張ってくれ!

waits2 at 15:10コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月26日

IMG_9849英国マンチェスターで起こったテロ事件。
罪のない音楽好きの多くの若者たちが犠牲となった。
可哀想過ぎる。
本当に可哀想過ぎる。
アリアナ・グランデは、6月までの公演を中止するという。
テロリストよ、お前たちだって好きな曲があるだろう。
大好きなアーティストがいるだろう。
音楽を作る人間は、いつか聴いてもらえるかもしれない、いつか必要としてくれるかもしれない誰かのために曲を作り、演奏し、歌ってるんだ。
その誰かは、テロリストよ、お前たちなのかもしれないのにだ

waits2 at 00:02コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月08日

IMG_9831多くの方がホッとしていると思います。
とりあえず、良かったと。

waits2 at 20:17コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月16日

IMG_9497コールドプレイ@東京ドーム
若者に混じって楽しみます
アリーナではなくスタンドなので、ずっと立ちっぱなしということはないと思うのだが、周りが立つとそうなってしまう可能性は十分ある
サイモン&ガーファンクル、ビリー・ジョエル、イーグルスはゆっくり座って鑑賞できたけど、3年前新木場Studio Coastで観たエド・シーランはずっとスタンディング...コールドプレイはどうなんじゃろう...
ま、どうであれ、生"Fix You"は楽しみだなぁ
何気に昨日のダイソンと英国つながりじゃね

waits2 at 21:55コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月04日

朗報
大ちゃん属するジャズバンド"Tri4th"が、フランスはヴィエンヌで毎年開催されるジャズフェスティバルに出演することが決まった模様!

5136

フランス語なので読めないのが残念だが、こちらのサイトによると、フェスティバル開催中、ヴィエンヌの街はジャズ一色に染まるようだ。
名だたるアーティストを招聘して楽しむだけでなく、新人発掘の場でもあるらしいので、もしかして昨年Tokyo Jazz Festivalに出演した成果か!?

4809

今年の開催期間は6月29日から7月13日で、大ちゃんたちは7月5日に出演する模様。
フェスティバルの出演バンド紹介ページに"Sand Castle"のPVが掲載されているが、こういった国際的な舞台では、着物と漢字の多用が生きてくるねぇ




フランスかぁ。
また行きたいのぉ

waits2 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月08日

ドラマの話。
密かに「カルテット」が面白い。
「逃げ恥」の次に始まったドラマで、まったく期待していなかったのだが、意外に面白いので楽しませてもらっている。
しかしながら、「ダウントンアビー」の面白さには足下にも及ばない
IMG_8832今、シーズン5をNHK総合でやっているが、最終シーズンの6も「スターチャンネル」かどこかでやってるみたい。
早く見たいような、終わってしまうのが悲しいような...
ロケ地であるハイクレア・カースル(Highclere Castle)、密かに行ってみたい

waits2 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月01日

IMG_8813カナダのトルドー首相の言葉。

「迫害、恐怖、戦争から逃れようとしている人たちへ。信仰にかかわらず、カナダ人はあなたたちを歓迎します。多様性は私たちの力です」

To those fleeing persecution, terror & war, Canadians will welcome you, regardless of your faith. Diversity is our strength.


waits2 at 00:40コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月31日

トランプ米大統領は、21世紀のヒットラーになりよります。
「景気を良くしてくれるのなら、人権なんか要らない」
そういう選択をした米国民よ、恥を知りなさい!
アメリカファースト?
いやいや、あなたたちは、ただのマネーファースト。
不満の原因を、他国、異人種、異宗教のせいにするのは、狂政治家の常套手段。
壁を作れば自分らの生活が良くなると、本気で信じてるのか?
ユダヤ人弾圧と同じじゃないか
IMG_8815トランプと対局の価値観を見せてくれた黒田博樹投手。
米国人には黒田の行為は到底理解できない。
何故なら、お金以上の価値あるものを知らないから。
お金より遙かに大切なもの、遙かに価値あるもの、黒田はそれを知っていたから、帰って来てくれたのだ。

トランプ派じゃない米国人よ、頑張って、早いこと彼を辞めさせてくれ。
頼む。
彼は間違いなく、途中で辞める。
何故なら、彼に理想はないから。

トヨタよ、メキシコに工場を作りんさい。
ヒットラーの言うことなんて、聞いちゃいけん!
大丈夫!絶対、彼は辞めるから!

世界各国の首脳の方々、人類の大切なものを守ってくだされ。
何しろこのヒットラー、核のボタンを持っとりますから...

waits2 at 00:42コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月23日

IMG_8757トランプ氏の大統領就任から一夜明けた米東部時間21日、全米各地で、いや、世界60カ国で反トランプデモが行われた。
トランプ氏の人種差別的、女性蔑視的発言への抗議だ。
この60カ国に日本が含まれているかどうかを明記した記事を見つけることはできなかったが、2016年の男女平等度ランキングにおいて、日本は111位....なるほど、やはり日本はかなり遅れた国なんじゃね。
最大の原因は何なんだろう...
写真は、国連プラザ近くのデモに参加しているダイアン・バーチ


waits2 at 00:12コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月12日

IMG_8677オバマ大統領が地元シカゴにて、大統領としての最後の演説を行った。
ニュースでしか見ていないが、やはりこの方は抜群に演説が上手い。
もちろん内容があるからだろうが、間の取り方とか絶妙で、思わず引き込まれる。
次期大統領批判が出るか!?との注目もあったようだが、話は終始、民主主義の大切さを訴えるものだったらしい。
流石だ。
オバマ大統領の最大の功績は、やはり広島を訪れたことだろう。
誰よりも高く掲げた理想に、全力で取り組んできたんだと思う。
米国大統領でさえ、世界を良い方向に進ませるのは、難しいのだ。
世界をガッカリさせることは、誰でも、簡単にできるのに...

waits2 at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月10日

米国大統領選挙でトランプ氏が勝利した。
IMG_1787暴言王のトランプ氏が、まさかの勝利
いや、まさかではない。
日本のマスメディアでは、トランプ氏の劣勢を多く報じていたが、ネットでは随分前からトランプ氏優勢の文字が多く見られていた。
なので、せめて政治家には「まさか」とは言ってもらいたくない。
あの数々の暴言は作戦だと、だれもが分かっていたのに、本当に狙い通りにいくとは...
よっぽど不満がたまっていたということか…
トランプ氏が勝ったというより、クリントン氏が負けたというのが正しいのかもしれない。

ただ、なんとなく、途中で辞めそうな気がするんだよなぁ。

投票の経緯。
一瞬、クリントン氏が上回った時があったが、ここで逆転してからはずっとトランプ氏がリードしたままだった。
IMG_1763IMG_1764

IMG_1765IMG_1766

IMG_1767IMG_1769

IMG_1770IMG_1771

IMG_1772IMG_1773

IMG_1774IMG_1776

IMG_1777IMG_1778

IMG_1779IMG_1780

IMG_1781IMG_1782

IMG_1783IMG_1784

IMG_1785IMG_1787




waits2 at 01:02コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月09日

米大統領選挙。
史上最低の泥試合とか言われてるらしいが、どうなるのだろう...

一方、日本では、博多駅前で大陥没事故が発生!
IMG_1761怪我人が出なかったのが不幸中の幸い。
しかし、穴の近くのビルも建て直す必要があるんじゃないのかなぁ。

関係ないが、福岡市長がえらい若いので、驚いた。

waits2 at 00:03コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月23日

ボブ・ディランのノーベル賞受賞について
ネット情報によると、ディランの受賞に対して文学界から批判的な声も上がっているんだとか。
ふむ。
一方、受賞決定後もディランが沈黙を続けていることについて、スウェーデン・アカデミー(選考委員会)の一員(ペル・ワストベルイ氏)が「ディランを傲慢だ」と非難したとも。
ふむ。
IMG_8033ディランは何もしてないのに、批判、非難を受けて、いい迷惑だ。
"沈黙"ったって、批判があることに対して、何かしら思うことがあってかもしれないのに、いきなり非難して、どっちが傲慢なんや。
迷惑ばっかかけといて、なんやその態度
言っておくが、ノーベル賞なんかより、ディランの方がよっぽど上よ。
ノーベル賞が権威を失いたくないのなら、ペル・ワストベルイ氏とやらを選考委員から外した方がええんじゃないん?
もっとも、この意見も、所詮はネット情報に基づいてのものでしかなくて、真相は全然違うところにあるんかもしれんけどね。

waits2 at 02:37コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月14日

IMG_1144フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル、ショートでトップに立っていた羽生くんは、フリーでも219・48点を叩き出し、トータル330・43点で再び自身の世界記録を更新した。
一人、次元が違うところにいたね。
羽生くんは当たり前のように凄かったけど、今回、宇野昌磨くんが良かったね。

IMG_1139「おー」
「ほう」
と何度も唸らせてくれた。
今シーズン、毎回、滑るごとに成長しまくっている宇野くん。
ジャンプもだけど、スケーティング自体が良くなっていて、表現力が豊か。
意外という気持ちが強かったからか、えらく感動した。
ただ、多分に、曲の力も大きいかもしれない。
「トゥーランドット」、あの曲はほんと劇的。
もっていかれるんよね。

一方、女子は宮原知子選手が2位に輝いたが、真央ちゃんは6位に終わった。
試合後、真央ちゃんは、体調不良で急遽帰国の途についたとか。
胃腸炎?
可哀想に。
復帰して、最初はスケートを楽しんでいたのに、徐々に笑顔が消えたね。
競技だから勝ちにこだわるのは当然だろうけど、もっとスケートを楽しんで欲しいのぉ。

waits2 at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月13日

IMG_5327問題発言を連発しているドナルド・トランプ氏。
「すべてのイスラム教徒のアメリカ入国を拒否すべきだ」というコメントで、世界中から大ブーイングを受けていたはずなのに、それでもまだ共和党内の支持率は1位なんだとか?
それってどうなん...
自国を出たことがない米国民って、ほんと世間知らず、というか、世界知らず。
もっとも、日本にも、品のない発言を連発しても一定の人気を維持している政治家、おるもんなぁ.......一緒か...
ほいでもよ、
そもそも、トランプ氏の発言は米国建国の理念に背くもんじゃろ!
日本で言えば、憲法に背くようなもので.......一緒か...
....
と、自らを落として、「これじゃいかんじゃろ!」と喝を入れるのが日本流じゃった気がするのだが、最近、自国を堂々と持ち上げるテレビ番組が多いような気がする。
あれって、かっこ悪い行為じゃないん?
それとも、欧米化?
わからんことが多い。


waits2 at 00:23コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月14日

ブロードウェイミュージカル「Once ダブリンの街角で」を観劇(12月13日)。
IMG_4047原題:Once
邦題:「Once ダブリンの街角で」
劇場:EX THEATER ROPPONGI
先日、書いた「Billy Elliot/リトルダンサー」と同じく、映画がオリジナルという珍しい作品。
アイルランド映画「Once ダブリンの街角で」が公開されたのは2007年。ブログを確認したところ、11月に観ていた。
自分のブログを読んで、「そうだったのかぁ」と感心するのもおかしな話だが、忘れていたことがたくさんあった。
例えば、監督は主演のグレン・ハンサードのバンド「ザ・フレイムス」の元ベーシストだったことや、実はミュージカルにしたかったこととか。そう考えると、このミュージカル化は、監督にとっては喜ばしかったことなのだろう。
この10月、BS朝日で放送されていたのを久しぶりに観たのだが、思ったより面白かった。
記憶通り、作りは雑だったけど、ドキュメンタリータッチとも言えなくもなく、なかなか味わい深かった。
僕がダブリンを訪れたのは2010年なので、映画を鑑賞した当時は、まだ知らない街だったけど、10月に観た時は、既にダブリンを知っているので、どの場所かよーく分かるんよね!
「えー?そんな分かるか?」
分かるんです。
というのも、ダブリンって、アイルランドの首都ではあるけど、小さな街なので、メインの通りはグラフトンストリートくらいしかないし、ダブリン最大の観光資源「ケルズの書」が保管されているトリニティカレッジはグラフトンストリートからすぐそこ。でもって、映画の中で、グレン・ハンサードが歌っていた路上はまさにそのグラフトンストリートで、チップを持ち逃げしようとしたこそ泥をグレンが捕まえた場所はトリニティカレッジの門を入ったとこなんよね。
また、フィル・ライノットの銅像の前で演奏していたミュージシャンたちと仲良くなるシーンがあるのだが、その銅像の奥にあるホテルこそ、僕が泊まったThe Westbury Hotelだし。
ま、こういった親しみを覚えることが出来たとこが、面白かった理由かもしれないが^^

さて、映画の話はこれくらいにして、今回のミュージカル。
一番の目玉はこれだろう。
IMG_4056写真は、開演前の場内の様子、というか、ステージの様子。
通常、会場内は撮影禁止だ。
しかし、開演15分前までは撮影OKという、大盤振る舞い!
ステージの上にいるのは一般のお客さん。
舞台は、アイリッシュパブという設定なのだが、そのパブで実際に飲み物を購入することができるのだ!もちろん、僕も買った(信じられないことにギネスがなかった
やがて、開演15分くらい前になると(ここからは撮影禁止)、いつの間にかお客さんの中に外国人の姿がチラホラ。
実は、彼らはこのミュージカルの出演者で(6人くらい?)、所定の位置に着いたかと思うと、おもむろに演奏を始めた。
ステージ上にはまだ一般のお客さんが残っているのだが、言わば、彼らもしばしの出演者というわけだ。
IMG_4059そうそう、先に開演15分前まで撮影OKと書いたが、ステージの上での撮影は禁止。
なので、この写真は、ステージの下から撮影したもの。
これらの楽器を使って、出演者たちがストーリーとは関係なく、パブの雰囲気を出す演出としてアイリッシュミュージックを演奏し始めるのだが、正直、この最初の余興的な演奏が一番良かった
とてもワクワクした。
そして、この余興の最後に年配の男性(たしか、主役のGUYのお父さん役)がスローな曲を歌ったのだが、これが感涙ものだった。
えーい、はっきり言いましょう!ステージ全体で彼のこの歌が一番良かった
この時は、これがピークとは思わないので、もう、期待は高まりまくり
と書くと、この後、つまんなかった、ということになってしまうけど、いや、楽しみはしたんですよ。
ただ、最初があまりに良過ぎたということで

IMG_4060超簡単ストーリー:
傷心により、自暴自棄になりかけていたストリート・ミュージシャン"Guy"が、チェコ移民の女性"Girl"と出会い、彼女の生きる姿勢に勇気づけられ、やがて夢を叶えるため(映画はロンドンへ、ミュージカルはニューヨークへと)飛び立っていく
2012年トニー賞8部門受賞という鳴り物入りで日本上陸したこのミュージカルだが、うーん、最初は良かったんだけど....
通常、ミュージカルは、歌と踊りが見せ場となるわけだが、このミュージカルの最大の特徴は、出演者たちが自ら楽器を演奏しながら舞い、歌う、ところ。
なるほど、楽器演奏は素晴らしかった。が、その分、ダンスでの見せ場は少なかったのかな。
また、主役のGUYの歌も、ミュージカルシンガーとしては十二分な技術を持っていると思うのだが、やはり、オリジナルがハンサードだけに、どうしても見劣りするというか、"圧倒的な瞬間"がなかったのが残念。
もしかすると、僕が観たのはマチネだったので、夜の部に備えて、七分くらいの力しか出してなかったのかもしれないが^^
それと、ミュージカルって、ある種のお約束のようなものがあるのだが、それがきちんと用意されていなかったのが辛かったかも。
偉そうに言っているが、自分が生でミュージカルを観たことがあるのは、ニューヨークで1回、ロンドンで1回の2回だけ。いや、待てよ、中学校の修学旅行で宝塚歌劇団を観たことがあるか
IMG_0942ここで言うお約束というのは、大抵、ミュージカルは、主役以外の各役者にも、見せ場のシーンというものが用意されている。
ロングランともなると、ストーリーどうのこうので感動するのではなく、その見せ場のシーンを今夜はどんな風に魅せてくれるのか、それを楽しみにするリピーターが増え、そのシーンを演じ終えた直後、喝采が巻き起こるようになるわけなのだが(これがある種のお約束)、今回のお客様は、ほとんどが一見様なので、見せ場のシーンの後も拍手が起こらないので、そのまま流れていってしまい、どうもメリハリがない感じになってしまったのだ。
昨日の劇中、見せ場の後に拍手が贈られたのは、銀行の支店長が下手な歌を披露したシーン(下手に歌うのが上手かったのだ)だけだったかと。
長い間、ブロードウェイで拍手喝采を浴びることに慣れてきた役者たちにしてみれば、「ここで拍手だろう!」というところで何も反応なく進んでいくというのは、精神的にかなりきつかったんじゃないかと思う。
IMG_0944それと、ステージの脇に字幕が出る装置が用意されていたのだが、当然、それを読みながらの鑑賞となるので、どうしても、役者が台詞を発するタイミングと会場の反応にタイムラグが生じてしまう。
「本来、ここは大爆笑のはずなのに...」そんな気持ちがあると、どうしても次の台詞の勢いがなくなったりするんよね。
例えばこれが映画なら、ウケるべきシーンで誰も笑わなくても、スクリーンの中の役者に心理的影響なんか一切生じないが、生の舞台だと、役者たちは会場の空気の影響をもろに受けてしまうんよね。
やり難かったかと思う。
IMG_0945なので、もしも、自分がこのミュージカルの何かしらの関係者なら、見せ場のシーンの直後に拍手をするサクラを数人配備するように提案したと思う。
また、台詞の中に「空手」や「忍者」といった、日本公演向けと思われるような言葉があったのだが、今ひとつ功を奏してなかったような気がする。
この公演は、ほぼ一社体制で後援していたような雰囲気だったのだが、その企業とは、「ゴホンと言えば!」で有名な龍角散。
パンフレットやアンケートと一緒に、この龍角散ののど飴が観客全員に配布されていた。
IMG_6959劇中、レコーディングをするシーンがあるのだが、その第一声を発する直前に、「ちょっと待った!」と龍角散の飴を取り出すくらいの思い切った演出を入れても良かったんじゃないかと思う(歌舞伎っぽいけど^^)
で、そのシーンは、決まった場所で決まった役者がやるのではなく、毎回、ローテーションで回すことにして、「昨日はあなたが龍角散なめたんだから、今夜は私よ!」なんてやり取りしても面白かったんじゃないかと。
もっとも、そうなると、字幕の対応が大変だろうが^^

IMG_4103「本場の演出をそのまま」もちろん、それは悪くないことなのだが、対日本公演対策を、もうちょっと練っておいた方が良かったんじゃないかな、と思う。
これはこの公演に限らず、海外の作品は、そういった対策が必要なような気がする。
そのくらい、まだ日本はミュージカル鑑賞後進国だと思うので。
3回しか観たことないくせに、言うは言うは^^

そういえば、劇場EX THEATER ROPPONGIを訪れたのは今回で2回目。
1回目は、エルビス・コステロのライブだったのだが、調べてみると、なんと丁度1年前の12月13日だった!
あの時は、かなり前にチケットを購入したにもかかわらず、最上階の最後列の席だったが、今回は、公演直前に現地窓口でチケットを受け取るというギリギリ購入だったが、なんと前から8列目の中央という、とてつもなく良い席だった
といっても、客席は満席!当日券って、いい席があるんよねぇ。

ということで、本日14日が公演最終日。
出演者の皆さん、きっとフルパワーで演じてくれると思うので、お時間がある方は、是非!
あ、そうそう!GUYとGIRLが海を見つめながら会話をするシーンで、最後にGIRLがチェコ語でGUYに一言言葉をかけるのだが、映画の中では、そこの訳がなかった
もちろん、僕も「何と言ったのだろう?」と分からないままだったのだが、このミュージカルを観ればその一言の意味が分かる!
とっても大切な意味だった!!!
どうして、映画ではあの訳がなかったのだろう?プンプン
映画を観た方!あの言葉の意味を知るだけでも、このミュージカルを鑑賞する価値はあるかもですよ!!
あ、もちろん、お父さん役の方の最初の歌も

waits2 at 14:42コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月12日

マララさんのノーベル平和賞受賞演説を聞いて(読んで)、胸が熱くなった。
心から尊敬する、本当に、凄い子だ。
たしかマララさんは、昨年、最有力候補者だったが、"襲われる危険性を高めてしまう可能性がある"ということから授与を見送ったという話があったような....
IMG_3829今年は、"憲法九条を守り続けている日本国民"が最有力候補との話もあったりしたが、とんでもないね。
日本国民は、マララさんのような立派な行動も、勇気ある行動も、まったくとっていない。
もっとも「日本国民」というのは便宜的なもので、狙いは憲法九条を守るためなんだろうけど、それにしたって間違っている。
正直言うと、最初は僕もそのアイデアに「ほう!」と感心し、共感した。しかし、冷静に考えると、やっぱりおかしい。
例えば、ノーベル賞を決める委員会の方々が、以前から憲法九条に着目していたというのならまだしも、日本国民が自ら著名を集め、自らを推薦するなんて、本来かなりカッコ悪い話だ。
それに、下手をすれば、「ノーベル平和賞って、所詮、その程度の賞ですよね」と馬鹿にした行為と受け取られかねない。
自国の政府の暴走を止めるためにノーベル平和賞という権威を"利用"しようという発想は、外圧を利用して国民に圧政を強いるどこかの国のやり口と似ていて、どうも虫が好かない。

やっぱり、変な小細工なんかしないで、"憲法九条は自分たちの力で守るべし"と考えるべきだと思う。
IMG_3830いつかノーベル賞の委員会が、"その守ってきた人たちに与えたい!"となった時、それに値する方々が受賞すればいい。
「憲法に関心がなかった人たちに九条を再確認させるという意味では意義がある」という意見もあるのかもしれないが、それこそ話題性を高めるための"利用"でしかない。
"目的達成のためなら、手段は選ばなくていい"という考え方には、僕は賛成できない。
だったら、"テロも正しい"になる。
"利用"は失礼だし、あざとい。
「何を言いよるんなら!とっとと改憲せんとどうすんな!」という方々もいるだろう。
もちろん、そういった意見を主張するのは自由だし、心の自由は尊重すべきだ。というのも、これまでそう主張したかった方々は、かなり長い間、精神的苦痛を味わってきたんじゃないかと思われるので。
どこまでも、言論の自由は奪ってはならない。
ただ、ヘイトスピーチはいけん。
あれは、暴力だ。
いかなる言論も自由であるべきだけど、暴力はいけん。

マララさんの演説の部分引用:
I had two options, one was to remain silent and wait to be killed. And the second was to speak up and then be killed. i chose the second one. I decided to speak up.
朝日新聞の訳:
「私には二つの選択肢がありました。一つは何も言わずに、殺されるのを待つこと。二つ目は声を上げ、そして殺されること。私は二つ目を選びました。声を上げようと決めたのです。」

どんだけ偉いん!
便宜的であっても、日本国民にノーベル平和賞なんて、あり得ない。
憲法九条もだが、マララさんもしっかり守らんといけんわ。

waits2 at 10:53コメント(0)トラックバック(0) 

2014年10月04日

Nobel-Peace-Prize日本の「憲法9条」がノーベル平和賞受賞の本命になっているという
正しくは、受賞者は人物か団体でなければならないので、「憲法9条」ではなく「憲法9条を保持してきた日本国民」ということらしいが....
もしも受賞したら、授賞式に赴くのは、安倍首相?
これまたなんとも皮肉な授賞式になりそうだが、行くかなぁ

ノーベル平和賞、本当に立派な方も受賞しているけど、「え?そりゃおかしかろう」という方々もいる。
この賞は、「後々、剥奪されることがあります」という但し書きを加えるべきじゃね。

waits2 at 12:38コメント(0)トラックバック(0) 

2014年08月12日

今朝、車を運転している時、無性に"A Day In The Life"が聴きたくなった。
ご存知のように、この曲は、ビートルズのアルバム"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"の最後に収録されている曲だ。聴き終えた後、そのままだと次のアルバムに移ってしまうが、同じくこのアルバムに収録されている"When I'm Sixty-Four"が無性に聴きたくなったので、ピッと選曲し、聴いた。
この曲を最初から最後まできちんと聴いたのは、何年振りだろう
それから1時間後くらいかな?ツイッターで俳優のロビン・ウイリアムス(Robin Williams)さんが亡くなったことを知った。
大好きな俳優だっただけに、大変なショックを受けた。

僕が初めて観た彼の作品は、「ガープの世界」(The World According to Garp)。
たしか日本公開は僕が上京した1983年。
東京の映画館で僕が初めて一人で観た映画だったということもあってか、数ある彼が出演した作品の中でも一番好きな映画だ。
オープニングがとても印象的なので、「きっとあるはず!」と思い、YouTubeを検索したところ、見つけた。

"When I'm Sixty-Four"
無性に聴きたくなった理由が分かった気がした。

R.I.P. Robin Williams

waits2 at 11:27コメント(0)トラックバック(0) 

2014年01月19日

IMG_2747

先日、遂にイタリアから届きました!

IMG_2744

IMG_2745

嬉しい
やっぱり、メールと本物のお手紙は違うね
お金の代わりにグリーティングカードをお願いしたのは大正解だった!
そうそう、カードだけではなく、こんなものも同封されていた
IMG_2748カレンダー。
イタリアのカレンダーと言うより、アブルッツォという州の名所の写真を収めたカレンダー。
アブルッツォとは、彼女が住むペスカーラ県が属している州で、ローマとは反対側の海、アドリア海に面したところにある。
そしてなんと、このカレンダーの写真、彼女のご主人が撮影したらしい
すべてではないらしいが、にしても凄い
出版関係のお仕事をしていると聞いていたが、写真も撮るようだ。

IMG_2749IMG_2750

IMG_2752郵便シールの日付を見ると、1月2日。
我が家に届いたのは、15日くらいだったかな?
なるほど、10日ちょっとかかったみたいだけど、日本に届いてからはせいぜい1日、2日だと思うので、おそらくイタリア本国を出るまでに10日くらいかかったのではないかと
ただ、もしかすると、投函したのはもっと前で、シールが貼られるまでに10日くらいかかっている可能性も…..
何しろ、大変おおらかな国なので

waits2 at 12:34コメント(2)トラックバック(0) 

2014年01月05日

IMG_2707ご挨拶が遅くなりました。
あけましておめでとうございます!
今年も一昨年、昨年に引き続き、マンスリーライブで必ず新曲を発表し
夏前くらいにワンマンライブを開催し
また、それに合わせて新譜を発表し
さらに、広島凱旋ライブ第2弾を実現できればなぁ
と思っております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

さてさて、いきなりですが、皆さんは、「ソウルイーター」なるものをご存知でしょうか?
『ソウルイーター?なんじゃそりゃ?魂を食べる化け物?』
そう思われるのもごもっとも、僕も全然知りませんでした。
souleaterこのようなキャラクターたちが登場するアニメーションのようです。
オリジナルはおそらくマンガかと。
このHPのトップページには、「放送中」という文字がありますが、ここの時間は2011年で止まっているようで、現在、放送はされていないと思われます(多分)
どうしてこのアニメーションの話題が出てきたのか、その理由を説明をするために、ここで一気に1985年まで時間をさかのぼりたいと思います。
21年ぶりに阪神が優勝を果たしたこの年、僕は大学を休学し、NYに住んでいた。(なのでバックスクリーン三連発を知ったのは帰国してから)
現地の語学学校に通っていた僕は、そこでリビアというイタリア人の女性と友達になった。
たしか僕より3歳くらい年上で、おそらく今もそうかと(当たり前
彼女は母国イタリアで自然動物保護関係の仕事をしていて、たしか野生のイノシシの研究をしていたかと。国際的な学会があったりするので、英語を習得する必要があると言っていたと記憶している。
出身はローマだけど、帰国後は、イタリアの東海岸にあるペスカーラという町に移り住み、1996年に僕は新婚旅行で彼女のお宅(実際は彼女のパートナーのお宅)に、一泊ほどお世話になったりもした。
その時、10年ぶりの再会を果たしたわけだが、実は、昨年、facebookでさらに17年振りの再会をした!
いやー、ほんと、こんな時代が来るとは!
1252686712526356

plush-soule-kidplush-soule-bstar
さて、その彼女が、昨年の暮にfacebook経由で相談メールを送ってきた。
14歳になる彼女の次男が日本のマンガやアニメーションが好きらしく、クリスマスプレゼントにそのアニメのキャラクターグッズか何かを贈りたいのだが、「協力してもらえないか?」という依頼だった。
「お易い御用!!」と快諾し、「どのアニメーションが好きなの?ジブリ?ドラゴンボール?」と僕が知ってる限りのメジャーどころを尋ねたところ、「今度息子に訊いてみる」と返事があった後、しばらくして「『ソウルイーター』が大好きらしい」という回答が返ってきた。
前述したように、僕はソウルイーターなんて、まったく知らない。
ググってみたところ、確かにそういうアニメーションは存在しているものの、日本ではもう放映していないからか、入手可能なグッズはかなり少なかった。
patch-soule-kidpset-soule-tb

当然のことながら「ソウルイーター」の中にも色々なキャラクターがいる。その中で息子さんが好きなのは、"デスザキッド"と"ブラックスター"というキャラクターらしい。
pset-soule-kidshiniappu001784

ここにアップしたようなキャラクターグッズがあることを紹介したところ、「デスザキッドのTシャツが欲しい」との回答があった。しかし、残念ながらサイズがXSしか在庫になく、とても168cmの男の子には小さ過ぎるだろうということで、ぬいぐるみやピンバッジといったグッズを贈ることになった。
支払いについては、「心配ご無用!これは1996年にお宅を訪れた時のお礼よ!」と気風の良いところを見せたが、何もお願いしないのでは先方にも悪いので、「お金を送金してもらう代わりにSeason's Greetings Cardを送って欲しい!」とお願いをした。本場のクリスマスカードor年賀状のようなものを見てみたいので
IMG_2585郵便局に行き「EMS」とか言う国際スピード郵便で郵送した。

「どのくらいかかりますかね?」
「どちらの国にお送られますか?」
「イタリアです」
「通常でしたら4、5日くらいですが、イタリアの場合、イタリア国内に着いてから日数がかかる場合があるので10日くらいみていただけると」と少し苦笑い

確かに。おおらかな国じゃもんね
12月16日に発送したところ、嬉しいことに、クリスマスイブには届いたみたいで、お礼のメールと楽しげな家族写真が送られてきた。
その写真を見て僕はホッとした。
何にホッとしたかというと、ご主人が当時の彼だったので
今は、以前訪れた時とは別の海を臨む大きな屋敷に引っ越したらしく、「また遊びに来てね」とのメッセージをいただいた。
ここで言う海とは、アドリア海
また行きたい
ちなみに、まだ、Season's Greetings Cardは届いていない
本当はカードが届いた時にこのブログをアップしようかなと思ってたんだけど、何時になるのか分からないので^ ^
ま、今年は"おおらかに"いきませう

waits2 at 00:01コメント(2)トラックバック(0) 

2013年11月23日

11月21日(木)東京ドームにポールのライブを観に行った
IMG_2439こちらがこの日のセットリスト:
01.Eight Days A Week
02.Save Us
03.All My Loving
04.Listen To What The Man Said
05.Let Me Roll It
(Foxy Lady)
06.Paperback Writer
07.My Valentine
08.Nineteen Hundred And Eighty-Five 1985
09.Long And Winding Road
10.Maybe I’m Amazed
11.I’ve Just Seen A Face
12.We Can Work It Out
13.Another Day
14.And I Love Her
15.Blackbird
16.Here Today
17.NEW
18.Queenie Eye
IMG_240219.Lady Madonna
20.All Together Now
21.Lovely Rita
22.Everybody Out There
23.Eleanor Rigby
24.Being For The Benefit Of Mr.kite!
25.Something
26.Ob-La-Di, Ob-La-Da
27.Band On The Run
28.Back In The U.S.S.R.
29.Let It Be
30.Live And Let Die
31.Hey Jude
アンコールI
32.Day Tripper
33.Hi, Hi, Hi
34.Get Back
アンコールII
35.Yesterday
36.Helter Skelter
37.Golden Slumbers/Carry That Weight / The End

圧巻の2時間半だった。
ポールの来日は、90年、93年、02年、ビートルズ時代の66年も加えると今回で5回目。
前回の02年とビートルズ初来日は観ていないが(当たり前)、90年と93年は観た(はず)。
僕が観たその3回のライブの中で、今回が一番キタ
理由はいくつもあるのだろうが、おそらく最大の理由は、ポール自身の人間的成長だろう。
お愛想ではない、日本への心からの好意が初めて感じられた。(02年は観てないので分からないが)
年齢からくる声の衰えは否めないものの、ポールの人間的成長はその老いさえも味方にし、異様な迫力にしていた。
キーはすべてオリジナルキーで、曲順も36曲目にヘルタースケルターをもってくる「これでもか攻撃」。
途中、水を一滴も飲まず、とにかく歌い続ける。
『この2時間半のステージだけじゃないんよね、ポールはずっと歌い続けてきたんよね』
じんわりと染みてくる。
観客のそんな気持ちを知ってか知らずか、「アリガトウー」「サイコー!」「まだ聴きたい?」とおどけながら、ひたすら歌い続ける。
80年に大麻不法所持で逮捕された後のインタビューをYouTubeで見たけど、若いんよね。粋がってるんよね。上から言いたいし、実際、上から見てたんだと思う。ツアーで世界中を巡っていたけど、それはあくまで仕事で、その地に、その人々にあまり興味がないのが分かるんよね。
今は本当に大人。自分の地位と立場と役割と使命を完全に理解してのパフォーマンスは、やっぱり違う。今はもうジョンもジョージもリンダもいない。色んな誤解や中傷、孤独と闘いながら、ずっと歌い続けてきたんよね…染みる。

ドームのゲートを入ると、すべての観客にこのセットが手渡された。
IMG_2441この日はツアーの最終日、ポールに「おつかれさま、ありがとう」の気持ちを込めて、ファンからのサプライズプレゼントをしたいので「ご協力を」という主催のキョードー東京から粋な計らい。
アンコールで"Yesterday"を歌うので(ネタバレで申し訳ありません)、この時にサイリウムを点灯させ、会場中を赤く染めようというものだ。
サプライズということなので、ポールの反応を楽しみにしていたのに、ポールの反応はまったくなく、光景について一言も触れなかった
こんなに奇麗だったのに
IMG_2432このサプライズ、失敗?
ちょっと残念….
Yesterdayを歌い終わってステージを降りようとするポールを「まだ終わりじゃない、もっとやろうよ」と他のメンバーが説得する小芝居があったあの演出は定番になっていたはずなので、あの時にバンドのメンバーからポールに「あれは観客からのサプライズプレゼントなんだよ」と伝えてもらうよう、キョードー東京は手配しとくべきだったかと
だって、ポールは『何かしらの演出の一部かな?』とは思っても、『自分へのプレゼント』とは思えないよね。ちと残念。
サプライズと言えば!
IMG_2412開演の5分くらい前に、ステージ下手の脇から不思議な存在感を感じる人々がゾロゾロと現れ、アリーナ席の方へと行進を始めた。
「なんだ?」と思いながらその方向にオペラグラスを向けると、見覚えのある女性の顔がチラリと見えた。
外国人….
アイルランド系の顔(分かるのか?w)…
で、時の人…..と言えば...
キャロライン!
そう、キャロライン・ケネディ駐日米大使ではないか
自分でも良く気付いたなぁと感心
客席に入ると、その周辺は興奮状態。
皆が携帯やスマホを向けて撮影していた
ちなみに、会場内はデジカメを使っての撮影と、録音、ムービー撮影は禁止されていたが、携帯とスマホでの撮影はOKだった。
ポールは英国人、キャロラインは米国人だけど、いずれもアイルランド系

この日、僕が水道橋に着いたのは、午後2半くらい。
駅の東口の改札を出てすぐの交差点で、なんとポールと遭遇
IMG_2391少し小太りだったけど、身長はポールくらいあったかと。
右手に持っているのは紙製のベース
話しかけたかったけど、『これからリハ。忙しいのじゃ』というオーラを放っていたのでやめときました
段ボール製のベースを持って歩く後ろ姿には哀愁が漂っていたが、あれを作っている姿を想像すると、いや、それよりあれを作ることを思い付いた時の彼のトキメキを想像すると、かな〜り微笑ましい。
少し内股っぽい歩き方は、ポールの真似なのか、本人の自然な歩き方なのかは不明。
ポールの真似だとしたら、まさに僕のためにしてくれたようなもの
しかも、横断歩道で
Thank you, Paul!
彼のお陰で随分と気分が高まってきた
グッズ購入に2時間半並んだ、という話を聞いていたが、なるほど、既に行列が出来ていた。
IMG_2395販売開始は14時とのことだったが、この時点で1時間半待ちとのこと。
グッズと言っても、僕が欲しいのはプログラムだけなんだけど、チケットを買ってくれた友人との待ち合わせ時間は18時だったので、時間つぶしがてら並ぶことにした。
しばらくして、その友人もプログラムが欲しいかもしれないので、メールで確認することに!
『プログラム欲しい?買っとこうか?値段は不明だけど、いくら以下なら買う?』と。
列が進み、プログラムの値段が小さく書かれているのが見えた。元来視力は良いのだが、さすがに見えない。
「どうして大きい文字で書かない!若者のイベントじゃないんだから双眼鏡でもなけりゃ見えんじゃろうが
待てよ、双眼鏡はないが、オペラグラスは持っとるわ
売場の方にオペラグラスを向けるのはちょっと恥ずかしかったが、仕方がない^^
見えた3,000円
急ぎ知らせると、「お願いします」との返事
IMG_2445プログラム以外、欲しいものは特になかったけど、トートバッグが可愛かったので、こちらも買った
買い物が済んだ時点で、時刻は16時ちょっと前。
それならば、一足先に四谷へ向かうことに。
「一足先に?」
はい、妻との待ち合わせです。
「なぜ四谷?」
はい、四谷駅のアトレにあるこちらで
IMG_2398完全なるダジャレでござりまするm(_ _)m
お恥ずかしい。
ポールの格好をして気分を盛り上げる人はいても、四谷のパン屋PAULで早夕飯をして気分を盛り上げようというウレシはまずいないだろう!
と思っていたら、四谷駅の改札でポールのプログラムを小脇に抱えた見知らぬおっさんとすれ違った(向こうもそう思ったかもしれないが)。
どうやらウレシは僕一人ではないようだ
16時ちょっと過ぎに妻と合流し、早夕飯を済ませ、再び水道橋へ向かおうと思ったのだが、PAULと同じフロアに成城石井があることを思い出した。
「もしかしてあるかも?」とかすかな希望を抱いて店内に入ると、ありました!
IMG_2444以前、成城の成城石井で見つけたアイルランドのチーズ。
ちょっと塩味がきついけど、美味しいんよ、これが!
いやー、ラッキー、ラッキー!
以前は、吉祥寺の成城石井でも売っていたので、よしよしと思っていたら、2ヶ月くらい前にはなくなっていたので、もう仕入れるのをやめたのかと思っていたが、どうやらそうではなかったようだ。
しっかり保冷剤をつけてもらいました

さて、さて、いざドームへ
待ち合わせの18時に10分ほど遅れて友人(まぁ君(楽天のではない))が到着。
何分遅れても構わない、チケットさえ忘れていなければ
「良い席がとれそう!」という話だったので、アリーナでもかなりの前列!?と期待を寄せていたが、「それが2階のバルコニー席じゃったんよ」と少し申し訳なさそう。
なるほど、たしかにステージからは遠いけど、普通の席とは違う特別な席だった
IMG_2409IMG_2410
ご覧のように、肘掛けに収納された簡易テーブルがあったり、シートもプラスチックではなくふかふかクッション。見上げるとテレビモニタもあったりする。野球の時はここにスロー再生とか映し出されるのかもしれないが、この日は使われてなかった。
3時間近く座っていたけど、全然疲れなくって、老体には大変有り難い良い席だったまぁ君、ありがとう!
IMG_2414さて、それでは演奏した曲目について、いくつか印象・感想を記しておこうかと:
1曲目のEight Days A Weekでぞくぞくっと来るかなと期待していたんだけど、そうでもなかった演奏が大き過ぎたのかボーカルが少し埋もれ気味だった。
2曲目のSave Us、この曲の演奏が一番タイトに感じた。
3曲目のAll My Loving、ここからキ始めた。
格別に歌や演奏が良かったというわけではなく、このライブ全体の意味合いがジワジワとしみてきてキタのだ
ただ、ビートルズの曲って難しいんよね。どんなに上手いプレイヤーを揃えても、あの4人じゃないとあのビートは出せない。スクエアじゃない、常にちょっと跳ねたような、激しいのに、甘い。ま、そんなこと、ビートルズファンなら百も承知してるので、皆さん、頭の中で音を補完しながら聴いてるんだと思うけど。
5曲目のLet Me Roll Itの後にチラリと演奏したFoxy Ladyはジミーヘンドリックスの曲。「どうして?」と疑問を抱いた方は、こちらのサイトで詳しく説明してくれています。
10曲目の"Maybe I'm Amazed"は高校生の頃、横にいるまぁ君と何度も一緒に演奏した曲なので、否が応でも込み上げてくるものがあるわなぁ。
12曲目のWe Can Work It Outは、ハモリたくてしょうがなかった。ジョンパート、ぶちカッコええんよねぇ。
13曲目のポールソロ時代のAnother Dayが、思いの外良かった。本当に久しぶりに聴いたと思うんだけど、懐かしい匂いがした。
IMG_241615曲目のBlackbirdは、ギター一本の弾き語りだったので、声の細かな表情まで聴き取れて良かった。
20曲目のAll Together Nowが最もオリジナルに近いビート感だったかも。正直、当時は半分おふざけで書いたような曲だと思うんだけど、こういった曲がビートルズの幅を広げとるんよねぇ。
24曲目のBeing For The Benefit Of Mr.kite!はジョンがボーカルの曲。故に新鮮でとても楽しめた。16曲目のHere Todayと共にジョンに捧げる曲かと。
そして、25曲目のSomething、これが一番キタかもご存知の様にSomethingはジョージの曲。先に福岡ドームで観た友人が「Somethingが良かった」と言っていたので、かなり期待していたのだが、その期待を遥かに上回ってくれた。
まずは、ウクレレで、かるーく歌い始めた。えと思ったが、そういえば、ジョージのトリビュートライブもこのアレンジだったことをぼんやりと思い出す。途中から、本来のSomethingのアレンジに変わっていく。
カッコエエーー最初はそういう印象だったが、後半、「うわー、Somethingって、こんなに美しい曲だったのか」と心から感動した。何度も聴いて知り尽くしているはずなのに、ものの見事に僕の魂は曲の中へとさらわれていった。最初は耳で聴いていた。つまり、かなり客観的に聴いていた...なのに、いつの間にか体全体が音の中に引き込まれていっていた。こういった瞬間が一瞬でもあればそのライブは大成功でしょう。
歌い終わったポールは、"beautiful song"と曲とジョージを賞賛。
やはり、ポールもそう思いながら歌っていたのだ。『この曲はカッコ良く仕上げるのではなく、美しく仕上げるべき曲』だとしっかり伝わってきたぜい。
27曲目のBand On The Runはウイングス時代の代表曲だが、これまた時代の空気を一気に思い出させてくれた。なんかワクワクさせてくれるんよね。
IMG_241930曲目のLive And Let Dieもウイングス時代の「007死ぬのは奴らだ」のテーマ曲だが、これはステージ演出が迫力満点だった音にシンクロして爆音が鳴り響くのだが、必ず少し遅れる(このズレはドームの広さのせいだけではないよね)ステージは炎と煙に包まれ、ライトが激しく動き回る。最後の爆音は本当に大きいので、ポールは爆音が鳴る前に耳を抑えるというお茶目なパフォーマンスを見せた
2回目のアンコールで歌ったYesterdayでは、前述したようにドーム全体が赤く染まった。
IMG_2430

先日放送されたNHKの「SONGS」はポール特集だったが、その中でYesterdayについてポールは、「当時は分かっていなかったけれど、今考えると、母のことを歌っていたんだと思う」と語っていた。今回、Yesterdayを東日本大震災の被災者に捧げる曲として歌ったのだが、合点がいった。中学生の頃、辞書を片手に必死に歌詞を理解しようとしたが、どうも単なる失恋ソングじゃないような気がしてならなかったのを思い出した。名曲には、本人さえ気付かないSomethingが織り込まれとるんよね。
最後のGolden Slumbersから始まるアビーロードB面のメドレーは、これまた高校生の頃演奏したりしてたので感慨深い。
"And in the end the love you take is equal to the love you make"
71歳になったポールだけど、「ええこと言うとるのぉ」と感心しながら歌っているのが伝わってきた
最後にポールは、「また来ます」と言っていたが、本気っぽかった

良い夜だった。最後の頃は、歌を聴いているというより、マラソンやトライアスロンを応援しているような気分だった。
71歳で37曲、2時間半、凄過ぎる。
声的には全盛期のクオリティではないのに、昔より感動が大きかった。
ライブは、演者側の調子だけでなく、聴く側のコンディションで響きが変わる。
人は、すべての人は、各自、エフェクターを内蔵しとるんよね。

今回、一緒に来日した奥さんのナンシーさんは、日本が初めてだったらしい。
勝手な憶測だが、今回のポールの好印象は、奥さんの影響がかなり大きかったのではないかと。
彼女がどんな女性なのか、評判もそんな知らない。が、なんとなくポールを幸せにしてくれそうな感じがする。


waits2 at 12:45コメント(2)トラックバック(0) 

2013年04月16日

IMG_0977米国マサチューセッツ州ボストン市で現地時間4月15日午後2時50分頃、開催中のボストンマラソンのゴール付近の観客エリアで2度にわたる爆発が起きた。
3人が死亡、100人以上が怪我をしたという(同日夜までの情報)。
人為的爆破、つまり、テロの疑いが強いという。
爆発が起きたのは、開始4時間後というから、ゴール付近に一番人が多い頃を狙ったのかもしれない。
卑劣だ。

世界には善良な人たちがたくさんいる。
その人たちが寄ってたかって頑張っても世界はなかなか良くならないのに、悪意のある人は、ほんの数人で、いやたった一人でも、簡単に世界を不幸にすることができる。
悲し過ぎる。

waits2 at 20:36コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月26日

第85回アカデミー賞が発表された。
主要な賞は次の通り:
作 品 賞:『アルゴ』(監督:ベン・アフレック)
監 督 賞:アン・リー(『ライフ・オブ・パイ』)
主演男優賞:ダニエル・デイ=ルイス(『リンカーン』」)
主演女優賞:ジェニファー・ローレンス(『世界に一つのプレイブック』)
助演男優賞:クリストフ・ヴァルツ(『ジャンゴ 繋がれざる者』)
助演女優賞:アン・ハサウェイ(『レ・ミゼラブル』)
脚 色 賞:クリス・テリオ(『アルゴ』)
脚 本 賞:クエンティン・タランティーノ(『ジャンゴ 繋がれざる者』)

IMG_0680いわゆる主要6部門は、見事にばらけた。
個人的には『レ・ミゼラブル』で感動させてもらっただけに、アン・ハサウェイの受賞が嬉しい!
印象的だったのは、主演男優賞をダニエル・デイ=ルイスが受賞して、スピルバーグがとても嬉しそうだったのと、主演女優賞を受賞したジェニファー・ローレンスがドレスの裾を踏んでつまずいた時、ヒュー・ジャックマンがすかさず駆け寄ったシーンかな
それと、作品賞を受賞したベン・アフレックの心の底からのスピーチ。苦しかった日々があったが故の。
ちなみに、『レ・ミゼラブル』は今も上映されているが、リピーターが増えているらしい。
密かに僕もまた劇場で観たいという気持ちがある

IMG_0709ジェニファー・ハドソン、アデル、ノラ・ジョーンズ、バーブラ・ストライサンドといったシンガーたちが会場を盛り上げていたが、さすがに今回は『レ・ミゼラブル』のキャストが再集結して歌った"One day more"のステージが圧巻だった!!
「生で収録したというのは嘘ではないでしょ!」とばかりに、正真正銘のライブを見せてくれた。このキャストでの舞台を観てみたいものだ
一番心配だったラッセル・クロウも、ある意味、妙な空気で会場を盛り上げていた

IMG_0697それにしても、グラミー賞やアカデミー賞の授賞式を見ると、つくづく西洋ってこういった式典を盛り上げるのが上手いなぁと思う。
演出の上手さもあるけど、それよりも出席者たちのたたずまいというか、態度というか、そういったものが式典の格を高めているんだと思う。
こういったかしこまった場でとるべき態度を皆が知っていて、それを実行できる。
残念ながら、日本人だとこうはいかない。
何でだろう?
もしかすると、自分の意見を発表する時の態度、人の発表を聞く時の態度というのを、小学校とかで相当厳しく躾けられているのかもしれない。
「自分の意見を聞いてもらうには、人の意見を正しい態度で聞きませう!」みたいな。
ま、そういった学校での躾もあるかもしれないが、一番の違いは、やっぱり「宗教」かも
キリスト教と仏教の違いとか、そういう意味ではない。
宗教や宗派に関係なく、子どもの頃から、親に連れられて教会やモスクのような神聖な場所を頻繁に訪れることで、あのような厳粛な空気の中での身の振り方を、自然に大人たちから学んでいるのではないだろうか。
かしこまった空気の作り方、そういった場での敬意の表し方、さらにはその空気をセンス良く崩すユーモアといったものを子どもの頃から鍛えているので、いざ晴れの舞台でも、堂々とできるのかもしれない
あくまで勝手な想像ね
ところで、気になる映画があった!
長編ドキュメンタリー賞を受賞した『シュガーマン 奇跡に愛された男』
『ライフ・オブ・パイ』はフィクションだったけど、こちらは嘘のような本当の話のようだ

waits2 at 01:03コメント(0)トラックバック(0) 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年10月18日(水)
2017年11月21日(火)

年末Special LIVE!
2017年12月19日(火)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ