お店

2009年06月08日

渋滞久しぶりのお天気!
ということで鎌倉にドライブに出かけたんだけど、考えることはみんな一緒、しっかり渋滞につかまりました(^^ゞ
紫陽花巡りをするつもりだったんだけど、お目当てのお寺には間に合いませんでした。
渋滞のせいでもあるけど、出かけるの遅過ぎ(^^ゞ

江の電鎌倉はやめて長谷で駐車。
「紫陽花」の文字につられて御霊神社へ。
江の電と紫陽花の両方が楽しめるらしく、カメラマンたちが電車を待ち構えていました。

あじさい時期的にはちょっと早過ぎたのかな?
それほど多くは咲いていませんでした。

コーヒー人力車コーヒーを飲みながら人力車が駆け巡るのを眺めた後

パノラマ知らない小径をぷらぷら歩いて、海へ。
←3枚の写真を合成してみました。

松長谷駅のすぐ近くにあった松。
どうしてこんなに曲がったの??

お庭さて、帰るかなと思ったんだけど、『えーい、夕飯でも食べて帰るか!』と試しにwatabeに電話してみると、ラッキー!予約がとれました!
←僕が座った席から見えるお店のお庭。
江の電が走っているのが見えるかな?

スープ牛外装内装はおしゃれな古民家なんだけど、お料理はフレンチ。
新タマネギのスープが美味しかった!!

わたべ←watabeのエントランス。
ええ感じでしょ。
この目の前を江の電が走っています。

月昨日の月。
紫陽花の代わり?見事なグレープフルーツムーンでした。

waits2 at 00:50コメント(0) 

2008年09月15日

お店先日、チラシをもらった「茶の愉」という喫茶店へ行ったが、満席で入れなかった。
なかなか予定通りにはいかないものだ。
が、英国旅行の予定は着々と進めている。
drawingこちらをご覧あれ→
レンタカーを予約した
ロンドンで借りて、リバプールで乗り捨てる。
3日間で178.20(税込み)
1ポンド193円とすると、34,392円。
安い!
が、実はこれが逆ルート、つまりリバプールで借りてロンドンで乗り捨てた場合だと、なんと526ポンドもするのだ!!
円換算すると、101,518円
ウヒョーでしょ!
したがって、ドライブルートはロンドンリバプールに決定したのだが、どうしてこんなに違うのか、理由は不明



waits2 at 00:04コメント(2)トラックバック(0) 

2008年09月12日

茶の愉吉祥寺でもらったチラシ。
竹林に囲まれたいい感じの喫茶店
「茶の愉」吉祥寺OPENとあるが、他店舗があるわけではなく、吉祥寺が1号店のようだ。
「どこに座っても特等席」というコピーが気になる
楽しみ!

いきなり話が変わるが、昨日、「コードブルー/ドクターヘリ」が最終回だった。
密かにほぼ毎回観ていた(^^ゞ
脚本もなかなか書けてて感心していたのだが、女性医師たちのほったらかしの長髪がいただけなかった...(普通、結ぶでしょう)
それにしても、お医者さんって、凄いわ。
大変な職業だわ。
どんなに頭が良くても、僕には絶対になれないな。
ましてや外科医になんか!!
医療関係者の皆様は、ほんと心から尊敬する。

最後ギバちゃんの息子役の子の顔を観たら、昨年夏に放送した「はだしのゲン」でゲンの弟役を演じた男の子だった。
「天才子役」とはこの子のためにあるような言葉で、昨日も滅茶苦茶上手かった。
ギバちゃんの300倍は上手かったw
というか、すべての出演者の中で一番上手かったw
こんなに褒めておいて名前を知らないというのは失礼だろうということで、今ネットで調べてみた:

名前:今井悠貴(いまいゆうき)
誕生日:1998年12月30日
星座 :やぎ座
性別 :男
身長 :128cm
特技:歌舞伎のまね

身長はまだまだ伸びるだろうからまったくあてにならないw
カープもまだまだどうなるかわからんぞ!(3位と2ゲーム差)
今井くんもカープもこれからが楽しみ!

waits2 at 00:25コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月29日

入口この度の帰省ネタをもう一つ
2年前に行った「さかもと屋市兵衛」を再び訪れた。
前回は夕食でコース料理をいただいた。
全部美味しかったが、やはり鮨が抜群に美味かった。
今度訪れる時は、他の料理でお腹を膨らますことなく「お鮨だけを食べたい!」と思っていたので、ランチに出かけた。
前日に予約を入れたが、お客は最初から最後まで僕たちだけだったw


スシ2スシいやー、美味しかった!!
本当に美味しかった!!
広島版ミシュランがあるなら間違いなく三ツ星だ!!!

そんでもって嬉しいのは、契約駐車場の駐車券をなんと90分もくれちゃうのだ!
ランチで90分も!?
太っ腹〜
と感心しながら、駐車場へ戻ると「なるほど〜」
パーク30分100円。
90分でも300円w
安い!


waits2 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月20日

drawing北京オリンピックも後半戦に入ってきた。
昨日、テレビを点けたまま帰省の準備をしていたら、トライアスロンが始まった。
最初の水泳はプールでなくリアルな海を泳ぐのだが、上から撮った映像は、色とりどりのマグロの大群が泳いでる感じで、なかなか壮観だった。
あれをすくうとなると相当大きな網が要るだろうw

ハンモック網といえば、一昨日、ライブ前に大ちゃんと一風変わったカフェに行った。
どんなカフェかというと、ハンモックのカフェw
ハンモックのカフェ?
そう、椅子がハンモックなのだ。
天井からぶらさがった網に包まれる様に座ってお茶を飲むのだが、ブラブラしているので飲みにくいw
調子に乗ってブラブラし過ぎると、他のお客さんとぶつかったり、酔ってしまう危険性もある。
また、シリアスな話題は避けた方がいいだろう。
真剣な表情であればあるほど、滑稽に見えるのでw
ちとゴルゴ13が座っているところを見てみたいw


waits2 at 00:12コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月30日

いせや遂に新しい「いせや」の外観が公開された。

新築マンションの一階に取って付けたたような瓦屋根w

正面からだとあまり違和感がないかもしれないが、横からみると

いせや横


←ウィッグのごとく、強引に昭和をくっつけてますw

ま、瓦屋根じゃないと「いせや」じゃないもんねw

waits2 at 00:09コメント(4)トラックバック(0) 

2008年04月19日

竹オーブンミトンまたまた訪れました。

オーブン・ミトン

前回訪れたのは3月3日だったので、1ヶ月ちょっとになるのか。

あの時と比べると、随分と緑が濃くなっていました。

花あちこちに可愛い竹の子が生えていましたが・・・
←これは可愛すぎw
春の珍事?
というか、これではタンポポが可哀想
おっと、犯人は僕ではありませんよ!
もちろん、昨今のチューリップ事件も僕ではありません!!

光のカーテン帰りしな、家電のコジマに寄ったら、屋上の駐車場で光のカーテンと遭遇!
春の珍事?
神の手ではありませんよw

そうそう、カープの高橋健が5年振りに1対0で完封勝ち!!
これは春の珍事!w

waits2 at 23:01コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月30日

昨日の話題は旅行

「この夏、京都か、あるいは北海道に行こうかと思ってるんですよ」
と言ったところ、ご主人も奥さんも
「絶対北海道がいいですよ!」と

あ、浮世床です(^^ゞ

僕の髪を切ってるのは奥さん。
ご主人は、別のお客さんの髪を切っているのに、こっちの話題にどんどん参加w

「ウトロで泊まったホテルが良かったんですよ」と奥さん
「何ていうホテルなんですか?」
「えっと、何て名前だっけ・・・」

一覧すると、ご主人は、僕よりも後に入ったお客さんをあっという間に済ませると、家の奥の方へと入っていき、かつて北海道旅行に行った時の観光案内の書類←やら、木彫りの熊やらを持って店に戻ってきました(←木彫りの熊は嘘ですm(_ _)m)

「たしか、ハナがついていたわよね」と奥さん
「そう、flowerの『花』ね」とご主人
「じゃ、ネットで調べればわかりますね」

といった会話をしていると、別のお客さんがやってきた。
書類をいじっていたご主人だが、仕方なく髪を切り始めるw
僕もようやく終わって、

「じゃ、ネットで検索してみますよ」
と奥さんに言うと、
別のお客さんの髪を切っていたご主人が手をとめ

「これ2枚ありますから、1枚差し上げますよ」と書類をくれた。

しげしげと書類を眺めている僕に

「設備的には普通なんですけど、料理が美味しくて、景色がとってもきれいなんですよ」と奥さん
「10部屋くらいしかないんですよ」とご主人
「・・・・・・」ご主人のお客さんw
ホテル「これこれ『知床花ホテル』ですね」とご主人。
「そうそう、花ホテルね」と奥さん
「あ、そのものズバリの名前なんですね。へー」と僕
「あれ?でも、これ、店員820名ってなってますよ?10部屋くらいしかないんじゃないんですか?」と僕
「あれ?ほんとだ!?」ご主人&奥さん
「・・・・・・」ご主人のお客さん
(『何ホテルでもいいから、切ってくれ〜』)←心の声w

「あ、じゃ、花ホテルじゃないですね、なんんだっけなぁ・・・和風な名前だったんですよ・・・」と言いながら、リストをのぞき込むご主人と奥さん
「そう和風名前ね・・・」
「あ!これこれ!『季風クラブ知床』」

『季風クラブ知床?』どこが和風なの?
わかった!
和風の「風」が付いた名前ですねw

waits2 at 00:52コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月28日

一人席前に行った三鷹のそば屋さんにあった一人席。

壁に向かってロンリーをかみしめます。

桑田が引退し、さびしげな清原の背中がそこにありそうです

桑田投手、お疲れ様でした。

waits2 at 00:36コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月20日

メニュー三鷹駅からちょっと離れたところに見つけた麺処
各テーブルに置かれていたメニューを見ると

「鶏肉とトマトのチキンカレー丼」

「鶏肉」もしくは「チキン」のどちらか一つでいいようなw


waits2 at 00:15コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月07日

ベンチとあるおそば屋さんのベンチ。
そば屋とベンチというのも珍しい組み合わせですが、戸外で過ごすことができるみたいです。
もちろん寒いので誰もいません。

見ると、何か貼り紙があります。
「ペンキ塗りたてか?」
と思いながら近づいて見ると・・・


貼り紙「お客様へ
ミツバチなので害はありませんので・・・」

一体どんなドラマがあったのか・・・??

waits2 at 08:01コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月03日

エントランス昨日は小金井市にある「オーブン・ミトン」のカフェに行った。
午後3時くらいに着いたのだが、ちょうどお客が入れ替わるタイミングだったらしく、僕らよりタッチの差で先だったカップルはすぐ席に通されたが、僕らは待たされることになった。
「申し訳ありませんが、携帯番号を書いていただいて、空きましたらお呼びいたします」
そのくらい待つことになるということなのだろう。
快く応じ、庭を散策しながら待つことにした。

お店梅というのもこちらのお店は、中村研一という画家のお屋敷の跡地らしく、お庭が立派なのだ。




竹林竹林や梅の木、それに池(水ははってなかったが)とさらには水琴窟まである。
それにしても待った。
結局、30分以上待った。
もしも庭がなければ、とっくに帰っていただろう。(庭散策に夢中で、待っていることを忘れていた(^^ゞ)

コーヒーおまけして、コーヒーとチーズケーキは普通。
しかし、妻が頼んだシュークリームは作りたてで美味しかった。
それと、「大変お待たせしましたので」とおまけでサーブしてくれたクッキー→がとっても美味しかった!!

マフィンコーンブレッドお土産にマフィンとコーンブレッドを買って帰ったのだが、このマフィンが滅茶苦茶美味かった!
これまで幾多数多のケーキを食べてきたが、最高峰かもしれない!!
もちろん、世間一般ではこれより美味しいと言われるケーキはいくらでもあるだろう。が、なんというか、パーフェクトに僕好みなのだ!!
甘みとか風味とかのバランスが、まさに僕好み!
自分のど真ん中の味と出会えたわけだから、他の人の評価なんてもはやまったく関係ない。
嬉しいねぇ。
お店の方々も「待たせてしまった」ということで大変気を遣ってくれたし。
接客も満点、味も満点。
是非ともまた行かねば!
柵ただし、一つだけ注意しなければならないことがある。
それは命にかかわることなのだ。
庭の柵に小さな注意書きがあった。
見えない?
では、近寄ってみましょう。

注意立入禁止
マムシが出ます。

こわっ。

ん?ちょっと待ってよ・・・
この柵の向こう側が危険なのはわかる。
頻繁に目撃されたとか、もしかすると巣があるとか。
しかし、この隙間だらけの柵。
柵のこっち側だって十分危険だろうw

waits2 at 01:25コメント(0)トラックバック(0) 

2008年02月15日

昨日も午前は広尾、午後は高輪台
移動時間に余裕があったので、広尾から白金台を抜けて高輪まで歩いてみることにした(地図なんて持ってなかったけど、道路標識を頼りに(^^ゞ)
プラチナ通りを歩いる時、ふとあることを思い出し、おニューの携帯で検索しながら
            

カンテここだ!
見つけたぞ!!
ここに間違いない!
このエントランスを見て分かったあなた!
あなたは相当のグルメです。

看板そうここはQuintessence
え?
読めない?
仕方ないですなぁ、お教えしませう(←フランス語なんか読めないくせに(^^ゞ)
これは「カンテサンス」と読みます。
そう、史上最年少の三つ星シェフ岸田周三さんのレストランです。
つい先週、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演していましたよね。
ちょうどペコペコだったので、さっそくランチをいただきました・・
な〜んてウソウソw
こんなところに一人で入る勇気なんかありません。
そもそも予約なしで入れるわけがない。
きっと何ヶ月も先までいっぱいなんだろうなぁ。
ここで食べるなんぞ、夢の夢じゃ。
利庵そのままプラチナ通りを目黒通りの方へと歩いていくと、いい風情のおそば屋さんを見つけました!
実は、学生の頃、僕はこの近くに住んでいたのでした(^^ゞ
「シロガネーゼ」なんて言葉が生まれる20世紀wくらい前ですがw
その頃からこのおそば屋さんはあったと思うのだが、実は入ったことがなかった。
だって店先にメニューを置いてないんだもん・・・
趣のある扉を引くと、「いらっしゃいませ〜」と元気な声
思いの外、混んでいた
「冬は『鴨南そば』に決まっとるじゃろぉ」と思いながらメニューを見ると、
1,850
えーーー!?
ここも★★★そば屋!?

waits2 at 00:43コメント(2)トラックバック(0) 

2008年01月23日

竜宮城吉祥寺駅から丸井の脇を通って井の頭公園へ抜ける通り沿いにありました。
竜宮城!
「めんそーれ」というくらいですから沖縄料理の店です。
下向きの矢印が示す様に海底です。
おそらく、Daiwa Houseですw

waits2 at 00:19コメント(2)トラックバック(0) 

2008年01月21日

昨日は喫茶店でだった。
どこからか鋭い視線が・・・
どこだ?どこだ?
え!?
テ、テ、テーブルの下から!!
つぶらな瞳がまっすぐに僕を見つめている。
隣のテーブルの下からだ。
テーブルの下といっても這いつくばっているわけでも、しゃがんでいるわけでもない。
しっかりと両足で立っている。
立っているのにテーブルより低いのだ。
『こんな小さな子が一人で立てるんだ』と驚いた。
しかし瞳は大きい。
そして力強い。
僕から目を離そうとしない。
こうなったら僕も負けずに見つめ返すことにする。
人目があるので、変な表情は作れない。
できるだけ無表情で見つめ返す。
すると、たー君(←勝手に命名(^^ゞ)は、右手で僕の顔を指さし、左手でお母さんの腕を揺すり始めた。
『おっと、たー君、それは反則!』
男と男の秘密の対決のはずなのに・・・
仕方なく目をそらし知らんぷりをする。
やがてたー君一家は店を出る準備を始めた。
チラリとたー君を見ると、たー君もこっちを見ていた。
お互い無表情。
やがてたー君は引きずられる様にテーブルから離れていく
左手はお母さんに握られ、右手は僕を指さし続けて・・・

waits2 at 09:38コメント(6)トラックバック(0) 

2008年01月15日

コーヒー豆昨日、また下北沢の「ヴォルール・ドゥ・フルール」に行った。
やっぱり美味しかった
ので、豆を買った(というか買いに行った(^^ゞ)
「ヴォルールを200g、ペーパーで」
「何人分ずつお使いになりますか?」
「え?あぁ、3人か4人分ぐらいかな」
「はい。わかりました」
ペーパーフィルター用とエスプレッソマシン用とでは挽き方が違う。
それくらい知っている。
しかし、淹れる量に適した挽き方があるとは知らなかった(だから訊かれたんですよね?(^^ゞ)
ちなみに100gで600円。
なので、それほど安いわけではない。
しか〜し!
お店で飲むと1杯700円
100gで10杯は淹れられると思うので、相当お得です


waits2 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2007年12月10日

看板随分前に買った散歩の達人の特集号「トーキョー喫茶時間」を取り出し、近場で面白い店はないかとページをめくってみたところ、京王線の柴崎駅近くにジャズ喫茶を発見
行ってみた

店内オルガン←店内のカウンター
エントランス近くにあったオルガン→
雑誌によると、毎週土曜の夜と不定期にジャズライブがある。
現役トロンボーンプレイヤーであるオーナーさんも飛び入りすることもあるそうだが、ジョージ・ロバーツ、秋吉敏子といった超大物も出演することもあるとか。
また、オーナーさんは大のフランク・シナトラ好きで、店内にある大小の時計はシナトラが没した時刻14時50分を指したまま止まっているのでご注意をw
調律昨日は日曜日だったがライブがあるみたいで、それに備えてか調律師さんがやってきてピアノの調律を始めた。
さっきまでBGMのジャズで賑やかだったのに、調律が始まると一同シーン
緊張しました(^^ゞ
(なお、写真はちゃんとオーナーさんの許可を得て撮りました

帰りラジオを聴きながら運転をしていると、アサヒスーパードライのCM「挑戦し続ける男たち」というコピーが流れてきた。
すると妻が、「いるよ!あそこに!挑戦し続ける男が!」と前方を指さすではないか
見ると、かな〜りお歳を召したご老人が道路脇に立っていた。
腰を曲げた状態で必死に左右を確認している。
どうやら横断歩道がないところで道路を横断しようとしている様だ。
果たして渡れたのだろうか・・・
今もまだ挑戦し続けているかもしれないw

waits2 at 00:05コメント(0)トラックバック(0) 

2007年11月11日

11月6日、東京八重洲口に大丸東京新店がオープンした!
ということで、丸の内側は空いているだろうと、新丸ビルに行ったw
イグレック看板目指すは5階にあるフレンチダイニングレストラン「イグレックマルノウチ」

何年か前、神戸北野ホテルに宿泊したが、そこに「イグレック」というダイニングカフェがある。
ここの総料理長山口浩氏がプロデュースした第一号東京店なのだ

前菜←まずは前菜
中央に盛りつけられているのはエビ
マンゴー、バルサミコ、バジルの3つのソースで楽しめる。
さすがに良い素材を使っていました。
一尾10円とか50円とかじゃないと思いますw
バジルソースが美味しかった
☆☆☆☆☆
スープ続いては菊芋のスープカプチーノ仕立て→
カプチーノ仕立てということで泡状のスープなのだが、見た目に楽しいだけでなく、食感も楽しい。
菊芋のスープなんて初めてだったけど、惚れた
また食べたい!
☆☆☆☆☆
そして何と言ってもユニークなのが器。
スープの下にディスプレイされているのが菊芋(もみじは飾り)
こちらは見るだけで、食べてはいけませんw

パスタチキン←続きましてはエンドウ豆のパスタ
パスタ?
はい、パスタです。
あっさりして美味しかった。
☆☆☆

そして、驚いたことにこのパスタの下にメインが隠されているのです→

フォアグラ魚メインはチキン←
チキンなんだけど、なんとフォアグラを包んでいる。
うわー豪華
と思いきや、ちとしつこいw
正直、イマイチでした
☆☆
もう一つのメインはイトヨリ→
こちらも素材は良かったのですが、ソースの味が少し残念
☆☆

スイーツデザート、美味しかったのですが、もうお腹一杯だったのでこの頃には代わりにギャル曽根にでも食べてもらいたい気分でしたw
☆☆☆

パン屋看板パン北野ホテルは世界一美味しい朝食をサーブするということで有名(世界中の朝食を食べ奴なんかおるんかい!w)
たしかに美味しかった
で、何がそんなに美味しいのかというと、パン!
実は地下1階に「イグレックプリュス」というパン屋も出店されている!!
ここのパンは本当に美味い!
なかなかレストランで食べることはできないけど、パンなら買える!
たくさん買って帰りましたw→

お近くの方、騙されたと思って是非買ってみてください。
お薦めは普通のイングリッシュパン。
美味しいですよ〜

waits2 at 00:39コメント(0)トラックバック(0) 

2007年05月20日

まぼ虫キング昨日は妻の妹とその子供らと吉祥寺東急で待ち合わせをした。
近くに住んでいるのに会うのは一年振りくらいだったので、姉妹は会話に夢中。
その間、僕は小学2年生の男の子に腕を引っ張られ、連れて行かれたのが「ムシキング」のゲーム機の前。
なんやかんやで200円を供出させられ1ゲームだけプレイした。
子供の説明なのでよくわからなかったのだが、とにかく最初のジャンケンが肝心の様だ。
どんなに素晴らしい技を秘めたカードを持っていたとしても、ジャンケンに勝たなければ相手にその技をあびせることができないのだ。
まず10秒以内にグー、チョキ、パーのいずれかのボタンを押すのだが、相手がどのボタンを押すかは、直ぐ隣にあるので一目瞭然。
案の定、2年坊主は、僕が何を押したかを確認した後に自分のジャンケンボタンを押した。
もちろん、僕の負け。
すると、僕のムシはわけのわからない攻撃をくらいライフバロメーターの様なものが減少していった。
くやしい
大人の僕は、ジャンケンに負けたのは偶然でしかない、という振りをした。
そして、次のボタンを押すとき、僕は人差し指で押す振りをしながら、こっそり掌でボタンを押した。
それがグーなのかチョキなのかパーなのかはわからない。
わからなくても、坊主は僕の人差し指を見ていたw
結果、勝った!!!
ふふふふふふ(←大人げない)
しかし、次も同じ作戦をしたのだが、今度は負けた。
どうやら不審に思った坊主は、人差し指以外の動きをしっかり確認するようになったのだ。
それからはずっとジャンケンに負け続け、あっという間に僕のムシは敗れてしまった。

ムシキング、つまらん(←本当に大人げないw)


waits2 at 00:06コメント(4)トラックバック(0) 

2007年05月16日

給水器我が家の近くのクリーニング屋、これがもう、ほんと、ビックリするぐらい手際が悪い。
クリーニング屋といっても、実際のクリーニングは本店で行うので、お店はあくまで窓口。
作業としては、クリーニングの受付と引き渡しのみ。
受付作業は、洋服を一つひとつチェックしながらレジに打ち込み伝票を作成するのだが、これが信じられないくらい遅い。
「それ、わざとでしょ?」
と突っ込みたくなるくらい遅いw
でも、どんなに遅くても一生懸命な空気があればいいのだが、まったく急ごうという気配がない。
下手をすると「手伝ってください」とか言い出しそうな雰囲気すらあるw
夫婦で店番をしているのだが、メインは奥さん。
ご主人の方はというと、写真現像の受付をしている。
が、現像の方にお客が来ているところは見たことがないw
(なお、このご夫婦、決してご高齢ではありませんm(_ _)m)
大抵の場合、ご主人は奥のソファに寝転がっている(カーテンの隙間から見えるのだw)
「ちょっと、おとうさん、手伝ってよ!」と言えば良いのにと思うのだが、奥さんは絶対に助けを呼ばない。
かといって完全に仕事を分業しているわけでもない。
奥さんがいない時は、ちゃんとご主人が対応してくれるのだ。
昨日は、クリーニングの引き取りに行った。
奥さんが不在だったので、ご主人が対応してくれたのだが、これがもう家に帰ってシャワーを浴びて戻ってこられるくらい時間がかかったw
この給水器、「大変長らくおまたせしております。せめてお水でも」というメッセージなのでしょうか?w

waits2 at 01:32コメント(4)トラックバック(0) 

2007年05月14日

公園吉祥寺駅の「中道通り」を5分くらい西に行ったところに吉祥寺西公園という公園がある。
写真はこの公園にそびえるシラカシの樹。

散歩この公園のすぐ近で「珈琲 散歩」という喫茶店を見つけた。
まず気に入ったのが全席禁煙
吉祥寺の場合、分煙のお店はたくさんあるけど全席禁煙というところはなかなない。
次に気に入ったのは、壁が漆喰。
まだ新しいお店なので、あの独特の風合いはまだまだ出てないが、僕にとっては漆喰の壁と焦げ茶色の床が珈琲を楽しむベストな環境!(ごく一般的だけど(^^ゞ)
客席は18席。
決して広くはないが、この席数に対してキッチンのスペースが妙に広い。
理由は、焙煎室。
2畳くらいのガラス張りの焙煎室があるのだ。
自家焙煎のお店はさほど珍しくはない。
が、この自家焙煎、大抵の場合が経営者の自己満足でしかなく、手間をかけるわりにそれほど美味しくない、というのが僕の見解。
が、「うまい!」
うん、美味しかった。
一口飲んで、思わずオーナー(色白ヒョロリ文化系)を刮目してしまった。
しばらくして、ようやく僕はあることに気付いた
自家焙煎しているくらいだから、当然豆も売っている。
実は、どちらかといえば喫茶よりも豆の販売の方がメインっぽいのだ。
自家焙煎した豆を挽き売りするというお店はよくある。
ここも既に焙煎したものを1種類だけ用意してあるが、基本は、豆(焙煎前)の種類と焙煎の深浅を指定し、15〜20分くらい待って持ち帰るというシステムなのだ。
つまり、喫茶の方は、いわば待合室。
して、人気の方はというと、これがなかなか繁盛している。
日曜日ということもあるのだろうけど、次から次へとお客が来る。
来店して注文してお店で待つ方もいれば、注文後、街に出て再び来店、さらには電話注文後来店というパターンもあるようだ。
豆もちろん、僕も頼みました(^^ゞ
普段なら帰り際に頼むが、昨日はシステムに気付いた時点で即お願いした。
僕の好みは苦み系なので本来は「深煎り」なのだが、僕だけが飲むわけではないので、「やや深煎り」にした(^^ゞ
豆はマンデリン(一番癖のないスマートな豆だと思っている)を指定。
(そうそう、ここには「スーパーマンデリン」というのがあった!)
さっそく夕飯の後、珈琲を淹れた。
うーむ
さすがに普段飲んでいるのよりは美味しかったが、お店の方が数段美味しかった。
あの店長なかなかやるなぁ。

waits2 at 01:43コメント(2)トラックバック(0) 

2007年04月26日

ビンです。

ビン

といってもタダのビンではない

荻窪のケーキ屋Pasticceria Abeの人気商品
「アベちゃんプリン」の容器で

10円

返却すれば10円で引き取ってくれる!!

ね、タダのビンじゃないでしょ(^^ゞ


waits2 at 00:14コメント(2)トラックバック(0) 

2007年02月22日

看板先週の金曜日、「世界最速のインディアン」を鑑賞する前に、クレープ屋さんに入った。

階段クレープを食べるのに、こんな階段を登ってくの?

なるほど、ブルターニュ地方の雰囲気を演出してるわけね。

店内ティータイムだったので、さすがに店内は空いていた。

しかし、こんなところでクレープ?

クレープ1クレープ2日本でクレープといえば、あまーいスイーツ。
が、本場では甘いものだけでないらしい。
僕らが食べたのは、そば粉のクレープ。
包んでいるのは、トマトだったりサーモンだったり、目玉焼きだったり。
スイーツというより軽食
そう!広島人にとってのお好み焼きみたいなもの!w
考えてみれば、あの薄い皮は、広島風お好み焼きじゃん!
違うものといえば、包まれているのがそばやうどんというくらい?!
それと、箸じゃなくてナイフとフォークを使って食べることと、食べる人間が広島弁じゃなくてフランス語をしゃべるということくらい、じゃん!
・・・つまり、全然違う、いうことじゃねw

waits2 at 00:26コメント(4)トラックバック(0) 

2006年12月12日

ネットライブ、ありがとうございました。
久々の月曜日ということで、たくさんの方に遊びに来ていただきました。
感謝感激
来週もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

さて、話変わって
ずっと探していたものが、ようやく見つかりました!!
↓   ↓   ↓   ↓
牛丼屋なーんちゃって、うそうそw

探してなんかいません。

というか、こんなお店が存在していることも知りませんでした。

え!?

もちろん、僕(たつや)が出店したわけではありません!w

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:08コメント(4)トラックバック(0) 

2006年12月09日

12月8日はジョンレノンの命日。
昨年は、東小金井で追悼ライブをしましたが、昨日はジョンゆかりの場所を訪れました。

全景お店の名前は「樹の花」。
銀座歌舞伎座の裏手にある喫茶店です。
地図はこちら
右端の階段を上ります。

看板階段前の歩道に置かれていた看板。
コロンビア珈琲とダージリンティは、ジョンとヨーコがオーダーした飲み物です。
(ピンぼけですみませんm(_ _)m)

説明さて、どういったゆかりのお店なの?
こちらの説明をお読み下さいm(_ _)m

入り口二階入り口。
ジョンのカレンダーが見えます。

テーブルジョンとヨーコが座った席。
僕らが案内されたのは、その隣の席。
やはり命日だから?満席でした。
看板に書かれていた通り、ジョンとビートルズの曲がずっと流れていました。

レノンセット僕がオーダーしたのは、もちろん「レノンセット」。
ジョンがオーダーしたコロンビア珈琲とアーモンドクッキー。
僕が勝手に命名しけたわけではありませんw
ちゃんとメニューに載っています!
基本的に僕は苦味系なので、久しぶりに酸味系のコーヒーを飲みましたが、美味しかったです。
アーモンドクッキーも美味しかった!!

サイン入ってすぐ左の壁に飾られているジョンの直筆サイン
(ちゃんと許可をとって撮影させてもらいました(^^ゞ)
「日の神は女神だった!夢をもとう 小野洋子」と書かれています。
お店にはジョンとヨーコが吸ったタバコの吸い殻が灰皿ごと保管されていると雑誌で紹介されていましたが、見あたりませんでした。
「あのぉ、吸い殻・・見たいのですがぁ」と訊く勇気はありませんでした(^^ゞ

お土産お土産はアーモンドクッキー
香ばしくて本当に美味しいです!

フィッシュアンドチップスもちろん夕飯はアイリッシュディッシュ
キャンドルナイトということで、久々に灯台に火を灯しました
「いつの日も 心に一つ ともしびを」(読み人知らずw)


ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!

waits2 at 00:56コメント(6)トラックバック(0) 

2006年12月04日

あげたていメニュー

「食べる時が揚げる時」

「あげたて」への強いこだわりを感じます

それもそのはず

あげたてい

あげた亭w

ブログランキングバナー←クリックノルマ1日1回w!!


waits2 at 00:07コメント(4)トラックバック(0) 
LIVE Schedule

★吉祥寺Manda-la2★
マンスリーライブ
2017年5月19日(金)
ワンマンライブ!
2017年6月16日(金)
Tatsuya 1st シングル
"Fifteen"
15th, Mar, 2015 released
ご購入はこちら↓
Tatsuya's 4thアルバム
"Utautai"
13th, Jun, 2014 released
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
"Utautai"収録曲
「こゝろ」PV


Tatsuya's 3rdアルバム
"Slainte"
ご購入はこちら↓ Catcher_jacket
Twitter
ここで
つぶやいてます。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ